15章


チョウジタウン

チョウジジム

うぃーん

律「たのもー!!」

唯「今回はりっちゃんが挑戦だね!」

律「おう!頑張るぜ~」

唯「でも、ジムリーダーさんがいないね」

???「ここにおるぞ」

唯律「!!」

ヤナギ「わしはヤナギ。チョウジタウンジムジムリーダーじゃ。…お嬢ちゃん達はジム挑戦か

の?」

律「はい!私が挑戦します!」

ヤナギ「…よかろう。では、始めるかの」

唯「頑張ってね、りっちゃん!」

律「おうよ!」

ヤナギ「形式は3対3の交替戦じゃ!いけ、デリバード!」ぽん!

デリバード「デリデリー!」

ぴっ

ポケモン図鑑『デリバード、はこびやポケモン
切り立った崖の先にある巣で待つヒナたちのため1日中えさを運んでいる』

律「いい親だな」

律「デリバードね…」

唯「サンタさんみたいだね!」

律「まあ、飛行タイプみたいだし、空中戦でいくか…ウィング、頼むぜ!」ぽん!

ウィング(ポポッコ)「ポポー!」

ヤナギ「デリバード、つばめがえし!」

デリバード「デリデリー!」びゅおっ

律「かぜおこしだ!」

ウィング「ポポー!」しゅっ

デリバード「!?」

ヤナギ「なに…?」

律「へっへ~ん!かぜおこしで避けられるんだよ~ん!」

唯「りっちゃん、ワンパターンで飽きたよ」

律「うるせー!」

ヤナギ「ふ…だが、それで避けられたのかな?」

律「は…?」

デリバード「デリデリー!」びゅおっ!

律「な……旋回して…!」

デリバード「デリデリバー!!」

じゃきぃぃん!

ウィング「ポポー!?」ぴゅううっ

律「ウィン…」

ヤナギ「そのまま、こごえるかぜじゃ!!」

律「!!」

デリバード「デリバー!!」びゅおおおおっ!

ウィング「ポポー…!」ぴゅううっ

律「ウィングうう!!」

ウィング「ポポー…」どたっ

ヤナギ「素早さも下がり、もう飛ぶことは疎か、立つこともできんようじゃな」

律「く……」

ヤナギ「どうした?さっさとボールに戻さんか。もう戦えないんじゃ」

律「まだだ!まだ戦える!!私はウィングを信じてる!!」

ヤナギ「……」

律「なあ、ウィング!お前はこんなことで倒れるような奴じゃない!!立ち上がってくれ!ウ

ィング!!!」

唯「りっちゃん…」

ウィング「ぽ、ポポー…」

ヤナギ「無理じゃよ……トドメをさしてやろう。デリバード、プレゼント!」

デリバード「デリバー!」ぶんっ

唯「プレゼント?」

ことっ…

ウィング「ポポー…?」

律「なにが入って……」

ぼおおおん!!

律ウィング「!?」

唯「爆発したよ!?」

ヤナギ「そのプレゼントは攻撃技じゃよ。残念ながら、はずれを引いてしまったようじゃな」

律「く……」

ウィング「ポポー……」

律「ウィング!」

ヤナギ「さあ、次こそ決めよう……プレゼント!」

デリバード「デリバー!」ぶんっ

律「!」

ことっ…

律(あいつ……“はずれ”って言ってたよな…。なら、“あたり”もあるんじゃないか?)

律「一か八か……」

ひょいっ

ヤナギ「! 自分で開ける気か!?」

律「ああ」

ヤナギ「やめるんじゃ!爆発したらどうする!!」

律「爆発“したら”?…“どうする”ってことはやっぱり、まだこの時点では分からないんだ

な?“あたり”が出るかもしれないんだろ?」

ヤナギ「しかし…!八割方、爆発する!爆発したら君はただでは……」律「分かってるさ」

ヤナギ「!」

律「でも、ウィングが頑張って戦って負った傷に比べたら…!!」びりっ

ぱかっ

ヤナギ「!!」

唯「りっちゃあん!!」

ぴかあああああっ!

唯律ヤナギ「!!」

ウィング「ポポ……」ぴくっ

ウィング「ポポッコ!!」ばんっ

律「よっしゃあ!!」

唯「やったよ!りっちゃん!!」

ヤナギ「なんと!あの状況で“あたり”を引くとは…!!あたりは相手を回復させるんじゃ」

ヤナギ「ふっ…だが!それでもまだ弱ったままじゃ!!」

ウィング「ポポー!!」ぴかっ!

ヤナギ「むう…!こうごうせいか!?」

律「え…?私、そんな指示出してないぞ……?」

ヤナギ「なに!?」

ウィング「」めきめきめきめきめきめき

唯「し、進化だよ、りっちゃん!」

律「だから進化しすぎだっ!」

ヤナギ「この土壇場で……」

ぴかあああああん!

ウィング(ワタッコ)「ワター!!」

律「おお! …よし!ウィング!進化してすぐだけど、やってくれ!!デリバードを倒すぞ!」

ウィング「ワター!」

ヤナギ「なんの!デリバード!!」

デリバード「デリデリー!」

律「ぎんいろのかぜで飛び回れ!!」

ウィング「ワター!!」びゅおおっ!

ヤナギ「速いな!だが、とらえられないことはない!!」

ウィング「ワター!」しゅっ

ヤナギ「!? な……ワタッコの姿が見えないほどに速くなっている!?なぜ…」

ふわっ…

ヤナギ「! これは…わたほうし!?」

律「そうだ!ウィングは飛び回って自分のわたを撒いていたのさ!」

ヤナギ「それでデリバードの素早さが下がって、ワタッコのスピードに目が追いつかなかった

のか!トレーナーのわしでさえも…!」

律「さあ、そろそろだな!決めるぜ、ウィング!とびはねる!!」

ウィング「ワター!!」ぴょんっ

ひゅうっ

デリバード「デ…デリー…!?」あたふた

どおおおおん!!

デリバード「」がくっ

デリバードは倒れた

ヤナギ「……!」

唯「すごいよ、りっちゃん!ウィング!」

律「よくやったぜ!ウィン…」

ウィング「」ばたっ

ウィングは倒れた

律「!?どうして…」

ヤナギ「…ワタッコが受けたダメージも相当なものだったから、疲労で倒れたんじゃろうな」

律「!! ウィング……」

律「…ありがとう。休んでてくれ」しゅうう

ヤナギ「さて、バトルを再開するかの。準備はいいか?」

律「おうよ!」

ヤナギ「オニゴーリ!」ぽん!

オニゴーリ「オニー!」

律「こっちはヒートだ!」ぽん!

ヒート(ポニータ)「ヒヒーン!」

ぴっ

ポケモン図鑑『オニゴーリ、がんめんポケモン
岩の身体を氷の鎧で固めた。空気中の水分を凍らせて自由な形に変える能力を持つポケモン』

律「空気中の水分を凍らせる…?」

ヤナギ「そうじゃ。たとえば…このようにな!」

オニゴーリ「オニー!!」しゅわああっ

ぴきいいいいん!!

ヒート「!?」

唯「一面、氷だらけだよおっ!?」

律「これは…」

ヤナギ「さっきその図鑑が言った通りじゃ。そして…自由に形が変えられる!!オニゴーリ、

氷柱にして、落としてやれ!」

オニゴーリ「オニー!!」しゅわああっ

どごっ…

ヒート「ヒヒーン!?」

どがああああああん!

ヤナギ「どうじゃ…?」

ぼわああああっ!!

ヤナギ「な、なんじゃ!?」

律「へっ、ヒートは炎タイプだぜ?そんな攻撃効くかよ!」

ヤナギ「ぬう……!」

律「ヒート!オーバーヒート!!」

ヒート「ヒヒーン!!」

オニゴーリ「!」

ぼわああああん!!

もくもく……

ヤナギ「れいとうビーム!」

びゅおおおおっ!

ヒート「!?」

律「なに…!」

オニゴーリ「……」ぎろっ

唯「うそ……!炎の攻撃を受けても、全然平気だよ!?」

ヤナギ「ふ、オニゴーリの身体の氷は炎でも溶けない!オニゴーリは炎に強いんじゃよ」

唯「炎に強い氷なんて…どうするの?りっちゃん!」

律「大丈夫だよ、唯」

ヤナギ「そんな自信がどこから湧いてくるんじゃ?」

律「…裏の裏の裏返しで私の勝ちだ!」びっ

ヤナギ「む!ポニータの姿がない!?」

ひゅうううう…

ヤナギ「! 上!?」

律「いくら炎で溶けない身体でも……ポニータの蹄はダイヤモンドの10倍の硬さだ!それから

繰り出される攻撃に耐えられるわけがないぜ!?」

律「ふみつけええ!!」

ヒート「ヒヒーン!!」ひゅっ

ばきいいいいい!!

オニゴーリ「オ…ニ……」びきびき…

ばたっ

オニゴーリは倒れた

律「ツメが甘いぜ!爪だけにな!」

唯「あんまりうまくn…」ぼかっ!

唯「いだっ!」

ヤナギ「戻れ、オニゴーリ」しゅうう

ヤナギ「なるほどな…。だが、ポニータでは倒せんよ…このポケモンは!」ぽん!

マンムー「ブモー!!」

律「でかっ…」

ぴっ

ポケモン図鑑『マンムー、2ほんキバポケモン
氷でできた立派なキバ。氷河期が終わり暖かくなったため数が減ってしまった』

律「あれ氷でできてんのか」

律「でも、結局は氷タイプだろ?炎で終わりだ!ヒート、かえんぐるま!!」

ヒート「ヒヒーン!」だっ

ヤナギ「こおりのつぶて!!」

マンムー「ブモー!!」しゅっ

かきかきいいん!!

ヒート「!?」

律「ヒート!!」

ヒート「」ばたっ

ヒートは倒れた

律「くっ…ヒート、戻れ!」しゅうう

ヤナギ「わしのマンムーとやり合えるほどのポケモンはいるかな?」

律「……コイツしかいねえ!ランス!!」ぽん!

ランス「ニドー!!」

ヤナギ「ほう…ニドキングか…」

律「ランス、とっしんだ!」

ランス「ニドー!!」だだっ

ヤナギ「マンムー、こっちもとっしんじゃ!」

マンムー「ブモー!!」だだっ

どおおおおん!!!

ランス「ニド……!」ずざざっ

マンムー「ブモ……!」じりっ

ヤナギ「互角のようじゃな」

律「じゃあ…ばかぢからだ!」

ヤナギ「こちらもばかぢからじゃ!」

ランス「ニドー!」マンムー「ブモー!」

がきいいいいん!!

律ヤナギ「ギガインパクト!!」

どがあああああああん!!!

ランス「ニドー!」すくっ

マンムー「ブモー!」しゅたっ

律「!」

唯「す…すごいぶつかり合い…!」

ヤナギ「あくまでパワーは互角か…ならば!」

ヤナギ「マンムー、ひみつのちから!」

マンムー「ブモー!」ぶんっ

どがっ!

ランス「ニド!?」びりっ

律「! 麻痺したっ!?」

ヤナギ「もう勝負がついたか?」

律「……いや、まだだ!」

マンムー「ブモ…!?」じゅわっ

ヤナギ「!な、なんだ!?」

律「毒だよ。あれだけランスのどくのトゲに触れればそうなるさ」

ヤナギ「……!」

律「まっ、こっちも麻痺してるんだ。条件は同じだ」

ヤナギ「ふ……」

律「ランス!」ヤナギ「マンムー!」

律ヤナギ「からげんき!!」

ランス「ニドー!!」マンムー「ブモー!!」

どがあああああああん!!!

ぱらぱら…

ランス「…ニドー……」

マンムー「…ブモー……」

ぐらっ

律ヤナギ「!」

マンムー「ブモ~…」がくっ

マンムーは倒れた

ヤナギ「! 負けた…!」

律「か、勝った!」

唯「やったね、りっちゃあん!!」

律「おう!ランス、ありがとな!戻ってくれ」しゅうう

ヤナギ「ふ…白熱したバトルじゃった。こんなバトル、久しぶりじゃ」

律「ああ、私も燃えたぜ!」

ヤナギ「君の実力を認めよう…受け取りなさい、アイスバッジ!!」すっ

律「サンキュー!」

唯「おめでとうりっちゃん!それじゃあ、ロケット団のアジトに行こう!」

律「おう!」


21