律「・・・で、どうする?」

唯「じゃあ、憂と話がしたかったってことにすれば?」

律「いや、だからいきなり過ぎるだろ!」

梓「じゃあ一発芸してくださいよ」

律「一発芸!?」

梓「そうです」

紬「一発ゲイ!?」

梓「黙っとけ」


律「え、でも・・・なんで?」

梓「冷ややかな目で見られたら律先輩のお調子者なところが苦手ってことで」

律「それって面白いことしないと苦手意識もたれてなくても冷ややかな目で見られるんじゃないか?」

梓「あ、そうか」

唯「いや、憂の場合・・・冷ややかな目で見られた方が好かれてるよ、りっちゃん」

律「どういうことだ?」

唯「憂が本当に関わりたくないと思ってる人にするリアクションはもっとキツいよ」

梓「どういうことですか?」

唯「それは・・・」

律梓紬「それは?」

唯「愛想笑い」

律「確かにそれはキツい!!」

梓「そりゃ死にたくなりますね!」

唯「でしょー?」

ガチャ

律唯梓紬「!?」

澪「よっ、話はついたか?」

律「ビビらせんなぁぁ!!」

澪「悪い悪い。それで、どうすることになったんだ?」

梓「一発芸することになりました」



澪「」

澪「はい?」

梓「そのギャグを見たときの憂のリアクションを観察するんです」

澪「ああーなるほど」

唯「澪ちゃん澪ちゃん」

澪「ん?」

唯「憂は?」

澪「ああ、律が呼んでるって伝えたんだけど・・・」

律「ああ」

澪「来たくないってさ」


律「」

唯「・・・まさか、愛想笑いよりも辛い仕打ちがあるとは・・・」

梓「律せんぱーい?」ヒラヒラ

紬「駄目だわ、固まってる」

律「・・・」

澪「というわけで、どうしようか?」

唯「うーん・・・なんで来たくないって言ってたの?」

澪「チラシのチェックしてるから駄目だってさ」

律「そんなんいつでもできるだろぉぉ!!」

梓「うお」ビクッ

紬「あまり言いたくないけど・・・完全に避けられてるわね・・・」

律「マジでどうしよう・・・」

唯「うーん・・・」

ガチャ

一同「!?」

憂「すみません、今終わりました」バタンッ

律「うそぉ!?」

梓「来た!」

唯「りっちゃん!頑張れ!」

律「え・・・えっと、え?」キョドキョド

憂「律さん、呼びましたよね?」ニコッ

律「いやぁっ、ははは・・・」

梓「発動するタイミングを失った、だと・・・!!」

紬「見て、憂ちゃんの表情」

憂「・・・」ニコー・・・

澪「愛想笑いだぁ!!!」

澪「(おい!何でなにもしないんだよ!)」

律「(出来るかぁ!!)」

唯「憂、チラシは?本当にもういいの?」

憂「う、うん。とりあえずはね」

律「そっ、そっかー・・・忙しいのに呼び出しちゃってごめんな?」

憂「いいえ、それでどうしたんですか?あ、ジュースがなくなっちゃったんですね」

律「へ?あ、いや、ちがっ」

憂「今すぐ用意しますね」ガチャ

バタン

律「・・・おい」

澪「なんだよ」

律「憂ちゃんの中での私の『図々しい度』が3上がったぞ」

澪「ああ、ごめんごめん」

律「軽い!謝罪が軽い!」


紬「そうだわ!」

唯「どうしたの?」

澪「名案が浮かんだんだな?」

紬「りっちゃん、憂ちゃんのチラシのチェック、手伝ってあげれば?」

梓「それいいですね!」

律「えー、いいかぁ?」

紬「じゃありっちゃんが自分で考えて行動しなさい」

律「・・・」ウーン

律「・・・」ウーン

律「・・・チラシのチェック、手伝ってきます」

紬「わかればいいのよ」

澪「じゃあ私たちはここで待ってるからな?」

律「お、おう」ガチャ


バタン
唯「りっちゃん、上手く行くといいなー」

紬「ええ、そうね」

澪「それにしても・・・今日、憂ちゃんが家にいてくれてよかったな」

梓「本当ですね。この様子じゃ、律先輩が来るって知ってたらどっか行ってたかも・・・」

唯「それがね・・・」

澪「どうしたんだ?」

唯「知ってたんだよ、憂」

澪「へ!?なんで!?」

紬「憂ちゃん・・・まさかエスパー!?」

唯「ううん、私が言っちゃったんだよ」

梓「こら」

唯「澪ちゃんのメールがあと5分早ければ・・・」

澪「なんだそれ、私が悪いのか?」

唯「ううん、私何にも考えてなかった」エヘー

梓「・・・(可愛いから許す)」
澪「・・・いや、唯だもんな・・・私が悪かった・・・」

紬「まあまあ、いいじゃない、憂ちゃんはここにいるんだから。結果オーライよ」

梓「そうそう。って、あれ?」

唯「どうしたの?」

梓「・・・憂、知ってたのになんで今日家にいるんだろう?」

澪「・・・どうしてだろうな?」

唯「私もちょっと不思議だったんだよねー」

梓「もっと疑問視してくださいよ」

澪「ってことは・・・別に律のこと、苦手じゃないんじゃないか?」

唯「ううん、苦手だと思う。昨日そのことも言ったんだけど、憂ってば否定しなかったもん」

紬「・・・どういうことかしら?」



律「よっす!」

憂「律さん!」

律「まだチラシやってるの?」

憂「はい、これがけっこう楽しいんですよ」

律「そっか、私も手伝おうと思ったんだけど、楽しみをとったらマズイよな?」

憂「とんでもないです!二人でやればもっと楽しいですよ」

律「そっか!じゃあ私このチラシ見る!」ガサッ


5分後

律「・・・よく考えたら、チラシのチェックなんて手伝ってやるようなことじゃないよなー」

憂「そ、そんな!律さんのチェックしてくれたの、参考にしますよ?」

律「ごめん、家電にばっかりマルつけて・・・本当にごめん」

憂「いいですって、隣に誰かいるだけでも楽しいんですから、こういうのは」

律「・・・その『誰か』が、私でも?」

憂「へ・・・?」


律「あのさ、憂ちゃん・・・?」

憂「はい?」

律「憂ちゃんさ・・・私のこと・・・」

憂「あ!このお肉安い!」マルッ!

律「・・・(避けてるな、明らかに)」

憂「あ、ああすみません。何の話でしたっけ?」

律「・・・いいや、なんでもない」

憂「?そうですか?」

律「えっと・・・」

憂「・・・」

律「憂ちゃん・・・」

憂「このタマゴどうしたの!?安い!」マルッ!

律「私のこと・・・」

憂「何この玉ねぎ!安い!これは安い!」マルッ!

律「避けるなぁぁ!!!」

憂「!?」ビクゥッ!

律「憂ちゃん、私のこと避けてるだろ!?」

憂「へ!?どうしてですか!」

律「いや、さっきから明らかに避けてただろ!」

憂「いや、そんなことないですって、私はただチラシのチェックを」

律「さっきからチェックし終わったヤツに二重にマルしてるぞー?」

憂「う゛・・・」

律「憂ちゃん、なんで私のこと避けるんだよ?」

憂「・・・それは、律さんが・・・律さんだからです」

律「なんだよ、それ・・・全否定かよ・・・」ズーン

憂「・・・えーと、律さんはなんでそんなに落ち込んでるんですか?」

律「だって、憂ちゃん、私が私だから避けるんだろ?」

憂「・・・はい」

律「つまり、私が私でいる限り、ずっと苦手ってことじゃないか・・・」

憂「・・・そうですね」

律「・・・」

憂「私、律さんのこと、すごく苦手です。すっごく」

律「二回言ったな、このやろー」

憂「律さんといると・・・私が私でいれなくなるんです」

律「・・・どういうこと?」

憂「だから、その・・・」

律「頼むよ、わかるように言ってくれ」

憂「・・・律さんのこと考えてると、家事が手につかないんです」

律「・・・へ?」

憂「お料理焦がしちゃったり、カーテンを掃除機で吸っちゃったり・・・律さんのこと考えると、なんだか頭がぼーっとしちゃんです」

律「え、えーっと・・・///」

憂「それに、律さんのことになると私・・・すごい子供っぽくなっちゃうんです」

律「どういう風に?」

憂「お姉ちゃんが律さんの話、楽しそうにしてるの聞くと・・・すごい嫌な気持ちになっちゃうんです・・・」

律「それは・・・間違ってたらごめん、だけど・・・」

憂「なんですか?」

律「その・・・嫉妬してるってことか?」



3