――――――――――――――――

チャクラ「世界征服じゃん!!?」

澪「なに…?」

チャクラ「僕は…俺はねえ! 人類全てが頭を下げる日を心待ちにしてるんじゃん!!」

チャクラ「そのためだけに俺は首領についてきたんじゃん!! どんなに危険な任務もこなして

きた!!」

チャクラ「でも、お前達は俺たちの邪魔をしようとしているじゃん! いや、現在進行形でして

いますから!! このままじゃ今までの苦労がすべてパーじゃん!!?」

チャクラ「相手が誰であろうと、そんなことするなら…容赦はしませんからァ!!!」

サンダー「ダー!!」ぱり…

チャクラ「かみなりじゃああん!!!!」

サンダー「ダー!!!」ぴしゃあああん!!

澪「くっ…!」

チャクラ「ハガネール、かみくだくじゃん!!」ぽん!

ハガネール「ハガネー!!」ぐおっ

澪「…!!」

ライコウ「ギャオオ!!」がしっ

澪「!」

ハガネール「ハガネ?」すかっ

チャクラ「……ちっ!」

ライコウ「ギャオオ…」たたっ

すっ…

澪「ありがとう…ライコウ」

ライコウ「」ふるふる

ライコウ「ギャオオ!」きっ

澪「うん。今は戦いに集中しないとな…」

ライコウ「ギャオ」こくっ

澪「よし!」たっ

しゅたっ!

チャクラ「!」

チャクラ「…わざわざやられに来たんじゃん?」

澪「……」

チャクラ「ははは! なら、お望みどおりィ!! やってやりますからァ!!!」

ハガネール「ハガネー!!」ぐおっ

澪「ベロにゃん、まきつく!!」ぽん!

ベロにゃん(ベロベルト)「ベロー!」しゅばっ

ハガネール「!」ぐるる…

ハガネール「ハガネー!?」ぴたっ

チャクラ「な、なんて力なんじゃん!! 舌でハガネールを止めた!?」

澪「そのまま、たたきつける!!」

ベロにゃん「ベロー!!」ぶんっ

どおおおおん!!!

ハガネール「ハガネッ…」

チャクラ「くそ…ハガネール、戻るじゃん!」しゅうう

澪「ふふっ…」

チャクラ「な、なに笑ってるじゃん!?」

澪「いや…人のことを弱そうって言っておいて、この様じゃな…」

チャクラ「な、な、な! 人を馬鹿にするのもいい加減にしろですからァァ!!! サンダー!

!」

サンダー「ダー!!」ばさっ…

びりり!!

サンダー「…!?」

チャクラ「どうした、サンダー!?」たっ

びりっ!

チャクラ「っ! な、なんなんじゃん!? この電気の檻は…!!」

澪「ライコウのでんきショックだ」

チャクラ「!」

澪「でんきショックは威力の小さい技だ。だからコントロールするのはたやすい。こうやって

使うことで、相手の動きを封じることもできるのさ」

チャクラ「そんな……」

澪(カゲぴょん以外でこの戦法を使うのは初めてだけど、上手くいってよかった…)ほっ

チャクラ「くそ!」だっ

チャクラ「ぐあっ…」びりぃっ!!

澪「!?」

だっ

びりぃっ!

澪「や、やめろ! それ以上やったら…!!」

チャクラ「うるさいじゃん!!」

澪「!」

チャクラ「俺はなんとしてもここから出ますからァ!!」だっ

チャクラ「うああ!!」びりぃっ!

澪(まずい…!)

澪「このままじゃ……! やむを得ない!!」

澪「ライコウ、でんじほう!!!」

ライコウ「ギャオオ!」びりっ…

澪「気絶する程度で頼む!」

ライコウ「ギャオオ…!!」ばりばりっ!

チャクラ「!」

ぼがあああん!!

チャクラ「!?」ゆらっ

チャクラ「」がくっ

澪「あ…危なかった……」

澪「よくやってくれた、ライコウ」

ライコウ「ギャオ」

澪「律と唯とシルバー君を探さないとな…」

澪「あっ…ライコウは一応ここでチャクラをみててくれ」

ライコウ「ギャオ!」こくっ

澪「頼んだぞ」

たたっ

―――――――――――――――――

たたたっ

澪「律ー!? 唯ー!! シルバーくぅん!!」

澪「……」

澪「駄目だ…いない……」

澪「……」きょろきょろ

澪「それにしても…随分と歩いたな。ここはどこらへんだろ?」

がさっ

「……ん?」ぴくっ

ミュウツー(誰か来たのか…?)

がさがさっ

ミュウツー「何者だ!!?」

澪「ひぃ!?」

ミュウツー「むん!」だっ

ぶんっ!

澪「ひっ…! は、ハブりん!!」ぽん!

ハブりん「プッププ~!!」しゅっ

がきいいいん!!

ミュウツー「む…私の攻撃を受け止めるとは!」

澪「……!」

澪(このポケモン…ニャースみたいに人語が話せるのか?)

澪(なら…)

澪「ハブりん、後退して!」

ハブりん「プッ?」

澪「いいから!」

ハブりん「ぷ、プッププ~!」さっ

ミュウツー「…? なんの真似だ!」

澪「お、落ち着いて聞いてくれ! なんで襲ってきたか知らないけど、私は怪しい者じゃない!

!」

ミュウツー「……」

ミュウツー「……」たっ

ばっ!

澪「?」

ミュウツー「ならば、私の超能力で貴様が何者かを確かめてやる」

ミュウツー「………」ういいいいん…

ミュウツー「!? き、貴様…ニャースを知っているのか!?」

澪「へ!? に、ニャース?」

ミュウツー「ニャースの知り合いか!? どんな関係だ!!」

澪「え、えと…その……」

澪「ぱ…パートナー……かな? ははっ」//

ミュウツー「!!」

ミュウツー(嘘はついていないようだな…)

ミュウツー「ふう…。お前を信じよう」

澪「ほ、本当か!?」

ミュウツー「ああ。それで、こんなところへ何の用だ?」

澪「うーんと…ここに誰か来なかったか? 女の子とか男の子……あと、怪しい奴らとか…」

ミュウツー「! …怪しい奴らとは、もしやロケット団のことか?」

澪「そ、そうだ! 知ってるのか?」

ミュウツー「…まあな」

澪「それで、ロケット団は!?」

ミュウツー「私が見たのは首領だけだが…サカキはこの祠の中に入っていった」

澪「この中にか…?」じっ

ミュウツー「中には入らないことだ。このミュウツーでさえ、外に追い出された」

澪「……」きょとん

ミュウツー「…? どうした?」

澪「ミュウツー…?」

ミュウツー「…ああ、私の名前だ。まだ名乗ってなかったか」

澪(どこかで聞いた名前だな…)

澪「あっ…私は秋山澪。よろしくな、ミュウツー!」


―――――――――――――――――

オウカ「オデの目的ね~。う~ん…」

シルバー「なにを考えているんだ? まさか、目的なしでこんなことしているんじゃないだろう

な」

オウカ「ゲヘッゲヘ、まさか」

オウカ「ロケット団の目的は、お前の言う通り世界征服なんだな。みんながみんな、その目的

を果たそうとしているんだな。だけど、一人一人のその目的に対する気持ちや理由やそのやり

方は違う…まったくその通りなんだな」

シルバー「……」

オウカ「例えば、チャクラは武力による世界征服…サキは首領に忠実に、サカキ様の言う通り

に…」

オウカ「オデの場合は少し変わっていてね」

オウカ「オデは人間やポケモン、この世界に生きるすべての生き物が家族だと思ってるんだな

~!!」

シルバー「家族だと…?」

オウカ「そうなんだな~。家族なんだから、みんな一緒にいよう! ってことで、オデは世界の

統一化を望んでいるんだな!!」

シルバー「…ふ、なにを言うかと思えば……笑わせるなよ?」

オウカ「なに?」

シルバー「お前の行動…」

オウカ「?」

シルバー「マダツボミの塔でトレーナーを見境なく薙ぎ倒した……それが家族に対する行為か

? 何を言おうと、やっていることは所詮は悪人のすることなのさ」

オウカ「ゲヘッゲヘ、何を言っているんだな?」

オウカ「子供が悪戯してきたら、叱るのが親なんだな。お尻を叩かないと、子供に罪の重さを

伝えられない時もあるんだな~」

オウカ「オデがやっているのは躾!! 愛のムチなんだな~!」

シルバー「……」

オウカ「オデ達に刃向かうお前も、躾をしなければならないんだな!」

じゅわっ!

ニューラ「ニュー!?」

シルバー「! どうした、ニューラ!?」

ニューラ「ニュー……」

シルバー「……毒!?」

ぴちゃっ!

シルバー「!? な、なんだこの紫色の……水!!?」

オウカ「ゲヘヘ…毒、水。どちらも違うんだなー……。正解は、両方なんだな!」

さっ

オムスター「オム!!」

シルバー「オムスター!? まさか…!!」

オウカ「ゲヘゲヘ、どくびしとみずでっぽうを合わせた、オムスター特製の“毒の海”なんだ

な~」

シルバー「…ちぃっ! ニューラ、戻れ!!」しゅうう

オウカ「ゲシゲシ、戻しても意味がないんだな! いずれ、毒はここ全体に広がるんだな!!」


つ~…

シルバー「く……」

スイクン「クルー…!」

シルバー「ん…?」

シルバー「……」じっ

シルバー(スイクン…。間近で見たら、なんて美しいんだ……木々の間から漏れる光が体に反射

して、自ら発光しているようだ………)

(美しい……。ミナキさんが言うのも分かる……)

シルバー(って、俺は何を言って…!!)

シルバー「……む?」

『ああ! 透き通る肌!! なんて美しいんだ!! スイクンはこの世で一番美しい!!!』

シルバー「………!!」

シルバー(そうか!!)

オウカ「よそ見はよくないんだな~。ちゃんと周りを見ておかないと…勝機を失うんだな!!


スイクン「!」

じゅわっ!

オウカ「これでスイクンも毒まみれなんだな!!」

シルバー「ふ…」

オウカ「!?」

シルバー「それで勝ったつもりか?」

オウカ「…え……」

シルバー「スイクン!!」

スイクン「」こくっ

たっ!

スイクン「クルー!!」

ぱしゃん!

しゅわああっ…

オウカ「こ、これは…!?」

スイクン「クルー!!!」

ぱしゃん! ぱしゃん!

しゅわあああああっ!!

オウカ「み、みるみるうちに……水が透明になっていくんだな!?」

シルバー「汚れた水を綺麗な水に変える……スイクンの能力だ」

オウカ「!!」

シルバー「みずでっぽうと組み合わせたことが裏目に出たな!」

シルバー「ぜったいれいど!!!」

スイクン「クルー!!」かっ!

びゅあああああああっ!!!!

ぴきぃっ…!!

オウカ「ぐはっ…!」

ばたん!!

シルバー「………」

シルバー「……ミナキさんは本当にスイクンを愛しているんだな…」

シルバー「…っと、そんなことより早く他のロケット団を見つけないとな。はぐれたあいつら

は多分大丈夫だろう…」

シルバー「スイクンはここで待っていろ。オウカが目を覚まして、またなにかしでかしたら厄

介だからな。見張っていてくれ」

スイクン「クルー」こくっ

シルバー「さてと…… ん?」

フリーザー「フリー!!」ばさばさっ

シルバー「フリーザーが…」

シルバー「オウカが倒れたから、もうここから離れることにしたのか…。ボールという鎖があ

ったにしろ、こいつらの手に負えるポケモンじゃなかったってことか……」

シルバー「……!」

サンダー「ダー!!!」ばさばさっ

シルバー「サンダーも…? ということは、サキとチャクラのうちのどちらかが倒れたのか?」

シルバー「…俺の予想ではあの二人もそれぞれ、オウカと俺が戦ったようにあの三人のうちの

誰かと戦っているんだと思うが……」

シルバー「まあなんにしろ、先を急ごう」

たたっ

―最終章前篇完―



29