アンズ「…スチールバッジ。アサギシティのジムバッジでござろう」

純「ええ!!憂、バッジゲットしたの!?」

憂「うん!今は6つだよ!」

純「す、すごい……私まだ0……」しくしく

アンズ「…それより、バトル再開するでござる」

純「そうだった!」

憂「よーし、私の実力をみせてあげる!」

純「なにをー!私だってシンオウのバッジをコンプリートしたんだからね!!」

アンズ「…!」

純「負けないよ!」

憂「私だって!!ぶらら!」

純「ラプンーソ!」

憂「あくのはどう!!」純「ハイドロカノン!!」

ぶらら「ブラッ!!」ぎゅおおん!

ラプンーソ「エンー!」ぶしゃああああ!

どおおおおおおおおおん!!!!

ぎゅおっ!

アンズ「むう…!すごい風圧でござる……!!」

アンズ「……」

アンズ(しかし、こういうバトルもできるでござるのか…)

しゅうううう……

憂「けほっけほっ」

純「どうなって…」

憂純「!!」

ラプンーソ「エンー…!」

ぶらら「ブラ…!」

純「両方立ってる!」

憂「なら、まだバトルは終わってない!」

純「ラプンーソ!アクアジェッ……」

ラプンーソ「……」

純「…ラプンーソ?」

ラプンーソ「……」

憂「……?」

純「…ああっ!ハイドロカノンを撃った後は動けないんだったあ!!」

憂「ええ!?」

アンズ(…まあ、初歩的なミスが目立つでござるけどな。……でも、それも父上の弟子の所以で

ござるか)

アンズ「…ふっ」

純「うあ~!しまったあ~!!またやっちゃった~!!」

憂「じ、じゃあ…いくよ?」

純「ど、どうぞぉ…」しくしく

憂「ぶらら、すてみタックル!」

ぶらら「ブラッ!!」だっ

どがん!

ラプンーソ「」ばたっ

アンズ「エンペルト、戦闘不能!よって、憂殿の勝ちでござる」

憂「や、やったあ…」

憂(なんか素直に喜べない…)

純「しくしく…」

憂「純ちゃ…」

ぶらら「」だっ

憂「!」

ぶらら「きゅうー」すりすり

純「おお!慰めてくれるの!?なんて優しいの~!!」だきっ

ぶらら「きゅう~」

純「憂に似たんだね!この優しさ!!」

憂「えへへ…」

アンズ「で、純殿。この後はどうするでござる?またジムに挑戦しにいくでござるか?」

純「ん~…そうしよっかな~。とりあえず、チョウジジムが終わったら各地のジムをまわるっ

て感じで」

アンズ「…では、いくでござるか」

純「はい!じゃあね、憂!バトル楽しかったよ♪」

憂「うん♪」

純「待ってろ、ポケモンリーグう!!」

純「……」てくてく

憂「……」てくてく

純「……ん?」

憂「……」じっ

純「…もしかして、一緒に行きたいとか?」

憂「……ダメ?」

純「全然オッケー!」びっ

憂「やったあ!!」

アンズ「……はあ」

アンズ(面倒が増えなければいいでござるが…)


―――――――――――――――――
アサギのとうだい

???「ほら、アカリちゃん…」

アカリ「きゅ~…」ごくっ

アカリ「!」

ぴかあああっ

アカリ「ぱるぱるぅ!」

???「わあっ!や、やった!元気になりました!」

律「よかったな!」

唯「よーしよし♪」

アカリ「ぱるぅ!!」

唯「うおっ!」

???「ごめんなさい!アカリちゃん、私以外の人にはあまり懐かなくて……」

唯「よしよしよしよし♪」なでなで

アカリ「きゅ~」すりすり

???「…って、あれ?」

律「はははっ、唯にかかっちゃ狂犬も手なずけられるさ」

???「…優しそうな方ですものね」

律「ああ!でも、ああ見えてバトルも強いんだぜ?」

???「へえ……そうなんですか」

???「……あ。そうだ、お礼を言ってませんでしたね。ありがとうございました♪」

律「んー、いいよいいよ」

律「あ…そうだ。教えてほしいことがあるんだけどさ」

???「はい。私に答えられることならなんでも聞いてください」

律「ジムってどこにあるんだ?」

???「…ジム、ですか?」

律「うん。私達、ジムバッジを集めててな。挑戦したいんだ」

???「ジムなら…街のはずれにありますよ」

律「そっか。ありがとな!」

???「はい…じゃあ、私はこれで失礼しますね」

律「あのポケモンは連れていかないのか?」

???「ええ。アカリちゃんは灯台のポケモンですから」

律「そっか…。じゃあな」

???「はい」たたっ

律「ふう……」

律「…んで」ちら

唯「いい子いい子~♪」

アカリ「きゅるう♪」

いちゃいちゃ♪

律「お前はいつまでやってんだっ!」

ごちん!

唯「あうう……」

律「まったく…早くジムいくぞ」

唯「もうりっちゃんたら…そんなにヤキモチ妬かなくても~♪」

律「ちげええっ!」

唯「ていうか、どこにいくの?」ほげー

律「……」むかっ

ごちん!!

唯「いだあっ!!」


―――――――――――――――――
アサギジム

律「ここか」

唯「りっちゃん!今回は私がバトルするからね!」

律「わかってるって。んじゃ入るぞー」

うぃーん

唯「たの……あれ?誰もいない??」

律「んなはずは…」

すっ

律「!」

???「ようこそ、アサギジムへ」

唯律「……え?」

???「灯台ではお世話になりました」

ミカン「私、アサギシティジムジムリーダーのミカンといいます」

唯律「……」

唯律「ええええええええ!!!」

ミカン「」びくっ

律「マジでか!」

唯「ジムリーダーだったの!?」

ミカン「は、はい…」

律「へえ~…」

律(まあ、灯台の管理してるみたいだったし、それなりの立場の人だとは思ってたけどな)

唯「よーしっ!そういうことなら、私とジム戦だよっ!!」

ミカン「はい!では、こちらに…」

―――――――――――――――――
ミカン「バトルの形式は、2対2の交替戦です」

唯「おっけー!」

ミカン「始めましょう!ハガネちゃん!!」ぽん!

ハガネちゃん「ハーガネー!」

ぴっ

ポケモン図鑑『ハガネール、てつへびポケモン
全身に細かな鋼鉄のカケラがくっついており光をキラキラと反射する』

唯「こうてつ…?」

ミカン「そうです。私の得意とする……」

ミカン「シャキーン☆☆☆」

律「」

唯「ふぇ?」

ミカン「は、はがねタイプですっ…//」

律(なんだ今の…)

唯「はがねタイプ…」

ミカン「はい」

唯「む~…なら、ブイ太!」ぽん!

ブイ太「シャワー!」

ミカン「!シャワーズですか…」

唯「鉄には水だよねっ」ふんすっ

律(唯にしてはいい判断………なのか?)

律「がんばれ、唯ー!」

唯「うん、りっちゃん!」

ミカン「ハガネちゃん、かみくだく!」

ハガネちゃん「ハーガネー!!」ぐわっ

唯「くるよ、ブイ太!」

ブイ太「シャワー!」

唯「ギリギリまで引き付けて、かげぶんしん!!」

ハガネちゃん「ハーガネー!」ぐおっ

ブイ太「……」しゅっ

ハガネちゃん「」ばくっ

ハガネちゃん「……」ぱくぱく

ハガネちゃん「……?」

唯「ブイ太!」

ブイ太「シャワー!」たっ

ハガネちゃん「!」

ミカン「は、ハガネちゃん、振り落として!アイアンテール!!」

ハガネちゃん「ハーガネー!」ぶんっ

どがっ

ブイ太「!?」

ハガネちゃん「」にやっ

ブイ太「」しゅうう…

ハガネちゃん「…!!」

ミカン「分身!?」

唯「ブイ太、なみのり!」

ブイ太「シャワー!」ばっ

ばしゃあああん!!

ハガネちゃん「ハガネー!?」

どおおおん!

ミカン「ハガネちゃん!!」

ハガネちゃん「ハーガネー…」がくっ

ハガネちゃんは倒れた

ミカン「…もどって!」しゅうう

唯「よっし!いいよ、ブイ太!」

律(次が何がくるか、だが…)

ミカン「レアコイル!」ぽん!

レアコイル「キィー」

ぴっ

ポケモン図鑑『レアコイル、じしゃくポケモン
お互いのコイルを結び付ける磁力は強力で周りの水分を乾燥させるほど』

律「電気タイプだぞ!気をつけろ、唯!」

唯「大丈夫!!かげぶんしんで攻撃は当たらないよ!」

ミカン「どうでしょう?」

唯「へ?」

ミカン「レアコイル、でんげきはです!」

レアコイル「キィー!」びりり…

ぴしゃあん!

ブイ太「シャワー!?」びりり

唯「!どうして…!?」

ミカン「でんげきはは絶対に当たるんです!かげぶんしんはもう意味はないですよ!」

唯「うっ…そうなんだ……なら!ブイ太!!」

ブイ太「シャワー!」こくり

唯「そのまま、攻撃する!なみのりー!!」

ブイ太「シャワー!!」だっ

すっ

レアコイル「キィー」ざっ

ブイ太「!?」

唯「はやいっ!!?」

律「唯!そのスカーフだ!!」

唯「え…?」

ミカン「そのとおりです。その子が付けている、こだわりスカーフ!ポケモンの素早さを上げ

るものです!決めますよ!レアコイル、でんげきは!」

レアコイル「」ぎろっ

ブイ太「!」

ぴしゃああああん

ブイ太「シャワー…」ばたっ

ブイ太は倒れた

唯「ブイ太あ!」

ミカン「これで、あと一匹ですね」

唯「うう…えと、次は………メリ太!」ぽん!

メリ太「モココ!」

律「あれ…?進化したのか?」

唯「うん!なぜか突然にね!」

律「なんだそれ」

ミカン「モココですか…」

唯「? どうしたの?」

ミカン「いえ、なんでも…」

唯「??」

ミカン「バトル再開です!レアコイル、でんげきは!」

レアコイル「キィー」ぴしゃあん!

メリ太「モココ…」びりり

メリ太「…モココ!!」ばっ

唯「メリ太は電気タイプ!電気技は効かないよ!」

律「いや、こだわりスカーフを持っていると、最初に出した技しか出せなくなるんだ」

唯「そうなの!?それなら、レアコイルはでんげきはしかできないってこと!?」

ミカン「……」

唯「じゃあ、このバトル勝てるね!」

ミカン「…ふふ」

唯「?」

ミカン「レアコイル、自分にでんげきは!!」

レアコイル「キィー」ばちばちっ

律「!?」

唯「なにをして…」

ぼうっ!

唯「スカーフが燃えた!?」

ミカン「でんげきはで燃やしたんです!レアコイルの電気は強力ですから!」

律「そんな方法が…」

ミカン「スカーフがなくなった今、レアコイルを縛るものはなにもない!レアコイル、ソニッ

クブーム!!」

レアコイル「キィー」うぃーん!

メリ太「モコ!?」ずざざっ

唯「メリ太、大丈……」

レアコイル「」ぶんっぶんっ

うぃーん!!

唯「…!!」

メリ太「も…モコ……!!」

律(すげえ攻撃だ…。同じ電気タイプだけど、レアコイルの方が優勢だな…さっきのでんげきは

の威力も相当なものだったし)

ミカン「トライアタック!!」

レアコイル「キィー」どぎゅん!

メリ太「モコ……!」

律(……でも…)

ぱらぱら…

ミカン「どうですか?もう、モココは……」

メリ太「モココ!」

ミカン「なっ!まだ倒れていない!?」

唯「私のメリ太はこのくらいじゃあ、やられないよ!メリ太、ほうでん!!」

メリ太「モコ…!」びりびり…

律(電気技に関しては、メリ太の方が数段上だ…!!)

メリ太「モココー!!!」ぼばあああああああん!!!!

ミカン「こ、この威力は…!!」

どがあああああああん!!!!

律(すげ……)

レアコイル「キィー…?」くらくら…

ばたっ

レアコイルは倒れた

ミカン「!!」

唯「やったあ!」

メリ太「モココ!!」

唯「よくやったよ~!」だきっ

びりっ!

唯「あう!やっぱし痛い!!」

メリ太「モコ?」

ミカン「そのモココ、とてもお強いですね」

唯「いやあ~…えへへ」

ミカン「ふふ…、はい」すっ

唯「あっ…」

ミカン「あなたの実力を認めます♪スチールバッジです!」

唯「ありがと~♪」

律「やったな、唯!!」

唯「えへへ~ありがとう、りっちゃん!」

律「んで、次は…」

ミカン「チョウジタウンがいいと思いますよ。場所は、エンジュを東に行けばあります」

律「おー、サンキューな!それじゃ、私達は行くよ!」

唯「ばいば~い♪」


19