アカネ「風で動くっちゅうことは相手に行動を制限されるっちゅうことや!」

アカネ「ミルタンク、ふぶき!」

ミルタンク「ミルミルー!」びゅおおおおおおおおおおおお!!

ウィング「ハネー!?」ぐおっ

どたっどたっ

ウィング「ハネ…」がくっ

ウィングは倒れた

律「くっ…」

律(分かってたことだけど…まさかミルタンクがふぶきを使ってくるなんてな……)

律「いや、ウィングはよく頑張ってくれた。スカイ、頼むぜ!」ぽん!

スカイ「ニョロ!」

アカネ「ニョロゾか…まあなんで来ても同じや!ミルタンク、ころがる!」

ミルタンク「ミル!」ごろっ

どおん!

スカイ「ニョロ!?」

どたっ

アカネ「もう一発や!」

ミルタンク「ミルミル!」どどどどど…

律「スカイ、れいとうビームだ!」

スカイ「に、ニョロ!」びゅううう!

アカネ「どこ狙ってんねん!ミルタンクはそっちじゃないでえ!目の前や!!」

ミルタンク「ミルー!」どがっ

ばあああん!!

スカイ「ニョロー!?」びたああん!

ばたっ

スカイは倒れた

律「スカイ…!」

律「……」

アカネ「なんや?怖じけづいたのか?まあそうやろな。ウチのミルタンクは…」

律「そんなんじゃねえよ!寧ろ逆に勝利の希望が見えてるぜ!!」

アカネ「ふっ…なわけないやろ!やせ我慢も大概にして次のポケモンを出しい!」

律「言われなくても、だ!いけえ、ランス!!」ぽん!

ランス「ニドー!」

アカネ「ラストバトルや!一気に決めるで、ころがる!!」

ミルタンク「ミル!」ごろっ

律「ジャンプしてかわせ!」

ランス「ニド!」だっ

ぴょん!

アカネ「!なんちゅうジャンプ力や!!」

ミルタンク「ミル…!」ききいっ

律「にどげりだ!」

ランス「ニドニド!」ぶんっぶんっ

どががっ!

ミルタンク「ミル!?」

アカネ「ちぃっ!でも甘いわ!」

ミルタンク「ミル!」がしっ

ランス「ニド!?」

ミルタンク「ミルー!」ぶんっ

ランス「!?」

どがああん!!

律「ランス!」

アカネ「ミルタンク、のろいや!」

ミルタンク「ミル!」ずしん!

律「…な、なんだ?ミルタンクの体重が重く…?」

アカネ「のろいは素早さを捨てて、攻撃と防御を強化する技や!」

アカネ「さあ、これで終わりや!ミルタンク、まるくなるからころがる!!」

ミルタンク「」まるっ

ごろっ どどどどど…

律「ランス、隅に逃げろ!」

ランス「ニド!」だだっ

ミルタンク「ミル!」ぐるっ

アカネ「一回くらいなら方向は変えれるで!」

ランス「」たたたっ

アカネ「逃げても無駄や!いけえ!!」

ミルタンク「」どどどどど…

律「へっ」にや

アカネ「!?な、なに笑うてんねん?」

律「ランスのいる場所をよく見やがれ!」

アカネ「なにを…?」ばっ

アカネ「!?あ、あれは氷の塊!?なんであんな大きいのが…」

律「あんたのミルタンクのふぶきで凍ってた部分にさらに私のスカイのれいとうビームを加え

たのさ!」

アカネ「くっ…あかん!これから方向変えるんは無理や…!!」

ミルタンク「」どどどどど…

律「ランス、お前は離れろ!」

ランス「ニド!」だだっ

ミルタンク「」どどどどど…

どがああああああああん!!!

ミルタンク「み、ミル…?」よろよろ

アカネ「くっ…まだまだや!ミルタンク、ミルクのm…」

律「かなしばりだ!」

ランス「」ぎろっ

ミルタンク「…!!」

アカネ「んなアホな…!」

ミルタンク「」ばたっ

ミルタンクは倒れた

律「おっしゃー!私の勝ちだー!!」

ランス「ニドー!」

アカネ「うわああああああああああああん」

律「うおっ!?」

アカネ「あぐ…えうっ……負けてもうたああ!!」

律「ちょっ、ど、どうしたんだよ!?」

アカネ「うああああああああああああああああん」

律「……あ、あれだぞ!?お前は強かったよ!ミルタンクなんて相当なもんだったぞ!?てい

うか、今は泣くより先にやることがあるだろ!?トレーナーとして頑張ったポケモンを褒めて

やるとかさ!」

アカネ「……」ぐすっ

アカネ「そう…やな」たっ

アカネ「ありがとうな、ミルタンク」

ミルタンク「ミル~」にこっ

律「…ふう~」ほっ

アカネ「あとジムリーダーとしても、あんたに渡すもんがあったな」すっ

アカネ「レギュラーバッジや」

律「おう、ありがとうな!」

うぃーん

唯「りっちゃんおめでとうー!」

律「おお、唯!?」

唯「見てたよ、りっちゃん!楽勝だったね!!」びっ

律「」ぎくっ

アカネ「うっ…」ぽろっ

アカネ「うわああああああああああああああああああん」

律「ゆ、唯いいいい!お前ええええええ!!」

唯「な、な、なになに!?」


ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃー

ミナキ「……」ちら

ミナキ「おめでとうと伝えに来たが…ふ、どうやら過ぎたことだったな」くるっ

ミナキ「…頑張れよ。陰ながら応援しよう」ざっざっ

ミナキ「ん?」

ミナキ「あ…あれはスイクンのポスターじゃないか!?」

だだだ

ミナキ「な、なんと美しいんだ…!!」

ミナキ「ああっ!スイクン!!ああっ!ふつくしい…!!」

―7章完―



8章


律「それで唯はちゃんとバッジゲットしたのか?」

唯「このとおりですよっ!」きらっ

律「おお!きんきらだ!!」

唯「名付けて、ゴールドバッジなのです!」

律「元から名前ついてんだろー」

律「つうか、ヤマブキジムの話は誰から聞いたんだ?」

唯「マサキさんだよ!デパートで会ってね」

律「ふうん…じゃあアイツってここ出身なのか?コガネ弁喋ってるし」

唯「そうかもねえ」

律「まあいいや。とりあえず先に進むか」

唯「ええと…次はエンジュシティだね!」

律「エンジュか…」

唯「なに?りっちゃん」

律「行ってみたいって思ってたんだよ」

唯「…なんで?」

律「まあ…なんとなく」


―――――――――――――――――
エンジュシティ

やけたとう

ハリー「オウカ大隊長!」

オウカ「なんなんだな?」

ハリー「セレビィの情報はここでも掴めませんでした!」

オウカ「…じゃあ、伝説のポケモンを探すんだな」

ハリー「はっ!」たたっ

オウカ「……」

オウカ「やれやれなんだな。ここが終わったら次はスズのとうにでも行くとするんだな」

どおおおおん!

ハリー「うわああっ!」

オウカ「!?」


―――――――――――――――――
律「ここがエンジュシティだな!」

唯「うわあ…お城がいっぱ~い!」

律「いや…城はねえから。まあ塔ならあるみたいだけど」

唯「りっちゃん、そういえばなんでここに来たかったの?やっぱりお城みたかったの?」

律「だから城じゃねえよ。…んまあ、なんつうんだ?この街って私達との共通点があってなんか思うことがあるんだよ」

唯「私達との共通点?」

律「…モデル、とか?」

唯「ふぇ?」

律「まあなんでもいいや。とにかく、ジムにいこうぜ」

唯「おっけー!」


―――――――――――――――――
エンジュジム

うぃーん

律「ジムリーダー、留守だってよ…」

唯「え~?」

律「なんでも、あのやけたとうって所にいるらしいぜー」

唯「じゃあ行こっか!」

律「ああ……って、ん?」

唯「どしたの?りっちゃん」

律「…煙、出てないか?」

唯「ホントだ!…バトルかな?」

律「にしてもあんな所でバトルなんかしなくても…なんか臭うな!」

唯「前にもこんなことあったねえ」

律「…キキョウシティでのことか?」

唯「うん」

律(あの時はロケット団が…)


―――――――――――――――――
やけたとう

ハリー「お、オウカ大隊長~…し、侵入者が!!」

オウカ「姿を現すんだな!侵入者!!」

ヤミカラス「ヤミー!」ばさばさっ

オウカ「!!」

シルバー「見つけたぞ、ロケット団」

オウカ「お前はマダツボミのとうの!?」

シルバー「…!あの時の…」

シルバー「ふ、サカキとサキを追ってきたが、まあお前でいいだろう。サカキの居場所を教えろ」

オウカ「首領を?首領とサキを追ってきたってどういうことなんだな?」

シルバー「話す必要はない!さっさと教えろ!」

シルバー「ヤミカラス、ドリルくちばし!」

ヤミカラス「ヤミー!」ぎゅおおお!

オウカ「!ツボツボ、まもるなんだな!」ぽん!

ツボツボ「ツボー!」かきっ

きいいいいん!

ヤミカラス「ヤミ!?」

シルバー「ちぃっ」

オウカ「ゲヘゲヘッ、首領の居場所なんて教えるわけないんだな。まあオデに勝てたら教えて

やってもいいかもだけど……お前がオデに勝つなんて、それは無理な話なんだな」

オウカ「ツボツボ、ストーンエッジなんだな!」

ツボツボ「ツボー!」どどどどどん!!

ヤミカラス「ヤミ!?」

シルバー「弾き飛ばせ!」

ヤミカラス「ヤミー!」ばしいっ

オウカ「!」

シルバー「ツボツボのパワーなんてたかが知れてる!」

オウカ「…それはどうなんだな?」

シルバー「なに…?」

オウカ「パワートリックなんだな!」

ツボツボ「ツボー!」めきめき

シルバー「…なんだ?」

オウカ「ストーンエッジ!」

ツボツボ「ツボツボー!」どどどどどん!!

シルバー「だから効かないと何度…」

どがああん!

ヤミカラス「ヤミー!?」どたん

ヤミカラスは倒れた

シルバー「!?」

オウカ「ゲヘゲヘッ、パワートリック。自分の攻撃と防御の能力値を入れ換える技なんだな」

シルバー「それでか…!」

オウカ「今、オデのツボツボは最強のパワーを宿しているんだな!!」

ツボツボ「ツボー!」

シルバー「……」

シルバー「入れ換える…というのなら防御の方は脆くなっているということか。…ならば!」

かちゃ

シルバー「ニューラ!」ぽん!

ニューラ「ニュー!」

シルバー「一撃で終わりだ!つじぎり!!」

ニューラ「ニュー!」

オウカ「残念なんだなー」

シルバー「!」

オウカ「対策はできてるんだな!」ぽん!

オムスター「オムー!」

ニューラ「ニュ!?」たっ

シルバー「…オムスター!?」

オウカ「そうなんだな。ツボツボが攻撃に特化している今、必要なのは守り。鉄壁の守りには

コイツが適任なんだなー」

シルバー「ならそいつを倒せばツボツボも終わりだ!ニューラ、つじぎり!」

ニューラ「ニュー!」ぶんっ

オウカ「てっぺきなんだな!」

オムスター「」がちっ

ニューラ「ニュー!?」がきっ

シルバー「!」

オウカ「無駄なんだなー。オムスターがてっぺきをした今、もう物理攻撃は喰らわないんだな

。つじぎりは急所に当たりやすい技だけど、オデのオムスターの特性はシェルアーマー。急所

には当たらないんだな」

シルバー「…なら物理攻撃はやめるだけだ!シードラ、頼むぞ!」ぽん!

シードラ「シー!」

オウカ「」にや

オウカ「ゲヘゲヘッ、まんまと罠に引っ掛かったんだな!」

シルバー「なにい…?」

シードラ「シー!?」

シルバー「!どうした!?」

シードラ「シー…」じゅわあ

シルバー「どくを喰らっている!?なぜだ…」ちくっ

シルバー「…ッ!」

すっ

シルバー「これは…どくびし?」

オウカ「ゲヘゲヘッ、そうなんだな。実はオムスターがお前の回りに撒いていたんだな」

シルバー「いつの間に…!」

シルバー(コイツ…ふざけた奴だと思っていたが、さすがはロケット団の大隊長の一人…相当な実力者だ)

オウカ「ゲヘゲヘヘッ、どうしたんだな?」

シルバー(勝てるのか…?)

ぎりっ

シルバー(否!勝ってみせる!!)かちゃ


13