ミュウツー「……」かっ!

うぃん!!

ドっくん「!!」

しゅっ!

ドっくん「ドクケー!?」ざきいっ!!

ばたっ

澪「ド、ドっくん!!」

ドっくん「ドクケ…」

「……」かつかつ

律「ミュウツーに指示を…?」

うおおお……

唯「祠から誰か出てくる!?」

シルバー(考えられるのはただ一人しかいない…)

……おおん!!

すたっ

ざっ!

「ふふ…。本当に我が下僕になりえたのだな、ミュウツーよ」

シルバー「サカキ!!!」

サカキ「…シルバーか」

サカキ「他にも、見たことのある顔がちらほら…」

唯「通りすがりのトレーナーさん…」

律「サカキ…!」

サカキ「新顔もいるようだな」

澪「……!」

サカキ「私のミュウツーにも劣らない実力…。やや目を見張るものがあったぞ。
シルバーもあとの二人も…我がロケット団が誇る三獣士サキ、オウカ、チャクラを倒すとは相

当なトレーナーのようだな。
思えば、トキワの森で私を負かしたのもお前達だったな」

唯律「……」

澪「…だって?」

サカキ「ん?」

澪「“私の”ミュウツーだって…!?」ぎりっ

かちゃっ…

ぽん!!

カゲぴょん(リザードン)「グオー!!」

澪「お前はセレビィを狙っていると聞いた! ミュウツーが暴れているのもそれと関係があるん

じゃないのか!?
ミュウツーに何かをしたのもお前なんじゃないのか!?」

サカキ「ほう…。セレビィを知っているのか…!」

澪「カゲぴょん! かえんほうしゃ!!」

カゲぴょん「グオー!!」がぱっ

ぼわあああああっ!

サカキ「サイドン!」ぽん!

サイドン「ガオー!!」

ぼうっ!!

サイドン「…!!」じゅっ…

サカキ「…なるほど。
サイドンは全身が2000度のマグマにも耐えられる皮膚で覆われているが……そのサイドンに炎

でダメージを与えるとは、とても鍛えられたポケモンのようだな」

澪「……」

サカキ「ふふ…。
そうとも。私がミュウツーに何かをしたのだ」

澪「!!」

サカキ「最も、お前達には想像もつかないことをしたのだがな」

唯律「想像も…つかないこと……?」

シルバー「ときわたりポケモン、セレビィ…」ぼそっ

律「!」

唯「セレビィ…って、前にシルベル君が言ってたポケモン?」

シルバー「シルバーだ」

サカキ「! シルバー…調べたのか」

シルバー「ああ。前にウバメの森で親父に会ったのも偶然じゃない! 親父がセレビィを探して

いることを知ったから、ウバメの祠に行ったんだ!!」

サカキ「これは誤算だったな…。
………シルバーよ。ならば分かるだろう? ミュウツーが何故こうなったのかが」

シルバー「ミュウツーがまだ自我を持たない“過去”に戻り、ミュウツーを捕まえた……」

唯「過去?」

シルバー「ああ。セレビィというポケモンは自在に時代を渡れる、時渡りの能力をもつ幻ポケ

モンだ!」

律「時代を渡れるだって…!?」

サカキ「そうだ!
セレビィの力を借りて私はミュウツーを捕まえに行き、結果“未来”は変わった!! ミュウツ

ーが私に忠実な下僕になる未来に!!!
……いや、“現在”と言った方が正しいか?」

澪「お前…!」

サカキ「ミュウツー!!」

ミュウツー「…」たっ

澪「!!」

ミュウツー「……」ずいっ

澪「やっぱり…戦うしかないのか……?」

ミュウツー「……」しゃきん!

唯「ブイ太! れいとうビーム!!」ぽん!

ブイ太「シャワー!!」びゅおおおおっ!

ミュウツー「……」しゅっ

ぱああん!!

ブイ太「…!!」ずざざっ

澪「! …唯!」

唯「援護するよ! 澪ちゃん!!」

律「私もだ! スカイ!!」ぽん!

スカイ「トニョーロ!」

澪「律…! ああ! 二人とも頼む!!」

澪「カゲぴょん、アイアンテール!!」

カゲぴょん「グオー!!」きぃん!

ミュウツー「……」ちゃき…

澪(また弾かれる…!!)

唯律「ハイドロポンプ!!」

ブイ太スカイ「」ぶしゃああああああ!!

ミュウツー「…!?」ぐらっ…

澪「! …今だ!!」

カゲぴょん「グオー!!!」ぶんっ!

ミュウツー「!!」

どおおおおおん!!!

律「よっしゃあ!」

唯「コンビネーション完璧だね! りっちゃん、澪ちゃん!」

シルバー「……」

シルバー(これで…いいのか?)

シルバー(確かにミュウツーの暴走を鎮めないといけない。だが、それではまだ根本的なことが

…)

サカキ「サイコキネシス!!」

ミュウツー「…」かっ!

う゛おおおおおん!!!

唯律澪「!!?」

どがああっ!!

カゲぴょん「グオー!?」

ブイ太「シャワー!!」

スカイ「トニョーロ!?」

唯「! また三体同時に…!?」

律「そんな…!」

澪「…!!」

サカキ「ククク…分からないな」

澪「…なにがだ?」

サカキ「お前はミュウツーと知り合ったのは、ついさっきのはずだろう? なのにここまでミュ

ウツーのために…それにミュウツー自身と戦うとは………。理解しかねる」

澪「……」

唯「それは違うよ! 澪ちゃんはミュウツーが苦しんでるから助けたいって!! 知り合ったの

が短いとかそんなのじゃ…」

律「待て、唯」

唯「!? りっちゃん…?」

律「実は私も分からないんだ。澪が何故ここまでミュウツーのために戦うのか…」

唯「!」

律「確かに…澪は恐がりなところがあるけど、正義感は強い!
トレーナーズスクールでも卒業するまでポケモンには一切触れなかったけど、澪がポケモンの

ことを人一倍大事に思ってることを私は知ってる!! なんせ物心ついたころから一緒にいたか

らな!」

澪「……」

律「でも、それを差し引いても! なぜ澪がミュウツーのためにしようとするのが理解できない

…。カントーの事件のことがあったからかもしれないけど…」

唯「りっちゃん…」

律「澪、教えてくれ。お前がミュウツーを助けようとしている意味を!」

澪「……」

律「……」

澪「……なんだ」

律「え?」

澪「これは…私の我が儘なんだ」

唯「我が儘……って?」

澪「…ミュウツーに最初に会った時ミュウツーは私に襲い掛かってきたんだけど、すぐに手を

止めた。……私がニャースの知り合いだって分かったからだ」

サカキ「!」ぴくっ

サカキ(ニャース…?)

澪「多分、ミュウツーはニャースの知り合い……いや、友達だ。そうじゃないと攻撃を止める

必要がないだろ?」

澪「ニャースの友達なら、私は守りたい!
…でも関係ない唯や律、シルバー君を巻き込んで……ごめん。やっぱり私の我が儘だな」

唯律シルバー「………」

律「へっ! 我が儘ァ? なに水臭いこと言ってるんだよ、澪!!」

澪「え…」

唯「私達もニャースちゃんの友達だよ! 友達の友達なら、友達だもん!! 助けたいよ!! 私

達も!」

澪「唯…」

シルバー「俺はロケット団の勝手で作られたポケモン、ミュウツーを救いたいだけだがな」

律「素直じゃないなー」

シルバー「ふん!」

唯「でも結局恥ずかしいこと言ってるよね、シルベル君」

シルバー「うるさい! それにシルバーだって何度言えば分かるんだ!!」

澪「……」ぽかん…

律「…んまあ、澪。そういうことだ!
私達は澪に賛成だ。我が儘だなんて思っちゃいないさ!」

澪「律…。ごめん…ありがとうな…」

律「ああ」

唯「よーしっ!! じゃあ、私達の友達を取り戻すぞー!!」

律「おう!!」

澪「ああ!!」

シルバー「……ふっ」

サカキ「ククク…!」

唯律澪シルバー「!?」

サカキ「ククク……クハハハハハハハ!!!」

律「な…なんだ…?」

サカキ「そうか…そうだったのか!!」

シルバー「…?」

サカキ「貴様が! 貴様がそうだったのか!!」びしっ!

澪「え…私……?」

サカキ「とぼけるなよ? 前に私と会ったことがあるだろう!!?」

唯律「…!!」

澪「わた…しが? サカキと……?」

―――
――――
―――――
ばさっばさっ

澪ニャース「!」

「ふ…見つけたぞ、ニャース」

ニャース「さ…サカキ様!?」

サカキ「」たっ

澪「誰なんだ?」

ニャース「ニャーの元主人なのニャ」

澪「!」

――――――
――――
―――

澪「そうか…! 目覚めの祠に入ろうとしたあの時!! 思えば、あいつがサカキだったんだ!

!」

サカキ「……私の下僕を奪った娘…」

澪「……」

サカキ「カントーで私を邪魔した娘達……」

唯律「……」

サカキ「そういえば…先程言っていた、トレーナーズスクールとは?」

律「…トキワシティにあるトレーナーズスクールのことだよ」

サカキ「ふ…やはりそうか。なんたる偶然だ!」

唯「?」

サカキ「私も…あのトレーナーズスクール出身なのだ!」

律「…!!」

サカキ「シルバーも最近卒業したばかりだ」

シルバー「……」

サカキ「ふふ…。どういう謂れか知らないが、ここにトキワのトレーナーズスクール出身者が

五人揃ったようだな! しかも、こうして敵対して、だ」

唯律澪「………」

サカキ「ふ…。まあどうでもいいことだな。
どうせここでお前達とはお別れだ」すっ…

ミュウツー「……」たっ

律「!」

サカキ「さあ、存分に暴れるがいい! ミュウツー!!」

ミュウツー「………」ごごごごご…

澪「! …まずい! 律ぅ!!」

サカキ「サイコキネシス!!」

ミュウツー「……」かっ!

律「!?」

う゛おおおおおん!!

律「うわああ!?」どしゃああん!

澪「律!!」

律「はは…間一髪だぜ…」

唯「間に合ってよかった~…」

ピッ太「ピッ!」

律「ひかりのかべで守ってもらってなかったら…やばかったな」

澪「ひやひやさせるな!」

律「ごめんごめん。…でも本当にやばいぞ…」

ミュウツー「………」ぎろっ

サカキ「諦めろ。お前達ではミュウツーを止められない!」

律「くそ…。ミュウツーがサカキに従っているかぎり、勝ち目はないぞ…」

澪「どうすれば…」

シルバー「…!」

シルバー「……あんた達、少しの間ミュウツーを引き付けといてくれ」

律「え…?」

シルバー「俺がサカキの所へ行くまでの時間だ」

唯「そ、それって…」

シルバー「ああ。俺がサカキと戦う!!」

澪「一人でか!? そんな無茶な…」

シルバー「このままミュウツーを相手にしてちゃ埒があかない。もっと根本的な……、サカキ

を倒してミュウツーを解放させないといけない!
……それに、これは俺の戦いでもあるんだ!!」

唯「シルバー君…」

澪「……」

律「……。よし、わかった!」

シルバー「!」

律「行ってこい、シルバー! 行って自分でケリをつけてこい!!
そのための道は…私達が作ってやるからさ!!」かちゃ

唯「うん!」かちゃ

澪「ああ!」かちゃ

シルバー「……とう…」

律「ん?」

シルバー「いや…、なんでもない。じゃあ、頼む!」

律「任せとけ!!」

澪「サボみん!」ぽん!

サボみん「サボネー!!」

澪「ミサイルばりだ!!」

サボみん「サーボネー!!」びゅびゅびゅびゅ

ミュウツー「…!?」

澪「今だ! シルバー君!!」

シルバー「…ああ!」たっ

ミュウツー「……」だっ

律「ウィング、ぎんいろのかぜ!」ぽん!

ウィング「ワター!!」びゅおっ!

ミュウツー「…!!」

シルバー「……」たたっ

サカキ「…! シルバー…」

シルバー「親父…」

サカキ「…ふ、場所を変えようじゃないか」くるっ

シルバー「……」


32