18章


フスベジム

うぃーん

唯「お邪魔しま~す…」

律「……」

???「挑戦者かしら?」

唯律「!」

イブキ「私はこのジムのリーダーのイブキよ」

律「…そうか、ならジム戦を受けさせてくれ」

律「挑戦者はコイツだ」

唯「よろしくお願いします!」

イブキ「…ふーん」じっ

唯「?」

イブキ「はあ…なぜかしら? 全然乗り気じゃないわ、私」

唯「それってどういう…?」

イブキ「私、あなたと戦いたいわ!」びしっ

律「! わ、私…?」

イブキ「あなたを指差しているの。あなたしかいないでしょ」

律「で、でも挑戦者は私じゃな…」

イブキ「つべこべ言うんじゃないわよ。私があなたと戦いたいって言ってるの」

律「でも…」

イブキ「それとも…バトルするのが恐いのかしら?」

律「…!!」

イブキ「図星みたいね」

イブキ「だって、あなたの目に迷いがあるんだもの」

イブキ「まあ、バトルするのが恐いっていうより、それよりも違うなにかを恐れているみたい

に見えるけど」

律「……」

イブキ「とりあえず、やりましょうよ。言われっぱなしも嫌でしょう?」

律「……」かちゃ

イブキ「ふふ…」かちゃ

唯(りっちゃん、大丈夫かな…)

イブキ「バトル開始! …の前に、確認したいことがあるわ」

律「? なんだ」

イブキ「あなた、手持ちポケモンは何体かしら?」

律「よ……いや、三体だ」

唯「!」

イブキ「そう…」

イブキ「じゃあ、3対3でOKね。では、始め!」

イブキ「私はこの子よ! ハクリュー!!」ぽん!

ハクリュー「リュー」

ぴっ

ポケモン図鑑『ハクリュー、ドラゴンポケモン
神聖なポケモンと言われる。全身がほのかに光ると辺りの天気が様変わりする』

律「……」ぱたんっ

律「…ウィング!」ぽん!

ウィング(ワタッコ)「ワター!」

イブキ「ハクリュー、ドラゴンダイブ!」

ハクリュー「リュー!」ぶんっ

律「ぎんいろのかぜ!」

ウィング「ワター!」びゅおおっ

ハクリュー「!」すかっ

イブキ「…風に乗ってかわすのね。でも無意味だわ!」

ハクリュー「リュー…!」ぱあああっ

律「! 体が光り始めた…?」

イブキ「さっき、その図鑑も言っていたでしょう? ハクリューの体が光ると天気が様変わりす

る…ってね!」

ハクリュー「……」ぱああああっ

イブキ「天候は……」

イブキ「ふぶき!!」

ハクリュー「リュー!!」

びゅおおおおおおっ!!

ウィング「!」ぎゅおっ

ウィング「ワター!?」びゅわんっ!

ウィング「ワタッ!?」びたああああん!!

ウィング「」がくっ

ウィングは倒れた

律「……!!」

イブキ「ふふ…あっけないわね」

イブキ「さあ、次のポケモンを出しなさい」

律「……」かちゃ

律「ランス!」ぽん!

ランス(ニドキング)「ニドー!!」

イブキ「あら、強そうなポケモンじゃない。でも…」

イブキ「まだふぶきは続いているわよ!!」

びゅおおおおおおっ!

ランス「…!!」

イブキ「ハクリュー、相手の後ろをとりなさい!」

ハクリュー「リュー!!」しゅっ

律「まずい! ら、ランス!」

びゅおおおおおおっ!

ランス「に、ニドー…!」

イブキ「ふふ、ふぶきで動けないみたいね」

イブキ「いいわ、苦しそうだし…すぐ終わらせてあげる!」

イブキ「アクアテール!!」

ハクリュー「リュー!!」ぶんっ

ぴしいいん!

ランス「ニド!!?」よろっ

ランス「」ばたっ

ランスは倒れた

イブキ「たいしたことないわね」

律「へっ、ハクリューを見てみろよ」

イブキ「?」

ハクリュー「リュー…」じゅわあっ

イブキ「…毒?」

律「ランスの“どくのトゲ”に触れればそうなるさ」

イブキ「なるほどね…。でも、残念」

ハクリュー「リュー!」しゃきっ

律「! 毒が治った…!?」

イブキ「ハクリューの特性“だっぴ”で毒もきれいさっぱりよ」

律「く……」

イブキ「最後のポケモンを出しなさい!」

律「……」かちゃ

律(フィールドはふぶきで包まれている…。ふぶきに強いヒートを出したいけど…でも……!)

ぎりっ

律(ヒートを出すわけにはいかないんだ……!!)

律(ただでさえ、ヒートはショックを受けているのに、バトルなんかさせたら…)

律(バトルなんかさせたら……あのギャラドスみたいになってしまうんじゃないか!?)

律(あんなふうにヒートがなったら、嫌だ! だから…ごめん、ヒート!)

律「スカイ!」ぽん!

スカイ(ニョロトノ)「トニョーロトニョーロ♪」

唯「!」

唯(りっちゃん…やっぱりヒートは出さないんだ……)

イブキ「それが最後のポケモンね…」

イブキ「軽く叩き潰してあげるわ」

律「スカイ! れいとうビーム!!」

スカイ「トニョーロ!」びゅわああああっ

ハクリュー「」かきいっ!

イブキ「!」

律「ハクリューは凍ってしまって動けないぜ? 次のポケモンを…」

イブキ「どうかしらね?」

律「!」

イブキ「ハクリューは天候を自由自在に操れるって言ったでしょ?」

イブキ「にほんばれ!!」

ハクリュー「……」かっ

ぎらぎら…

律「! ハクリューが…」

ばきっ

ハクリュー「リュー!!」

イブキ「太陽の熱で氷は溶けたわ! 観念するのね!!」

イブキ「りゅうせいぐん!!」

ハクリュー「リュー!!」ぶおっ

スカイ「!!」

どがががっ…どがあああああん!!

スカイ「トニョーロ…」ばたっ

スカイは倒れた

律「す…スカイ……!」

イブキ「ふ…戻りなさい、ハクリュー」しゅうう

イブキ「……」

イブキ「完敗ね」

律「ぐ……!」

イブキ「……」じっ

イブキ「見たところ、もう一体ポケモンがいるようだけど?」

律「!」

イブキ「特別にその子も使っていいわよ?」

律「で…でも……」

イブキ「あら…。可哀相にね」

律「へ…?」

イブキ「最初から負けを認めてるのね。その子を信じていないのかしら?」

律「…!!」

律「く…くそおっ!!」だっ

唯「!? り、りっちゃん!?」

イブキ「待ちなさい!!」

唯「!」

イブキ「あなた、私に挑戦しに来たんでしょ? まさか、逃げる気かしら?」

唯「……」

かちゃ

唯「」きっ

イブキ「ふふ…それでいいのよ」

イブキ「使用ポケモンはさっきと同じ三体よ!」

イブキ「フライゴン、いきなさい!」ぽん!

フライゴン「フラー!」

唯「ピッ太、お願い!」ぽん!

ピッ太(ピクシー)「ピッ!」

唯(りっちゃん…待ってて! 私、勝ってみせる…!!)


―――――――――――――――――
いかりのみずうみ

ロケット団アジト倉庫


サキ「オウカ!」

オウカ「うーん……サキ?」

サキ「なにをしているんだ。おねんねをしている場合じゃないぞ」

オウカ「…ああ、すまないんだな」

サキ「さっさと目を覚ませ。ラジオ塔へ行くぞ」

オウカ「了解なんだな」

しゅっ

がちゃん

ワタル「おい、おとなしくしているか?」

ワタル「……」

しーん

ワタル「…あれ?」

たたっ

ワタル「……」きょろきょろ

ハリー「うーん…むにゃむにゃ」

ケン「ケンタロスう…そこは駄目だって……そこは…っ! ああ……っ!」

リョウ「へへ…サキさぁん……」

ワタル「……」

ワタル「やべえ、逃げられた」


―――――――――――――――――
フスベシティ

たったった

律「くそ……! くそ………!!」

たったった

『その子を信じていないのかしら?』

律「くそ……!!」ぴたっ

律「私だってッ! わかってるよッッ!!」

律「く…そ……」ぐすっ

ざっ

「そんなところでなにやってるんだ?」

律「! シルバー?」

シルバー「ああ、久しぶりだな」

律「へ…」ごしごし

律「元気にしてたか?」

シルバー「ふ…」

シルバー「フスベジムで完敗したようだな」

律「! …見てたのか?」

シルバー「ああ、全部な」

律「……」

シルバー「情けないな。あんな負け方…」

律「! な、なにを!?」

シルバー「それで、ここでこうして泣いて…無様なことだ」

律「うるせえ!! 私は…!!」がっ!

シルバー「……」

律「……くっ!」ばっ

シルバー「……」

律「……」

シルバー「ちょっと来い」がしっ

律「な、なんだよ…」

シルバー「いいから早く来い」ぐいっ

律「…ッ!」

律「……なんなんだよ」


25