―――――――――――――――――
ウバメの祠

シルバー「……」

律「…なんだこれ?」

シルバー「祠だ」

律「祠?」

シルバー「ああ」

唯「はあはあ…二人とも速い……」

律「大丈夫か?」

シルバー「…この祠に時々現れると言われる幻のポケモン、セレビィ」

律「セレビィ?さっき言ってたやつか?」

シルバー「ニューラ!」

ニューラ「ニュー!」

律「?
どうしたんd…」

ばっ

スピアー「スピアー!!」

律「!」

シルバー「れいとうパンチ!」

ニューラ「ニュー!」だっ

???「ダブルニードルだ!」

スピアー「スピアー!」

どがどがっ!

ニューラ「ニュー!?」どさあっ

シルバー「……!」

サカキ「」ざっ

唯「あ…通りすがりのトレーナーさん!」

律「お前は…サカキ!!」

サカキ「…ん?」

サキ「フンフフフ、誰かと思えばお前達か」

唯「…!」

律「サキ!!」

サキ「フンフフフ、オウカから連絡が来たぞ
やはり、また我らロケット団を邪魔するみたいだな?」

律「ったりめえだ!お前らを止めない理由が見当たらない!」

サキ「フンフフフ、まあどうせ貴様らには止められない」

サカキ「今度こそ成功させる
一年前はフジのおかげで計画が狂ったがな」

シルバー「……」

サカキ「…シルバーよ、久しぶりだな」

シルバー「相変わらず悪事を働いてるようだな」

唯「知り合い?」

シルバー「……」

サキ「そうとも、サカキ様はシルバー様の父君だ」

唯律「!!」

律「え…?」

シルバー「ふ、父君ね…
サカキ!お前を父親だと認めた覚えはない!!
ロケット団などの首領の男なんて父親として認められるはずがない!」

サカキ「……」

律(だからだったのか…
シルバーがロケット団を敵視する理由……)

シルバー「今、ここで!お前らの野望、潰えてみせる!!」かちゃ

シルバー「ヤミカラス、ドリルくちばし!」ぽん!

ヤミカラス「ヤミー!」ばっ

サカキ「」かちゃ

サキ「サカキ様、ここは私が…」

サカキ「!」

サキ「ペルシアン、きりさくだ!」ぽん!

ペルシアン「ニャー!」

ヤミカラス「!」

ざきいっ!

ヤミカラス「ヤミー!?」どたっ

シルバー「ぐっ!」

サキ「…おいたが過ぎますよ」

シルバー「うるさい!
まずお前からだ!!」

がしっ

シルバー「!?」

律「落ち着け、シルバー!」

シルバー「な、なんだ!」

律「サキは強い!戦った私達が言うんだから間違いない!」

唯「まず気持ちを落ち着かせて、挑まなきゃ!」

シルバー「……」

シルバー「…ふん、うるさい」ばっ

唯「ふおっ!」よろっ

シルバー「ヤミカラス、ニューラ戻れ」しゅうう

シルバー「……」

律「!
…落ち着いたみたいだな」

唯「えへへ」

シルバー「……」きっ

サキ「…ほう」


―――――――――――――――――
ヒワダタウン

リラ「奴らがウバメのもりに来るのも時間の問題だろうな」

澪「……!
まずい!多分、律と唯はウバメのもりに…
もしロケット団がいたら…」

澪「くっ…」だっ

ニャース「ど、どこに行くニャ、澪!」

澪「ウバメのもりだ!このままじゃ律と唯が…」リラ「待て!!」

澪ニャース「!!」

リラ「ロケット団が来ているという確証はない
それに、今はやらなくてはならないことがある」

澪「でも!」

リラ「じゃあ、もし彼女らがロケット団と鉢合わせしたとして……なにがいけない?彼女らを

信じていないのかい?」

澪「そ、それは…」

リラ「きっと大丈夫だ」

澪「…はい」

ニャース「リラ、今やらなくてはならないことってなんなのニャ?」

リラ「ああ、そのことなんだが…とりあえず僕についてきてくれ」

―――――――――――――――――
ウバメのもり

シルバー「ヒメグマ!」ぽん!

ヒメグマ「クマー!」

サキ「ペルシアン、軽く相手をしてやれ」

ペルシアン「ニャー!」

シルバー「ヒメグマ、きりさくだ!」

ヒメグマ「クマー!」だだっ

サキ「ねこだまし!」

ペルシアン「ニャー!」ばしっ

ヒメグマ「クマ!?」びくっ

サキ「アイアンテールだ!」

ペルシアン「ニャー!」しゃきいっ

どがん!

ヒメグマ「クマー!?」どさあっ

シルバー「なに…!」

律「やっぱり強え…」

唯「がんばれシルベル君!!」

シルバー「ちっ、シルバーだ!
まだまだ!タッツー!!」ぽん!

タッツー「タッツー!」

サキ「つじぎり!」

シルバー「えんまくだ!」

タッツー「」ぶしゅっ!

ペルシアン「ニャー!?」べちゃっ

サキ「!」

シルバー「これで何も見えないだろ!ヒメグマ、かみくだくだ!」

ヒメグマ「クマー!」だっ

がぶっ!!

ペルシアン「キャイン!!?」

サキ「しまった…!」

シルバー「どうだ!」

律「いいぞ、シルバー!」

サキ「フンフフフ、一撃決めただけで図に乗るなよ?」かちゃ

サカキ「サキ、もういい!」

サキ「!!」

サカキ「セレビィもいないようだ
ここにもう用はない、帰るぞ」

サキ「はっ」

シルバー「待てよ!」

サカキ「クロバット、くろいきり」ぽん!

クロバット「クロー!」もくもくもく

シルバー「…!!」

律「うへっ、なにも見えねえ!」

唯「けむたい!けむたいよ、りっちゃん!」

シルバー「ヤミカラス、きりばらいだ!」ぽん!

ヤミカラス「ヤミー!」ばさばさっ

律「げほげほっ……あー、目かい~」

唯「あれ?」

シルバー「ちっ、逃げられたか」

律「…なあ、シルバー
お前がサカキの息子って……」

シルバー「ああ、本当だ
ふん、笑いたければ笑えばいいさ
罵りたければ罵ればいい!
いつもそうだ、どこにいったってロケット団の首領の息子だというだけで軽蔑される!」

唯「シルバー君…」

律「別に」

シルバー「?」

律「お前はお前じゃん
サカキが父親だからって関係ないだろ」

シルバー「!」

唯「そうだよ!シルベル君はいい子だし!」

シルバー「…シルバーだ」

律「ま、私達はお前を軽蔑なんてしないよ」

シルバー「……」

律「追いかけるんだろ?サカキを」

唯「行ってきんしゃい」

シルバー「……ふ、言われなくても分かってるさ
ヤミカラス!」

ヤミカラス「ヤミー」

がしっ

ばさばさっ

律「じゃあな、シルバー!」

シルバー「………とう」

律「ん?」

シルバー「なんでもない、じゃあな」

唯「また会ったらよろしくね!」

シルバー「…ああ」ばさばさっ

唯「やっぱり、いい子だね~シルベル君」

律「シルバーな
…でもヒメグマの件が気になるけどな」

唯「ふえ?」

律「いや…独り言だ!さあ、さっさとウバメのもりを抜けるぞ!」

唯「うん!」

――――――――――――――――――
コガネシティはずれ

???「大丈夫ですか!?」

アカネ「なんの!アタシを誰だと思ってんねん!天下のジムリーダー・アカネ様やで?
こんな野生ポケモンごとき…」かちゃ

ウソッキー「う、ウソ?」

アカネ「すぐに片付けたるでえ!ミルタンク!!」ぽん!

ミルタンク「ミルミル!」

アカネ「アームハンマーや!!」

ミルタンク「ミルー!」だっ

ウソッキー「!?」

どがああああん!!

ウソッキー「ウソ…」がくっ

アカネ「行け、モンスターボール!」ぽいっ

ころ ころ ころ ぴん!

アカネ「よっしゃー、ゲットや!」

「おお!」

アカネ「これでエンジュに進めるやろ?」

???「ありがとうございました!では!!」たたっ

アカネ「ああ!」

アカネ「……」

アカネ「んじゃ、ジムに戻るかあ
あんまり空けたらまた怒られるしな」たっ

???「……」ぴたっ

???「ふむ、エンジュに行きたいところだが……なにか懐かしい感じが
これは運命が私を導こうとしているのか?」

???「……しょうがない、運命に逆らってはなるまい」

???「この感覚はコガネから…」

がさっ

???「!!」

モンジャラ「モン!」

???「モンジャラか…
ドガース!」ぽん!

ドガース「ドッドッドガース、ドドッガド」

???「ヘドロばくだん!」

ドガース「」ぶしゃあっ

モンジャラ「!?」

モンジャラ「モン~!」だっ

モンジャラは逃げ出した

???「ふ…この私に襲い掛かってくるからだ」

ミナキ「スイクンハンター・ミナキ!
私に敵はない!!」ばん!!!

―6章完―



9