ナツメ「……」

唯「テレポートもねむるも攻撃も封じる方法、思い付いたよ!」

ナツメ「…やれるものならやってみなさい」

唯「いくよ、ピッ太!」

ピッ太「ピッ!」

唯「コスモパワー!!」

ピッ太「ピィィィ!!」きらきらきら

紬「コスモパワー?」

梓「防御を高めて何を…」

唯「違うの!…コスモパワーは宇宙の力を自分に宿す技だけど、このコスモパワーは違う!宇

宙の力を“放出”するよ!!」

ピッ太「ピィィィ!!」ぼわあああっ!

ナツメ「!」

梓「試合場に小さな宇宙が!?」

ケーシィ「ケーシ!?」ぱちっ

ナツメ「!起きた…?」

ケーシィ「ケーシ……グガッ」げほっ

ナツメ「何が…」

唯「ここは小宇宙!宇宙と同じように空気もないよ!」

ナツメ「…!」

唯「だから苦しくてなにもできないはずだよ!」

ナツメ「…ピッピが平気なのは宇宙の力を少しでも宿しているからね」

唯「そう!じゃあ決めるよ!ピッ太、コメットパンチ!!」

ピッ太「」だっ

こあっ

ピッ太「ピィィィィィィ!!!」かっ!

どおおおおおおおおん!!!!!

ぶわああっ!

梓「すっ…すごい風……!!」

紬「結果は…!?」

ぱらぱら…

ばたっ

ケーシィ「ケ~……」

和「ケーシィ戦闘不能!ピッピの勝ち!よって勝者…平沢唯!!」ばっ

唯「あ…か、勝てた!やったあ!!」

ピッ太「ピッ!!」ぴょんぴょん

ナツメ「ケーシィ、戻っ…」

たたっ

ナツメ「!」

唯「ごめんね、苦しかったよね」なでなで

ケーシィ「ケ~…」

唯「えへへ」

ナツメ「……」

ナツメ「…負けたわ、ゴールドバッジよ」すっ

唯「あっ、ありがとうございます!」

梓「唯先輩、おめでとうございます!」

紬「やったわね、唯ちゃん♪」

和「おめでとう、唯」

唯「ありがとー♪みんなあ!」

梓「それにしても唯先輩があんなに強いとは知りませんでした」

唯「もうっ、どういう意味~?」ぷんぷん

紬「いいバトルだったわ~」

和「唯、立派になったね」

唯「えへへ…」

和(あの唯がこんなに強くなって……旅をして逞しくなったのね。嬉しいやら悲しいやら…)

唯「?」

ナツメ「…じゃあ私は退室させてもらうわ。ここは自由に使ってもらって構わないわ」

和「はい」

唯「楽しかったです、ジム戦♪」

ナツメ「…私もよ」にこっ

梓(笑った…!)

紬(ナツメさんが笑った…!!)

唯「?自由に…って、ここで何かするの?」

和「ちょっと話をね。大切な」

唯「はい!私も聞きたいです!!」

梓「でも唯先輩には興味ないことだと思いますけど…」

唯「?」

紬「ロケット団のお話よ」

唯「ロケット団!?」

和「知ってるの?」

唯「うん!何回か戦ったこともあるよ~」

梓「マジですか!!」

和「…じゃあそれもふまえて話をするわね」


―――――――――――――――――
和「…というわけよ」

唯「そんなあ…ムギちゃんのお父さんが…」

紬梓「……」

和「それで、これがムギに頼まれたロケット団のデータだけど」すっ

紬「ありがとう」

和「今ロケット団はジョウトにいるみたいね」

梓「ジョウト…」

唯「ほいほい!私ジョウトで会ったよ、ロケット団に!」

和紬梓「!!」

唯「しかも一番偉い人に!」

梓「首領に…!?」

紬「本当なの!?唯ちゃん!」

唯「うん。確か何かのポケモンを捕まえようとしてた」

和「多分セレビィね」

唯「それだ!」

梓「セレビィ…ときわたりポケモンで有名なあのセレビィですか?」

和「そうよ」

紬「私も聞いたことあるかもしれないわ…」

和「そのデータにもセレビィのことは書いてあるわ」

梓「ていうか唯先輩!首領に会ったって…大丈夫だったんですか!?」

唯「んー…でも、通りすがりのトレーナーさんはいい人だよー」

梓「通りすがりのトレーナーさん?」

唯「ボスのこと!」

和「それにしても、いい人って…」

紬「い、いい人なわけないじゃない!!」

唯「!」

紬「私のお父様を傷つけて…いい人なわけないじゃない……」

梓「ムギ先輩…」

唯「ムギちゃん……。でもね、本当にその人はいい人だよ。目を見れば分かるの…あの人の目

は真っすぐを見てる。ただただ一つのことだけを…。それが良いことでも悪いことでも、ちゃ

んと付き従ってくれる人達がいる……それって人として立派なことだと思うよ」

和紬梓「……」

唯「あ、あ…でも悪いことは悪いことだからいけないんだよね!あ、でも…」

紬「…ふふっ」

唯「へっ?」

紬「なんか唯ちゃんを見てたら、復讐とかどうでもよくなったわ♪」

紬「そうよね。復讐なんてしたところで、意味は無いんだし…」

ぴらっ

紬「和ちゃん、これ返すわ」

和「?」

紬「ロケット団のことは唯ちゃんとりっちゃんに任せるわ」

唯「ムギちゃん」

紬「ロケット団が悪いことをしていたら止めてあげて?」

唯「…うん!」

梓「じゃあムギ先輩…」

紬「ごめんね梓ちゃん。ここまで付き合わせて、こんなこと言い出しちゃって…」

梓「いえ、これで研究への時間もできますし!」

唯「あずにゃん、研究ってどんな?」

梓「ポケモンの…」

和「そういえば唯は知らなかったわね」

唯「?」

紬「梓ちゃんはポケモン博士を目指しているのよ」

唯「ええええええ!?」

梓「えへへ、なんか照れ臭…」

がしっ

唯「すごいよ、あずにゃん!!」わああっ

梓「まあ、まだなったわけじゃないですけど…」

紬「あと和ちゃんは四天王よ」

唯「ええええええ!?」

和「ふふ、まあ成り行きみたいなものだけど」

唯「の、和ちゃん…」がくがく

和「な、なに?」

唯「四天王ってなに!?」

和「そこ!?」


―――――――――――――――――
リニア乗り場

唯「それじゃあ私、帰るね!」

紬「名残惜しい気がするけど…」

梓「また会えますよ」

和「ポケモンリーグで会えるわね」

唯「ええ!?和ちゃん達も出るの!!?」

紬「ええ♪」

梓「もちろんです!」

和「唯も頑張りなさいよ」

唯「うん!」

唯「じゃあ…決勝で会おう!」きりっ

唯「…えへへ、澪ちゃんのマネ~♪」

和梓「?」

紬「うふふふふふふふふふふ」

唯「それじゃ、今度こそ…みんな、ばいばい!!」

梓「はい!」

紬「ポケモンリーグで会いましょう!」

和「じゃあね、唯」

ぷしゅううう

がたっ

唯「ふう…」すたっ

唯(りっちゃん、ジム戦勝てたかなあ?)


―――――――――――――――――
数時間前

コガネジム

うぃーん

律「たのもー!」

アカネ「なんや、また来たんかいな」

律「!」

アカネ「また負けて泣くことになるで?」

律「心配はないぜ!二度も負けねえ!」

アカネ「…へえ。なかなか良い目してるやん」

律「……」

アカネ「さあ、ほな始めよか」

アカネ「形式はこの前と同じで4対4や」

アカネ「バトルスタートや!」かちゃ

律「ヒート!」ぽん!

ヒート「ヒヒーン!」

アカネ「ピッピ!」ぽん!

ピッピ「ピッピ!」

律「!」

アカネ「まだミルタンクは出さんで!ピッピ、メガトンパンチや!!」

ピッピ「ピッピー!」だだっ

律「へっ」

律「ヒート、フレアドライブ!!」

ヒート「ヒヒーン!」ぼわっ

しゅっ

ピッピ「ピッピ!?」

どおおおおん!!

ピッピ「ピッピー!?」ばたああん!

アカネ「なんやて!?」

ヒート「ヒヒーン!!」どんっ

律「だから言ったろ?今度は負けねえ!!」

―――――――――――――――――
ジムの外

ミナキ「……」じー

ミナキ「ふむ、気になって見に来たが…む!」

ミナキ「…まずは一勝か。ぼちぼちだな」

ミナキ「…窓からは見にくいな」

アカネ「ウソッキー!」ぽん!

ウソッキー「ウソ!」

律「!そいつは…」

ポケモン図鑑『ウソッキー、まねポケモン
いつも木のふりをしている。体の作りは植物より石や岩などに近いようだ。』

律「ウソッキーか…」

律(石や岩に近い?どういうことだ?でも明らかに草タイプだろ)

律「ヒート、かえんほうしゃ!」

ヒート「」ぼわああああああ!

ウソッキー「!」

ぼわあああっ

律「どうだ!」

ウソッキー「ウソ!」しゃきん!

律「なっ!無傷!?」

アカネ「ウソッキー、ストーンエッジや!」

ウソッキー「ウソー!!」がっ

どどどどん!!

ヒート「!?」ごっ

どがああん!!

ヒート「」ばたっ

ヒートは倒れた

律「…!」

アカネ「私のポケモンはミルタンクだけじゃないで。ミルタンクを倒すまでに他のポケモンも

倒さな勝てんわ」

律「…そうか。図鑑説明とストーンエッジからして岩タイプか…薄っぺらな判断しちまったぜ


律「でもそういうことなら!」ぽん!

ウィング「ハネー!」

律「頼むぜ、ウィング!」

アカネ「…ハネッコか」

アカネ「相性悪いさかい、早々に倒させてもらうで!ウソッキー、ウッドハンマー!」

ウソッキー「ウッソ!」ぶんっ

律「かぜおこし!」

ウィング「ハネー」びゅおおっ

ふわっ

ウソッキー「ウソッ!?」

アカネ「なんのこれしき!もう一回や!」

ウソッキー「ウッソ!」ぶんっ

ウィング「ハネー」ふわっ

アカネ「くっ、もう一回!」

ぶんっ

ふわっ

アカネ「あ…当たらん!」

律「へへ、この前はちょっとテンパってたからできなかったけど…これがコイツの本来の戦い

方だ!」

アカネ「くう……」

律「ウィング、光を吸収してパワーを溜めろ!」

ウィング「ハネハネハネハネ…」ぱあああ…

アカネ「あかん!ウソッキー、連続でウッドハンマーや!」

ウソッキー「ウッソー!」ぶんっ

ふわっ

ぶんっ

ふわっ

アカネ「ぐ…!」

ウィング「」かっ

律「いけえ!ソーラービーム!!」

ウィング「ハネー!!!」びゅううううううん!!

ウソッキー「ウソー!?」

どおおおおん!

ウソッキー「ウソ~…」がくっ

ウソッキーは倒れた

アカネ「ウソッキー!」

律「よし!いいぞウィング!」

ウィング「ハネハネー♪」

アカネ「…次はこの子や!ニドリーナ!」ぽん!

ニドリーナ「ニド!」

アカネ「負けへんで!ニドリーナ、にどげ…」律「ウィング、つばめがえし!」

ウィング「ハネ!!」ざきいいっ

ニドリーナ「!?」

ばたっ

ニドリーナは倒れた

アカネ「んな…!!」

律「ミルタンクを出してきな。私はミルタンクにリベンジをしに来たんだ」

アカネ「はっ!」ぎりっ

アカネ「上等や!ミルタンク、出番や!!」ぽん!

ミルタンク「ミルミル!」

律「…出やがったな」

律「ウィング、気張れよ!」

ウィング「ハネー!」

アカネ「ミルタンク、のしかかりや!」

ミルタンク「ミルミル!」だっ

律「とびはねるだ!」

ウィング「ハネー!」ぴょん

ミルタンク「ミル!?」

ウィング「ハネ!」どがっ

ミルタンク「ミル…!」ずざあっ

律「その調子だぞウィング!」

ウィング「ハネハネー!」

アカネ「…やっぱり普通にいっても当たらんか」

アカネ「なら……こごえるかぜや!!」

ミルタンク「ミルー!」びゅおお!!

ウィング「ハネ!?」ふわっ

律「!」


12