律「あっち~……」

澪「地球温暖化だな……」

紬「あれ? これなにかしら?」

  『冷やしあずにゃん始めました』

律「そっか、暑い暑いと思ってたら、もうそんな時期だったか」

紬「冷やしあずにゃんって、何?」

律「なんだ、ムギは冷やしあずにゃん知らないのか?」

紬「ええ、ごめんなさい」

澪「別に謝ることはないよ。そっか、ムギは冷やしあずにゃん未体験なのか」

律「さすがお嬢様育ちだなぁ」

澪「せっかくだからこの店で涼んでいこうか。ムギも気になるだろ?」

紬「うん! 気になる!」

律「よし! だったら入るか!」

  ガラガラ

唯「へいらっしゃ~い」

律「冷やしあずにゃん3つね」

唯「あいよ~、ちょっと待っててね~」

紬「なんだか楽しみ」

律「冷やしあずにゃん頼むと夏が来たって感じだよな」

澪「初夏の風物詩だからな」


 …
 …
 …


唯「へい、お待ち」

律「お、きたきた」

澪「うん、やっぱりこれだよな」

紬「まぁ! 素敵!」


梓「律先輩はいっつも遊んでばっかりでやる気が感じられません。もっと部長らしくして下さい」

律「いや~、よく冷えてるなぁ」

梓「澪先輩も練習練習って言いながら結局最後はみなさんと一緒になって遊んじゃってますよね。正直がっかりです」

澪「こっちのあずにゃんもよく冷えてて良い感じだよ」

紬「これが冷やしあずにゃん。確かにこの冷たい発言は暑い夏にピッタリね」

唯「もしかして、お嬢ちゃんは冷やしあずにゃん初めて?」

紬「あ、はい」

唯「だったらこの冷たさで心が火傷しないように気をつけてね」

律「澪なんて初めて冷やしあずにゃん頼んだ時泣いちゃったんだぜ」

澪「お、おい! それは言うな!」

唯「あはは、そっちの綺麗なお嬢ちゃんは蚤肝ってわけだね~」

紬「のみきも?」

律「熱いものが苦手な人は猫舌って言うだろ?
  冷やしあずにゃんの思わぬ冷たい一言が苦手な人は蚤肝って言うんだよ」

唯「気の弱い子は蚤の心臓って言うからね」

紬「そうだったの」

澪「もう昔のことだよ」

梓「澪先輩って絶対狙って小心者を演じていますよね。ぶっちゃけウザイです」

澪「今はこの冷たい一言が夏の太陽で火照った体に心地いいんだ」

律「澪も成長したよなぁ」

律「って、そんな話はどうでもいいから。早くムギに冷やしあずにゃん頼むよ」

唯「おおっと、そうだった。へいお待ち」

梓「……」

紬 ドキドキ








梓「死ね、眉毛」

紬「!?」


律「おいおい、これは冷やし過ぎじゃね?」

澪「さすがにここまで冷えてるのは、ちょっとな……」

唯「あら? 間違えて冷凍庫で冷やしてたあずにゃん持ってきちゃったか。
  ごめんよ、すぐにぬるめのあずにゃん持ってくるから……」

紬「……良い」

律「えっ?」

紬「すごく良い! 私、感動しちゃった!」

澪「む、ムギ?」

唯「どうやらお嬢ちゃんはキンキンに冷えたあずにゃんが好みらしいね」

紬「こんな良いもの今まで知らなかったなんて、人生損しちゃってたわ!」

梓「騒ぐなデブ」

紬 ゾクゾクッ

澪「ムギはエム党だったんだな」

紬「冷やしあずにゃん可愛い」ギュッ

律「ああ、そんなに抱きついちゃったらすぐに温まっちゃうぞ」

梓「ムギ先輩は自分がレズなのかただ見るのが好きなだけなのかハッキリした方がいいと思います」

澪「ほら、なんだが打ち解けてきちゃった」

梓「だけど、ムギ先輩が淹れてくれるお茶がどんな喫茶店で飲む紅茶よりも美味しいです」

紬「本当ね、発言がだんだん温くなってきちゃってるわ……」

梓「私も、律先輩みたいなお姉ちゃんも欲しいかなって……思ったこともあります」

律「あらっ?」

梓「なんだかんだ言ってやっぱり澪先輩が私にとって一番の憧れなんです」

澪「あ~あ……こっちのあずにゃんも温くなっちゃった」

唯「最近暑いからね~。すぐ温あずにゃんになっちゃうんだ」

律「こうなったら暑っ苦しいったりゃありゃしないよ。寒い日にはいいけどさ」

澪「でも、いい店見つけちゃったな」

紬「また、皆で来ましょ」

唯「まいどあり~」



 数日後

  ガラガラ

唯「へいらっしゃ~い」

律「こんちは~」

澪「また来ちゃいました」

唯「ああ、前に来てくれたお嬢ちゃん達」

紬「この店の冷やしあずにゃんが忘れられなくて」

唯「ちょうどいい時に来たね~。今日は竹達産の良いあずにゃんが入ってるよ」

律「ああ、やっぱりあずにゃんって言えば竹達産だよな」

紬「そういうものなの?」

澪「明石のタコ、下関のフグ、大間のマグロって言われるくらいに
  竹達産のあずにゃんは質が良いって言われてるんだ」

紬「松坂牛や魚沼産コシヒカリみたいなものなのね」

唯「そうだよ~。その中でも今日入ったのは本あずにゃんなんだ」

律「まじでっ!?」

澪「あずにゃんはあずにゃんでも本あずにゃんは中々お目にかかれないからな」

唯「ふっふっふ。そこで驚くのはまだ早いよ」

唯「本あずにゃんは本あずにゃんでもこのあずにゃんは……」

     ジャ~ン!!

律「おおっ!?」

澪「これはっ!」

紬「すごい!」


唯「幻の黒本あずにゃんだよ!」

律「は、初めて見た……」

澪「図鑑なんかでは見たことあるけど、実際この目で見ることができるなんて……」

紬「日に焼けて真っ黒ね」

唯「これだけ立派に日焼けしたあずにゃんは中々ないよ」

澪「すぐに元の白い肌に戻っちゃうから黒いあずにゃんはかなりレアなんだよな」

律「これ、かなり高かったんじゃ……」

唯「いや~、実は私の妹があずにゃん捕りのエキスパートでね
  昨日竹達に行ったときに偶然見つけたらしくってさ」

唯「さすがの妹も、ここまで立派な黒あずにゃんは初めてだって言ってたけどね」

紬「妹さん、すごい方でいらっしゃるんですね」

唯「まぁ、あずにゃん捕りの中では有名だと思うよ」

澪「だからこの店ではあれだけ上質なあずにゃんを提供できるわけか」

律「そうそう、他の店のあずにゃんとは一味違うもんな」

唯「最近は輸入物のあずにゃんを出す店も増えてきたからね」

唯「でもウチのは正真正銘国産のあずにゃんだよ」

紬「こだわっていらっしゃるんですね」

唯「まぁね!」

   ガラガラ

憂「お姉ちゃん、ただいま」

唯「お、噂をすれば。憂、おかえり」

憂「あ、お客さんいたんだね。いらっしゃいませ。
  ごめんねお姉ちゃん。私、裏から入ってこればよかったね」

唯「いやいや、実は今、憂のことをこのお客さんに話していたんだ」

憂「私のことを?」

律「あずにゃん捕りのスペシャリストだって聞きましたよ」

憂「そんな、スペシャリストだなんて……」

澪「こんな立派な黒あずにゃんを捕まえられるんですから」

憂「たまたま運が良かっただけですよ」

紬「あの……」

憂「はい?」

紬「よければ、私にもあずにゃん捕り教えてもらえませんか?」

憂「え? ええっと……」

唯「そっか、お嬢ちゃんは冷やしあずにゃん初めてだって言ってたよね」

紬「はい、小さい頃はずっと屋敷の管理された庭でしか遊んだことがないもので……」

律「そう言えば、子供の時はよくあずにゃん捕まえて遊んでたよな~」

澪「やったやった」

紬「そんなに簡単に捕まえられるものなの?」

唯「じゃあ、せっかくだから明日みんなであずにゃん捕りに出かけてみようか」

紬「いいんですか!?」

唯「ちょうど明日は定休日だし。憂もいいよね?」

憂「うん、もちろん!」


2