―――――――――――――――――
フスベジム

イブキ「フライゴン、りゅうのいぶき!」

フライゴン「フラー!」ぎゅおおおっ

唯「ピッ太、みずのはどう!」

ピッ太「ピッ!」しゅわあああっ

ぱああああん!

イブキ「フライゴン! ドラゴンクロー!!」

フライゴン「フラー!!」しゃきん

唯「ピッ太、コスモパワー!!」

ピッ太「ピッ!」かっ

ぱああああっ

イブキ「?」

フライゴン「ふ…フラー!?」ぐぐぐ…

イブキ「ど、どうしたの!?」

唯「コスモパワーで小宇宙を作り出したんだよ!」

イブキ「! そういうことね…!!」

フライゴン「フラッ…!」ぐぐぐ…

唯「ごめんね! ピッ太、れいとうパンチ!!」

ピッ太「ピッ!!」こあっ

どおおおおん!!

フライゴン「フラー…」ばたっ

フライゴンは倒れた

イブキ「……戻りなさい、フライゴン」しゅうう

イブキ「次はあなたよ! ボーマンダ!!」ぽん!

ボーマンダ「ガアアア!!」

唯「!」

ぴっ

ポケモン図鑑『ボーマンダ、ドラゴンポケモン
一度怒ると大暴れ。空を飛びながら地上の野山を炎で焼き払う』

唯「すごいポケモンだねえ」

唯「でも負けないよっ!」ふんすっ

イブキ「自信があるのね」

唯「だって、小宇宙の中はボーマンダだって苦しいしね!」

イブキ「ふふ…確かにそうだけど」

唯「?」

イブキ「これはどうかしら? ボーマンダ、エアカッター!!」

ボーマンダ「ガアアア!!」しゅっ

ざきいいいっ!!

ピッ太「!?」

唯「! 空間が割れた…!?」

イブキ「やはりね…。小宇宙といっても、所詮ポケモンの技……それならポケモンの技で対抗

できるわ」

唯「うう…」

イブキ「ボーマンダ、ドラゴンクロー!!」

ボーマンダ「ガアアア!!」

がきいいいっ!

ピッ太「ピッ…!!」

ばたん!

ピッ太は倒れた

唯「うぅ…ピッ太、戻って!」しゅうう

唯「ブイ太!!」ぽん!

ブイ太(シャワーズ)「シャワー!」

イブキ「…ちょっと不利かもね」

イブキ「でも全力でやるわ! ボーマンダ!!」

ボーマンダ「ガアアア!!」

唯「負けないよ!」

ブイ太「シャワー!!」たっ

しゅたっ!

ボーマンダ「!!」

イブキ「ボーマンダの上に…!」

唯「ブイ太、かみつく!」

ブイ太「シャワー!」がぶっ

ボーマンダ「!?」

イブキ「ええいっ! 振り落としてしまいなさい!!」

ボーマンダ「ガアアア!!」ぶんっぶんっ

唯「ブイ太頑張って!」

ブイ太「シャワー…!」ぎりり…

イブキ「たつまきよ!!」

ボーマンダ「ガアアア!!!」ぐるんぐるん

びゅおっ!

ブイ太「シャワー!?」ぱっ

どがん!

唯「ブイ太あ!!」

イブキ「やっと離れたわね!! ボーマンダ追撃よ!」

イブキ「ドラゴンクロー!!」ばっ

ブイ太「!!」

どおおおおおおおおおおん!!!

イブキ「ふふっ…」

ボーマンダ「……?」

唯「えへへっ」にっ

イブキ「! なにを笑って…?」

ボーマンダ「ガア?」

ぬいぐるみ「……」

イブキ「シャワーズがいない!?」

イブキ「このぬいぐるみは…みがわり!?」

唯「そうだよ」

イブキ「! シャワーズはどこに…」

唯「もちろん! 最初からそこにいるよ!!」びしっ

ブイ太「シャワー!」ばんっ

ボーマンダ「ガア!?」

イブキ「ぼ、ボーマンダの上!?」

唯「たつまきが完全に起きる前にみがわりを落としたのは正解だったみたい」

イブキ「で、でも! ボーマンダ、あなたなんで気づかなかったのよ!?」

ボーマンダ「が、ガア?」

唯「乗ってる間はとけるを使ってたからね!」

イブキ「それで重さを感じなかったのね……って!」

イブキ「お喋りしてる場合じゃないわ! ボーマンダ、さっさと振り落としなさい!!」

ボーマンダ「ガ…」

唯「遅いよ!! れいとうビーム!!!」

ブイ太「シャワー!!」

かっ!

ボーマンダ「!!」ぴきいっ

ボーマンダ「ガ……」ぼたっ

ボーマンダは倒れた

ブイ太「」すたっ

唯「指示通りに動いてくれてありがとう! ブイ太!!」

ブイ太「シャワー!」にこっ

イブキ「なかなかやるのね…」

イブキ「これで最後のポケモンだけど……」かちゃ

唯「!」

イブキ「キングドラ!!」ぽん!

キングドラ「キシャー!!」

ぴっ

ポケモン図鑑『キングドラ、ドラゴンポケモン
普段は海底洞窟に身を潜めているらしい。あくびでうずしおを発生させる』

唯「あくびで…?」

唯(なんか、また凄そうなポケモンが出てきたよ!)

唯「…ブイ太、気をつけて」

ブイ太「シャワー!」きっ

イブキ「キングドラ、りゅうのはどう!」

キングドラ「キシャー!!」ぎゅおっ!

ブイ太「!!」

どがん!!

ブイ太「シャワー!?」ずざざっ

唯「ブイ太あ!!」

ブイ太「シャワ~……」がくっ

ブイ太は倒れた

イブキ「ふふ、もう小細工はなしよ」

イブキ「この子は一筋縄じゃあいかないわ!」

唯「…ブイ太、戻って!」しゅうう

唯「……」かちゃ

唯「メリ太!!」ぽん!

メリ太(モココ)「モコー!」

唯「……」きっ!


―――――――――――――――――
シルバー「」ざっざっ

律「……」

ぴたっ

シルバー「ここだ」

律「…なんだよ、ここ」

シルバー「りゅうのあなだ。説明してる暇はない。入るぞ、ついて来い」

律「ま、待てよ!」


――――――――――――――――
シルバー「……」

律「なんだ…この湖……?」

シルバー「見ていろ」かちゃ

律「…?」

ぽん!

ギャラドス「ギャオオオ!!」

律「!! そのギャラドス…ロケット団の……!?」

シルバー「そうだ。逃がされていたから、捕まえたのさ」

律「ていうか、ギャラドスを出してなにをする気だよ…?」

シルバー「だから見ていろって」

律「……」

ばしゃっ!

律「!」

シルバー「ほら! お出ましだ!!」

???「ウーッ!!」ばんっ

律「あのポケモンは…!」

ぴっ

ポケモン図鑑『ラプラス、のりものポケモン
人を乗せて海を進むのが大好きな優しいポケモン。背中の乗り心地は抜群』

律「説明は温厚そうだけど…」

ラプラス「ウーッ!!」ぎろっ!

シルバー「敵に回したらこれ以上厄介な奴はいないな」

律「! まさか戦う気か!?」

シルバー「それ以外なにか選択肢はあるのか?」

シルバー「ギャラドス、ハイドロポンプ!」

ギャラドス「ギャオオオ!!」ぶしゃああああっ!

ラプラス「!」ばしゃっ!

ラプラス「ウーッ」にやり

シルバー「ちょすいか」

ラプラス「ウー…!」すううっ

シルバー「!」

ラプラス「ウーッ!!!」びゅわあああっ!

ぱきぱきぱきい!!

ギャラドス「!?」

律「一回のれいとうビームで湖の半分以上が凍ったぞ!?」

シルバー「ギャラドスは紙一重でかわしたか…」

律「見ただろ!? あのパワー! かなうわけない!!」

シルバー「ふん…ギャラドスだってそれなりの強さを持つポケモンだ」

律「でも、あのギャラドスは…」

シルバー「なにをそんなに恐れているんだ?」

律「!」

シルバー「ギャラドスがロケット団に変な電波を当てられたから勝てないと思っているのか?


律「それは…」

シルバー「黙って見ていろ」すっ

シルバー「ギャラドス! アクアテールで氷を砕け!!」

ギャラドス「ギャオオオ!!」ぶんっ

どおおおおん!!

ばきいいっ!

ラプラス「!?」どがっ!

シルバー「はかいこうせん!!」

ギャラドス「ギャオオオ!!!」かっ!

どがあああああん!!!!

ぷかー

ラプラス「ウ~…」

ラプラスは倒れた

律「…!!」

シルバー「どうだ? 俺のギャラドス、強いだろ」

律「……」

シルバー「あんたは何か勘違いをしている。変な電波を当てられたからって、弱くなったり、

障害が出ることはない」

シルバー「なんの変わりもない…ただ普通のポケモンのままさ」

ギャラドス「ギャオオオ♪」

シルバー「俺のギャラドスがこうなんだ。あんたのギャロップも…大丈夫さ」

律「!」

律「シルバー…それを言うためにわざわざここに……?」

シルバー「ふん、まさか。ただ、張り合う相手がいなくてつまらなかっただけだ」

律「……」

シルバー「まあ、あんたがこれからどうするかは、あんたの勝手だけどな」

シルバー「だが……」

たったった…

唯「りっちゃ~ん!!」

律「! 唯!?」

唯「はあはあ…やっと見つけた……」

律「ご、ごめんな唯…」

唯「ううん! それより、見て!!」すっ

律「それは…?」

唯「バッジだよ! ライジングバッジ!!」

律「! 勝ったのか…?」

唯「うん! 私頑張ったよ! りっちゃんを勇気づけれるように!!」

律「ゆ、唯…」

シルバー「さっきも言ったが、この先どうするかはあんたの自由だ。だが…あんたのお仲間が

頑張ってるのに、あんたはなにもしなくていいのか?」

律「わ、私は……」

ぽん!

律「!」

ヒート「ヒヒーン!」

律「ひ、ヒート!?」

ヒート「ヒヒーン!」だっ

ぱかっぱかっ

たたたたっ

ヒート「ヒヒーン!!」しゃきっ

律「ヒート…」

ヒート「ヒヒーン! ヒヒーン!」ぴょんぴょん!

律「……ああ、わかってる」ぐすっ

ヒート「ヒヒーン♪」ぺろぺろ

律「へへ…」

唯「りっちゃん」

律「ごめんな。唯、シルバー…」

律「私は馬鹿だったよ! ヒートのことも信じないで、一人で自分を追い込んでた」

律「それに、唯とシルバーにまで心配かけちまって…」

唯「心配なんてしてないよ!」

律「……へっ?」

唯「確かにちょっとは心配したけど…りっちゃんなら大丈夫だって、信じてたもん!」

律「唯…」

シルバー「さっき言った通り、俺は張り合う相手がいないのはつまらないと思っただけだ」

律「……」

律「へへ…ありがとな。唯、シルバー」

唯「どういたしまして♪」

シルバー「…それで」

唯律「?」

シルバー「あんたはよく勝てたな、ジム戦」

唯「え?」

律「だよな~。信じられないぜ」

唯「ひ、ひどいよ二人とも!!」

唯「ホントに勝ったんだから!」

律「どんな風に?」

唯「え…えと、そのお…」

律「ん?」

唯「相手のキングドラがくしゃみをしてジムを壊しちゃってね…」

律「は…?」

唯「ジム戦は中止よっ! バッジはもらいたいならもらっときなさい!!」

唯「って、イブキさんが」

律「……ぷっ」

唯「…?」

律「あはははっ!!」

唯「り、りっちゃん?」

律「ははっ! くしゃみで……って、おかしーし!!」

唯「おかしくねーし!! っじゃなくて! そ、そんなに笑うこと!?」

律「だって……ははははっ!!」

唯「……」

唯「え、えへへ…」

唯「ふふっ♪」

シルバー「……ふっ」

「お取り込み中のところ悪いけど…」

「ニャ」

シルバー「!」

唯律「ん?」


26