憂「ただいまー」

唯「おかえりー。ういー」

憂「・・・。梓ちゃん、来てたんだよね?」

唯「・・・うん」

憂「なんの用事・・・、だったのかな?」

唯「・・・それは・・・」

憂「お姉ちゃん、目が赤いよ?・・・梓ちゃんに何かされたの?」

唯「!」

唯「ち、ちがうよ!むしろ私が!」ガタッ

憂「私が?」

唯「・・・」

唯「私が・・・あずにゃんを傷つけちゃったの・・・」

憂「・・・」

憂「(・・・やっぱり)」

唯「ちゃんと言うね。憂にも関係ある話だから・・・」

憂「・・・うん。無理はしないでね」

唯「今日ね、あずにゃんに告白されたんだ」

憂「・・・」

唯「昨日部室でね、あずにゃんが言ってたんだ」

唯「明日私に告白しますって」

唯「それで一晩考えてて・・・」

唯「・・・。あずにゃんを・・・ふっちゃった・・・」グスッ

憂「・・・そうなんだ」

唯「・・・私がふったのに、私のほうが大泣きしちゃって・・・」

唯「私が悪いのに、励ましてくれて・・・」

唯「やっぱ私って先輩失格だね・・・」

憂「そんなことない!」

唯「・・・憂?」

憂「ちゃんと一人で考えたんでしょ?」

憂「自分できちんと答えを見つけて梓ちゃんに伝えたんでしょ?」

憂「その答えがが梓ちゃんの告白を断った。だとしても」

憂「答えが出てるのに、言えない人もたくさんいるんだよ?」

憂「だから・・・そんなに、自分を傷つけないでよ・・・。お姉ちゃん・・・」ポロリ

唯「憂・・・」

唯「ありがとね。えへへ、私の周りにはやさしい人ばっかりで幸せだよ」

唯「・・・」

唯「パピコ。食べようか」

憂「え?もうすぐお昼ごはんだよ」

唯「いいのいいの」パキッ

唯「ほら。一緒に食べよう」スッ

憂「う・・うん」

唯「・・・」チューチュー

唯「あのね」

唯「あずにゃんの告白断った理由はね・・・」

唯「・・・」

唯「・・・憂なんだよ」

唯「あずにゃんのことは大好きだよ」

唯「でも、やっぱり憂が一番好きなんだ」

憂「・・・」

唯「今まで気持ちを誤魔化してきたけど」

唯「流石にもう、誤魔化しきれないよ・・・」

唯「昨日ちゃんと考えた私の答えだもん」

唯「ここでまた誤魔化したら、あずにゃんに顔向けできないよ・・・」

唯「だから!ずっと私と一緒にいて欲しいの!」

憂「・・・」

唯「・・・ごめんね。姉妹だもんね。気持ち悪いよね・・・」

憂「・・・」グスッ

憂「お姉ちゃん!」ダキッ

唯「!憂?」

憂「私だってお姉ちゃんのこと大好きだよ!」ポロポロ

唯「憂・・・」

憂「昨日お姉ちゃんの様子がおかしいのはわかってたの」

憂「それで今日になってお姉ちゃんは外に行っててって言うし」

憂「梓ちゃんから電話で家に来るって言うし」

憂「だから、梓ちゃんがお姉ちゃんに告白するんじゃないかって・・・」

憂「梓ちゃんにお姉ちゃんを取られちゃうって思ったら・・・」

憂「・・・、そしたらなぜか涙出てきちゃって・・・」

憂「」グスッ

憂「私、嫌な子だよね・・・」

憂「自分の気持ちを隠してたくせに、気持ちを伝えた梓ちゃんに嫉妬して」

憂「お姉ちゃんと梓ちゃんが仲良く歩いてる姿を想像して勝手に悲しくなって」

憂「でも、自分の気持ちを伝える勇気もなくて・・・」グスッ

唯「憂・・・」

唯「憂こそ自分を責めすぎだよ・・・」ギュ

憂「お姉ちゃん・・・」

唯「私だってずっと前から憂のこと好きだったもん」

唯「えへへ、ずっと前から両思いだったんだね」

憂「・・・うん」

唯「なんか遠回りになっちゃったけど」

唯「これからも一緒にいてくれる?」

憂「うん・・・こんな私でよければ」グスッ

唯「そんな憂だからだよ」ナデナデ

唯「私のほうこそ、家事できないし、なんでも憂に頼りっぱなしで・・・」

憂「私が好きでやってるから気にしなくてもいいのに」

唯「だってこれからは・・・恋人だもん・・・。私も少しずつ覚えるよ!」

唯「きっと二人でやったほうが楽しいよ!」

憂「お、お姉ちゃん」///

憂「ありがとう。じゃあ少しずつ教えるね」グスッ



平沢家夜!

憂「今日はお姉ちゃんがんばったね」フフッ

唯「あうー、失敗ばかりでごめんね・・・」

憂「いいよ。少しずつ覚えるんだもんね」

唯「料理があんなに難しいなんて・・・」

憂「慣れもあるからね。すぐには難しいかな」

唯「あうー」

憂「今日は色々あって疲れちゃった」

憂「先に寝るね」

唯「あ。う、憂!」

憂「なあに?」

唯「・・・」

唯「一緒に寝ても、いい?」

憂「・・・、うん!」

唯「えへへー、ありがとうー」

唯「んしょ」

唯「二人だとあったかいね」

憂「うん」

唯「手、繋いでもいい?」

憂「うん!」ギュッ

唯「あったかあったかだね!」


唯憂編これで完了




中野家夕方!

梓「ううん・・・」ムクリ

梓「・・・あれ?ベット?」

梓「なんで・・・?」キョロキョロ

梓「!。ムギ先輩!?」

梓「(なんで私のベットで!?)」アワワワ

紬「」Zzzz

梓「(あ、だんだん思い出してきた・・・)」

梓「(確かお昼ごはん食べた後眠くなって・・・)」

梓「(私が一緒に寝ようって誘ったんだあああああああ)」カアァ

梓「・・・」

紬「」スゥスゥ

梓「・・・」ジーッ

梓「・・・」ツンツン

梓「(・・・柔らかい)」プニプニ

梓「(そりゃこんなに柔らかいんだもん)」

梓「(抱きつけば気持ちいいに決まってるよ・・・)」プニプニ

紬「ううん・・・」

梓「!」ビクッ

梓「(起こしちゃった!?)」

紬「そんなとこばっか触って・・・、エッチなんだから・・・」ムニャムニャ

梓「・・・」

梓「(いったいどんな夢を・・・)」

梓「(というかほっぺしか触ってません!)」

梓「(そりゃ他にも触りたいところはあるけど)」

紬「」ボイーン

梓「」ショボーン

梓「・・・」

梓「涙出てきた・・・」

梓「・・・、もう起こしたほうがいいよね?」

梓「ムギ先輩。起きてください」ユサユサ

紬「・・・もう、あずにゃんったら。大胆なんだから///」ムニャムニャ

梓「」

梓「起きろー!!!」

紬「ひゃう!」ビクッ

紬「・・・。あ、あれ?私の桃源郷は?」キョロキョロ

梓「・・・おはようございます」

紬「お、おはよう。梓ちゃん」

紬「(梓ちゃん・・・、まだ暗いわね・・・)」

紬「(涙の痕もあるわ・・・。また一人で泣いてたのね・・・)」

紬「(よし!)」

紬「あ、あの!」

梓「はい?」

紬「その・・・、今日、お泊りしてもいいかしら?」

梓「え?いいですけど。でも明日は学校ですよ?制服とか鞄とかは・・・」

紬「その点は問題ないわ」

梓「そ、そうですか」

梓「でしたら、どうぞ」

紬「ありがとう」ニコ

梓「(でも晩ご飯どうしよう)」

梓「(もう冷蔵庫の中空っぽだし)」

梓「(そうだ!)」

梓「あの。晩御飯のお買い物一緒に行きませんか?」

紬「え?」

梓「せっかくですから一緒に作りましょうよ!」

紬「・・・いいの?」

梓「はい!」



スーパー!

梓「うーん、晩御飯何にしましょうか?」

紬「あずにゃんの作ってくれるものならなんでもいいわ」♪

梓「それが一番困るんですよねー」

梓「あとムギ先輩にも手伝ってもらうんですからね」

紬「そ、そうだったわね」

梓「うーん、お昼はお米だったので晩御飯は他のにしますか」

梓「お鍋とかどうですか?」

梓「今日は冷え込むらしいので温かいもの食べましょう!」

紬「いいわね!お鍋大好き!」

梓「じゃあお鍋で決まりですね」

梓「寄せ鍋でいいですか?」

紬「うん!」

梓「じゃあ、白菜、ネギ、お豆腐と・・・」

紬「あら?これはなにかしら?」

梓「マロニーですけど?」

紬「?」

紬「太い白滝かしら?でも乾麺?ぽいし・・・」

梓「マロニーは初めてですか?」

紬「う、うん」

梓「ツルツルしてておいしいですよ」

紬「まぁ」パァ

店員「あざーっしたー」

梓「結構な量になっちゃいましたね・・・」ヨット

紬「大丈夫?もう少し持とうかしら」

梓「大丈夫です。もうムギ先輩はたくさん持ってるじゃないですか」

紬「うふふ」ヒョイ

梓「あ」

紬「これでも力持ちなのよ」エッヘン



中野家!

梓「えっと、白菜は根元を小さめ、葉っぱの方は大きく切って」

紬「こ、こうかしら」トントン

梓「そうです」

梓「長ネギは斜めに切って、笹の葉のような形にするときれいです」

紬「う、うん」トントン

梓「じゃあ私はだしとお魚の準備するので野菜はお願いします」

紬「わかったわ」

梓「よいしょっと」トン

梓「カセットコンロOK、具材OK、だしOK」

紬「マロニーもOKです!」

梓「じゃあ入れますよー」ドサドサ

梓「これでよしっと」グツグツ

紬「・・・」ワクワク

梓「よかったらポン酢もどうぞ」

紬「うん」

グツグツ

梓「もういいかな?」パカッ

紬「わぁ、おいしそう」

梓「ですね!」

梓「あふふ、おいしいです!」ハフハフ

紬「うん。おだしが効いてるわぁ」

紬「マロニーもおいしいわね」

梓「・・・」

紬「梓ちゃん?」

梓「・・・」グスッ

梓「えへへ、やっぱり誰かとご飯食べるっていいですね」

紬「梓ちゃん・・・」

梓「ご存知のとおり一人っ子だし、両親もあまり帰ってこないし・・・」

梓「一人でご飯食べることが多いんですけど」

梓「お鍋は誰かと一緒に食べたほうがおいしいですよね」

梓「ありがとうございます。今日泊まるって言ってくれて」

紬「・・・」

梓「で、でも。悪いことばっかりじゃないんですよ!」アセアセ

梓「好きなときに起きても怒られないし、夜更かしだってできますし」

紬「・・・」

梓「でもやっぱり、この家に一人は広すぎるかなって・・・」

紬「・・・梓ちゃんがよければずっとお泊りしたいな」ギュッ

梓「ムギ先輩?」

紬「私も今のあずにゃんの気持ちはわかるつもりよ」

紬「私も一人っ子だし、両親の帰りも遅いわ」

紬「一人の晩御飯だってしょっちゅう」

紬「自分の家なのに他の人の家にいる気がする・・・」

紬「ふふっ。私たちって意外と似てるのかもね」

梓「・・・そうかもしれないですね」クスッ

梓「私、ムギ先輩みたいなお姉ちゃんが欲しかったです」

紬「私だってあずにゃんみたいな妹だったら大歓迎よ」

紬「実はね、高校を卒業したら家を出て一人暮らししようと思うの」

梓「・・・そうなんですか」

紬「私だっていつまでも両親に甘えていられないし、最低限の家事はできなきゃね」

梓「・・・」

紬「それでね、あずにゃんがよかったらなんだけど」

紬「一緒に住まない?」


6