唯「・・・」

紬「突然で驚いているのもわかるわ」

紬「でも時間はないわよ」

紬「あずにゃんはすぐにでも鈴木さんの所へ行って、まぁ・・・、部室に戻ってくるわ」

紬「今のあずにゃんはもう告白すると決心している」

紬「唯ちゃんはその告白に答えられる?」

唯「それは・・・」

紬「今の唯ちゃんには2つ選択肢があるわ」

紬「一つ目は部室に来る梓ちゃんを待ってその告白に答える」

紬「それなら私はすぐに部室を出るわ」

唯「・・・」

紬「2つ目は今すぐに唯ちゃんがここを立ち去ることよ」

紬「唯ちゃんにだってしっかり考える権利はあるわ」

紬「梓ちゃんも昨日じっくり考えたって言ってたもの」

紬「それは決して梓ちゃんの告白から逃げたことにはならないわ」

唯「ムギちゃん・・・」ジワッ

紬「私はちゃんと考えてほしい」

紬「中途半端な答えでは2人とも傷つくだけよ」

紬「私にはそれは耐えられない」

唯「うん・・・」

唯「あずにゃんの気持ち聞いたもん、ちゃんと考えてくる!」グスッ

紬「明日学校で待ってるからね」

唯「うん。また明日ね・・・」

梓『どこだーーーー。じゅんーーーーー!!!』

紬「(さて、どうなるのかしら・・・)」

ガチャ

梓「ただいまです・・・」

紬「おかえりなさい、鈴木さんは見つかったかしら?」

梓「いえ・・・、ジャズ研に行ったんですけど純はもう帰ったらしいです・・・」

梓「ムギ先輩もなんで言ってくれなかったんですか!」

紬「だって、ほら。私が消しちゃもったいないじゃない」

梓「わけわかんないです・・・」

梓「にしてもみなさん遅いですね」ドキドキ

紬「その事なんだけど、みんなそのまま帰っちゃったそうよ」

梓「え?そ、そうですか・・・。そうですよね。なんだかんだでもうこんな時間ですしね!」

紬「・・・」

紬「(やっぱり緊張してるのね)」

紬「そうだわ。私猫耳付けた梓ちゃんにあずにゃーんって抱きつくのが夢だったのー」

梓「!!!」ビクゥ

梓「え、えと。その、あの・・・」ビクビク

紬「どうしたのかしら?」

梓「ま・・・また今度にしししませんかかかかか」ガクブル

梓「も、もうすぐ門閉まっちゃいますよ・・・」

紬「まだ大丈夫よー」

梓「あうあう」

紬「大丈夫よ、あずにゃん」ソッ

梓「・・・」

紬「ここに澪ちゃんはいないわよ」

梓「で、でも・・・」キョロキョロ

紬「どうしてもって言うなら無理強いはしないわ」

紬「こんなつまらないことであずにゃんを傷つけたくないもの」ナデナデ

梓「ムギ先輩・・・」

紬「さっきも言ったけどもう時間は限られてるの」

紬「なら後悔したくないじゃない」

紬「ほんのちょっとの時間付けてくれるだけでいいの」

梓「ムギ先輩・・・、その言い方はズルイです・・・」

紬「ごめんなさい。でも抱きしめたいのは本心なの」

梓「・・・」

梓「本当にちょっとだけですよ・・・」キョロキョロ

梓「うぅ・・・」スッ

澪『あずにゃーーーーん』ペロペロペロペロペロペロ

梓「ひいいいい」バタリ

紬「あら。そんなにトラウマになっていたなんて・・・」

紬「ごめんなさいね・・・」

梓「」

紬「あずにゃん、起きてあずにゃん」ヒザマクラ

梓「ミオセンパイガ、ミオセンパイガ。ペロペロヤダヤダ」ウーンウーン

紬「これは重症ね・・・」

紬「(唯ちゃん、どうするのかしら・・・)」

紬「(この子の泣き顔は見たくない・・・)」

紬「(でもあの時の唯ちゃんの反応からすると恐らく・・・)」

紬「(まだ唯ちゃんが考え直す時間はあるわ・・・)」

梓「」スヤスヤ

紬「・・・」

紬「」スッ

梓「」バシッ



平沢家!

唯「・・・」

憂「お姉ちゃん?どうしたの?」

唯「う、憂。えへへ、なんでもないよー」

憂「・・・。そっかー」

憂「じゃあお風呂沸いてるから先に入っちゃって」

唯「う、うん。いつも悪いねー」

唯「・・・」スススッ

唯「・・・」ザパーン

唯「・・・」チャプン

唯「(あずにゃんがあんなに私の事を思ってくれてたなんて・・・)」

唯「(あずにゃんはかわいいし私の大切な後輩・・・)」

唯「(でも私は憂のことがが・・・)」ブクブク

唯「(あずにゃんの気持ちも知らないであんなにベタベタしてたなんて・・・)」

唯「(明日あずにゃんに謝らなきゃ!)」

唯「ふいー」ポカポカ

唯「ういー、アイスー」

憂「はい、お姉ちゃん」スッ

唯「・・・」

憂「どうしたの?」

唯「憂はさ、私のこと・・・」ボソッ

憂「?ごめんね。聞こえなかった」

唯「な、なんでもないよ」アセアセ

唯「アイスありがとー、ういー」

唯「じゃあギターの練習して寝るね」

憂「宿題もやらなきゃだめだよ」

唯「あうー」トコトコ

ガチャ

憂「・・・」

憂「私だってお姉ちゃんのこと好きだもん・・・」

唯「・・・」

唯「よっと」ボフ

唯「あずにゃん・・・」

唯「(私たちのかわいい大切な後輩・・・)」

唯「(でもあずにゃんはそれ以上に私のことを思ってくれている・・・)」

唯「(もちろんうれしいよ。でも、私は憂じゃないと・・・)」

唯「(ダメだー。考えがループしちゃうよー)」ブンブン

唯「そう、寝ちゃおー!」

唯「(明日はあずにゃんにちゃんと謝る)」

唯「(そしたらもう抱きつけないよね・・・)」

唯「(それはちょっとさびしいな)」

唯「(でも、しかたないよね)」

唯「」Zzzz



中野家

梓「まったく、純ったら・・・」

梓「(ご丁寧に絆創膏2枚も使って隠すなんて・・・)」

梓「(なんで悩んでるのわかったんだろ)」

梓「(まさかエスパー!?)」

梓「(なんてね・・・)」

梓「さぁ、明日は決戦だ」

梓「うん、きっと大丈夫」

梓「ムギ先輩のお墨付きだもん」エヘヘ

梓「・・・」

梓「ムギ先輩やわらかくていい匂いだったな・・・」

梓「おやすみ」



田井中家!

澪「律にゃん!律にゃん!」ペロペロ

律「やめろよー。くすぐったい///」

澪律「キャッキャウフフ」



次の日!

梓「そうか。今日は学校お休みか・・・」

梓「どうしよう・・・」

梓「どっちにしても学校じゃ言いにくいからちょうどいいよね!」

梓「唯先輩に電話っと」ピポポ

梓「・・・」

梓「でない」

梓「憂に電話してみよう」ピポポ

憂『もしもし。梓ちゃん?』

梓『うん。今家にいるの?』

憂『ううん。純ちゃんとお買い物に行ってるよ』

梓『そうなんだ・・・。唯先輩どこにいるかわかる?』

憂『・・・』

憂『まだ寝てるんじゃないかな?』

梓『そうなんだ。唯先輩の携帯に電話しても出なくてさ』

憂『・・・』

梓『ちょっと唯先輩に用事があるから憂の家に行ってもいい?』

憂『う、うん。お姉ちゃんまだ寝てたら起こしてあげて』

梓『わかったよ』

梓『じゃあね』

憂『・・・うん』ピッ

憂「梓ちゃん・・・」

憂「昨日悩んでたのってやっぱり・・・」


梓「さて、何着ていこうかな」

梓「大事な日なんだし適当な格好じゃダメだよね」ゴソゴソ

梓「うん!これにしよう!」

梓「おかしな所ないよね?」

梓「じゃあ行ってきます!」

ガチャン



平沢家!

ピピピピピ

唯「あずにゃんから電話・・・」

唯「あうう・・・」

ピ・・・

唯「切れちゃった・・・」

唯「留守電?」

梓『お話があるので唯先輩の家に行きますね』

唯「あわわわ、どどどどうしよう」

唯「パジャマはまずいよね・・・」アセアセ

唯「早く着替えて下で待ってよう」

唯「あずにゃん早すぎだよー」

唯「・・・大丈夫。もう答えは決めたから」

唯「私たちにとってもはっきり答えたほうがいいよね」

唯「あずにゃん・・・」


梓「はっはっ」テッテッテ

梓「あれ?」

梓「ムギ先輩?」

紬「あら。奇遇ね梓ちゃん」

紬「そんなに急いで・・・、唯ちゃんの所?」

梓「はい!もう待てません!直接行ってきます!」

紬「そう。がんばってね、あずにゃん」ダキッ

梓「ム、ムギ先輩?」

紬「震えてるわね・・・」

梓「・・・はい」

梓「もし断られたらって思うとどうしても」

紬「・・・」ナデナデ

梓「もし、もしも断られたらいままでの関係が壊れて、お互い気まずくなるんじゃないかって・・・」

紬「・・・大丈夫よ」

紬「梓ちゃんならきっと大丈夫」

紬「そんな簡単に壊れちゃうわけないわ」

紬「もう、また泣いちゃって」

梓「すみません」ズズッ

紬「いいのよ。泣きたくなったらいつでも抱きついてきていいんだから」

紬「震え、止まったわね」

梓「はい・・・。大丈夫です。ありがとうございます」

紬「・・・」スッ

紬「(私にできるのはここまで・・・)」

紬「じゃあ、行ってらっしゃい」

梓「はい!」

梓「」テッテッテ

紬「唯ちゃん・・・」


4