二人が謝ったのと同時に、紬がお茶と茶菓子を運んできた。
唯の目が輝いている。

紬「今日は緑茶だから、おはぎで~す。」

唯「おはぎ!おはぎ!」

唯のテンションは上がりきっている。ほかの三人の目も輝いている。
紬を除く全員が、目の前のおはぎをほおばると、より一層目の輝きを増した。

律・澪「うまい!」

唯「おいしい!」

紬「よかったわ~。・・・爽子ちゃんはどお?」ニコニコ

爽子は、また突然自分に振られたので、何か良いことを言おうと、唸っている。

紬「おいしい?」

紬に促されて、すごい勢いでうなずく。
慌てて話しだそうとしたので、おはぎをのどに詰まらせたらしい。
焦ってお茶で飲み下すと、爽子は堰を切って、話出した。

爽子「ひ、非常に上品なお味でなんというか、気品にあふれているというか・・・。」

紬「おいしいってこと?」

爽子「とってもおいしいです・・・!」

紬「よかった~。」ニコニコ

爽子は、笑顔を見て、心が救われるような気がした。
なんて素敵な笑顔を見せるんだろう・・・。

爽子(私もこんな笑顔をしてみたいな・・・。)

爽子はいつの間にか、紬に見とれていたらしい。
それに気付いた紬が、少し顔を赤らめて言う。

紬「やだ!何か顔についてる?」

爽子は、はっと我に返って、顔を横にブンブンと振った。

紬「どうしたの?爽子ちゃん?」

爽子「なんでもないの・・・!」

二人の会話が途絶えたと同時に、他の三人がおはぎを食べ終えた。

律「爽子には、何かしらしてほしいことをしてもらうことにした!」

澪「漠然としててごめんな?でも、音楽に関することを無理やりやってもらうことはしないよ。」

唯「皆とお茶飲んで、おしゃべりするだけでも、楽しいもんね!」

澪「唯・・・私たちは軽音楽部だぞ?」

唯の天然のボケに澪からするどい突っ込みが飛ぶ。

唯「あ・・・あははは・・・。」

律「唯は、ギターを準備しないと、どうしようもないな~。」

紬「もってないのよね?ギター。」

唯は申し訳なさそうに頭をかいて言う。

唯「うん・・・。だから、今日はお茶を飲むだけで―。」

唯が言い終わるや否や、澪が突然立ち上がり、唯を指差して言った。

澪「ギターを見に行こう!」ビシッ

唯「えぇ~?!」

律「また突然だな~。」

澪「これじゃあ、練習もできないしな。値段とかも唯には見てほしいし・・・。」

唯「ま、また今度にしない?休みの日でも・・・。」

爽子は和から言われたことを思い出していた。
唯が席を外したお昼休みの時のことである。

和『唯を甘やかしちゃだめよ?』

爽子『・・・え?』

唯がいなくなると、和が突然眉をひそめて話しだしたので、爽子は驚いた。

和『甘やかすと、だらしないのよ、唯は。だから、一番近くにいる爽子が叱ってあげて?』

爽子『し、しかるの?』

和『そう。親心よ。』

爽子『お、親心・・・。』

和『唯って、どこか抜けてるし、にくめないけど・・・。』

和の言葉に、爽子は深くうなずく。

和『たまにはびしっと言ってあげないと。けいおん部の皆には迷惑かけると思うわ。』

和は爽子に向き直り、目を見つめて言った。

和『唯をお願いね?』

爽子は唯に対する心のこもった思いを受け取って、しっかりとうなずいた。

唯『あ~!何の話~?』

唯が戻ってきた。二人は同時に唯の方へ向いて言った。

爽子『なんでもないの!』和『なんでもないわ。』

唯『おおぅ・・・二人ともいつの間にかすごく仲好くなったね・・・。』


場面は戻って、放課後の軽音楽部、部室。
唯が、澪のギターを見に行こうという提案を受け流したところだ。

唯「さ、さわちゃんもお茶もっと飲みたいよねぇ?」

唯は、援軍を呼ぶべく爽子へ声をかけた。しかし、爽子は援軍にはならなかった。

爽子(いまこそ、和ちゃんとの約束を果たすべき時・・・!)

爽子は、大きくうなずくと、唯へ向きなおり、言った。

唯「ほら!さわちゃんも、お茶を飲みt―。」

唯が勘違いで言うのをさえぎって、爽子が言う。

爽子「唯ちゃん!ギターを見に行こう!」

思わぬ提案に、シーンとなるほか四人。

爽子(・・・え?)

予想だにしない他四人の反応に、戸惑ってしまった爽子は、さっと青ざめた。

爽子(い、今のは、唯ちゃんに乗るのが正解だったの・・・?!)

爽子が、謝ろうと、席を立ち、頭を下げようとしたその時、澪が言った。

澪「ほら!爽子の方がわかってくれてるみたいだぞ?」

律「お!爽子は行く気満々みたいだな!」

爽子が急に立ち上がったのを、ギターを見に行くことへのやる気の表れだと勘違いした律は、それを見て立ち上がった。

紬「善は急げね!」

そう言って、紬も立ち上がる。

唯「さわちゃんまで、そういうなら・・・。」

と、唯も渋々立ち上がった。

律「よーし!じゃあ、楽器店まで皆で行くぞ!おー!」

律が拳を上げて掛け声を出すと、全員がそれに倣って、おー!と言った。
爽子も遅れて小さく手を挙げ、小さくおーと言った。

律「爽子!声が小さい!」

律に指摘され、びくっとすると、爽子が大きく、おー!と、言いなおした。

爽子(これは・・・友達とショッピングをするのと同じ・・・!)

爽子は思わぬ夢の実現に、内心飛び上るほど喜んでいたのである。
しかし、楽器店に着いた唯と紬と爽子の三人は、ギターの思った以上の高額に、驚くのであった。



~夜、爽子家~

爽子「はぁ~・・・・・・・・。」

爽子は、食卓について、少し食を進めた後、大きなため息をついた。
今まで以上に大きなため息に、爽子の両親は顔を見合わせた。

爽子父「ど、どうした?爽子。」

心配して父が声をかける。
その声にハッとした爽子は、顔をあげて平静を装う。

爽子「なんでもないの・・・!」

爽子父「家族に隠し事をしちゃだめだ!言いなさい。」

爽子は、うつむいて、言うか言うまいか考えているようだ。

爽子母「お父さん!無理に言わせることはないわよ。」

爽子父「しかし・・・家族で解決できるなら、それに越したことはないだろう?」

爽子母「そうだけど・・・。」

二人の会話が途切れたところを見計らってか、爽子が顔を上げた。
どうやら、言うことを決意したらしい。

爽子「実は・・・。」

爽子は、友達がギターを欲しがっていること。
しかし、そのギターが高く、手が出ない価格であること。

爽子母「ギターってそんな値段するのね!」

爽子「うん・・・。」

爽子母「アルバイトしたらどうかしら?」

爽子「そうなんだけど・・・。」

律が「バイトをして、稼ごう!」と、提案したのだが、唯はその提案を断った。
そして、「おこずかいを前借して、こっちの安い方を買うよ~。」と、唯は言った。

爽子母「安いのもあるのね。その子はかわいそうだけど、その値段は学生には手が出ないわ~。」

爽子「うん・・・。」

爽子(唯ちゃんは最後の最後まで、高い方のギターを気に入ってた・・・。)

爽子父は、いつの間にか、食事を終えて、箸をテーブルへ置いていた。
爽子をじっと見つめて言った。

爽子父「そのギター、どんなギターだった?」

爽子「えっと・・・赤い色が基調だったような・・・。」

それを聞いた父は、席を外して、リビングを出て行った。

爽子と、爽子母は突然の行動に、顔を見合わせてしまう。

爽子母「どうしたのかしら・・・突然・・・。」

爽子母がそうつぶやくと、父が部屋へ戻ってきた。
黒い革製のギターケースを手に抱えていた。

爽子母「あら?それって・・・。」

父は、そのギターケースからギターを取り出しながら言った。

爽子父「実は僕も昔、バンドをやろうとしててね。このギターを知り合いからゆずってもらっていたんだ。」

爽子母「・・・・・・。」ニコニコ

母は、微笑んだまま父を見ている。
父はギターを持ち上げて、爽子に見えるようにすると、言った。

爽子父「こんなギターじゃなかったかい?」

爽子は、そのギターを見た瞬間、目を輝かせて、立ち上がったのだった。



~翌日、朝・通学路~

唯「ほ、本当にもらって良いの?!」

唯は眼を輝かせて、爽子の両手をぶんぶんと上下させながら言った。

爽子「うん・・・。お父さんも使わないからって。」

そう。爽子の父が持っていたのは、唯が最初にほしいと言ったギターだった。
唯は、受け取ったケースを大事そうに抱え、満面の笑みを見せている。

唯「早く触ってあげたいよ~」

爽子「良かった・・・。喜んでもらえたみたいで・・・。」

唯「すっごく嬉しいよ!ありがとうね、さわちゃん!」ニコ

唯の思った以上の喜んだ顔に、爽子の顔が自然に和らいだ。

和「唯・・・その大きなケースは何?」

和が唯の自宅前にやってきて、唯の持っている黒いケースに興味を示した。

唯「ふっふっふ・・・。」ニヤ

唯はほほを釣り上げるような笑みを見せて言う。

唯「ひ・み・つ」ウフッ

唯がウィンクしながら言うと、和はため息をつくと、首を振って言う。

和「別に、教えてくれないならいいわ。爽子、いきましょう。」スタスタ

和は唯のボケにも動じず、先に歩きだしてしまう。

唯「の、和ちゃんひどい!」グスッ

唯は涙目になりながら、和の後を追った。
爽子は、ノリが分からず、おろおろしていまう。

和「ほら。唯が余計なことするから、爽子が困ってるわ。」

唯「え、えぇ~?!わたしのせい?!」

爽子は、猛スピードで首を左右に振る。

爽子「ち、ちがうの!」

唯「そうだよ~!悪いのは和ちゃんだよ~」ブーブー

唯が爽子の解釈を都合よくとって、和へ反論する。

爽子「え?!いや、あの・・・。」

爽子はさらにおろおろする。

和「こーら!唯、悪乗りしすぎよ。」

唯「えへへ。ごめんごめん。」

爽子は結局、ノリをとらえきれぬまま、二人の調子はいつもどおりに戻った。

和「今のは唯にボケを『無視する』っていうことでね・・・。」

和がまじめに解説をし始めようとすると、唯が戒めた。

唯「それは解説することじゃないよ~。」

しかし、爽子は真剣そのもので、まじめにこう切り返した。

爽子「つ、続きをお願いします!」



~放課後、軽音楽部・部室~

律「唯~、よかったなぁ!」

ギターを大事そうに抱えている唯に向かって、律が言った。
放課後。例のごとく集まった五人は、お茶会を始めようとしていた。

唯は皆が集まると同時に、早速ギターを取り出して、ギターを愛でていた。

唯「うん!ギ―太ぁ」ナデナデ

澪「ギターに名前を付けたのか・・・?」

唯「そうだよぉ。」エヘヘ

律「澪はベースにつけてないのか?」

澪「つ、つける必要ないだろ!」

その頃。爽子と紬はお茶を淹れる準備を二人でしていた。

紬「こうやって少し蒸らすことが重要なの!」

爽子「なるほど・・・。」

紬は爽子に紅茶の淹れ方をレクチャーしている。
紬が優雅にカップへお茶を注ぐ。
爽子は、その姿に見とれていると、紬がそれに気付いて言う。

紬「そんな見つめられたら、はずかしいわ。」カァァ

爽子「ご、ごめんなさい!」ハッ

爽子は慌てて顔をそむけて言う。

爽子「あまりにも、様になってたから、つい・・・。」

紬「本当?うれしいわ~。」

律「はぁ~・・・。やっぱり、ムギが入れるお茶はうまいなぁ・・・。」

律は紅茶をいっぱい口入れ、飲み下してからつぶやいた。

紬「ありがとう、りっちゃん。」

唯「そういえば、今日お菓子は・・・。」

唯が、現金なことを言ったと同時に、紬が頭を下げた。

紬「ごめんね!今日はおいしそうなものが手に入らなかったの!」

唯「あ!き、気にしなくて良いよ!」アセアセ

澪「唯~。ここはお菓子を食べるところじゃないんだからな~。」

唯「えへへ・・・。つい・・・。」

爽子(お菓子か・・・クッキーとかなら、前日に作っておけるかも・・・。)

唯「は~・・・。やっぱり、お茶ができるって良いねぇ・・・。」

律「このために学校来てる感じだよな・・・。」

律と唯の二人が、シンクロしてため息をついて、テーブルへ突っ伏した。

澪「さ!お茶の時間も終わったし、練習だな!」

唯・律「えぇ~!?」

二人は声も体を起こす動作もシンクロさせていた。

爽子(すごい・・・この二人・・・。)

澪「とくに唯!ギターの練習は積み重ねが大事なんだぞ!」

唯「は~い・・・。」

澪「さ!練習しよう!」

唯「澪ちゃんって結構熱い人だったんだね・・・。」

唯たちがそれぞれの練習をしている間、爽子はクッキーを作る計画を立てたり、授業の予習を片づけていた。
唯は、指がつるっと悲鳴を上げたり、指が痛いと言ったり、騒がしく時間が過ぎて行った。
爽子は、その姿を遠目に見守りながら、微笑んでいた。

日が暮れ、すっかり夕焼けに包まれた頃、下校時間のチャイムが鳴る。

律「おっと・・・。今日はここまでだな!」

唯「ううう・・・。もうめちゃくちゃ指を動かしたよ・・・。」

澪「ちゃんと、家で復讐して、覚えてくれないとな。」

唯「がんばります!」フンス

紬「唯ちゃん!頑張って!」

唯「さわちゃん、おまたせ~!」

律「ごめんな~。毎回こんな感じになっちゃうけど・・・。」

爽子「ううん。大丈夫。私、皆の練習を見てるだけでも楽しいから・・・!」

律「そっか。なら良いんだどな~。退屈してたら、どうしようかと思ってさ。」

それぞれが鞄を持つと、全員は校門へと向かった。

唯「ぎ、ギ―太重い・・・。」

澪「そのケースだと、持ちづらいだろ?」

唯「う、うん・・・。」

律「じゃあ、澪と同じようなケースがあるか、今日は見に行ってみるか!」

紬「行こう行こう!」

この後、一行は楽器屋に向った。
しかし、目当てのケースは見つけたのだが、唯の所持金では足りず、結局唯は皆から借りて、ケースを手に入れたのだった。


7