律「唯、いいか。私たちの仲直りは唯の活躍なしでは成立しないんだ」

澪「何また、馬鹿なことを・・・」

律「唯」ガシッ

唯「りっちゃん隊員・・・!」

律「トランクス・・・履いてくれるな?」

梓「」

唯「がってん承知のすけです!」

澪「」

律「よく言ってくれたー!!」ギュー

唯「でも、トランクスなんてどこにあるの?男の人の下着でしょ?」

律「トランクスなら今私が履いてるよ」

唯「え!?りっちゃん隊員ってやっぱり男の子だったの!?」

律「ちっがーう!違うけど、下着はたまにトランクスなのっ!」

唯「うーん?そっかぁ!」ニヘラ

律「うんうん、可愛いヤツめ」ナデナデ

澪「チッ」

梓「怖い、澪先輩はこういう時怖い」

律「というわけでー・・・」スルスル

唯「おおう!やきゅーけんだ!」

律「へっへー。ほら、これ履いてみてくれ!」

唯「うん、わかった!今履いてる下着は・・・」

律梓紬「もちろん脱いでくれ!」

澪「ハモるな!」ガツン!

律「なんで私だけ・・・」ヒリヒリ



唯「履いたよー?」

律「・・・で、どうだ?」

唯「うーん、なんかスースーするかなぁ」

梓「えっと、それで、感想は・・・?」

唯「スースーしてて気持ち悪いね!」ニコッ

律「バッサリだー!」

唯「でもいつもと違う感じで不思議ー」

紬「ねえ唯ちゃん?」

唯「うん?なぁにムギちゃん」

紬「スカート、脱いでみない?」




梓「」


律「その発想はなかった」

澪「さすが変態・・・」

唯「えっと、下はトランクスだけになっちゃうよ?」

紬「いいの」

唯「うーん・・・」

澪(唯、流石にそれは断れ!)

唯「いいよ!」

澪(いいのかよー!)

唯「よいしょっと・・・」スルスル

唯「どうかな?」

律「よし、ついでだからブレザーも脱げ」

唯「了解!」ビシッ

唯「・・・どうかな?」

梓「先輩、リボン取って下さい」

唯「ほい!」シュル

澪「せっかくだ、ブラウスの上、2~3個外してみろ」

律梓紬「なんだかんだでノリノリじゃん!」

唯「できたー!どう?どう?」

律「・・・こりゃ、また・・・マニアックな格好だな、おい」

梓「誰が得するんでしょうね・・・」

紬「」ノ

澪「いや、ムギ、無言で挙手しなくていいから」

律「そうだ、いっそのこと、ブラウスのボタン全部外してみろよ!」

唯「えーりっちゃんのえっちぃー」クネクネ

澪「クネクネすんな、キショい」

梓「嫉妬って怖い」

唯「んじゃー外すからちょっと待っててねー」

紬「」ハァハァ

唯「えーと・・・ど、どうかな・・・?///」

梓「照れてる唯先輩、ちょっと貴重ですね」

律「よーし、じゃあ今度はブラも取ってみようk」

ゴンッ

律「いっつ~~!!」

澪「調子に乗るなっ!」

紬「唯ちゃん、ブラも取ってみて。早く」

澪「って、ムギぃ!?」

唯「ほ、ほえ!?ブラも!?」

紬「・・・駄目かしら?」

唯「う、うーん・・・いいよ」

紬「トゥゥゥゥラタッタホゥゥゥ!(ええ、きっと可愛いわよ)」

律「ムギ、逆。心と発言が逆だ」

唯「ねえ、りっちゃん・・・?」

律「ん?なんだ?」

唯「こっち来て?」

律「あ、ああ」トテトテ

律「で、どうしたんだ?」

唯「私ブラ外すのにブラウス脱ぐから、りっちゃんはそのブラウス広げてみんなに見えないないようにして?」

律「裸なんていくらで見てるじゃないか、私たち」

唯「う~ん、そのハズなんだけど・・・なんか恥ずかしいんだ・・・///」

律「そっそうか、じゃ、じゃしかたがないな!(やっば、可愛い)」

唯「うん、よろしくね」ヌギヌギ

律「よし、広げたぜ」ファサー

唯「ありがとっ」

唯「・・・」

律「唯?どうした?」

唯「上手く外せない・・・りっちゃん、外して?」

律「(ヤバい、マジで鼻血出るってぇぇ!)あああ、うん、わかったわかった」キョドキョド

唯「・・・りっちゃん、なんかいやらしいこと考えてたんでしょー?」ムー

律「いや、そんなことないって!(ヤべー・・・)」

澪「おーい律?聞こえてるかー?唯に変な事したら・・・わかってるな?」

律「わわわかってるって!!あははは、そんなことするワケないだろっ!(殺される・・・)」

唯「りっちゃん、早くー」モジモジ

律「あ、ああ。っていっても、私はブラウス持ってるからなー」

唯「あっそっかー。あ!じゃあじゃあ、りっちゃん私のブラウス肩にかけて!」

律「肩にって、私の肩にか?」

唯「うん!」

律「よし、かけたぞ」ファサ

唯「それでそのまま後ろからブラ外して!どう?名案でしょ?」

律「ん?あ、ああそうだな。えーと・・・ほいよ」プチ

唯「ありがとっ!はい、じゃあそのままブラウス着させて?」

律「へいへいっと」キセキセ

唯「ふっふっふ・・・」

梓「グランドピアノの後ろから不敵な笑い声が・・・!!」

律「・・・」

澪「律、どうだった?唯のヤツ」

律「////」

澪「お、おい、真っ赤だぞ?」

律「あれは・・・やばい・・・///」

紬「姿を現して!唯マーン!」

梓「戦隊モノのコールのつもりですか!?」

唯「はーい!」

澪「なんか出てきたー!・・・って、ちょ///」

梓「あれは・・・///」

紬「あ、私死んでくるわ。思い残すこと何もないから死んで来るわ」

律「ムギィィ!早まるなぁ!!!」

唯「・・・どうかな?」モジモジ

梓「・・・最高です」

澪「いや、これは・・・」ダバダバ

律「ちょ澪、お前!ムギみたいなことしてんじゃねぇよ!」

紬「」デロデロ

律「ムギはムギでとろけてるしぃぃ!!」

唯「えと・・・変、かな?」

澪「いや、変じゃない。なんかよくわからないけど、凄い可愛い!」

梓「唯先輩に全部持っていかれた感じがします・・・」

紬「デロ?デロデーロ!デロリーヌ!」

律「ムギ!頼むから!日本語じゃなくてもいいからせめて人間の言語使ってくれ!」

澪「よし!ここまできたんだから、最後まで行こう!」

唯「ほえ?どういうこと??」


澪「ブラウス脱げよ」

律「お前が一番悪乗りしてんじゃねぇかぁ!!」

澪「うるっさい!見たいもんは見たい!」
唯「えっと・・・流石に、ブラウス脱ぐのは・・・///」モジモジ

澪「頼む!」ドゲザ!

律「澪!土下座までして見たいかこのやろー!・・・と言いつつ私も」ドゲザ!

唯「え・・・でも、恥ずかしいよぅ・・・///」

紬「みんな元気!?私の名前はスライム!仲良くしようね!」デロデロ

梓「ああ・・・ムギ先輩がワケわかんないことになってる・・・」

唯「うぅー」モジモジ

梓「コホン。先輩、ブラウス着てる方がエロいです。一刻も早く脱ぐべきです」

唯「へ?そうなの?ブラウス着てる方が恥ずかしいの?」

梓「そうですよ、当たり前です。だから恥ずかしい思いをしたくなければ早く脱いでください」

唯「そっかー・・・そうだったのか・・・わかった!私、脱ぐ!!!」

一同(おっしゃーーーーーーーー!!!!!)

唯「なんて言うと思ったかヴォケがぁぁぁぁ!!!!」



一同「」
唯「アホかぁ!」

律「」

澪「」

梓「」

紬「デロデーロ」

唯「ちょっとみんな調子に乗りすぎだよ!ここから先は有料です!」プンスカ

律「いくらだ?払う」

澪「ちょっと待て、私も払うぞ」

梓「私は唯先輩そのものを買い占めたいです」

紬「でろりんちょ」

唯「え、えー?(どんだけぇー?)」

唯「と、とにかく・・・もうお終い!」

律「えぇー」ブーブー

唯「私もう着替えるからねっ」プンスカ

律「ちぇーわかったよー」

澪「ま、まあしかたがないな」

梓「今度二人きりの時に続き見せてくださいね」ボソッ

唯「もーあずにゃんのお願いなら仕方がないなー」ダキッ

梓「えへへ」ホワホワ

唯「なんて言うと思ったか」メキメキ

梓「ぎゃっ・・・!苦しい・・・!」ミシミシ

紬「みんな、そろそろ帰りましょう?」

律「お、もうこんな時間かー」

澪「結局今日は楽器に指一本触れずに終了したな・・・」

律「まあ、そんな日もあるって」

澪「最近そんな日しかないような気がする・・・」

梓「まぁまぁ」

紬「細かいことは気にすんな☆ってことで」ワカチコワカチコ♪

澪「う、まあ、みんながそう言うなら・・・いっか」

律「そーゆーこと!んじゃ、帰ろうぜ!」

澪「・・・あれ?」

梓「どうしたんですか?」

澪「・・・律、お前、鞄どこやったんだよ」

律「へ?椅子の上に置いてあるだろ?」

紬「・・・ないわよ?」

律「え!?」

唯「あーみんなでりっちゃん探してるときに私が隠したの!りっちゃんが帰っちゃわないように!」

澪「なるほど!唯にしては機転がきいたな!」

唯「えへへ~でもねー・・・」

律「ん?」

唯「どこに隠したか忘れちゃったんだー」テヘー

律「・・・こらぁー!!」



おわり