――――――――――――――――

ファイヤー「ファー!!」ばさっばさっ…

澪「!」

シルバー「フリーザーとサンダーも去り、残りのファイヤーも去っていった…」

澪「ということは…!」

かつかつ

「ふぇ~…」

「や~っと合流できたな」

澪「律!! 唯!!」

シルバー「……」

唯「じゃじゃん!」

律「待たせたな! 澪!! シルバー!!」


―最終章中篇完―



最終章後篇


律「やっとみんな揃ったな!」

唯「一時はどうなることかと思ったけどねえ」

律「澪もシルバーも無事で良かっ…た……?」ぴたっ

澪シルバー「?」

唯「え……? どうして…」

澪「ど、どうしたんだよ? 律、唯」

唯「ミ、ミュウツー!!」

律「な、なんでここにいるんだ!?」

ミュウツー「……」

澪「え…?」

シルバー「……お前達、知っているのか?」

律「知ってるもなにも! そいつはカントーで私達に…」

唯「いでんしポケモン、ミュウツー!! ロケット団に作られたポケモンだよ!!!」

澪シルバー「!!」

澪「ロケット団に…作られたポケモン……!?」

澪(あ…ニャースが言ってたような……)

シルバー「……!!」

シルバー(知らなかった…! 親父がそんなことをしていたなんて!!)

シルバー(…おそらくミュウツーは人間の勝手により作られ、結果的にロケット団を恨んでここ

まで追ってきたんだろうが……)

律「シルバーも知らないのか」

シルバー「! …ああ、俺も初めて聞いた」

澪「? シルバー君が知らないとおかしいのか?」

律「ああ…まあ、首領の息子だしな」

澪「息子!?」

律「あ…! 言っちゃ駄目だったか!?」

シルバー「いや…別にいい」

律「ご、ごめんな」

シルバー「……」

シルバー「何も言わないんだな」

澪「へ?」

澪「…いや、別になにもないよ。ちょっと驚いたけど」

シルバー「……そうか」

澪「…?」

澪「ん~…でも、納得いったよ」

澪「私や律より年下なのに、バトルが強いのは“ジムリーダーの息子”だからだったんだな!


唯律「ジムリーダー!!?」

澪「ひっ!」びくっ

律「ち、ちょっと澪ちゅわん。シルバーは“サカキの息子”だぞ? 聞き違えたのかぁ?」

澪「いや、違ってないだろ」

唯律「……。……へ?」

澪「だから、サカキはジムリーダーだって! トキワシティの!!」

唯律「えええええええええええええ!!!!」

シルバー「……」

律「マ、マジかよ!!?」

唯「カントーの残りひとつのジムのジムリーダーが、通りすがりのトレーナーさんだったなん

てえ!!」

律「最初に行った時は閉鎖中だったな……」

唯「あれ…? 澪ちゃんはカントーのジムバッジって……」

澪「うん? 全部集めたよ」すっ

きらっ

律「うおおっ!!」

唯「でもでも、私達もジョウトのは全部揃えたよ!!」ふんすっ

澪「落ち着け…」

律「ていうか閉鎖してたのに、どうやってジムに挑戦できたんだ?」

澪「ん? それは最近の話だろ。私が行った時は代理の人がジムをやってたけど」

唯律「代理の人?」

澪「うん。ヤマブキとトキワの掛け持ちでな。確か、同じカントーのジムリーダーの娘って言

ってたけど…」

澪「その人に、サカキがトキワのジムリーダーっていうのを聞いたんだ。最も、その時はロケ

ット団なんて知らなかったけどな」

唯「なんで閉鎖したんだろ…?」

澪「その人の父親もジムにいられなくなって、代わりにジムリーダーをするって言ってたよ。

私が最後のジム挑戦者だったみたい」

唯律「へえ~…」

唯「だったら私達ももっと早く旅を始めれば良かったね、りっちゃん」

律「そうだな~……って!!」

律「こんな長々と話してる場合じゃないだろ!」

唯「そうだった!」

律「なんでミュウツーがここにいるのか! それを聞いているんだ!!」

唯「うんうん!」

澪「な、なんでって……。ミュウツーもロケット団を阻止しに来たみたいで、私達に協力して

くれるんだよ」

唯「き、協力?」

律「本当か? それ…」

澪「本当だよ。ミュウツーから言ってきたんだから」

唯「……で、でも」

澪「?」

律「それにしたら…いやに殺気立ってないか……?」

澪「え…?」くるっ

ミュウツー「……」ごごごごご……

しゃきっ

ミュウツー「……」ぶんっ!

澪「うわっ!?」へたっ

唯律シルバー「!!」

ミュウツー「……」ぎろっ

澪「ミ、ミュウツー…?」


――――――――――――――――

数時間前 時間の狭間


サカキ「セレビィよ! 私を連れて行ってくれ!!」

サカキ「五年前のあの日に…!!!」

セレビィ「ビィー!!」

びゅおおっ!

しゅううう…

すたっ

サカキ「……」

サカキ「着いた…。今となっては廃墟となってしまった、我がロケット団第一研究所!!」

かちゃっ

…がち

サカキ「…流石に鍵が掛かっているか」

サカキ「しかし、この中にそれほど大切なものが入っているという証拠だな。スピアー!」

スピアー「スピー!」ぶーん

サカキ「みだれづき!!」

スピアー「スピー!!」

どがががが!!!

がたっ……

サカキ「よくやったぞ、スピアー。ドアは壊れてしまったが、あいつを手に入れるためだ。こ

のぐらいは許容範囲…」

かつかつ…

サカキ「…!」

「………」こぽこぽ…

サカキ「ミュウツー…!!!」

「………」ぴくっ

サカキ「ふふ…この日だ! この日にミュウツーは誕生したのだ!!」

サカキ「さあ…!!」

こっ…こっ…

サカキ「!」

「サカキ…」

サカキ「……フジ…。いたのか」

フジ「私は常にここにいるさ。ミュウツーが完全に目覚めるまで付き合うのが私の役目だ」

サカキ「……」

サカキ「ふ……もう目覚めるのだろう?」

フジ「…ああ。ミュウツーの心臓が動き出した。今日、ミュウツーは目覚める!!」

サカキ「それは楽しみだ……」

サカキ「だがひとつだけ、しておくべきことがあるな」

フジ「…?」

サカキ「スピアー!」

スピアー「スピー!!」ぶーん

フジ「なにを…!?」

サカキ「私の計画を邪魔した、フジ! お前の存在をここで無くせば、時代は変わるのだ!!」

フジ「一体なんの話だ…!!?」

サカキ「スピアー! ダブルニードル!!」

スピアー「スピー!!」しゅっ

どがん!!

フジ「」どさっ

サカキ「ふふ…これで我が手元に現れる!!」

ことっ…

サカキ「マスターボール!!!」

こぽこぽ…

ミュウツー「………」

サカキ「……ミュウツーよ…」

サカキ「ぐっ……!!?」ぎゅうっ

サカキ「やはりミュウツーに負わされた傷が治ることはないか…。だが、これは残しておくべ

きものだろうな」

かちゃ…

サカキ「目覚めろ、ミュウツー!!」

こぽ…

ミュウツー「……!」ぱちっ

ういいいん……

しゅううう

ミュウツー「……」たっ

サカキ「ミュウツー、私はサカキ。お前の力で、私の夢を叶えさせてくれ」

かちゃ、………ぽん!


―――――――――――――――――

ミュウツー「……」ぎろっ

澪「ど、どうしたんだよミュウツー…? なにがあっ…」

ミュウツー「……」だっ!

澪「…!」

律「ヒート!!」ぽん!

ヒート「ヒヒーン!」

ミュウツー「……」ぶんっ

ヒート「!?」どがっ…

どおおおおおん!

ヒート「ヒヒーン!!?」ずさあっ

律「くっ…。流石に強いな…」かちゃ

澪「ま、待て! 律!」がしっ

律「!」

澪「こんなはずじゃないんだ! ミュウツーになにかあったんだよ!! 攻撃はやめてやってく

れ!!」

律「……」ぽん!

ランス「ニドー!!」

澪「律!!」

律「…澪の言うことは半信半疑だけど信じるさ。ミュウツーも、本当に何かあったんだろう。

でも…」

律「どちらにしろ、ミュウツーの様子からバトルは避けられない! ミュウツーの力は計り知れ

ない!! 私達がやられてしまうかもしれないんだ!!」

律「何もしないより、私は…戦う! ランス!!」

ランス「ニドー!!」だっ

律「つのドリル!!」

ランス「ニドー!!!」ぎゅおおっ

ミュウツー「………」すっ

がしいっ!

ランス「ニド!?」

ミュウツー「……」ぐいっ

ぶおっ!!

ランス「ニドー!!?」どがああん!

律「…!!」

シルバー「…俺もあいつに賛成だ」

澪「!」

シルバー「黙ってやられるわけにはいかないしな」ぽん!

ギャラドス「ギャオオオ!!」

唯「メリ太!」ぽん!

メリ太「モココ!!」

唯「澪ちゃん! 気が進まないと思うけど、今はやるしかないよ!」

澪「シルバー君……唯……」

律「とりあえず、おとなしくしてもらうぜ! ミュウツー!!」

ランス「ニドー!!」

ギャラドス「ギャオオオ!!」

メリ太「モココ!!」

ミュウツー「………」ぐっ

びゅおおおおっ!!!

唯律シルバー「!!?」

どおおおおおおお……!!!!

ミュウツー「……」どん!!

ばああああああああああん!!!!

どさっどさっどさっ

ランス「ニドー……」

ギャラドス「ギャ…ラァ……」

メリ太「…モコ………」

唯「ああっ!!」

律「三体ともやられちまった…!」

シルバー「……!!」

唯「ごめんね…。休んでて!」しゅうっ

律「ごめんな、ランス。戻っててくれ」しゅうう

シルバー「……」しゅうう…

律「なんて強さなんだ…ミュウツー!!」

シルバー「……妙だな」

唯律「え…?」

シルバー「俺は先程までミュウツーと一緒にいたが、なんのキッカケもなしにこんなに凶暴化

するなんておかしい…」

澪「うん…。私もそう感じるよ。いきなりこんなになるなんて…」

律「澪…」

澪「それに心なしか、すごく苦しんでるように見える……」

ミュウツー「………」はあっはあっ…

唯「ホントだ…。何かに無理矢理操られているような…」

澪「…よし」かちゃ

ぽん!

ドっくん「ドクケー!!」

律「!! 澪…!」

澪「誰かに何かをされて苦しんでるようなら、私はミュウツーを助けたい!! だから今はミュ

ウツーの暴走を止めないと!!!」

ドっくん「ドクケー!!」しゅばっ!

ミュウツー「……」しゃきんっ…

澪「ドっくん! つばめがえし!」

ドっくん「」しゅっ

ミュウツー「…!」

ドっくん「ドクケー!!」しゅんっ!

ミュウツー「!?」

どがああっ!!

ミュウツー「……!!」ざざっ!

シルバー「! ミュウツーに攻撃を食らわせた…!」

ミュウツー「……」すっ

う゛おおおおお!!

唯「サイコキネシスだよ!!」

澪「ドっくん!!」

ドっくん「ドクケー!」きいいいん…

ぴくっ!

澪「サイケこうせん!!」

ドっくん「ドクケー!!」びゅっ!

ぱああああん!!

ミュウツー「…!!?」

澪「音波や波長を感じる技は効かないよ! ドっくんには性能のいい触覚のレーダーがあるんだ

!! それでいくらでも対応できる!!」

律「いいぞ澪!!」

唯「すごいすごい! ミュウツーと対等に渡り合ってるよ!」

澪「今度はこっちの番だ! ドっくん、ぎんいろのかぜ!!」

ドっくん「ドクケー!」びゅおおおおっ

ミュウツー「……!」

「ミュウツー、サイコカッター!!」

唯律澪シルバー「!!?」


31