エピローグ


律「よし、シルバーの所へ急ぐぞ! 唯、澪」

澪「はあ!? お前、行かなくても大丈夫って言っただろ!!」

律「さっき気付いたんだ。状況が変わった!」

澪「状況が変わった?」

律「ああ。ミュウツーが戻ったってことは過去が変わったんだ。同時に未来、そして今も変わった! ということはだ!」

澪「! …セレビィがサカキから離れた?」

律「そうだ。サカキの元にセレビィがいたから、ミュウツーはサカキのポケモンだったけど…
サカキの元からセレビィがいなくなったら“現在”が変わり、過去も未来も変わったんだ」

澪「…意味が分からないな」

律「私もなに言ってるかわかんねえ」

唯「……」(まったく話についていけない…)

律「まあとにかく! シルバーが勝ったってことだ! 早く行って勝利の祝福を…」

どおん!!!

唯律澪「!!?」

澪「…」ばたっ!

律「み、澪!?」

唯「澪ちゃん!!」

「………」すたすた

唯「!」

「おや、サザンドラ。遊びに来たのではないのですよ。そうすぐに人を攻撃してはいけません」

サザンドラ「ドラー…」こくっ

律「誰だ…? てめえ……」

「……」じっ

すっ…

「………」すたすた

律「…!!」

「あなた方に用はないのです。さあ行きますよ、サザンドラ」すたすた

律「待て!!」だっ

唯「あっ、りっちゃん!」

唯「……」ちらっ

澪「…」

唯「うう…、ピッ太! 澪ちゃんを見てて!」

ピッ太「ピッ!」

唯「りっちゃあん! 待ってえ!」たたっ


――――――――――――――――


サカキ「くそ…、終わった!! なにもかも!!」

サカキ「セレビィが…時をとらえるモンスターボールの存在を揉み消した! もうセレビィを捕まえることも… ミュウツーが私に従うことも…」

シルバー「……」

サカキ「ああ…! 私の…夢が……」

シルバー「さっきも言っていたが、あんたの夢ってなんなんだ? 世界征服のためにミュウツーを自分のものにしたんじゃないのか?」

サカキ「……。私はミュウツーを使い、ある男を始末しようとしていたのだ」

シルバー「ある男だと?」

サカキ「そうだシルバー。その男はお前の…」ずきっ…!

サカキ「!! ぐう…!?」ばたっ

シルバー「親父!?」

サカキ(こうした今でも、ミュウツーから受けた傷が…!!)ぎゅうう

シルバー「親父!!」

サカキ「シル…バー、逃げろ…。奴が…来……」がくっ

シルバー「親父!?」

シルバー「くそう…! 奴って誰だよ? 答えろよ!! 親父ィ!!」

サカキ「…」

シルバー「くそ…」

かつかつ…

シルバー「!」

シルバー(誰かが来る…?)

かつかつ…

ぴたっ

「……ふふ、お久しぶりです。シルバー」

シルバー「誰だ、お前…? なぜ俺の名前を…」

「まあ、そう警戒なさらずに。別にとって食おうなんて気はございませんよ。そもそも、あなたの敵ではありません」

シルバー「じゃあなんだって言うんだ!」

「ふふ…知りたいですか?」

シルバー「…さっさと答えろ」

「ふむ…。ですがこれを言ってしまったら、あなたのすべてがひっくり返りますよ」

シルバー(なにを言うつもりだ…?)

「ふ…、しかしそれも面白いかもしれませんね」すたすた

シルバー「!」

「……」じろっ

サカキ「…」

「気を失っているのですか、サカキさん。都合がいいですね。もうあなたに邪魔はされない」

「ミュウツーを作るまではよかったですが、あなたが私を殺そうなどという目論みをしていたとはね…。ロケット団を立ち上げたのも私だというのに…」

「確かに私は子守を頼みましたが、ここまでは頼みませんでしたよ。おかげで愛情まで湧いてしまって…」

「この裏切り者が…!!」ぎろっ

シルバー(なんの話をしているんだ…? だがこいつが、さっき親父が言っていた“男”なのは

確かだ!! …なら!)かちゃっ

シルバー「ニュ…」

「おっと…変な真似はよしてくださいね」

サザンドラ「ドラー!!」しゃきっ

シルバー「…! くっ…」

「ふふ…親子揃って私を、ね…。何と言う家族の絆だ! 家族愛だ!!」

「…ですが、それも今日で終わり…」すっ…

…どがっ!!

サカキ「…」どしゃっ!

シルバー「!!」

「ふん!」ぶんっ

どすっ!!

シルバー「や、やめろお!!」

「……ふふ、やめろ? なぜですか?」

シルバー「な、なぜって…」

「育ての親より生みの親でしょう? こんな男、どうでもいいではないですか」

シルバー「育ての…親? なんの、話だ…?」

「ふふ…あなたの、『私が誰か?』という質問…。ずばり答えましょう。私は…、」

「「あなたの本当の父親です、シルバー」」

シルバー「!!」

シルバー「ば、ばかな…! そんな…だって…」

「サカキにはあなたを預けていただけ。ついでに育成も頼みましたがね」

「それなのにこの男…、私からあなたを奪おうとしましたよ。愛情に流されてね」

シルバー「俺を奪う…?」

「そうです。ミュウツーやデオキシスを作ったのも、セレビィを捕まえてミュウツーを自分の

ものにしたのも、すべて…
あなたの為なのですよ。あなたを私から奪うため…!」

シルバー「! 俺の…為……」

シルバー(親父…。今までずっと俺を置いてけぼりにしたのも全部俺の為に…。しかも、実はず

っと俺のことを…見て……)

シルバー「そ、そんな…俺は…」

すっ

「育て直す余地がありますね」

シルバー「!!」

かっ!!


――――――――――――――――


律「くそ…完全に見失っちまった…」

律「……」

律「一旦戻るか。澪も心配だし…」

唯「りっちゃあん!」たたっ

律「唯!」

唯「探したよお」

律「澪は置いてきたのか!?」

唯「大丈夫だよ。ピッ太が看ててくれてるよ」

律「…そうか」

唯「…さっきの人なんだったんだろうね」

律「分からない…。でもヤバい気はする」

唯「それって…」

ぴかっ!!

唯律「!!?」

律「な、なんだ!?」

唯「まぶしい~…前が見えないよお!」あたふた

律「く……!」

律「森全体を…覆う光……!!」

ぴかあああっ!!!


―――――――――――――――――

コガネシティ

ラジオとう


ホウオウ「ショオオオ!!!」ばさばさっ

エンテイ「グオオオ!!」

スイクン「クルー!!」

ライコウ「ギャオオオ!!」

たったっ…

リラ「ホウオウが帰っていく…」

カツラ「エンテイ、」

ミナキ「スイクン…、」

リラ「…ライコウを連れて」

ニャース「でも、にゃんでホウオウは帰っていったのニャ?」

カツラ「おそらく…唯君や律君が、ロケット団に勝ったということだろう」

「その通り」

リラ「?」


「唯、律、澪、シルバーの四人は見事にロケット団を倒したのだ!」

ニャース「ニャ!? オミャーは!!」

カツラ「ミュウツー!?」

ミュウツー「いかにも。久しぶりだな、カツラにニャースよ」

ニャース「ほ、本当に久しぶりだニャ…」

カツラ「…私はハナダ洞窟で戦って以来かな」

ミュウツー「……」

カツラ「ミュウツー…、お前もフジ博士の夢を…」

ミュウツー「…ああ。そうだ」

カツラ「ふ…そうか。それは大変だったな」

ミュウツー「いいや。中々面白いものを見せてもらったよ。私が人間に興味を持つことがあろうとは…」

リラ「…それで、澪達が勝ったというのは本当か?」

ミュウツー「……ここで嘘など言うものか」

ミナキ「それなら、早く迎えに行きましょう! 四人を!!」

――――――――――――――――

ウバメのもり


リラ「着いたな…」

ニャース「……。やけに静かじゃにゃあか?」

カツラ「戦いが終わったからか…?」

ニャース「それにしても、ミュウツーも案内くらいしてくれてもいいのにニャー。あのあと、

すぐに帰るんだもんニャー」

カツラ「ミュウツーにも色々あるのだろう」

ニャース「久々に会ったのにニャー…」

ミナキ「…! 見てください! これを!!」

リラ「…どうしたミナキ?」

ミナキ「リラ、これ…」

リラ「!! 澪のモンスターボール!?」

ニャース「…!!」

ミナキ「それにおかしい、ボールは何かの拍子に落ちたような散らばり方をしている…」

リラ「……。嫌な予感がする…」

カツラ「もっと他の場所を見てみよう!!」


――――――――――――――――


カツラ「これは…唯君と律君のモンスターボール……」

ニャース「どういうことニャ…?」

ミナキ「おーい!」

リラ「! なにか見つかったか?」

ミナキ「いや…もうなにもないみたいだ」

リラ「……そうか」

ミナキ「シルバー君の手持ちは見つからなかった…」

カツラ「これは…一体……」

ニャース「みんないなくなってしまったのニャ!!」

カツラ「唯君…律君…」

ミナキ「シルバー君…」

リラ「澪……」


――――――――――――――――


ひゅううっ…

「探したぞ、こんなところにいたのか」

「…ああ。チャンピオンの地位を降ろされてな」

「フンフフフ…」

サキ「それならば、本業の方に集中できるな?」

「本業ねえ…。俺は楽しめればなんでもいいけどなあ」

サキ「フンフフフ、安心しろ。楽しみは保証するぞ」

「ほう…。そんなにかよ?」

サキ「ああ。我等が主についていけば、きっと満足できる」

「ふうん…なら、行ってやんよ」

「とりあえず乗っかっとくZE☆」

サキ「…フンフフフ」


――――――――――――――――

いかりのみずうみ


「……」

ぴぴぴぴ!

ぽちっ

ワタル「もしもしも~、ワタルですけど~?」

『相変わらずね、ワタル君』

ワタル「ん? 誰っスかあ~?」

シロナ『私よ、シンオウリーグチャンピオンのシロナです』

ワタル「あ…シロナさんですか」

シロナ『久しぶりね、ワタル君』

ワタル「お久しぶりです。でもどうしたんですか?」

シロナ『ええ。ちょっとあってね、全地方のチャンピオンが呼び出されているのよ』

ワタル「ほう。俺も行かなくてはいけませんかね」

シロナ『当たり前でしょう。時間はある?』

ワタル「ん~…」ちらっ

ロケット団員達「」

ワタル「まあ、大丈夫ですよ」

シロナ『そう。ではすぐに向かって』

ワタル「…場所は?」

シロナ『“イッシュ地方”よ』



おわり