律「なんだよ!」

梓「あちゃー」

紬「やっぱり足で探すしかなさそうね」

律「ちきしょー!」ダッ

紬「じゃあ私はこっちね」ダッ

梓「・・・」

梓「・・・」

梓「行ったか・・・?」

梓「逃げろー!」ダッ


梓(本当に待ってるわけないでしょっ!)

梓(あの時はその場しのぎだったけど、律先輩と澪先輩、ひょっとしたら・・・)

梓(・・・まさかね)

梓「あ、あれは・・・!」

さわ子「あら、梓ちゃんじゃない、そんなに急いでどこに行くの?」

梓「そ、それは・・・」

さわ子「音楽室に行っても誰もいないし」プンプン

梓「あ、先生も音楽室行ったんですか」

さわ子「ええ、お菓子を食べて元気を出そうと思ってね」

梓「そ、そうですか・・・それじゃ、私、急いでるのでこれで」

さわ子「ちょっと待って?」

梓「はい?」

さわ子「梓ちゃんのパンツ、見せてくれる?」

梓「きゃー!!!」

梓「先生!離してください!」

さわ子「あらやぁだ、梓ちゃんったら」クスクス

梓「なんですかっやめてくださいよ!」

さわ子「先生はお見通しよー?」

梓「何がですか?」

さわ子「あなた、ノーパンでしょう?(なーんちゃって)」ニヤニヤ

梓「わわわ、わかってるなら離してください!」

さわ子「って、え!?マジで!?!?」

梓「うわー!カマかけられたぁ!最低だぁぁぁ!!」

さわ子「あ、梓ちゃん!」

梓「な、なんですか!」

さわ子「あなたのスカートの中・・・なおさら見たいわ!」

梓「この変態!」ゲシッ!

さわ子「いたー!!脛にキックは反則じゃない!?」ドサッ

梓「ふんっ」

さわ子「いや、マジで・・・痛い・・・」ゴロゴロ

梓「セクハラ教師に制裁です」

さわ子「このぉ・・・今度のライブで恥ずかしい格好させてやるぅ・・・!」

梓「言ってろです。それじゃ」ダッ





そのころ


律「澪・・・!!」タッタッタッ

律(こんな時、お前がどこに行くか・・・なんとなくわかるぜ!)

律(歌詞が上手く書けないとき、ベースの構成に悩んだとき・・・)

律(いつもあそこで一人考えてよな・・・)

律「そう、屋上で」

律「澪、今すぐ行ってやるからな。笑って、抱きしめてやる。そんで、必要なら頭も撫でてやる」

律「だから、待ってろ」タッタッタッ


プルルルルル


律「ん?電話だ」

律「もしもし?」

紬「あ、りっちゃん?澪ちゃん見つかったわよ!教室にいたわ!」


律「」


律「・・・私って、一体・・・」

律「いいや、行こう・・・」トボトボ





律「澪!」ガラッ

澪「律ぅ・・・」グスッ

律「あの、ムギは四つん這いになって何をしてるんだ?」

紬「」

澪「よくわからないけど、『私は今机なの。だから私のことは気にしないで』だってさ」

律「いや、無茶苦茶気になるっつの」

紬「」

澪「ムギはこうも言ってたよ。『完璧なる擬態よ』って」

律「いや、こいつは完璧なる変態だろ」

紬「」ハァハァ

律「息を荒げるな、息を」
澪「ムギもそう言ってるんだ、気にしないで話をしよう」

律「え、えー・・・だってこいつ今変態って言われて喜んだんだぞ?気になるって・・・」

紬「」

澪「いいから!私は律に言いたいことがあるんだ!」

紬「怒られてやんの」プーwクスクス

律「誰のせいだ誰のー!」

澪「なあ律・・・」

律「ちっ、わかったよ。変態のことは無視っ!ここには私と澪しかいません!これでいいだろ?」

澪「ああ、変態は無視だ」

紬「」ハァハァ

律「・・・無視だ!無視しろ私!」

澪「それで・・・話っていうのはだな・・・」

律「ああ、なんだ?」

澪「律・・・その、愛してる」

律「は、はぁ?///」

紬「」ガタガタ

澪「だから、その・・・」

律「いやいや、聞こえてたけど!///な、何言ってんだお前///」

紬「」ガタガタ

律「変態は無視!」

澪「ああ、無視だ。私な、本当に律のことが好きなんだ・・・」

律「・・・もちろん、そういう意味で、だよな?」

澪「あ、ああ・・・///」

紬「」ガタガタ

律「こら、机、うるさいぞ」

紬「」ハァハァ

澪「黙れ、キモいぞ」

律「ああ、キモい紬「」シュン・・・

律「えっと、それで・・・?」

澪「それでって言われると困るんだけど・・・気持ち悪いとか・・・?」

律「思わなねぇよ、全然」

澪「本当か?」

律「ああ、むしろ嬉しいよ」

澪「ほ、本当か!?」

律「・・・ああ」

澪「じゃ、じゃあ・・・」

律「待てよ。私にも言わせてくれ」

澪「・・・?」

律「澪、好きだよ」

澪「・・・!」

律「本当に、大好きだ」

紬「」ガタガタガタガタガタガタ




澪「り、律・・・///」

律「もう言わないからな!?///」

澪「うぅ・・・わかったよ・・・」

律「今日は、な///」

澪「へ?///」

律「どうしても聞きたくなったら、また言ってやるってば///でも、今日はもう恥ずかしいから言わない///」

紬「トゥラッタホォォォウ!」ガコンガコン!

律「机うるさいぞ!」

紬「」シュン・・・

澪「さっきな、ムギと律が仲良さそうに喋ってるの見て、怖くなって逃げ出したんだ・・・ごめん」

律「へ?私が変態机と仲よさ気にするわけないだろ?」

澪「言われてみてばそうだよな」

律「もう、澪は可愛いなぁ」ナデナデ

澪「ちょ///恥ずかしいってば・・・///」

紬「」シュン・・・


律「なあ、澪?」

澪「ん?」

チュッ

律「ほ、ほら行くぞ///」

澪「////////」

律「澪ってば///」

澪「あ、ああ、うん///」

紬「」バラバラ・・・

律「変態机が!!澪!」

澪「ああ!大変だ!歓喜のあまりに変態机が崩壊したぞ!」

律「・・・どうする、これ」

澪「どうするって言ってもなー・・・このままじゃバラバラ死体じゃないか」

机「思い残すことは、ない・・・」

律「だってよ」

澪「じゃあとりあえずみんなのところに戻ろうか」
律「ああ、そうしよう。あとさ」

澪「何?」

律「ライブの度にパンツ見せるとか、嘘だよな?」

澪「さっきも言ったけど、そんなことはしないよ」

律「ならいいんだ・・・」

澪「律、もしかして」

律「私の澪だもん、他のヤツに見られたくないよ・・・///」

澪「そ、そっか///そうだよな、ごめん///」

律「いや、いいんだ。戻ろうぜ」ガラガラ

澪「ああ」バタン



紬「百合パワーで復活」シャキーン



そのころ


梓「これで、よし。コンビニで可愛い下着買ってきたし、完璧!」

梓「これならみんなに見せても恥ずかしくないよね・・・?」

梓「それにしても、財布取りに戻った時は緊張したな・・・」

梓「誰もいなかったけど、みんなまだ私のこと探してるのかな・・・?」

梓「まあいいや、部室に戻ろう。それで、可愛い下着をみせびらかしてやるんだ!」

梓「戻りましたー・・・」ガラッ

律「おおー!梓か!遅かったな!」

澪「おかえり」

紬「今お茶入れるわね」

唯「もー、さっきのキック、結構効いたからねー?」

さわ子「あら、唯ちゃんも蹴られたの?私も梓ちゃんに蹴られたのよ」

唯「えーさわちゃんも!?もーあずにゃんってば、足癖悪いー」

梓「えっと、すみませんね」

律「まあいいや、とりあえずお茶だ!」

紬「はい、どうぞ」コトッ

澪「うーん、やっぱりムギの入れるお茶は美味いなー」

律「さっきまで変態机だったけどな」

さわ子「角オナニーですね、わかります」

梓(あ、れ・・・?誰もパンツの話題を振ってこない・・・?)」


律「そうだ!」

梓(やばい!くる!)

律「みんな聞いてくれ!」

唯「どうしたのー?」

律「私達な、付き合うことになったんだ!」

梓「・・・」

さわ子「嘘!?おめでとー!」

紬「おめでとう!by机」

律「おう、ありがとう!」

澪「えへへ///」

梓「えっと、おめでとうございます」

律「おう、梓も。ありがとうな」

唯「じゃあハネムーンだ!」

澪「ちょっと///気が早いぞ、唯///」

梓「・・・」

律「これからもよろしくなー澪」デレデレ

澪「ちょっと、くっつくなよ、はずかしいだろ」イチャイチャ

梓「・・・」

さわ子「あら、梓ちゃん、どうしたの?」

梓「ざけんなぁぁぁぁ!!!!」

一同「!?」

梓「なんなんですかっ!先輩達がしつこくパンツパンツって言うから頑張ってパンツ調達したのに!

梓「和さんのババ臭い下着借りたり大変だったんですから!それで最終的には可愛いパンツ買ってきたのに!」

梓「それが用意したら用意したでもうみんなパンツのことなんか忘れてるし!?」

梓「ざけんなっ!」

唯「待ってあずにゃん!」

梓「なんだよ!」

唯「パンツの件で言いたいことがあるんだよ!」

梓「あぁ!?言ってみやがれ!」

唯「あずにゃんのノーパン、下から見たら大迫力だったよ!」

梓「ざけんなぁぁぁ!!////」

梓「なんでノーパンだったってばらすんだよ!お前馬鹿じゃねぇの!?」

律「え!?ノーパン!?」

澪「そりゃあれだけ逃げ回るワケだ」

紬「いや、全然ありっしょ」

唯「はぅ!?せっかく褒めたのに・・・」

梓「しかもあれで褒めてたのかよ!」

唯「うん、大絶賛のつもり」

梓「えっ・・唯「あずにゃん、まだ生えてないんだね?」

梓「そ、それが何か?///」

唯「ううん、期待通りで嬉しかった」

梓「そんな///先輩・・・///」

律「」

澪「」

紬「」

さわ子「え?みんな四つん這いになってどうしたの?」

律「いいからさわちゃんも」

さわ子「こう?」

律「私達は」

澪「今から」

紬「机です」

さわ子「(何これ)」・///」


律「」

澪「」

紬「」

さわ子「」

梓「何このシュールな絵」

唯「きっと、みんな私達に気を使って机になりきってくれてるんだよ」

梓「あ、そうですか・・・」

唯「ねえあずにゃん?」

梓「なんですか」

唯「ノーパンはよくないよ」

梓「そんなの私の勝手じゃないですか!」

唯「あずにゃんは私のこと、好き?」

梓「へ、へ?///」

唯「私のことが好きなら、ノーパンはやめてほしいな?」
梓「な、なんでですか」

唯「私ね、あずにゃんのチョメチョメがみんなに見られるかもしれないなんて、嫌なんだ」

梓「・・・///」

律澪紬さわ子(チョメチョメって、あんた・・・)

唯「だから、それを隠すためにもパンツは履いて欲しいな?」

梓「唯先輩・・・///」

唯「駄目かな・・・?」

梓「し、しかたがないですね///」

唯「本当に!?やったぁ!あずにゃん大好きぃ!」ギュー

梓「ちょっちょっと///先輩///」

紬机「キス」ボソッ

梓「へ?」

紬机「キスしなさいっ」ボソッ

梓「お前、変態キャラだからって何言ってもまかり通ると思うなよ?」

紬「」シュン・・・

唯「いいじゃん、しようよ」

梓「へ、へ?///」

唯「いや?」

梓「いいいいやじゃないです!」

唯「へへー、じゃあ決まり!」

梓「は、はい・・・///」

紬「」ガタガタガタガタガタ


チュッ


梓「///」

紬「」ガコン!ガコン!

梓「うるさい、机の分際で」

紬「」シュン・・・


次の日


梓「おはようございます」

唯「おはよう!今日は?パンツ履いてきた!?」

梓「もちろん!ばっちりです!」

澪「おー二人ともおはよう!」

唯「澪ちゃんおはよう!りっちゃんも!」

律「おう、おはよ」

澪「ところで梓、パンツ履いてきたか?」

梓「ええ!今日はフリフリのレース付きですよ!」エッヘン!

唯「もー!あずにゃん可愛すぎ!」ギュー

梓「・・・あれ、ムギ先輩は?」

律「ああ、ムギなら昨日梓と唯のキス拝んでからバラバラになって、そのままだよ」

梓「」



おわり