―――――――――――――――――
土産屋

ワタル「ここだ」

シルバー「…ここになにかあるのか?」

リラ「この土産屋はロケット団と密接しているという噂があるんだ」

澪「土産屋が?」

ニャース「まあ、金目当てでロケット団に協力する奴らも少なくないのニャ」

シルバー「で、どうするんだ?」

ワタル「話を聞こう。ロケット団について吐かせる」

がらっ

おじさん「いらっしゃ……!? え、えと…どのようなご用件で?」

ワタル「聞きたいことがある。ロケット団について、だ」

おじさん「は、はぁ?わ、私はなにも知らな…」

ぽん!

ワタル「カイリュー、はかいこうせん」

カイリュー「リュウウウ!!」かっ

どがん!!

おじさん「ひぃっ!」

シルバー澪ニャース(容赦ねえっ!)

ワタル「これでも口を割らないのなら……次は当てるぞ?」

おじさん「わ、わかった!言うから勘弁してくれ!」

ワタル「…ロケット団のアジトはどこにある?」

おじさん「い、いかりのみずうみだよ!あいつら、あそこでポケモンの生態実験をしているん

だ!!」

ワタル「……そうか。とりあえず、お前は縄で縛っておこう。またあとで来るからな」ぎゅう


おじさん「うう…」

ワタル「じゃあ、行くぞ!」


―――――――――――――――――
律「んで、ロケット団のアジトはどこだ」

唯「場所なんて言ってなかったもんね…」

律「どうしたもんか…」

どごおおん!!!

唯律「!?」

唯「な、なに!?」

「「大変だぁ~!!いかりのみずうみでギャラドスが暴れている~!!」」

唯律「…!」


―――――――――――――――――
いかりのみずうみ

ギャラドス「ギャオオオオ!!」

ぶあああああああ!

律「赤い…ギャラドス?」

唯「凄い雨……!」

律「なにが起こって…」

すたっ

サキ「やっと来たか」

律「サキ…!」

唯「あれはなに…?」

サキ「ギャラドスだが?」

律「んなこと分かってる。なんで暴れているのか聞いているんだ」

サキ「フンフフフ、ギャラドスは元々凶暴なポケモンだ。暴れていてもおかしくはないだろう


唯「だけど…周りが見えてないみたいだよ」

サキ「フンフフフ、まあ強いて言えば……ギャラドスに特殊な電波を当てたことが原因かしら


律「特殊な電波…?」

サキ「…ポケモンの進化の過程で必要な情報、条件…その他諸々を分析し、解析し、そして我

々が作り出したのが“ポケモン用超高速進化薬”!!それから放出される電波であのギャラド

スはコイキングから、超高速で!!進化したのだ!!!」

律「ポケモンを…人工的に進化……?」

唯「なんか怖いよぅ……」ぶるっ

サキ「さて、お前達は私を…我々ロケット団を止めるといったな?ならば、止めてみせろ……

!!」

唯律「……」かちゃ

サキ「…フンフフフ」

―15章完―



16章


ヒワダタウン

ガンテツ「……」しゅっしゅっ

ガンテツ「おし、できた!」

チエ「わー!もうできたのー!?」

ガンテツ「ああ、ルアーボールや。さっ、これで池におるポケモンを捕まえてきなさい」

チエ「うん!」たたっ

がらっ

???「!」

どんっ

チエ「きゃっ!?」

ガンテツ「チエ!?どないしたんや!?」だだっ

???「…こんにちは、あなたがガンテツか?」

チエ「うう…」

ガンテツ「誰やあんたは…」

サカキ「私はサカキ。ロケット団の首領だ」

ガンテツ「ろ、ロケット団の首領やて!?」

サカキ「そうだ」

ガンテツ「…その首領がわしになんの用や」

サカキ「あなたの作ったボールで、他とは違う特別なボールがあると聞いたんだが…」

ガンテツ「…!」

サカキ「ぜひそれを譲ってほしいんだ」

ガンテツ「だ、駄目や!アレをあんたらみたいな連中に渡すわけにはいかん!!」

サカキ「……まぁ、そう言うと思っていたよ。だが、こっちにも考えがある…」ぽん!

スピアー「スピャー!」

ガンテツ「な、なにを…!」

スピアー「スピャー!」しゃきぃん

チエ「ひっ……」

ガンテツ「お、お前ぇ!!」だっ

サカキ「動くな!」

ガンテツ「!」

サカキ「さもないと、スピアーのダブルニードルが、貴様の孫の喉を貫くぞ?」

スピアー「スピャー…」きらっ

チエ「うぅ…おじいちゃ……」ぶるぶる

ガンテツ「く……!」

サカキ「さあ、アレはどこだ?」

ガンテツ「………奥の棚にある箱に入っとる……!」

サカキ「ふっ…戻れスピアー」しゅうう

サカキ「」たっ

ガンテツ「チエ!!」だっ

チエ「おじいちゃん!!」

がばっ

チエ「怖かったよぅ…」

ガンテツ「すまん…チエ……」

サカキ「これか」がさっ

ぱしっ

サカキ「これが…“時をとらえるモンスターボール”!!」

サカキ「ふふ、ありがたく貰っておくよ」

ガンテツ「あんたら…なにする気や……!」


―――――――――――――――――
サキ「世界征服!!」

サキ「ロケット団の目的はそれだ!我々を阻止できるか!!?」

律「スカイ!」ぽん!

スカイ(ニョロトノ)「トニョーロ!」

唯「ブイ太!」ぽん!

ブイ太(シャワーズ)「シャワー!」

スカイ・ブイ太「」きっ

サキ「フンフフフ」

律「? ポケモンを出さないのか?」

サキ「ああ」

律「…じゃあ遠慮なくいかせてもらうぜ!…唯!!」

唯「うん!」

律唯「ハイドロポンプ!!」

スカイ・ブイ太「」ぶしゃああああああ!!

サキ「フフ…ギャラドス、ハイドロポンプ……!!」

ギャラドス「」ぎろっ

唯「!」

律「なに!?」

ギャラドス「ギャオオオオ!!」ぶあああああああ!!

ぱしゃああん!

サキ「…フン、相打ちか」

律「まさか…ギャラドスが攻撃してくるなんて」

サキ「ギャラドスが野生のポケモンだと思ったか? 残念、すでにこのギャラドスはロケット団

の所有物だ」

律「ギャラドスが相手だと結構キツイかも…」

唯「でもね、りっちゃん!」

律「ああ!」

サキ「?」

唯「ブイ太もスカイも特性は同じ“ちょすい”!!水タイプの技は効かないよ!」

律「相殺されたけど、さっきのハイドロポンプだって直に当たっても平気だったぜ!」

サキ「フンフフフ、ならば水技を使わなければいいことだ」

サキ「……さっきから降っているこの雨、なんだと思う?」

律「……?」

サキ「これはギャラドスの技、あまごいだ」

律「で、でもそれにしたら範囲が広すぎやしないか!?いくらなんでも、湖全体なんて規模が

…」

サキ「フンフフフ、ギャラドスの力はそれほどのものだということだ」

サキ「そして…あまごいから繋がる技……」

ゴロ…ゴロ………

唯「! り、りっちゃん!雲が…」

律「ん?」

サキ「かみなり!!」

ぴしゃあああああん!!

律唯「!!」

スカイ・ブイ太「」ばたっ

スカイとブイ太は倒れた

律「スカイ!」唯「ブイ太!」

サキ「フンフフフ、ギャラドスが水技だけだと思ったら大間違いだ」

律「く……!」

サキ「フンフフフ、さあ次のポケモンを出すんだな」


―――――――――――――――――
いかりのみずうみ付近

純「やったー!勝てたあー!!」

憂「おめでとう♪純ちゃんっ」

純「ありがとう、憂!」

アンズ「あれだけ何度も挑戦すれば、勝つでござるよ」

純「うっ……」

アンズ「それに、勝ったには勝ったでござるが、正直危うかったでござるし」

純「か、勝ったんだからいいじゃないですかあ!」

アンズ「あれは勝ちには入らないでござる。この先、そんなことでどうするでござるか」

純「なにをー!!」

憂「ま、まあまあっ」あせあせ

憂「結局勝ったんだし、結果オーライじゃないですか!」

アンズ純「……」

アンズ純「フンッ!!」

憂「あ…はは……」

憂「そ、それはそうと!純ちゃん、なんでいかりのみずうみに来たの?」あせあせ

純「ん~?一回行ってみたいなあって思って」

アンズ「そんな観光気分で旅をしてるんでござるか?だからバトルの腕も上がらないんでござ

るよ」

純「観光も旅の醍醐味でしょー!?」

アンズ「ハンッ!そんなことにうつつを抜かしている暇があるなら、少しでも鍛えたらどうで

ござるか?」

純「ちゃんとトレーニングもしてますう!!」

アンズ「それでその程度でござるか?笑わせないでほしいでござる。態度と声だけはデカイん

でござるな~」

純「なにをー!?」

アンズ「その台詞二回目でござる。語彙も乏しいんでござるな~」

純「ちゃんとクエスチョンマークも増やしたよ!!」

ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃー

憂「ち、ちょっと二人とも…」

憂(なぜいがみ合うの~…)しくしく

ぴしゃあああああん!!

純憂「ひっ!?」

アンズ「何事でござる!!?」

憂「じ、純ちゃん…あれ!」

純「へ…?」

純「!! あれは……唯先輩と律先輩!?」

憂「どうしてこんな所に…」

アンズ「知り合いでござるか?」

憂「はい…私の姉とその友達で、二人とも私達が通っていたトレーナーズスクールの先輩です


アンズ「そうでござるか。……敵対しているのはギャラドス…。これは勝ち目がないでござる

な。あまごいでギャラドスの独壇場でござろう」

純「あんたはどんだけドライなんですか!」

純「いいや!行こう、憂!ピンチみたいだし」

憂「じ、純ちゃん、ダメ!」ばっ

純「え!な、なんで!?」

憂「…今は私、お姉ちゃんに会えないの……!」

純「ええ!?」

憂「律さんとの約束なの…」

純「ど、どんな約束か知らないけど、でも唯先輩達が危ないんだよ!?助けてあげなきゃ…」

憂「でも…!」

???「それなら心配いらねえよ~ん♪」

純憂アンズ「!!」


ワタル「俺達があの娘達を助けるからね~」

シルバー「! お、お前…踊り場の時の奴だったのか!!」

澪ニャース(今更気付いたのか!)

リラ「ワタル…もう隠さなくてもいいだろう……」

ワタル「ああ…そうだな」

憂「あなたたちは…?」

さっ

アンズ「ジョウトリーグチャンピオン、ワタル殿とお見受けするでござる」

憂純「チャンピオン?」

ワタル「…アンズさんか。キョウの娘さんのようで」

アンズ「いつも父上がお世話になっているでござる」

ワタル「いやいやそんなことないよ」

澪「知り合いなんですk…………って、憂ちゃんに純ちゃん!?」

憂純「!」

憂「澪さん!」純「澪先輩!」

澪「な、なんで二人ともいるの?」

憂「ちょっとジョウトで旅を…」

澪「へぇ…憂ちゃんも旅をね…」

憂「あっ、お姉ちゃんには言わないでくださいね!?」

澪「へ…?あ、ああ…うん。わかったよ」

純「それより、澪先輩!唯先輩達を助けてあげてください!!ピンチみたいなんです!!」

澪「うん…そのつもりで来たんだし……。わ、ワタルさん!」

ワタル「ああ…でも、その必要はないみたいだな」

澪憂純ニャースリラ「??」

シルバー「……」

アンズ「また、来訪者でござるな。この気配……彼なら、なんとかしてくれるでござろう」

純「彼?」

アンズ「ああ、拙者と同じ……カントーのジムリーダーでござる」


22