唯「あ~ずにゃ~ん♪」ダキッ

梓「わっ、いきなり抱きついてこないで下さい!」

唯「いいじゃんいいじゃん」スリスリ

律「相変わらずだなあいつら」

澪「そうだな」

紬「……」ウズウズ

紬(いいなぁ唯ちゃん)



紬(唯ちゃんいいなぁ・・・)ウズウズ

澪「どうした?ムギ?」

紬「え?あっ・・・、なんでもないわ」

澪「そうか」

律「ふむふむ」

唯「あずにゃーーん」

律「ちょっとムギ、こっち」

紬「え?」

律「事情はわかった。ここはこのりっちゃん部長にまかせな!!」

紬「え?え?」

律「何年一緒にいると思ってるんだ。ムギの考えてることなんてお見通しだぜ!」

紬「りっちゃん」キラキラ

律「唯にムギにゃーんって言われたいんだろ?私に任せんしゃい」

紬「」

紬「え?いや、そうじゃなくt

律「おーい、唯ちょっと来てー」

唯「なーにー?」

律「いやー、梓以外にはにゃんつけないの?みんな猫耳似合うじゃん」

唯「そうだよね!みんな似合うもんね!」

澪「わ、私には付けなくていいぞ!」

梓「私も結構です!」

唯「律にゃーん。みんながいじめるよー」

律「わ・・・私もにゃんはいいかな・・・」

律「ほら、ムギにも言ってやれよ(ほれ、猫耳付けろ)」ヒョイ

紬「えっ?えっ?」スチャ

唯「ムギにゃんも猫耳似合うね!」

紬「!!」

紬「(そうだわ!この流れをうまく使えば!!)」

紬「ありがとー。唯ちゃんも付けてみたらどうかしら」スッ

唯「おおう」スチャ

律「あらー。唯にゃんも似合いますわねー」

紬「唯にゃん似合うわー」

紬「(流れは作った!あとは梓ちゃんにも猫耳を付ければ!!)」

唯「えへへ、ありがとー」

唯「澪ちゃんパス!」

澪「!こら!やめろ」

唯「えへへー」

澪「あうー」///

梓「似合いますね。澪にゃん先輩!」

紬「(さぁ、後は梓ちゃんだけだわ)」

澪「さぁ後付けてないのは梓だけだぞー」ニヤニヤ

唯「付けてよあずにゃーん」

梓「!」

ガチャ

和「あら、みんないるわね」

和「なにやってるのよ、あなた達・・・」

律「いやー久しぶりにみんなで猫耳付け合ってたんだよ」

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会に行くわね」

唯「ちょっと待った和ちゃん」ガシッ

和「・・・なにかしら」

唯「和ちゃんもちょーっと付けてみない?」

和「・・・なにをかしら・・・」

唯「んもー。猫耳だよー」

梓「そ、そういえば和先輩が付けてるの見たことないです!」

澪「(うまく逃げたな梓・・・)」

律「そういやそうだなー。いい機会だし付けてみてよ」

和「私はいいわよ。ほら、梓ちゃんが似合うんでしょう?」

唯「あずにゃんも似合うけどきっと和ちゃんも似合うよ!」

和「しょうがないわね・・・。ちょっとだけよ」スッ

唯「!のどかにゃーん」ダキッ

和「ちょっと唯」

律「ふむ、眼鏡に猫耳もなかなか・・・」

紬「(和ちゃんの猫耳もいいわねぇ・・・)」ポワポワ

紬「(でも今日の目的はあずにゃーんと言って抱きつくこと!)」グッ

和「もういいでしょ」

唯「あーん、まだ付けててよー」

和「じゃあ今度こそ生徒会に行くからね」

唯「じゃーねー、のどかにゃーん」

和「にゃんは付けなくていいわよ・・・」

澪「そういえば和は何しに来たんだ?」

律「そういやなんだろ?書類出し忘れてないし」

紬「さぁ!後は梓ちゃんだけよ!!」

梓「!」

ガチャ

純憂「失礼しまーす」

紬「(チッ)」

梓「(助かった)あれ?純と憂どうしたの?」

純「部活中にすみません」

憂「お姉ちゃん、弦の代え家に置いたままだったから持ってきたよ」

唯「おー。ありがとー、ういー」

純「私は部活休みで暇なので付いてきました」

律「ちょうどいい。2人ともこっちに来なさい」

純憂「?」スススッ

憂「なんですか?律さん」

律「どれどれ」スッ

憂「えっ?」

梓「やっぱり似合うねー、憂」

唯「ういにゃーん」スリスリ

憂「もうお姉ちゃんたらー」ドキドキ

純「・・・」

純「次!私も付けていいですか?」

律「元よりそのつもりだぜー」スチャ

純「えへへ、どうですかね?」

梓「」

憂「か、かわいいよ純ちゃん」

唯律澪「うーん」

純「似合いませんかね・・・」シュン

梓「あ、いや。似合わないとかじゃなくてね」

唯「そのモッ律「うーん、なんだろ。猫キャラじゃないよね。純ちゃんは」

澪「そうだな。どっちかって言うと犬?」

紬「そういえばさわ子先生の持ってきた中に犬耳があったような・・・」

律「ほう。どこにしまったっけなー」ゴソゴソ

純「犬ですか・・・?」

澪「律ー、あったかー?」

律「とったどー!」

梓「早く付けてみてよー、純ー」

純「う・・うん」

唯律澪紬梓「おー」

憂「すっごい似合うよ!」

純「本当?」

梓「うんうん。正直以外」

唯「かわいいよ!そのモッp律「いやー、その髪型と合うねー。うんうん」

紬「じゃあ、じゅんわんね!」

唯「じゅんわーん」ダキッ

純「おっと。唯先輩も犬耳似合いそうですよ」

唯「そうかなー?どれどれ」スチャ

澪「このままでもいいけど髪形変えてみたら?」

律「いいね。この前の髪型にしてみてよ」

唯「この前ってなんだっけ?」

紬「唯ちゃーん、こっちいらっしゃーい」

唯「うん」

スススッ

律「犬だな」

澪「犬っぽい」

純「唯先輩もすごく似合いますね」

唯「えへへー、ありがとー」

澪「そういえば梓だけ猫耳付けてないんじゃないか?」ニヤニヤ

梓「にゃ!」

紬「(澪ちゃんGJ!!)」キマシタワー

紬「(ついに、ついに来たのね!)」

紬「(あぁ、早く付けて梓ちゃん!!)」

梓「えーっと、あ。律先輩も犬耳どうですか?きっと似合いますよ」

律「うーん。別にいいけど梓の猫耳も早くみたいなー」

紬「そうよね!」

澪「最近なんだかんだで付けてないだろ梓?」

唯「」キラキラ

純「早くつけてよ梓」

梓「ぬぐぐ」

梓「もう、特別ですよ・・・」

紬「(今まで何度あずにゃんと呼びそうになったことか)」

紬「(猫耳付けてなくても唯ちゃんみたいに呼びたい)」

紬「(でも!)」

紬「(最初にあずにゃんって呼ぶとき彼女は猫耳を付けていなくてはだめ!!)」

紬「(あの時タイミングがなくて言えなかったけど今日は言えるわ)」

紬「(さぁ!!)」

梓「」スチャ

梓「うぅ・・」

紬「(あぁ・・やっぱり似合うわ・・・尻尾も付けてあげたい・・・)」

紬「(さぁ唯ちゃんが抱きつくよりも早く私が抱きついてそのやわらかそうな頬をスリスリと)」

紬「あずny澪「あずにゃーん」

紬「」

紬「え?」

梓「ちょ。澪先輩?」

澪「あずにゃーん」スリスリ

唯「いいなー澪ちゃん」

律「よかったな。澪ー」

紬「えっ?これはどういう?Why?」

律「ん?いやー昨日の夜澪から電話着てさ」

澪『猫耳あずにゃんに抱きつきたい』

澪『頼む律!なんとかしてくれ!!』

律「ここでわれらがりっちゃん部長が一芝居打ったわけよ!」

律「いやー、澪の願いのあずにゃん抱きつきもうまくいったし」

律「ムギのムギにゃんって言われる願いも叶ったし」

律「さすがあたし!一石二鳥!!」

紬「」パクパク

澪「あずにゃーーん」スリスリ

梓「にゃーーーー」

唯「やっぱ澪ちゃんばっかずるい!」ダッ

憂「はい、お姉ちゃんストーップ」ガシッ

唯「あうー、ういー」

憂「澪さんの為にみんながんばったんだから今日は我慢ね」

紬「え?憂ちゃんも知ってたの?」

憂「はい。昨日律さんから聞きました。純ちゃんは予定になかったですけど」

憂「紬さんは聞いてなかったんですか?」

紬「聞いてないけど・・・」

律「あちゃー。メール送り忘れちゃったかー。ごめんねムギ」

紬「ううん。ぜんぜん気にしてないのよ」

純「澪先輩。幸せそう・・・」

澪「あずにゃーん」ペロペロ



紬「・・・」

紬「あのね、りっちゃん。ちょっと内緒話があるんだけど・・・」

お わ り




澪「あずにゃん、また猫耳付けてよー」

梓「絶対いやです!もう二度と付けません!」

唯「あずにゃん・・・」

律「気持ちはわかるよ、梓」

律「澪は正直やりすぎだ・・・」

律「貞操の危機だったもんなー」

梓「そうですよ!あの時皆さんが澪先輩を止めていなかったら・・・」ゾワッ

澪「あずにゃんにゃん」

梓「ヒイイイィ」

律「だからごめんな、ムギ」

紬「」

律「猫耳がトラウマになってしまった以上梓に頼んでもつけてくれるかどうか・・・」

紬「」

律「おーい、ムギー?聞いてるかー?」

紬「」

お わ り




紬「あ・・・あずn」

紬「あず・・あぬあん!」

唯「(噛んだ)」

梓「(噛んだ)」

律澪「(噛んだ)」



中野家!

梓「…」

梓「ど…どうしよう」

梓「ムギ先輩のあのセリフ…」

梓「どう考えても、こ…こくは…」カアァ

梓「澪先輩に続きムギ先輩まで、私って結構モテる?」ニヘラ

梓「で…でも、安易に返事して澪先輩みたいなことになったら」ゾワワ

紬『あーずにゃーん』スリスリ
梓「…ムギ先輩なら悪くないかも」

梓「でも私は唯先輩の事が…」

梓「どーすればいいのよー



琴吹家!

紬「梓ちゃんどうしたのかしら?」

紬「やっぱり唯ちゃん以外からあずにゃんって呼ばれたくないのかな…」シュン

紬「あうう…」

紬「弱気になっちゃダメよ私!」フンス

紬「…」

紬「…梓ちゃん」

紬「…あずにゃん」Zzzz

紬『うふふ。待ってー、あずにゃーん』

梓『こっちですよー。ムギせんぱーい』

紬『はい、捕まえたー』

梓『にゃーん』



紬「夢…」

紬「でも、いい夢だったわー」ポワワ

紬「今日こそあずにゃんって呼ぶんだから」フンス


……

紬「唯ちゃんおはよう!」

唯「おはよー、ムギちゃん」
唯「なんか気合い入ってるね?」

紬「私覚悟したわ!今日こそあずにゃんって言う!」フンス

唯「そんなに張り切らなくてもだいじょーぶだよー」

紬「」フンス

唯「あ、りっちゃん澪ちゃんおはよー」

律澪「おはよー」


2