唯「あずにゃ~ん、待ってぇ~・・・」

梓「唯先輩、足遅すぎです」タッタッタッ

唯「うぅ~ごめん・・・」ゼェハァ

梓「まあ闇雲に走ってもしょうがないです。聞き込みしてみましょう」

唯「おおう!あずにゃん名探偵!」

梓「見かけは子供、頭脳も子供・・・!」

唯「それじゃただのでくのぼうだね!」

梓「」

梓「せっかく乗ってあげたのに・・・」

唯「ごめんよー?」

梓「全く、それよりも、あまり人がいないですね・・・」

唯「うーん、誰かがいたら一発なんだけどなー」

梓「なんでですか?」

唯「ほら、『黄色いカチューシャつけてる人、見ませんでしたか?』なんて聞いたらすぐだと思わない?」

梓「確かに!あんな髪型してるの、律先輩以外にいないですもんね!」

唯「そうそう。・・・はぁ、誰かいないかなー?」

梓「うーん・・・あ!純!」

純「!?」ビクゥ!?

梓「ちょっと、なんでそんなに怯えてるの?」

純「は、ははは、なんでだろうね?梓に関わるとロクなことがないって本能的に察してるみたい」

梓「大丈夫大丈夫、もう和先輩のところに置き去りにしたりしないって」

純「・・・(こいつ、自覚あるのかよっ)」

梓「ところで、律先輩みなかった?」


純「律先輩って・・・あのカチューシャのイケメン先輩?」

梓「そうそう、ちょっと小さいけど割と女ウケ良さそうな先輩」

唯「あずにゃん!」ボソッ

梓「な、なんですか」ボソッ

唯「りっちゃんだよ!ほら、あそこにいるの!」ボソッ

梓「へ!?」

唯「・・・こっち、見て・・・笑ってる?」ボソッ

梓「もしかしたら、私達が来るの・・・待っててくれたのかもしれませんね」クスッ
純「梓ー?」

梓「あ、ごめんごめん」

純「律先輩ならすぐそこにいるじゃん!」

梓「うん、そうだね、焦ってて気付かなかったよ」

純「うん、あそこが立ってる人だよね?」

梓「接続詞ぃぃぃぃぃ!!!!」

律「・・・わ、私・・・勃起してないもん!!!」ダッ




唯「」


梓「純!なんでこんなときに限って!!!」

純「ごめん!あそこに立ってる人って言おうと思ったんだよ!本当だよ!?」

唯「りっちゃんのかたきぃー!」ドゴォォ!

純「ぐぎゃぁぁ!!」

梓「純、それは純が悪い」

純「ちょっと・・・しか、悪く、ないもん・・・!!」

梓「「ちょっとでも純が悪いんだよ?わかる?」

純「お前・・・かはっ・・・おえ・・・!」

唯「もうっ、りっちゃんを傷つけた罰です!」プンプン

純「いや、プンプンなんて可愛く言っても、さっきのパンチはフォローできないからな」

唯「あれは私の力じゃありませんっ!天罰です!」

純「あんたなら・・・アリスターにも、勝てそうな気が、する・・・」ガクッ

梓「あ、気絶した」


唯「いいよ、早くりっちゃんを追いかけよう」

梓「じゃあ私はこっち探すんで、唯先輩はあっちを」

唯「了解!澪ちゃんとムギちゃんには私から電話しておくね!」

梓「はい、お願いします。それじゃ」ダッ

唯「あ、澪ちゃん?あのさー、アリスターって誰?オーフレイム?知らないなぁ」

梓「って!もっと別の用事があるだろ!!」スパーン!

唯「そうそう、それじゃ、お願いね!」ピッ

唯「よし、二人に連絡も済んだし、りっちゃんを探そう!」

唯「おーい、りっちゃん!」タッタッタッ

唯「りっちゃんってばー!」

唯「・・・りっちゃん、怒って帰っちゃったのかな?」

唯「あ、そうだ!音楽室に戻ろう!」



ガチャ


唯「誰もいない、か・・・」バタン

唯「りっちゃんの鞄は・・・あった!よし、りっちゃんはまだこの校舎内にいる!」

唯「帰れないように鞄とか隠しちゃえ」ゴソゴソ

唯「これでよし!あとは任せた!あずにゃん!」

梓(先輩・・・どこに行っちゃったんだろう・・・)

梓(私が悪ふざけであんなこと言ったりしたから・・・!!)

梓「先輩、ごめんなさい・・・先輩は可愛い女の子ですよ・・・」

律「いってぇぇぇ!!」

梓「・・・前言撤回」

律「ちきしょー・・・!いってぇ~」

梓(女の子のリアクションじゃないですよ、あれ。っていうか、足ぶつけたのかな・・・?)

律「くっそぉ、なんでこんなところに段差があるんだよ!」

梓(それはここが階段だからです)

律「・・・なんなんだよ・・・なんでみんな・・・!」

梓(律先輩・・・)」

律「なんでだ・・・?男扱いされなきゃいけない・・・?男っぽいところって言えば、トランクス履いてるくらいじゃないか・・・」





梓「」

梓「・・・あの・・・」オズオズ

律「あ、梓ぁ!?」

梓「そんなにビックリしなくても・・・」

律「ああ、ごめんごめん・・・」

梓「あの、先輩?」

律「な、なんだよ」

梓「さっきは、ごめんなさい」

律「へ?」

梓「男扱いして、すみませんでした・・・」

律「あ、ああ。ううん、いいんだy」

梓「っていうつもりでしたけど、そんな気も失せました」





律「」


梓「なんで女の子がトランクスなんて履いてるんですか!馬鹿じゃねぇの!?」

律「お前今最後馬鹿って言ったな!?このやろー!」

梓「女の子に暴力振るうなんて最低ですよ!?」

律「う゛・・・!」

梓「先輩、ちょっとこっち来て下さい!」

律「ななななんだよー!」

梓「いいから!」ガラガラ

律「こんな空き教室に連れてきて、なんだっていうんだよ!怖ぇよ!」

梓「安心してください!空き教室じゃありません!写真部の暗室です!」バタン

律「余計怖いわー!!!」

梓「怖くない怖くない」ガチャ

律「今ガチャって聞こえたんですけどー!?」

梓「いいから」

律「いや、いくねぇよ」
梓「先輩、さっきは冗談で男男って囃し立てましたけど・・・」

律「な、なんだよ」

梓「・・・私、先輩のこと、応援してますから!」

律「はい?」

梓「恥ずかしいことじゃないんです、確かに人には理解されない悩みかもしれません・・・」

律「えーっと?」

梓「でも!私は先輩を応援します!自分が生まれ持って来るハズだったものを、
お母さんのお腹の中に落としてきてしまった。・・・ただ、それだけなんですよね?」

律「待て」

梓「わかります。国内ではまだ難しいかもしれませんが、きっと大丈夫です。モロッコにでも行けば・・・!」

律「モロッコ?」

梓「えぇ、モロッコでモッコリです」

律「馬鹿かー!!!」




梓「」


梓「ひどい・・・私は先輩のためを思って言っているのに・・・じゃあ、タイの方がいいですか?」

律「私は手術する国に拘ってるワケじゃないっての!」

律「いいか!私は女なの!この先もずっと女のまま生きていくの!」

梓「悲観しないで下さい!」

律「してねー!!!いいか、私は女として生きていくことになんら不満を抱いていない!」

梓「・・・へ?」

律「だからぁ、性同一性障害じゃないっての!」

梓「トランスジェンダー」

律「用語で言うな!」

梓「じゃあなんでトランクスなんて履いてるんですか、乙女がそんなことしていいと思ってるんですか!」

律「・・・聡」

梓「はい?」

律「最初は私だって嫌だったよ。でも、母さんが洗濯するの忘れててさ。聡のトランクスしかなかったことがあったんだ・・・」

律「その時、ノーパンで行くかトランクスで行くか迷ったんだけど・・・流石にノーパンはマズイしってことでトランクスを履いたのが始まりだ」

律「この開放感がなんとも癖になってなー。それからは週2くらいでトランクス履いてる」

梓「そんな・・・トランクスなんて邪道です!!」

律「なんだと!」

梓「ノーパンの方が優れています!」

律「意味わかんねぇよ!!っていうかトランクス履いたことないくせに!」

梓「履くまでもないですって」

律「なんだとー!貸してやるから履いてみろ!」

梓「はぁぁぁぁ???」

律「とことん馬鹿にしたようなその溜息・・・!!この、意地でも履かせてやる!!」

梓「やめてください!穢れます!」

律「うるせー!脱げ!」

梓「」カッチーン

律「ななな、なんだよ・・・」

梓「言われなくても脱ぎますよ!」

律「・・・へ?」

梓「元々律先輩にパンツ見せてあげようと思って探してたんですよ」

律「・・・へ?いいのか?」

梓「いくないです。だって、律先輩、本当に男の人みたいなんだもん。トランクス履いてるし」

律「だから、それ以外は普通の女の子だっての」

梓「本当ですか・・・?」

律「ああ」

梓「じゃあパンツ見せてあげますけど、興奮しないでくださいね?」

律「安心しろ、私は変態机じゃないから」

梓「それもそうですね・・・」

律「梓のパンツ見終わった後はトランクス履かせるからな」

梓「もーこうなりゃヤケです、いいですよ」

律「よっしゃ!じゃあまずパンツ見せろよ」

梓「その高圧的な言い方が男っぽいって言ってるんですよ」

律「どーすりゃいいんだよ」

梓「黙って見てればいいんですよ。決まってるじゃないですか。・・・馬鹿?」

律「ひでぇ!」

梓「ほら」ピラッ

律「・・・」

梓「なんですか」

律「・・・見えねぇ」

梓「あっそっか。ここ、暗室ですもんね」

律「ああ、ライト・・・ライトはどこだ」

梓「きっと懐中電灯があるハズです、探しましょう」




律「あった!」

梓「よし、今度こそ・・・」ピラッ
律「行くぞ?」カチッ

梓「ちょっと、足照らしてどうするんですか」

律「いいじゃん、こういうのは徐々にいった方がいいだろ?」

梓「律先輩って、男の人っていうよりもオッサンですね」

律「うううるへー!」

梓「ほら、なんでもいいですから。せっかくだから楽しめばいいですよ」

律「くっそー小ばかにしやがってー」

梓「ほら、早くしたらどうです?」

律「・・・///」

梓「なんですか」

律「いや、これ、意外に恥ずかしいぞ?」

梓「いや、私の方が恥ずかしいですって」

律「そそうなんだけど・・・なんかこう、照れる・・・///」

梓「・・・ヘタレですね」

律「うぅ・・・梓、代わりにやってくれ」

梓「・・・いいですけど、傍から見たら私、完璧に痴女ですね」

律「まあいいんじゃないか?ノーパンだったし」

梓「うっさいです。じゃあ、行きますよ?」ペカーン

律「う、わ・・・///」

梓「ちょっと、照れないで下さいよ。こっちまで恥ずかしくなります」

律「う、うん・・・」

梓「ほら、見ました?」

律「あ、ああ。もういい、もういいから」

梓「とんだヘタレ野郎ですね」

律「野郎じゃねー!レディーだ!ウーマンだ!ガールだ!ギャルだ!」

梓「はいはい」

律「よし、懐中電灯消せよ」

梓「・・・本当に履かないと駄目ですか?」

律「ああ、駄目だ」

律「トランクスの素晴らしさを思い知れ!」

梓「えー・・・」

律「ほら、脱げよ」

梓「わかりましたよ」スルスル

律「・・・」

梓「って、先輩も脱ぐんですよ?」

律「あ、ああそっか」スルスル

梓「ノーパンですかー?」

律「ああ、ノーパンだ!」

梓「ノーパンのこの開放感、病み付きになると思いません?」

律「思いません」

梓「チッ・・・んじゃ、これ履けばいいんですね?」

律「おう!履いてみろ!」

梓「せっかくだから先輩も私のパンツ履いたらどうです?」スルスル

律「へ?・・・あ、ああ、じゃあそうするよ」スルスル

ガチャ


律梓「!?!?!?!?」

写真部「えーと・・・すみませんでしたぁ!!!」バタン!

梓「あぁぁ!!誤解です!」

律「ちょっと待て!違うんだって!」

梓「・・・最悪のタイミングでしたね・・・」

律「どうする?」

梓「ギャラリーが沸いたら面倒です。とりあえずここを出ましょう」

律「だな」



澪「・・・見つからないな・・・いったん音楽室に戻るか」

紬「あら、澪ちゃん!」

澪「あ、ムギ!」

紬「りっちゃん、見つかった?」

澪「いいや、全然」

紬「私もよ・・・」

澪「一旦音楽室に戻ろうと思ってたんだけど・・・」

紬「それがいいかもしれないわね」

澪「よし、そうと決まればって・・・なんだあれ」

紬「何かしらね、あの人ごみ」

澪「行ってみるか」



ガヤガヤ

写真部「本当だって!ここで明らかに事後の二人が着衣を・・・!」

吹奏楽部「えーだっていないじゃん?」

華道部「ん・・・ちょっと待って」

吹奏楽部「どうしたの?」

華道部「見てこれ」

写真部「・・・懐中電灯?なんでこんなところに?」

華道部「確かに、誰かが居たっていうのは間違いないみたいね」

吹奏楽部「えーでも事後ってことはないんじゃない?流石にさー」

写真部「でも、事後じゃなかったらなんだっていうのよ・・・」

ジャズ研「ちょっと待って、さっきから事後事後って言ってるけど、何を見てそう判断してるの?」

写真部「・・・丁度パンツ、履いてるところだった」

一同「なん、だと・・・!!」


3