―――――――――――――――――
シジマ「…まさか進化するとはな」

律「……」

ウィング「ポポ?」

シジマ「どうした?」

律(最近、進化しすぎじゃね?)

シジマ「?」

律「あ…あー、おめでとな、ウィング!」

ウィング「ポポー!」にこっ

律「よおっし!進化もしたことだし、やる気でてきたぜ!!」

シジマ「はっはっは!分かりやすい奴だ!!だが、わしは好きだぞ!さあ来い!!」

律「ウィング、かぜおこし!」

ウィング「ポポー!」しゅっ

シジマ「む!自分で動けるだと…?」

律「そうだ!進化したことによって、頭の花びらが規則的に並んでるから、うまく体をコント

ロールできるようになったのさ!」

シジマ「はっはっは!またこれは手強くなったな!!」

律「つばめがえし!」

ウィング「」ざきいっ

カポエラー「カポー!?」

シジマ「むう…!トリプルキックだ!!」

律「かぜおこし!」

シジマ「…!」

ウィング「ポポー!」しゅっ

カポエラー「カポ!?」すかっ

シジマ「これはあまりに不利だな…」

律「いくらカポエラーでも、空中で自由に動かれちゃ攻撃を当てられないだろ!」

シジマ「……」すたっ

律「…へっ?なに座ってんだ?」

シジマ「負けるのならッ!潔く負けるッッ!!」

カポエラー「カポー!」

律「なんかよくわかんねえけど……ウィング、つばめがえしだ!」

ウィング「ポポー!」ざきいいいっ

カポエラー「」ばたっ

カポエラーは倒れた

シジマ「…すまんな、カポエラー」しゅうう

律(最後はなにがくる…?)

シジマ「……」

シジマ「ニョロボン!」ぽん!

ニョロボン「ニョロ!」

ぴっ

ポケモン図鑑『ニョロボン、おたまポケモン
バタ足だけでも太平洋を横断できるほど泳ぐのが上手だ』

律「すげえな、おい」

シジマ「おうふくビンタ!」

ニョロボン「ニョロ!」だだっ

律「何回きても同じだぜ!!ウィング、かぜおこし!」

ウィング「」しゅっ

すかっ

シジマ「む、やはり避けられるか。…ならば!」

シジマ「ニョロボン、こころのめだ!」

ニョロボン「」きっ

律「…?」

シジマ「ばくれつパンチ!!」

ニョロボン「ニョロー!」だっ

律「だーから、無駄だって!かぜおこし!!」

ウィング「」しゅっ

ニョロボン「ニョロ!」ぶんっ

どがん!!

ウィング「!?」

律「…当たった!?」

ちらっ

ニョロボン「ニョロ…」

律「しかも目ェ閉じて!!?」

シジマ「はっはっは!!心の目で見たのさ!」

律「…!!さっきのか!?」

シジマ「そうとも!こころのめ!!次に放つ攻撃を絶対に当てられる技だ!」

律「そんな技があるなんてな…。でもウィングは負けないぜ!ウィング、つばめがえ…」

ウィング「ポポー…」くらくら

律「混乱してる!?」

シジマ「はっはっは!ばくれつパンチは命中したら相手を必ず混乱させるのだ!!」

律「そんな…!」

シジマ「そんな状態じゃあ、まともに飛ぶこともできないだろう!トドメだ、ニョロボン!じ

ごくぐるまあ!!」

ニョロボン「」がしっ

ウィング「ポポ!?」

ぶんっ

どがああああん!!

ウィング「!!?」

ニョロボン「ニョロ!」ぱっぱっ

ウィング「」がくっ

ウィングは倒れた

律「く……ウィング戻れ!」しゅうう

シジマ「これでお互い最後のポケモンだな!」

律「……ニョロボンか。ニョロモから育てたのか?」

シジマ「む?ああ。こいつは若い頃からのパートナーだ!」

律「…そうか。あんたもか……」

シジマ「なに?」

律「こんなワクワクするバトルはクチバジム以来だ!!なあ、スカイ!」ぽん!

スカイ「トニョーロ!」

シジマ「…!ニョロトノかあ!?」

律「…スカイ!お前をゲットしてまだ間もない時、クチバジムでお前は相性で不利なエレブー

を倒した!あの時は驚かされたぜ!!またあの時みたいに私にお前の力、見せてくれ!その進

化した新しい姿でな!!」

スカイ「トニョーロ……トニョーロ!!」にこっ

律「へへっ…」

シジマ「はっはっは!!どうやら、お前もそのニョロトノを信頼しているようだな!」

律「当然!」

シジマ「このバトル、お互いのポケモンとの絆を証明するバトルでもあるな!よろしい、わし

とニョロボンの絆、見せてやろう!!」

ニョロボン「ニョロー!」

律「へっ!私達も負けねえぜ!?」

スカイ「トニョーロ!」

律「スカイ、ハイパーボイス!」

スカイ「トニョーロ!!」うおおおおん!

ニョロボン「…!」じり…

シジマ「なんの!かわらわりだ!!」

ニョロボン「」だっ

どがん!

スカイ「!?」くら…

律「スカイ!」

シジマ「ばくれつパンチだ!」

ニョロボン「」ぶんっ

律「まずい…!よけろ、スカイ!」

スカイ「トニョーロ…!」しゅっ

ニョロボン「!」すかっ

シジマ「…かわされたか!だが、次は当てるぞ!…ニョロボン!!」

ニョロボン「ニョロ!」きっ

律「!…こころのめか!」

シジマ「終わらせてもらうぞ!!さあ、ニョロボン、ばくれつパンチ!」

ニョロボン「ニョロ!」だっ

スカイ「!」

律(このままじゃ混乱して負けちまう……。…ん…?……混乱して………?)

律「……やってみる価値はあるか。今はそれしかない!」

シジマ「ふ、なにをやっても意味はないぞお!!」

律「どうかな!?やってみなきゃわかんねえよ!スカイ、いばるだ!!」

スカイ「!…トニョーロ!!」ふんすっ

ニョロボン「!?」ゆらっ

ニョロボン「ニョロ…」くらくら…

シジマ「なにい!?こっちが混乱しただとお!!」

律「いばる!相手を混乱させるとともにパワーも上げちまうリスクがある技だけど……そんな

にクラクラなら大丈夫だろ!」

律「スカイ、ちきゅうなげ!」

スカイ「」がしっ

ニョロボン「!」

ぎゅいん!

スカイ「トニョーロ!!」ぶんっ

どおおおおん!!

ニョロボン「」がくっ

ニョロボンは倒れた

シジマ「…!」

律「よっしゃああ!やったぜ、スカイ!!」

スカイ「トニョーロ、トニョーロ♪」

シジマ「戻れ、ニョロボン」しゅうう

シジマ「お前達の絆の方が上だったか。わかった……受け取れ!ショックバッジだ!!」ぴっ

ぱしっ!

律「サンキュー!」

シジマ「…それで、連れはどうする?」

律「あ……探しに…」

うぃーん

唯「りっちゃん!!」どんっ

律「うおっ!唯!?」

シジマ「この子が連れか?」

律「あ、ああ」

シジマ妻「やっぱりそうだったんですね」

律「奥さん!」

シジマ妻「ジムの周りをウロチョロとしてたんで、連れてきたんですよ」

律「ありがとうございます!…まったく、唯はすぐに迷子になるんだからな!」

唯「それはりっちゃんでしょ!」

律「うっ……。……あ、えと…それで、薬屋には行ったのか?」

唯「このとおりですよ!」すっ

律「おお!それがひでんのくすりか?」

唯「そうだよ~」

律「じゃあ早く持ってってあげないとな!」

唯「うん!」

律「……あ。ありがとうな、おっさん!奥さんも!」

シジマ「ああ!」シジマ妻「ええ」

唯「うちのりっちゃんがお世話になりまして~」

律「ぐ……」

シジマ「はっはっは!」


―――――――――――――――――
チョウジタウン

しゅたっ

???「ふう……ここがチョウジタウンでござる」

???「へえ~!!ここが師匠やアンズさんが修業していた町ですか!?」

アンズ「そうでござる。ジムもあるでござるよ」

???「ていうか、ジム戦が目的できたんですけどね」

アンズ「…ジョウトのジムバッジを集めているんだったでござるな」

???「はい!ポケモンリーグにはカントー・ジョウトのジムバッジのどちらかをコンプリー

トしないと参加できませんからね!!」

アンズ「では、早速ジムにいこうでござる……純殿」

純「はい!!」

―12章完―



13章


チョウジジム

うぃーん

純「たのもー!」

アンズ「……」

???「おやおや…こんなところに……挑戦者かい?」

純「はい、そうです!ジム戦しましょう!」

ヤナギ「まあそう急かすでない…。わしはヤナギじゃ」

純「鈴木純です!」

ヤナギ「む…そちらは?」

アンズ「アンズでござる」

ヤナギ「ほう…」

純「では、やりましょう!」かちゃ

ヤナギ「…よかろう。わしのポケモンに敵うかな?」

純「余裕ですよ!」

アンズ「……」

―――――――――――――――――
うぃーん

純「うう…まさか、みんな凍るなんてえ……」

アンズ「…純殿」

純「はい?」

アンズ「父上から、純殿は相当の実力者と聞いていたんでござるが、その程度でござるか?」

純「え?」

アンズ「確かに、父上はバトルの実力はないでござる。しかし、ここまで弱いとなると…父上

の弟子というのが信じられないでござるな」

純「な、なにをー!?師匠の愛娘だかなんだか知らないけど、言い過ぎでしょー!!」

アンズ「真実を告げたまででござる」

純「なんだとー!?じゃあ、私の実力を見せてあげるよ!!」かちゃ

アンズ「望むところでござる」かちゃ

ブラッキー「ブラー!」てくてく

アンズ「む…?ブラッキー?」

純「なに…?バトルの邪魔だよ!しっしっ」

ブラッキー「ブルル…!」

純「うっ…」

たたたっ

???「ぶらら~!?」

ぶらら「ブラッ!」たっ

???「あっ、ぶらら!よかったあ~…心配したんだよ~」

アンズ「おぬしのブラッキーでござるか?」

???「そうです!あっ…ごめんなさい!なにか迷惑をかけませんでしたか?」

アンズ「いや…まあ、大したことはないでござるよ。なあ、純殿?」

???「じゅ…?」くるっ

純「ん?」

憂「じ、純ちゃん!?」

純「憂!?」

アンズ「…知り合いでござるか?」

純「そうです!友達でs…」

憂「うう…」うるうる

純「……し、親友です!!」

憂「わあっ…!!」ぱあああっ

アンズ「ふむ」

純「でも、こんなところで会うなんてね」

憂「なんにしても純ちゃんに会えて嬉しいよ!」

純「へへ~、嬉しいこと言ってくれるじゃん」

憂「純ちゃんはここでなにしてたの?」

純「ジムに挑戦にね!」

憂「え……」

純「…ん?」

憂「ま、まさか……」

純「なによ…?」

憂「純ちゃんってポケモントレーナーなの!?」がーん

純「そうだよ!!?なんのためにトレーナーズスクールいったと思ってるの!?」

憂「純ちゃんはポケモンを持たず、家でゴロゴロしてるんだと思ってたのに…」

純「そんなふうに思ってたのか!」

憂「でも…」すっ

なでなで

ぶらら「ブルル…」

憂「私もポケモントレーナーだけどねっ」

純「…ていうか、憂は旅はしないって言ってなかったっけ?」

憂「色々とあってねえ」

純「ふ~ん?」

純「……」

純「じゃあ憂、ポケモンバトルしよっか!」

純「ポケモントレーナーが会ったら、やっぱしバトルでしょ!」

憂「…うん!」

純「アンズさん!審判お願いします!!」

アンズ「任されたでござる」

純「1対1のバトルね!いけ、ラプンーソ!!」ぽん!

ラプンーソ(エンペルト)「エンー!」

憂(初めてみるポケモンだ…。やっぱりポケモンって面白いね♪)

憂「ぶらら、お願い!」

しゅっ

ぶらら「ブルル…!」

アンズ「では…始め!」

純「へへっ、ブラッキーを出すと思ってたよ」

憂「へっ?」

純「ラプンーソ、バブルこうせん!」

ラプンーソ「」しゅわわわわわ

ぱちぱちぱちっ!

ぶらら「…!!」ずざざっ

憂「ぶらら、しっぺがえし!」

ぶらら「ブラッ!」だっ

どがっ!

ラプンーソ「!?」ばたっ

純「ラプンーソ!」

憂「しっぺがえしは相手より遅く繰り出した時に倍のダメージを与えられる!今のは相当なダ

メージだったはずだよ!」

純「…さて、どうだろうね?」

憂「え…?」

むくっ

ラプンーソ「エンー!!」しゃきっ

憂「うそっ…全然平気なの!?」

純「ラプンーソ……エンペルトのタイプは鋼!悪タイプの攻撃はこうかはいまひとつだよ!!


憂「は、鋼タイプだったんだ…」

純「一気に畳み掛けろ!アクアジェット!!」

ラプンーソ「エンー!」ばしゃああああっ!

憂「速い…!」

どおおおん!!

ぶらら「ブラッ!?」

どたっ

純「へっへーん!どうだあ!!」

憂「強いね、純ちゃん…でも鋼タイプなら、対策はできてる!」すっ

純「…ん?なにそれ?」


18