2年教室!

憂「おはよう、梓ちゃん」

梓「」ボー

純「梓ー?」

梓「ん?なんだ純か」

純「なんだとは失礼な!」

憂「梓ちゃんどうしたの?」
梓「な、なんでもないよ。ちょっと考え事」

純「今度ボーっとしてたら顔に落書きしてあげよう」

梓「(結局考えがまとまらなかった…)」

梓「(ムギ先輩の事は好き。でも、それは先輩として…)」

梓「(唯先輩も好きだけどムギ先輩の好きと違うのかな…)」

梓「(そもそも唯先輩が私の事をただの後輩としか思ってない可能性も…)」

純「…」スススッ

梓「(どうしよう。放課後まで時間ないし…)」

純「…」カキカキ

梓「(ムギ先輩を断って唯先輩に断られたら残ってるのは澪先輩…)」

澪『あずにゃんにゃん!』ペロペロ

梓「」ゾクゾク



放課後!

憂「梓ちゃん、放課後だよ?」

梓「」ボー

梓「決めた!」ガタッ!

純「」ビクゥ

憂「ど、どうしたの梓ちゃん?」

梓「あ、ごめんね。部活に行かなくちゃ」

憂「うん、いってらっしゃい」

純「あ、梓!ちょっと待って!」アセアセ

梓「?」

純「おでこどこかにぶつけた?赤くなってるから絆創膏貼ってあげる!」

梓「え?うそ?でも別にいいよ」

純「いいからいいから」ペト

梓「ありがと」



3年教室!

唯「りっちゃん澪ちゃん」

律「どうしたー?」

唯「実は昨日ね」

律「かくかく」

澪「うまうまだったのか」

唯「だから今日はムギちゃんとあずにゃんだけにしてあげたいの」

律「なるほどねー、いいぞ。適当に理由つけて今日はサボるかー」

澪「まぁ文化祭も終わってるしな」

唯「みんなありがとー」

紬「みんな、部活に行きましょ」

唯「ごめんねー、実はさわちゃんに呼ばれてて…」

律「私は和に呼ばれててさ」
澪「わ、私はす、鈴木さんに呼ばれててて」

紬「そうなの?」

紬「(これは神様がくれたチャンス!)」フンス

紬「じゃあ先に行ってるわね」

律「用事が終わったらそっちに行くよー」

唯「またあとでねー」



部室!

梓「…入りづらい」

梓「(迷っちゃダメ!もう決めたんだもん!)」

ガチャ

梓「…誰もいない」

ガチャ

梓「にゃ!」ビクゥ

紬「あら、どうしたの?こんな所で」

梓「あ、私もちょうど来たところだったんです」

紬「そうなの?そうだ、唯ちゃん達遅れるって言ってたから先にお茶にしちゃいましょう」

梓「そうですか…」

ズズッ

紬「梓ちゃんと2人きりでお茶飲むの久しぶりね」

梓「そ、そうですね」

紬「…」

紬「昨日の話の続き、してもいいかしら…」

梓「!」

梓「ど…どうぞ…」

紬「前から唯ちゃんの事が羨ましかったの。あんなに気軽に私がしたかったことをできる」

梓「…」

紬「私も努力はしてるつもりなのよ?でも後一歩が踏み出せない…」

紬「みんなと一緒にいられる時間もどんどん減っていく」

紬「このまま言えずに卒業しちゃうくらいなら私!」

紬「だ…だから言うわね」

紬「私、ずっと前から梓ちゃんのこと…」

梓「ま、待ってください」

梓「私もあの後考えました!」

梓「ムギ先輩の事は大好きです!でも!」

梓「やっぱり唯先輩のことが頭から離れないんです!」ウルウル

梓「だからムギ先輩とはお付き合いできません!」

梓「すみません!」

紬「…」

紬「えっ?」

梓「…えっ?」

紬「あ、梓ちゃん?」

梓「え?え?」

紬「私は別にお付き合いして欲しいわけじゃなくて…」

梓「」

紬「ただ梓ちゃんの事を唯ちゃんみたいにあずにゃんって呼びたくて…」

梓「」

紬「あ、梓ちゃん?」

紬「本人がよければ女の子同士もいいと思うわよ?」

梓「」

梓「…つまり付き合いたいっていうのは私の勘違いで…」

紬「…うん」

梓「ただ私の事をあだ名で呼びたくて…」

紬「……うん」

紬「ご、ごめんね。変に勘違いさせちゃって」アセアセ

梓「あは、あはははははは」ウワーン

紬「」オロオロ

梓「ヒッグ」ワシワシ

紬「あら」

紬「おでこ怪我しちゃったの?」

梓「ぶつけたらしいです」ヒック

紬「剥がれかかってるから新しいの貼ってあげるわね」

梓「ありがとう…ございます」ペリ

紬「」

紬「ふふっ」ペトッ

梓「?」

紬「さっきのお話の続きだけど」

紬「梓ちゃんなら大丈夫よ」
梓「ヒック、本当…ですか?」

紬「もちろんよ。私が保障するわ」

梓「…はい」

紬「それでね、私のほうもお返事貰いたいかなーっと」

梓「あ…あだ名ですよね。はい、好きに、呼んでください」

紬「ありがとう」

紬「また勘違いしないように言うけど、私も梓ちゃんの事は大好きよ」

紬「ただ、梓ちゃんの隣にいるのはやっぱり唯ちゃんのほうが似合うもの」

紬「」ソッ

梓「あ…」

紬「やっぱり梓ちゃんは小さくてかわいいわね」

梓「」

紬「さぁ!次はあずにゃんの番よ!」

梓「…はい」

梓「…そうですよね。早く言わないと私、一人ぼっちなんですよね…」

紬「いいえ。あずにゃんは一人ぼっちじゃないわよ。」ナデナデ

紬「確かに私たちはもうすぐ卒業するわ」

紬「でも、それでもう二度と会えないわけじゃない」

紬「会える時間は確かに減っちゃうかもしれないけど、その分思いっきりみんなと楽しめばいいのよ」

紬「もう。次期部長がこんなに泣き虫だと新入部員は入らないわよ?」

梓「…そうですね」ズズッ

紬「あずにゃんと新入部員と唯ちゃん達で来年の夏こそ今まで借りられなかった一番大きな別荘で合宿するんだから」フフッ

梓「…はい」

梓「もう、大丈夫です」

梓「やっぱりムギ先輩は優しいですね」

梓「私、唯先輩に告白します!」

紬「がんばって。でも、明日のほうがいいかしら?」

梓「え?」

紬「おでこに絆創膏、目が真っ赤じゃ唯ちゃん驚いてそれどころじゃないわ」

梓「」カーッ

梓「顔!洗ってきます!」

紬「いってらっしゃい」

ガチャ

紬「ふふっ」


……

梓「…恥ずかしかった」

梓「でも」パシャパシャ

梓「今日言う。今なら言える!」

梓「やってやるです!」

梓「そういえば、おでこ大丈夫かな?痛くないから剥がしてもいいよね?」ペリリッ
梓「」

梓「」

梓「じゅんー!!」

『あずにゃんのこと、みんな大好きだよ』

お わ り





梓『じゅんーーーー』

紬「さて、いるんでしょ?唯ちゃん」

ガタッ

唯「・・・」スッ

紬「梓ちゃんの勘違いとはいえちゃんと言葉にしてくれたわ」

紬「唯ちゃんにも聞こえたわよね?あずにゃんの気持ち」

唯「・・・うん」


律「おい。どうなってるんだよ?」コソコソ

澪「私にわかるわけないだろ」コソコソ


ちょっと前!

唯「ムギちゃんのあずにゃんデビュー聞こうよ!」

律「盗み聞きか?ちょっと気が引けるけど興味ある!」

澪「おいおい。やめておいたほうがいいんじゃ・・・」

律「じゃあ澪ちゅわんは鈴木さんのところに行ってらっしゃい。唯ー、行こうぜー」

唯「おー」

澪「待ってよ律ぅー」

紬『前から唯ちゃんの事が羨ましかった・・・』

梓『…』

紬『このまま言えずに卒業しちゃうくらいなら私!』


律「いよいよか!」

唯「いよいよだね!」

澪「」ドキドキ


梓『ま、待ってください』

律「?」

梓『ムギ先輩の事は大好きです!でも!』

梓『やっぱり唯先輩のことが頭から離れないんです!』

唯「」

唯「え?」

梓『だからムギ先輩とはお付き合いできません!』

律「・・・。おい唯?どうなってるんだ?」

澪「ムギのあずにゃんデビュー・・・じゃないのか?」

唯「え?なんで?あずにゃん?」

律「・・・。冗談じゃない、みたいだな・・・」

唯「」

~~

梓『私、唯先輩に告白します!』

梓『顔!洗ってきます!』ダッ


律「おい、梓が来るぞ。隠れろ!」

唯「」

澪「おい。唯早く」コソコソ

唯「あずにゃんが、私に、告白?」

律「澪!唯を引っ張れ!」

澪「あぁ」コソコソ


梓「」ダッ


律「間一髪・・・」フゥ

紬『さて、いるんでしょ?唯ちゃん』

唯「」ビクッ

唯「」スッ

律「おい、唯」

澪「私たちも行こう。冗談じゃ、ないんだろ?」

律「あぁ・・・」

唯「ムギちゃん・・・」

紬「待って、その前に」

紬「ごめんなさい。今は2人だけでお話させてもらっていいかしら」

律「あ、あぁ。わかったよ」

澪「・・・」

律「よくわからないけどまた明日な!」

紬「えぇ。また明日」


3