―――――――――――――――――
律「ヒート、頼むぜ!」ぽん!

ヒート「ヒヒーン!」

サキ「ハイドロポンプ!!」

ギャラドス「ギャオオオオ!!」ぶあああああああ!

ヒート「ヒヒーン!?」

律「うっ…!」

唯「りっちゃあん!」

サキ「よそ見していていいのか?」

サキ「ギャラドス、はかいこうせん!!」

ギャラドス「ギャオオオオ!!」こおおお…

律「ま、まずい! 唯!!」

かっ!!!

唯「!!」

律「唯いいいいい!!」

???「ウインディ、だいもんじ!!」

ウインディ「ワオーン!」ぼわっ!

どおおおおおおん!!

サキ「む…!」

???「大丈夫か、唯くん!」

唯「あ…!」

律「か、カツラさん!?」

カツラ「律くんも大丈夫そうだな…」

唯「なんでカツラさんがここに…?」

カツラ「ジョウトでロケット団がまた悪事を働いていると聞いて、飛んできたんだよ」

カツラ「どうやら…とても厄介なところに出くわしてしまったようだが」

律「でもおかげで助かりましたよ」

唯「ありがとうございました!」

カツラ「ああ、いいんだ。今は奴を倒すことが先決だ」

サキ「フンフフフ、また面倒なのが現れたな」


―――――――――――――――――
ロケット団アジト内部

ハリー「いたぞー!追えー!!」

シルバー「ちっ!」だだだっ

ワタル「見つかったか…」だだだっ

ニャース「にゃんでニャーまで走らなければならんのニャ…!」はあはあ

澪「リラ師匠はどこにいったんですか!?」ぜえぜえ

ワタル「リラは別の用がある!ここは俺達がやるしかない!」

シルバー「だからってなんでアジトを!?」

ワタル「土産屋が言っていた、ロケット団の生態実験というものが気になる!それにはここを

調べる他ないだろう!!」

ワタル「まずはここを制圧し、ポケモンの生態実験について…」

ワタル「…!!」ぴたっ

澪「いきなりどうしt…」

ばっ

オウカ「ここは通さないんだな~!!」

澪「!」

シルバー「お前は…!」

ニャース「オウカ…!!」

オウカ「おや?いつかの裏切り者のニャースなんだな?」

ニャース「ニャ……」

オウカ「ミュウツーを逃がして、オデ達の計画を狂わせたんだな。まあ、オデにはどうでもい

いことだけど」

ニャース「……」

オウカ「とりあえず…」

リョウ「はっ!」たっ

ケン「ふんっ」たっ

ハリー「ふう…やっと追いついた」

ワタル「!」

澪シルバー「囲まれた!?」

ニャース「ニャニャ……」

オウカ「…お前達はここで排除しておくんだな」


―――――――――――――――――
いかりのみずうみ

サキ「ペルシアン!」ぽん!

ペルシアン「ニャー!!」

カツラ「ウインディ、フレアドライブ!」

ウインディ「ワオーン!!」だっ

どがん!

ペルシアン「ニャ!?」

サキ「フン、ギャラドス、ハイドロポンプ!!」

ギャラドス「ギャオオオオ!!」ぶあああああああ!

ウインディ「!?」ばしゃああん!

カツラ「むう!」

律「カツラさん!」

サキ「ペルシアン、きりさく!」

ペルシアン「フシャー!!」だっ

律「! くっ…ヒート、かえんぐるま!」

ヒート「ヒヒーン!!」ぼわっ

サキ「無駄だ!」

ペルシアン「ニャー!!」ざきいっ

ヒート「!?」

律「ヒート!」

唯「りっちゃん、待ってて!今助けに…」

サキ「動くな!!」

唯「!?」

サキ「ジュペッタ!」ぽん!

ジュペッタ「ジュペー」

サキ「かなしばり!」

ジュペッタ「ジュペー…」きんっ

唯カツラ「!!」

カツラ「な、なんだ…!?」

唯「体が…動かない…!!」

サキ「お前達は黙ってみておけ」かつかつ

律「! なにを…」

サキ「お前に聞きたいことがある」

律「……」

サキ「このギャラドスを見て、どう思う?」

律「ギャラドスを?」

サキ「そうだ。私は特になにも感じないがな」

律「……」

律「苦しんでいるように見えるさ」

サキ「ほう……。なぜ?」

律「変な電波を当てられて、喜ぶわけないだろ。それに、ポケモンはトレーナーを信じてるの

に、トレーナーであるお前に裏切られたんだ!苦しいに決まってる!!」

サキ「フ…ポケモンがトレーナーを信じる?」

サキ「フンフフフ…フハハハハハハッ!!」

サキ「実にくだらない!!“信じる”、私の大嫌いな言葉だ!」

サキ「お前のポケモンもお前を信じているというのか?」

律「愚問だな、信じてるに決まってる!」

サキ「…フンフフフ、いいだろう」

サキ「では、今度はお前のポケモンがお前に裏切られたらどうなるか、を試してみようか」

律「は……?」

サキ「フンフフフ」がしっ

ヒート「ヒヒーン!?」ばたばた

律「ひ、ヒート!?」

サキ「このポニータ…カントーの頃から変わらず、進化していないじゃないか……」

律「! まさか…!やめろお!!はなせえ!!!」だっ

サキ「ペルシアン、アイアンテール!」

ペルシアン「ニャー!!」ぶんっ

律「!?」がきいっ

どおん!

律「うわぁっ!?」

唯「りっちゃあん!!」

カツラ「く…動ければ、すぐに助けにいけるものを……」

サキ「フンフフフ、進化しないままじゃ弱くて、見ていられない…」

サキ「ならば、私が進化させてあげよう……この、“超高速進化薬”で」さっ

律「ぐ…やめ、ろぉ……」

サキ「フンフフフ!」

ちくっ

ヒート「!!?」どくん!

むくむく……めきめきめき………!!

律「あ…ああ………」

めきいいいっ!

ヒート(ギャロップ)「」がくがく

サキ「おっと…注射器で直に注したから、効き目が強すぎたかな?」

律「お前えええ!!」だっ

サキ「フンフフフ…ギャラドス、ハイドロポンプ!」

ギャラドス「ギャオオオオ!!」ぶあああああああ!

律「うあああっ!?」ばしゃああん!

律「くっ……」

サキ「なにをそんなに怒っている?お前が悪いんじゃないか」

律「なに…!」

サキ「ほら!」ぶんっ

ヒート「」ばたん!

律「! ヒート!!」だだっ

ヒート「」がくっ

サキ「可哀相になあ……哀れなトレーナーのせいで傷ついて…」

サキ「これも立派な、トレーナーの裏切りなのではないか?」

律「……!」

サキ「どうなんだ?答えてみろ」

律「そ…れは……」

サキ「フンフフフ、まあ私も同じだから、なにも言えないがな」

サキ「…そろそろか」

ぴんっ

どがあああああああああああああああああああああああああん!!!!

律唯カツラ「!!?」

カツラ「湖が爆発した!?」

唯「ぎ、ギャラドスまで…!」

サキ「フンフフフ、当然、私達が爆発させたのさ。もうここには用はないからな」

カツラ「ふざけるな!!湖のポケモン達も…ギャラドスも吹き飛ばされたんだぞ!?貴様のポ

ケモンだろう!!なにも思わないのか!?」

サキ「…別に?私のポケモンだ、私がどうしようと勝手だろう。まあ最も、もう逃がす予定だ

ったしな」

カツラ「貴様…!!」

ぴろろ…

カツラ「! ポケギアか?」ぴっ

『ぴ…がが……ぴ………』

カツラ「…?ラジオ……?」

サキ「フンフフフ、チャクラが着いたようだな」

カツラ「なに…?」

チャクラ『あーあー…マイテスマイテス』

カツラ「!」

チャクラ『ジョウトの皆様、聞こえるじゃーん?』

チャクラ『僕、ロケット団に所属してるチャクラっていう者で、一応幹部なんですけど~』

チャクラ『首領の代わりに言わせてもらうじゃーん』

チャクラ『我々ロケット団は、手始めにジョウトから…今から世界征服を始めるじゃーん!!

!』

カツラ「…!!」

サキ「フンフフフ…そういうことだ。では、私はこれで失礼するぞ」だっ

唯「あ…」たっ

カツラ「かなしばりの効果が解けたか」

カツラ(それにしても、さっきの放送……)

律「く……」

唯カツラ「!」

唯「りっちゃん!!」だっ

律「…唯か。ははっ、笑ってくれよ」

律「私…ヒートを守ることができなかった……!!」

唯「り、りっちゃん…」

―16章完―



17章


ロケット団アジト

ぴっ

ワタル「今の放送……」

オウカ「ゲヘッゲヘ、いよいよ首領が動き出したんだな」

オウカ「ゲシゲシ、まあ…お前たちには関係ない話なんだな!」

オウカ「なぜなら、お前たちはここでオデ達に倒されるからなんだな!」

ケン「ケンタロス!」ぽん!

ケンタロス「ブモー!」

シルバー「!」

ハリー「キングラー!」ぽん!

キングラー「コキュコキュコキュ」

澪「!」

リョウ「ドードリオ!」ぽん!

ドードリオ「ドリドリー!」

ニャース「!」

オウカ「ゲヘッゲヘ。行くんだな、オムスター!」ぽん!

オムスター「オムー!」

ワタル「……」

オウカ「ゲシゲシ!さあ、終わるんだな!!」

ワタル「終わるのはそちらだ!」

シルバー「ヤミカラス、ドリルくちばし!」

ヤミカラス「ヤミー!」

澪「サボみん、ニードルアーム!!」

サボみん「サーボネー!!」

ニャース「みだれひっかきニャー!!」

ケンハリーリョウ「うわああっ!!?」

どおおおおおおん!!

ケンハリーリョウ「」がくっ

オウカ「! なに…!?」

ワタル「あとはお前だけだな」

オウカ「!!」

ワタル「カイリュー、はかいこうせん!!」

カイリュー「」かっ

どがああああああん!!

オウカ「ぐあ~!!」

オウカ「」どたっ

ワタル「…こいつらを倒せば、他は下っ端しかいない。さっさと終わらせよう!」

澪「あ…すみません、私達はリラ師匠の所へ行ってきます」

ワタル「なに!」

澪「行こう、ニャース!」たっ

ニャース「ニャー」たっ

ワタル「……」

シルバー「……」

ワタル「…ああ、シルバー君は」

シルバー「すまん、俺も行くところがある」

ワタル「マジか」

シルバー「じゃあな」たっ

ワタル「……」

ワタル「まあ、一人でできるからいいけどな、はは」


23