最終章中篇


ミュウツー「ほう。澪、お前もロケット団を追っているのか」

澪「うん。そうなんだ」

澪「私の他にも、ここウバメの森にあと三人いるよ」

ミュウツー「そのあとの三人はどうしたのだ?」

澪「う~ん。よく分からないけど、はぐれちゃったんだ…。探しているところだったんだけど」

ミュウツー「見つからず、ここまで来たのだな」

澪「まあそんな感じかな」

ミュウツー「しかしまあ、戦力が増えるのは有り難い。多勢に無勢は良しとしても、味方が多

いに越したことはないからな」

澪「うん。あとはみんなが揃うのを待つだけ…」

澪「!」

たったったっ

シルバー「! あんたか」

澪「シルバー君!!」

ミュウツー「コイツがお前の言っていた三人のうちの一人か?」

澪「そうだよ。シルバー君だ!」

シルバー「……。なんだ? このポケモンは」

澪「ミュウツーだよ。一緒にロケット団と戦ってくれるみたいなんだ!」

シルバー(ミュウツー…?)

シルバー「ふうん…。それは頼もしいな」

シルバー「で、アイツらは?」

澪「ん? 律と唯のことか?」

シルバー「ああ」

澪「シルバー君と一緒じゃなかったのか…」

シルバー「! じゃあ…」

澪「うん。まだどこにいるか分からないんだ」

シルバー「そうか…」

シルバー「なら、ロケット団は?」

澪「私はチャクラを倒したよ」

シルバー「俺はオウカを…」

シルバー「……。ということは、おそらくサキはあの二人と戦っている…ということか」

澪「多分…ね」

シルバー「肝心の、首領サカキは?」

ミュウツー「あの祠の中だ」

―――――――――――――――――

時間の狭間


サカキ「ボスゴドラ!!」ぽん!

ボスゴドラ「グオー!」

サカキ「メタルクロー!!」

ボスゴドラ「グオー!!」きんっ

セレビィ「!」

ボスゴドラ「」ぶんっ!

セレビィ「ビィー!!」びゅおっ

すかっ!

サカキ「ほう。かわしたか」

ボスゴドラ「!?」がちぃっ!

サカキ「なに!」

ボスゴドラ「」ばたっ

ボスゴドラは倒れた

サカキ「…! やどりぎのタネか!!」

セレビィ「ビィー!」

サカキ「ふふ、やるな!」しゅうう

サカキ「だが、コイツはどうかな!?」ぽん!

スピアー「スピー!!」

サカキ「最高速度で追い詰めろ!! こうそくいどう!!!」

スピアー「」しゅん!!

セレビィ「ビィ!!?」

スピアー「」ぶぶぶぶ~ん!!

セレビィ「!!」

サカキ「追い詰めたぞ! もう逃げ場はない!!」

サカキ「さあ…」かちゃ

サカキ「いけ! “時をとらえるモンスターボール”!!」ぶんっ

セレビィ「!」ぽちっ

しゅううう!!

かちっ…

サカキ「……ククク」かちゃ

サカキ「捕まえたぞ!! 幻のポケモン、セレビィ!!! フハハハハ!!」

サカキ「ククク…。この“時をとらえるモンスターボール”を持っていたから一時的には時間

の狭間から守られていたが…セレビィを捕まえたことにより、この時間の狭間ではもう自由に

動くことができる!!」

サカキ「これで…あの頃に戻れる……」


―――――――――――――――――

サキ「フンフフフ!」

サキ「ジュペッタ!!」

ジュペッタ「ジペッ!」きゅおっ…

サキ「シャドーボール!!」

どん!!!

エンテイ「グオオ!?」

唯「エンテイ!!」

律「スカイ! エンテイを援護しろ!」ぽん!

スカイ(ニョロトノ)「トニョーロ!」ぴょんっ

ジュペッタ「!」

律「れいとうビーム!!」

スカイ「トニョ…、」びゅ…

サキ「させるか! ファイヤー、だいもんじ!!」

ファイヤー「ファー!!!」ばっ

ぶあああああ!!

スカイ「トニョーロ!!?」ぼわあっ!!

律「…!!」

スカイ「トニョ…」ばたっ

律「す、スカイ!」たたっ

スカイ「ニョ……」かぴかぴ

律(身体の水分が蒸発しきってる……。なんて威力なんだ…!!)

律(くそ…。ファイヤーを持って、より強さが増している!! サキ!!!)

サキ「フンフフフ…。私が求めていたのはこの力だ!」

サキ「おっと…動くなよ?」

唯律エンテイ「!!」がちっ

ファイヤー「……」ぎろっ

サキ「私も早く勝負を付けないとな。あのお方に申し訳がつかないというものだ」

律(あのお方…?)

唯「早くしないと、って…どういう意味ですか?」

サキ「…空を見てみろ」

唯律「?」

サキ「木々の間から外の様子が見えるだろう。そこから何か見えないか?」

唯「あ、あれは…」

サキ「サンダーとフリーザー。どうやらチャクラとオウカがお前達の仲間にやられてしまったようだ」

サキ「お前達の仲間は今頃サカキ様や私を探していることだろう。このままではサカキ様の計

画に支障を来たす恐れがある…」

サキ「早くしないと、とはそういう意味だ」

唯「……」ごくり

律「澪とシルバーは無事か…よかった……」

サキ「フンフフフ、安心している場合か? 今お前達が置かれている状況を理解していないのか?」

ぽん!

スターミー「トゥトゥトゥトゥトゥル!!」

ペルシアン「フシャー!!」

律「ぐ……!」がちがち…

唯「エンテイ! ほえる!!」

エンテイ「グオオオオオオオオ!!!」

ぶおおっ!

サキ「…!」

スターミー「……」ぷいっ

サキ「…フンフフフ、何かと思えば! 私の手持ちはすべて出した!! そんなもの意味はない

!!」

唯「えへへ…そうかな?」

律「! う、動ける!?」たっ

サキ「なに!! まさか…!」

ファイヤー「ファー…!」ぎろっ

エンテイ「……」ぎろっ

サキ「ファイヤーのにらみつけるに対抗を…!」

唯「エンテイのほえるが勝ったみたいだね!!」

サキ「そちらも流石は伝説のポケモンと言ったところか! おのれ…!!」

サキ「ならば!!」たっ

ファイヤー「ファー!!!」ばさばさっ

サキ「空を飛べるのはこちらだけ! そちらに対抗する術はない!!」

サキ「ファイヤー! エアスラッシュ!!」

ファイヤー「ファー!!」しゅしゅっ!

ぎゅおっ!

エンテイ「…!」がしっ

どがん!

唯「キャッ!?」

律「大丈夫か、唯!?」

唯「う、うん!」

律「サキの奴…、外に出て空中から攻撃をしてきやがる! これじゃあ木々に隠れて、どこから

攻撃が来るのか分かりゃしねえ!!」

唯「……」

律「しかも…!」

スターミー「トゥトゥトゥトゥトゥル!!」

ペルシアン「フシャー!!」

ジュペッタ「ジペッ!!」

ぎろおっ!!!

律「サキの手持ちはこっちにいて、攻撃を仕掛けてくるつもりだ…!」

唯「どうすれば…」

律「……こっちも、空中戦に持ち込むしかないな」

唯「え…? で、でも! エンテイは空を飛べないんだよ!? どうやって空中戦に…」

律「……」かちゃ

ぽん!

ウィング(ワタッコ)「ワター!」

唯「!」

律「ウィングを貸してやる! 唯、お前が飛ぶんだ!! エンテイも…」

ウィング「ワタワタ!」すっ

唯「……わかったよ、りっちゃん」すたっ

エンテイ「グオオ…」のしっ

ウィング「……ッ」

律「ウィング、頑張ってくれな」

ウィング「」こくっ

びゅおおっ!

ジュペッタ「ジペッ!!」だっ

唯「ああっ!」

律「ヒート! フレアドライブ!!」ぽん!

ヒート(ギャロップ)「ヒヒーン!!」ぼうっ!

どがん!

ジュペッタ「!?」

唯「…!!」

唯「り、りっちゃん!」

律「下は任せろ! 無事にサキの所まで飛べるように援護するからさ!!」

唯「りっちゃん…」

律「唯! 最後に!!」

唯「?」

律「こんな状況でごめんだけど…」

律「……今サキとファイヤーに対抗できるのは唯とエンテイだけだ!! 上にいって、サキを倒

してくれ!!!」

律「サンダーやフリーザーのように、ファイヤーを解放させてやってくれ!!」

律「……」すうっ!

律「…信頼してるぞ!! 頼んだぞ!!! 唯!!!!」

唯「…!!」

唯「こ、こんな時に…そんなこと言うなんて……ずるいよう……」ぐすっ

唯「でも…!」ごしごしっ!

唯「うんっ! りっちゃあん!!」

ウィング「ワター!!」

びゅおおっ!!

律「………」

律「無事、行けたみたいだな…」

律「……さて、私も役目を果たさないとな」じろっ

スターミー「トゥトゥトゥトゥトゥル!!」

ペルシアン「フシャー!!」

ジュペッタ「ジペッ!!」

律「ランス!」ぽん!

ランス(ニドキング)「ニドー!!」

たっ!

ヒート「ヒヒーン!」

スカイ「トニョーロ…!」

律「……。へへっ、ウィングがいないなんて久しぶりだな。カントーの旅を思い出すよ…」

律「……ウィングが戻ってきても、全員やられちゃいました。なんてことにならないようにし

ないとな!」

律「先輩の意地! 見せてやろうぜ!!」

――――――――――――――――

ウィング「ワター!!」びゅっ

サキ「フンフフフ…やはり、来るのか」

唯「これで終わりにする! ここであなたを倒す!! りっちゃんとの約束だから!!」

サキ「フフ…」じろっ

サキ「……」

サキ「フンフフフ。その状態で戦うつもりか? 自由に動くことすら、ままならないだろう!」

唯「確かにね。でも、私は絶対に負けないよ!!」きっ

サキ「フンフフフ…」

サキ「ほざけ!! たった一人で何ができる!!?」

サキ「ファイヤー!!」

ファイヤー「ファー!!!」ぼうっ…

唯「!」

サキ「だいもんじ!!!」

ぎゅおっ!!

どおおおおおん!!!

サキ「フフフハハハハ!! どうだ!? 見たか!!? これが圧倒的な力だ!!!」

しゅううう…

唯「一人じゃ…ないよ!!」

サキ「!!?」

ピッ太(ピクシー)「ピィ…!!」きいい!!

サキ「ひかりのかべ!?」

唯「ブイ太! メリ太!」ぽん!

ブイ太(シャワーズ)「シャワー!!」たっ

メリ太(モココ)「モコ!!」ぴとっ!

ファイヤー「ファー!?」

サキ「ぐ…ちょこまかと! 離れろ!!」

唯「無駄だよ。ブイ太はボーマンダが暴れても振り落とされなかったんだよ」

サキ「くう…!」

唯「下では、りっちゃん達があなたのポケモンと戦ってる…」

サキ「…なにを……?」

唯「ウィングに乗って空を飛んで、
攻撃はピッ太が防いでくれて…
ファイヤーはブイ太とメリ太が抑える」

唯「みんなが私をここまで導いてくれた!!
みんなが道を開けてくれた!!
みんながいるから、私は道を通れる!!」

唯「あなたを……倒せる!!!」

たっ

しゅたっ!

エンテイ「グオオオ!!」だっ!!

唯「今のあなたは無防備だよ!!」

エンテイ「グオオ…!!」ぼわっ!

唯「うおおおお…!!!」

唯「フレアドライブ!!!!」

エンテイ「グオオオオオオ!!!」ごあっ!!

どがあああああああん!!!!

サキ「か…はっ……!!!」

ばあああああん!!!!


30