しばらく後

紬「とまあ、こういう事なの」

紬「あ、唯ちゃん、さっきはゴメンネ? オーバーブレイブ状態になっちゃって……」

澪「私もごめんな……怖くて、止めに入れなくて……」

梓「私も……唯先輩にラーメン被ってほしいな~って思っちゃって、すみません」

唯「うん……もういいよ……大丈夫だったから……」

唯「それより……」

律「ああ……ムギの実家、ホントはラーメン屋だったんだな」

澪「気付かなかったよ……」

紬「今まで黙っていて、ごめんなさい」

紬「長い間、皆を騙してごめんなさい。許される事では無いわよね……」

梓「確かに、許されない行為です」

唯「え……? ちょっとあずにゃん、何言ってるの?」

律「ムギには……やめてもらう事になるだろうな」

唯「りっちゃんまで!? やだよ……そんなこと言わないでよ……」

澪「でも、その前に言う事があるけどな」

紬「どんな罵倒の言葉でも受ける覚悟してるわ……」

唯「みんな……どうしたの……?」

梓「……」

梓「本当に……許せないですよ!!」ガタッ

梓「ムギ先輩の悩みに気づいてあげられなかった、自分が!!」

紬「!」

唯「え……?」

律「ああ、私も自分が許せねえよ……」

律「そして、ムギにはやめてもらう」

律「一人で抱え込むの、やめてもらうからな!!」ガタタッ

紬「りっちゃん……!」

唯「えーっと……」

澪「でも、やめてもらう前に言う事があるんだ」ガタッ

 シュタタ

唯(なになに!? みんなどうしたの!?)

梓「ムギ先輩!」

律「今までずっと!」

澪「お茶の時間を作ってくれて!」

 シュバ!

唯(組み体操のピラミッドみたいになった……!)

 セーノ!

梓律澪「ありがとうっ(ございます)!!!」

唯(……)

紬「み、みんな……」

唯(なにこれ……?)

唯「え~~っと……みんな、これ何?」

律「いや、さっきムギの話聞いてる時にさー」

澪「梓が、フォーメーションを組もうって言い出して……」

澪(恥ずかしかった///)

梓「サプライズ的な演出がほしいなぁ~って思ったんで」

唯「そうなんだ……うん、それはわかった……わかったんだけど」

唯「私にも教えといてよ……オロオロしちゃったじゃん……」

梓「え……すみません。唯先輩って普段、組み体操のピラミッドの話を全然しないから、嫌いなのかと思って」

唯「いや、しないけどさ……別に組み体操が嫌いだから話をしないわけじゃなくてさ……」

唯「ていうか、普段から私が組み体操のピラミッドの話ばっかしてたら変でしょ……?」

唯「体操部に入れよ、ってなるでしょ……?」

梓「すみません……唯先輩がそんなにもピラミッド好きだったなんて知らなくて」

律「そーだったのか? 言ってくれよー」 

唯「え? 違う違う……ピラミッド好きをアピールしてるんじゃなくてさ……」

唯「何かやるんなら教えといて、って事を言いたいわけで……」

唯「ピラミッドは好きでも嫌いでもなくて、普通だよ……」

梓「じゃあ……今度は4人でやってみましょうか」

梓「でも、4人でピラミッドとなると……」

律「バランスが取りづらいな」

澪「下に3人、上に1人でいくと、それっぽくなるんじゃないか?」

梓「なるほど。唯先輩は下になりますけど、いいですか?」

唯「えっ!? いや、ていうか、もういいもういい! ピラミッドの話はもういいよ! 長いよ!」

梓「え……でも」

唯「うん! 何か私が間違ってたみたい! もうピラミッドの話はいいやっ!」

唯「それよりさ! ほらっ! ムギちゃんの話を……」

律「ああ、そうだった!」

律「ムギ~? これからは一人で抱え込むの無しだからな~?」

紬「えっと……私のこと、許してくれるの……?」

澪「許すもなにも、軽音部のためにしてくれてた事なんだから」

梓「そうです! ムギ先輩が影で頑張っていてくれたから、今の軽音部があるんです!」

律「ていうか……私らも、ごめん! ムギに頼ってばっかだったよな」

唯「ムギちゃん、お茶の時間作ってくれてありがとね!」

唯「これからは、みんなでお茶とか用意しようよ!」

紬「みんな……私こそ、ありがとうっ!」

紬「打ち明けるの怖かったけど、話して良かった!」

律「……おっし!」

律「ムギが勇気出して打ち明けたんだしな!」

律「部長の私がカミングアウトしないわけには、いかねーな!」

唯「?」

律「実は私も1個、みんなに言う事があるんだ!」

唯(え……?)

紬「りっちゃんも……?」

律「梓? さっき、私は乙女番長だって言ったけどさ」

梓「はい」

律「実はあれ、嘘なんだよ」

梓「……え? カミングアウトってそれですか? ちょっとショボくないですか?」

律「まあよく聞け」

律「実は私……ていうか」

律「俺、男なんだ!」

律「そしてこれが証拠だ!」ヌギッ

 ポロン

唯「!!!?」

唯「……え?」

唯「えええ……!?」

唯「えええぇぇーーー!!?」ガーン

唯「え、りっちゃ、それ、おちん、男の子の、でも象さんの方がもっと好きっていうか、バナナ付きおいなりさんが」カタカタ

律「唯、落ち着け……」プラーン

唯「あ、そうかぁ~ドッキリかぁ~! アハ! アハハハハー!」

唯「楽しいなぁー! あ、そうだ! 回ろう! 楽しいから回ろう!」

唯「ウフフフー! アハハハー!」クルクル

唯「今どっち回転だろぉ! 右かな~? わかんないなぁ~!」クルクル

唯「ていうか右回りって時計回り? ていうか時計回りってどっち回り? わかんないなぁ~!」クルクル

梓「確かに、わかんなくなる時ありますよね」

澪「ネジ回してる時もさ、締めてるのか緩めてるのか、わからなくなる事あるよな」

紬「あ、それわかるー」

唯「私こんなに回ったの初めてー! アハハハハー!」クルクル

律「落ち着けって! ドッキリじゃねーよ!」プラプラ

唯「いつまで出してるの!? わかったよ! 落ち着くからしまってよ!」ピタッ

唯「ていうか、みんな落ち着き過ぎじゃない!? りっちゃん男の子だよ!? 変態だよ!?」

梓「唯先輩、冷静に考えてください」

梓「唯先輩のお父さんだって男の人でしょ?」

唯「それ何か違うよ……あずにゃんはそれで納得できたの!?」

紬「……私は、なんとなく、男の子じゃないかなって思ってたわ」

唯「ええ!?」

紬「水着姿を見て、随分と盛り型だな~怪しいな~って思ってた……」

律「ムギが見た膨らみはテープで留めてた俺のナニだ!」

紬「それに……律君にはユリトンレーダーが反応しなかったのよ」

梓「ユリトンレーダー? なんですかそれ!? ソリトンレーダーと何か関係あるんですか!?」ガタタ

唯「妙な所に食い付かなくていいよ!」

唯「ていうか律君って……飲み込み早くない!?」

澪「私は……全然気づかなかった……」

唯「小学校の時からだもんね!? ショックだよね!?」

澪「ううん……何だか、少し嬉しいんだ」

唯「えええ!?」

澪「実は……普段から律が……男の子だったらいいなって……思ってたんだ///」

律「澪……」

唯(澪ちゃんは、もはや精神が違う次元だ……!)

澪「律が自分の事を話してくれて、私は嬉しいよ」

澪「……よし」

澪「次は私の番だな」

唯「次って何!? えっ? 澪ちゃんも何かあるの!?」

澪「みんな、見ててくれ」カチッ

 キュルルルル…

 キュイーン カチャ プシュー…

唯「ああああっ……!? みみ澪ちゃんの顔が割れた……!!」カタカタ

律「大丈夫か澪……? 顔割れてるぞ……?」

梓「竹を割ったような顔面ですね……」

梓「よく見ると、中に小さなコックピットがありますよ」

梓(カッコいい……!)

 ウィーン…

紬「何か出てきたわ……」ゴキュ

澪(小)「ふう、MS(ミオ・スーツ)から降りるのは久しぶりだ」

一同「……」

澪(小)「みんな、聞いてくれ!」

澪(小)「私、この星の人間じゃないんだ!」

唯「……」

唯「ええぇぇええぇえぇぇぇーーー!!!」ガーン

ー完ー


一応終わりです!
やけに長くなりましたが、読んでくれた方、ありがとうございました!