―――――――――――――――――
一方そのころ

唯「ブイ太、れいとうビーム!」

ブイ太「シャワー!」びゅおおおお!

オオタチ「!?」ばたっ

オオタチ「オオータチー!」たたたっ

唯「よし!どんどん強くなるね、ブイ太!」なでなで

ブイ太「シャワー♪」

律「ん…終わったのかあ?」

唯「うん!」

律「んで、オレンのみは?」

唯「あ…えとお……相手がその…オオタチだったものでえ……」

律「なんで持ってないのわかってて戦うんだよ」

唯「だって、逃げるなんてそんな失礼な真似できないよ!」

律「つうか逃げられてんじゃん」

唯「あぐ…」

律「まあとにかくラッタを探すぞー」

だっ

ラッタ「ラッタ!」

唯「おお、偶然!」

律「もう唯には任せられん、私がやる!いけ、ランス!」ぽん!

ランス(ニドキング)「ニドー!!」どんっ

ラッタ「ら、ラッタ…!?」

律「ランス、オレンのみを奪ってや…」

ラッタ「ラッター!」たたっ

律「あっ…にげ……」

律「……」

唯「りっちゃん…」

律「」


―――――――――――――――
数時間後

アサギのとうだい

???「アカリちゃん、大丈夫?」

アカリちゃん(デンリュウ)「きゅるる…」

律「おーい!」

???「あっ…」

唯「オレンのみ、大量だよっ」ばんっ

ずっしり

???「あ…ありがとうございます!」

がさっ

くるっ

???「さあ、アカリちゃん…」すっ

アカリちゃん「きゅるる…」ぱくっ

もぐもぐ…

アカリちゃん「きゅるる…」

唯「…どう?」

???「うーん…駄目みたいです……」

唯「そっかあ…」

律「じゃあどうしたらいいんだ?」

???「ひでんのくすりがあればいいんですけど…」

律「ひでんのくすり?それってどこにあるんだ?」

???「海の向こうの街、タンバシティの薬屋にあるんです。でも、アカリちゃんが心配で出

掛けれないし……」

唯「それなら、私達が薬屋に行ってくるよ!ね、りっちゃん?」

律「おう!」

???「い、いいんですか?」

律「当然だ!!オレンのみも取りに行ったしな!」

???「す…すみません……。こんなこと頼んでしまって……」

律「いいっていいって!それに、私達から話を聞いたんだし」

唯「街中で慌ててたしね!」

律「サントアンヌ号に乗ったつもりでさ!」

???「……では、お願いします!」ぺこっ


―――――――――――――――
エンジュシティ踊り場

まいこはん「ブースター、ほのおのキバ!」

ブースター「ブースター!」がぶっ

ヤミカラス「ヤミー!?」どたっ

シルバー「!」

まいこはん「サンダース、10まんボルト!エーフィ、サイコキネシス!」

サンダース「ぎゃおっ!」びりり!

エーフィ「フィー!」うぃぃぃん!

シードラ・ヒメグマ「!?」

ばたばたっ

シルバー「!!」

まいこはん「これで全てどすかー?」

シルバー「…ま、負けた!」

まいこはん「まいこはんの強さ、わかってくれました?」

シルバー「ぐ……」

まいこはん「ふふ」

ぱちぱち

ミナキ「いやー、相変わらずお強い!」

まいこはん「これくらいは朝飯前どすー」

ミナキ「さすが、我が師匠!」

シルバー「なに…?」

ミナキ「ん?」

シルバー「お前の師匠だと…?」

ミナキ「そうだが…おかしいか?」

シルバー「いや…」

シルバー(どれだけ強いんだ…このまいこはんは)

ミナキ「それでさっき言ったとおり、この子の稽古を頼みたいんですが…」くいっ

ミナキ「ちょっとこちらへ…」

まいこはん「?」

ミナキ「実は彼の強くなりたい理由が……」ぼそぼそ

まいこはん「……はて。それなら問題ないどすえー」くるっ

まいこはん「そんなこと気にもできないくらい、厳しく鍛えてあげますから」にこぉぉっ

ミナキ(うわぁ…恐ろしい……)

まいこはん「それに…そないな考え、すぐに間違っていると気づくはずどすえ」

ミナキ「!……はい、そうですね」

シルバー「さっきから、なんの話をしてるんだ?」

まいこはん「なんでもないどすえー。さあシルバーはん、早速鍛えてあげますえー」


―――――――――――――――――
アサギシティ

律「…よし!なみのりするか!!」

唯「うん、りっちゃん!」

律「じゃあ、スカイを…」かちゃ

律「…ん?」

ヤドン達「ヤド…ヤド…」てくてく

律「なんだ?ヤドンの行列……」

唯「か、かわいい~!」たたっ

律「あっ…唯、待t…」

律「…まったく」

―10章完―



11章


ヤドン達「ヤド…ヤド…」ざわざわ…

唯「…」ほけー

たたたっ

律「唯ーっ!」

唯「りっちゃん」

律「勝手に走ってくなよー…って、あのヤドン達なにをしてるんだ?」

唯「それがわからないんだよね。ずっとああして鳴いてるの」

ヤドン達「ヤド…ヤド…」ざわざわ…

律「……?」

ヤドン「ヤド…」てくてく

唯「あっ…」

律「一匹だけ出てきたぞ」

ヤドン達「ヤドー…!ヤドー…!」

ヤドン「ヤアン?」さっ

律「なんか取り出したけど…なんだあれ?」

ぴっ

ポケモン図鑑『おうじゃのしるし。ある特定のポケモンが好んでいる』

唯「おうじゃのしるしだってさ!」

律「…ん~、じゃあヤドンはある特定のポケモンで、おうじゃのしるしを好んでいるってこと

か?」

唯「多分そうじゃない?」

ヤドン「ヤド…」かちゃん

ぱしゃん!!

シェルダー「シェルダー!」だっ

律「シェルダー?」

がぶっ!

唯「か、かみついちゃったよおっ!?」

ぴかっ!!

唯律「!?」

ヤドン「」めきめきめきめき…

律「まさか…」

唯「…進化!?」

かっ!!!

ヤドキング「ヤドー」

律「!」

ぴっ

ポケモン図鑑『ヤドキング、おうじゃポケモン
すごい知性とひらめきを持っている。どんな時でも慌てず騒がずのんびりとしている』

唯「す、すごいね!!こんなところでこんな神秘的な進化を見れるなんてラッキーだね!」

律「ああ…。こんな進化のしかたもあるんだな」

ぽん!

律「え?」

スカイ「ニョロ!」たたっ

律「ちょっ…す、スカイ!?」たたたっ

唯「待ってえ、りっちゃ~ん!」たたっ

スカイ「ニョロ、ニョロ…」たたた…

律「こら、待て!」がしっ

スカイ「!」

スカイ「ニョロ!」ばっ

ヤドン達「ヤアン?」

スカイ「ニョロニョロ、ニョロニョロニョロニョロ!」

ヤドン達「ヤアン?」

ヤドキング「ヤド…ヤドヤドヤドヤド、ヤドー」

律「な…なんだ?」

ヤドキング「ヤドー!」すっ

スカイ「ニョロー!!」ぱしっ

律「スカイもおうじゃのしるしを…」

スカイ「」ぴかっ!!

めきめきめきめき…

唯「りっちゃん、これって…」

かっ!!!

スカイ(ニョロトノ)「トニョーロ!」ばんっ

唯「スカイも進化しちゃった…」

律「マジでか」

スカイ「トニョーロ!」だっ

律「!」

スカイ「トニョーロ!」にこっ

律「へへ…ようやく蛙になれたな!」

スカイ「トニョーロ……トニョーロ!!」

スカイ「トニョーロトニョーロ♪」

唯「ふふっ、嬉しそうだねえ♪」

律「ヤドン、ヤドキング!ありがとうな!!」

ヤドン達「ヤアン?」

ヤドキング「ヤドー」

律「さあ…早くタンバシティに行かないとな!」

―――――――――――――――――
エンジュシティ踊り場

おっさん「おーい、酒持ってきてくれー!」

まいこはん「ただいまー。ほな、シルバーはん」

シルバー「くそ…なんで俺がこんなことを……」

まいこはん「強くなりたいんやろー?そんなら言うとおりにすることどすー」

シルバー「……ちっ!やればいいんだろ!!」がしっ

まいこはん「笑顔は絶やさないように頼みますえー」

シルバー「……ぐっ」

ミナキ「…大丈夫ですか?」

まいこはん「あら、わたしを信じてないんどすかー?」

ミナキ「いえ、滅相もない。ですが…これで強くなれるんですかね」

まいこはん「これは強くなるためのものではないどす」

ミナキ「?」

まいこはん「あの子の最大の心配点は、ミナキはんが言う、憎しみから強くなりたいと思って

ることどす。バトルの稽古をするより、まず先にこのことを解決しませんと」

ミナキ「なるほど。…でも、しかしですよ?それでもこんなことでその考えが変わりますかね

?」

まいこはん「…わたし、思うんどす。あの子は今まで、あまり人と触れ合ったことがないんじ

ゃないかと。だからあんな尖った態度をとるんやと」

ミナキ「……」

まいこはん「この踊り場には色んなお客はんが来る。サラリーマンや酔っ払い、たまには学生

はんや子連れの母親、有名人も来たり……。もちろん、みなはん性格は点でばらばら…してい

ることもばらばら…歌ったり踊ったり愚痴を言ったり雑談をしたり……」

まいこはん「でも、みなはん、とてもいい人どす。すこし暗い人もおりますが、全員が前を向

いて、信念を持って生きておられます。…そんな人たちと触れ合うことで、あの子も分かるん

じゃないどすか?みんながみんな、ロケット団のように悪い人ではないことを。ロケット団も

その人たちと同じ人間だということを」

ミナキ「流石です、師匠。深く考えておられる…」

まいこはん「…ほら、あれを」

ミナキ「?」

おっさん「おー、新入りさん。今日はおおきになあ」

シルバー「あ…えと……」

おっさん「ほれ」さっ

シルバー「へ…?」

おっさん「まだ新入りやし、あんま金もらっとらんやろ?とっとき!ほいじゃあな」がらっ

シルバー「あ……」

たたっ

シルバー「あ、ありがとうございました!」

おっさん「!…おう!」

まいこはん「もう変化が…。あの子も成長してはる」

ミナキ「はい…やはり師匠に頼んでよかったです」

がらっ

シルバー「ふう……ん?」ちらっ

ミナキ・まいこはん「……」

シルバー「ぐっ…!」かああっ

シルバー「ちぃっ!」だだっ

まいこはん「あら…」

ミナキ「まだ我々には素直になれないようですね」

まいこはん「ふふ、照れ臭いんでしょう」

ミナキ「……そういえば、師匠に聞きたいことがあるんですが」

まいこはん「なんどすか?」

ミナキ「前に、イーブイが五匹、タマゴから孵ったと聞きましたが…二匹いないみたいで気になりまして」

まいこはん「ああ…二匹はオーキド博士に差し上げたんどす」

ミナキ「そうだったんですか」

まいこはん「もうすでに二匹ともトレーナーの手に渡ったらしいどすが…元気にやっているといいどすな」


16