しばらく後

律「机の上に、お茶とケーキと豚骨ラーメン……」

澪「なかなかシュールだな……」

唯「で、でも! 結構おいしいよー?」ズルルルッ

律「どれどれー?」ズズズルルッ

律「う!? うぐぐっ! むぐっ!」プルプル

唯「りっちゃん!?」

律「う……うまいっ!」

梓「ありがとうございます」ズルルッ

唯「そして、ケーキもいつも通りおいしい……!」ムシャ

唯(ムギちゃんが用意してくれたケーキ……ちょっと泣きそう……)

律「安心の味だな!」モシャ

唯(りっちゃん……これはムギちゃんの労働の……努力の味なんだよ……あ、泣く)

唯「グスッ……おいひぃ……うぅ……おいひいよぉ……ムギちゃぁん」グスッ

律「泣くほど!? 泣くほどなのか!?」

紬「うふふ、ありがと~♪」

紬「梓ちゃんのラーメンもおいしい~♪」ズル

澪「うん、おいしい……けど……太る……」ズズルル

紬「まあまあまあ、いいじゃない。私、みんなでラーメン食べるの夢だったの♪」

唯(ムギちゃん……)

唯(……よし)

唯「私、ラーメン大っっ好き!! 毎日でもいいくらいだよ!」ズズルズ

梓「そ、それいいですね!」

紬(!!)

律「いや、それは流石に……」

澪「そんなことしたら……体重が大変な事に……!」カタカタ

紬(……)ズーン…

唯(むむむ……)

梓(クッ……律先輩は乗ってくると思ってたけど……)

梓(やはり隠れ常識人……思った様には、いかないか……)

唯「ええ~~? 放課後にラーメンでも良くない?」

律「どんだけラーメン食いたいんだよっ!」

律「そんなラーメンばっか食ってたら、放課後ラーメンズじゃねーか!」

唯(ムギちゃんと同じこと言ってる……)

梓(……まずは律先輩を仲間にする!)

梓「ま、まったく……これだから律先輩は色気が無いんです!」

律「何だとー!! 毎日ラーメン食いたいとか言ってるお前らの方が色気ねーだろ!」

唯(あずにゃん……? 怒らせてどうするの? 大丈夫なの?)

梓「いいですか? よく聞いてください」

梓「私達は乙女なので、女の子だけでラーメン屋に入る勇気が無いんです!」

梓「食べたいっ、でも食べれないっ! そんな感じで揺れる乙女心なんです!」

梓「そこで……乙女達は、ある答えに行き着きました……」

梓「部室という名のサンクチュアリで、ラーメンという名の禁断の果実にくちづけしよう……って」

梓「つまり、部室での放課後ラーメンは、恥じらう乙女達のドリームタイムなんです!」

律「なっ……!」

唯(……)

梓「しかし、残念です……律先輩は乙女では無かったんですね……」

律「違うぞ……梓」

梓「え?」

律「私が放課後ラーメンを拒否したのは……私が……」

律「私が……素直になれない乙女だからだ!!」

梓「そ、そんな……律先輩程度が、そんな芸当できるわけが……」

律「梓……お前が見ているのは、ただの田井中律じゃない」

律「私は、乙女番長・田井中律だ!!」

梓「!」

律「放課後ラーメン、やってやろうじゃねぇかっ!!」

梓「律先輩っ! かっこいいです! 圧倒的な乙女力です!」

 ワーワー キャーキャー

唯(……)

唯(言い包めた……!)

梓「やっぱり軽音部の放課後はラーメンですよねー!」

律「ああ! 軽音部×放課後=ラーメンは小学生でも分かる方程式だな!」

唯「そ、そーだね!」

紬(みんな……)

紬(本当の事言っても、意外と受け入れてくれるのかも……!)

澪「……」

澪「わ、私は嫌だからなっ!」

紬(!!)ガーン

澪「ラーメンばっかり食べてたら太るだろっ!」

唯(むむ……)

律「まあ! 澪ちゃんが偽乙女だったなんてっ! 罪深い! 罪深いわっ!」

澪「意味が分からない!」

澪「それに……太るぐらいだったら、私は乙女じゃなくていい!」

梓(クッ……律先輩に影響されて、そのまま流されるかと思ったけど……)

梓(想像以上に体重がアレな様子……どうしたものか……)

梓「み、澪先輩? 午後ラーメンって知ってます?」

澪「え? いや……朝カレーなら聞いた事あるけど……」

梓「最近、午後ラーメン流行ってるんですよ? ダイエット効果があるとかで……」

律「そーなのか?」

澪「そんなわけないだろ! 痩せる要素が無いじゃないか!」

梓(クッ……)

唯(私も加勢しなきゃ……!)

唯「澪ちゃん……食べたいのを我慢するの駄目だよ! ストレスで太っちゃうって聞いたよ?」

澪「ラーメン食べるのは、もっと駄目だろ!」

唯(おっしゃる通りです……)

梓(考える暇を与えない!)

梓「ほらっ! ラーメンじゃなくって、イタリアンっぽくLa・Menって呼べば、痩せて聞こえますよ!」

澪「いや、語感がどうこうじゃなくて、太るのが嫌だって言ってるんだ!」

梓(発音が悪かったか……)

梓「ていうか、もう痩せてなくていいじゃないですか!」

梓「私、結構デブ専……じゃなかった、ふくよかな人が好きなんですよ!」

梓「澪先輩、ムチムチしてて素敵だと思います!」

澪「嬉しくないっ!!!」

唯(むむむむ……)

梓(……手強い!)

紬「……」

紬(やっぱり、軽音部にラーメンは相応しくないのかしら……)

澪「ていうか! お前ら何でそんなに必死なんだよ!? ちょっと怖いぞ……」

唯(怪しまれてる!)ドキ!

梓(怖い……なるほど!)

梓「……実はですね、ちょっと理由があるんですよ澪先輩」

澪「な、なんだよ」

梓「この前ですね……唯先輩が……憑かれちゃって」

澪「ひッ!」ビクッ

梓「除霊をしたんですが……」

澪「あああ梓!? 冗談はやめような……!?」ガタガタ

唯(話に乗ったほうがいいのかな?)

唯「えーっと……ね~、一応ホントだよ……」

澪「ひぇぇ……」ガタガタ

律「マジかよ……」

紬「大丈夫だったの……?」

梓「はい、なんとか」

澪「そ、そそ、そ、その話とラーメンに何の関係があるんだよぉ!?」

梓「この前は唯先輩でしたが、次は誰が憑かれるか……」

澪「ヒィィィ……やめてくれぇ……」

梓「この前は大丈夫でしたが、次はどうなるのか……」

澪「うう……ぅ……」

梓「そこで……ラーメンの出番なんですよ!」

澪「ど、どういう事?」

梓「実はラーメンには……高い対魔効果があるんですよ」

律「いや、無いだろ。ったく……あんま澪をいじめてやるなよ」

律「み~お! 大丈夫だって! 心配すんな!」

澪「梓! 話を続けてくれ!!」

律「聞いちゃいねー」

唯(……)

梓「澪先輩、このラーメンを見て下さい。麺の部分、何かに見えませんか?」コトッ

澪「え? えーと……」ジー

梓「ほら、神主さんとかが持ってる、シャシャッ、ってするやつ……」

澪「えっと……おおぬさ?」

梓「あ、おおぬさって名前なんですか? たぶん、それです。似てるでしょ?」

唯(ええぇ~~……そうかなぁ……)

梓「まあ、そういうことなんです」

澪「な、なるほど……!」

唯(よくわかんないけど、澪ちゃんには伝わったの……?)

澪「わかったよ! 体重なんて気にしてられない! 私、ラーメン食べるよ!」

梓「澪先輩……!」

唯(ほとんど脅しだけど……澪ちゃん陥落!)

律「悪徳セールスって、こんな感じなのかもな……」

律「でも澪がそれでいいなら、まあいいか! 放課後ラーメンしちゃおうぜー!」

律「ってことで、ムギー! 明日からラーメン頼む!」

紬「え!?」

澪「こら律! お菓子ならともかく、そんな都合良くラーメンが用意できるわけないだろ?」

紬「ぇ……あ、あの……」

紬(みんな、ラーメンを求めている……)

紬(これは……いけるわ!)

紬「……みんな!!」ガタッ

澪「ひぃぃ! 急に立ち上がらないでくれぇ……」

律「なんだ? どうしたんだ?」

唯「ムギちゃん……?」

唯(これは、もしや……)

紬「実は……私、皆に隠してたことがあるの……!」

梓(ムギ先輩……!)

律「なんだなんだ?」

紬「私、本当は……」

唯(ムギちゃん……頑張って……!)

紬「本当はっ……お嬢様じゃないの!!!」ババーン!

紬「私の家、実はラーメン屋なのよ!!」

唯梓(おおー!)

律澪「……」

律澪「ええぇーーー!!?」

紬「文句があるならラーメンぶっかけるわ!!」

律澪唯「ええぇ~~~!!?」

律「ムギ!? 落ち着けっ!」

梓「唯先輩も早く謝って下さいっ!」

唯「はぇ!? 私なにも言ってないよ!?」

紬「唯ちゃん……!?」ギロッ!

唯「ちょっとぉぉ!? 文句なんて言ってないってば!?」

澪「唯? ほら、憑かれてたんだろ? 念の為に対魔ラーメン被っといた方がいいって……」

唯「澪ちゃん!? 酷いよぉ! 自分が被りたくないからって!」ジタバタ

唯「ていうか、それ嘘だよ!! たぶん対魔効果なんて無いよ!」

澪「ええ!? そ、そうなのか梓!?」

梓「はい、嘘です。すみません。あと、澪先輩、尊敬してます。優しくて大好きです!」

澪「え!? まあ、その、嘘ついちゃ駄目だぞ……///」

律「手玉に取られてるなぁ……おい……」

紬「さて、唯ちゃん?」

紬「今から5杯のラーメンを頭からぶっかける事になるんだけど」

紬「普通にぶっかけていくと、一番目にぶっかけたラーメンのどんぶりが頭に残っちゃうと思うの」

紬「そうなったら、そのどんぶりがヘルメットになって、2杯目以降のラーメンを防いじゃうでしょ?」

紬「それは面白く無いから、どんぶりが粉々になるぐらいの力でぶっかけていく事になるわ」

紬「危ないから目を閉じていてね?」

唯「待って待って待って!! 何を淡々と説明してるの!?」

唯「心配してくれるなら、まずぶっかけるのをやめてよ!!」

唯「ていうか皆、助けてよぉ!?」

梓「ムギ先輩、熱いから気を付けてください」コトッ

紬「大丈夫よ、ありがとう」

唯「その熱いのを、ぶっかけられそうになってるんだよ!!」

紬「では、いきます!!」

唯「やめてぇ~~~っ!!!」

その後、りっちゃんが止めに入ってくれたので、私はラーメンを被らずに済みました

ムギちゃんは勇気を出し過ぎたため、ちょっと変になってたみたいです

それからムギちゃんは、お嬢様キャラの事、ラーメン屋の事、お茶やお菓子や合宿のために影で奮闘していた事、

私とあずにゃんがPSPした日に見聞きした全ての事を皆に話しました


8