ツクシ「こんな技、使いたくなかったけど…流石に2連敗は許されない
クヌギダマ、だいばくはつだ!」

クヌギダマ「ダマ!」かっ

どおおおおおおおおん!!!!

唯「うっ…!」

律「なんも見えねえ…」

もくもく…

唯「!!」

ブイ太「」

クヌギダマ「」

ブイ太は倒れた

クヌギダマは倒れた

唯「ブイ太!」

ブイ太「シャワー…」

唯「よくやったよお~!
ブイ太の頑張りは無駄にしないからね!休んでて!」しゅうう

ツクシ「……」

唯「ブイ太はやられちゃったけど、数で言うと私の方が有利だね!2対1!!」

ツクシ「…コイツを使わなくちゃな」

唯「?」

ツクシ「ハッサム!」ぽん!

ハッサム「ハッサム!」

ポケモン図鑑『ハッサム、はさみポケモン
目玉模様の付いたはさみを振り上げて相手を威嚇すると頭が3つあるように見える』

唯「ハッサム…確かにオーラがあるね、なんかオーラが」

律「オーラの意味わかってるのか?」

唯「強そうだけど、こっちは2体!
行くよ、ピッ太!」ぽん!

ピッ太(ピッピ)「ピッ!」

ツクシ「ピッピね…そんなポケモンじゃ僕のハッサムには勝てないよ!」

唯「ピッ太、ゆびをふる!」

ピッ太「ピッピピッピ…」ちっちっちっ

ぼわっ

唯「!
かえんほうしゃ!」

ピッ太「ピィッ!!」ぼわああああああ!

ハッサム「」しゅっ

ピッ太「!?」

がきいいいっ!!

ピッ太「ピ…」ばたっ

ピッ太は倒れた

唯「え!?」

律「し、瞬殺かよ…」

ツクシ「僕はこのハッサムのおかげでジムリーダーまで上り詰めたんだ!君が勝つことは不可

能だ!!」

唯「うう…」

律「唯、諦めんな!」

唯「で、でも…最後の一匹は……」

律「へっ!私もキキョウジムでは最後はウィングだったんだ!大丈夫だよ!!」

唯「…うん!信じなくちゃね!!」ぽん!

メリ太「メエ~!」

唯「頑張って、メリ太!」

メリ太「メエ?」

唯「初バトルだけど、緊張しないでいこう!
メリ太、でんきショック!」

メリ太「メエ!」きっ

メリ太「」びりびり!

メリ太「メ!?」つるっ すてん!

ツクシ「……」

メリ太「メエ~…」

唯「あっ…氷が張ってたの忘れてたよ……」

律「おいおい…」

唯「き、気をつけてね!メリt…」

すてん!

メリ太「メエ~…」

唯「あう…」

律「ダメだこりゃ…」

ツクシ「…そのメリープ、ゲットしたばかりかい?」

唯「あ…うん」

ツクシ「舐めてるね
そんなポケモンでジム戦に挑もうなんて…それに初バトル?
身の程を知ったほうがいいよ?」

唯「うう…」

律「おい、そんな言い方は…」

ツクシ「まあなんにしろ、君の負けだ!
ハッサム、メタルクロー!」

ハッサム「ハッサm…」つるっ

唯律ツクシ「!?」

ごろごろごろ どて!

ハッサム「ハッ……サム」がくっ

ハッサムは倒れた

律ツクシ「なん……… だと?」

唯「うわあーい!!勝てたー!!!」

律「おいいいいいちょっと待てえええええ」

ツクシ「いやー、僕の負けだよ
まさかあそこで転ぶなんてね
実力を認め、バッジを授けよう」

律「いいの!?そんなこと有り得るの!?てか今の実力なの!?」

ツクシ「なに言ってるの
運も実力のうちだよ」キリッ

律「…もういいや、だりー」

唯「2個目のジムバッジ、ゲットだよ!」ぶいっ


――――――――――――――――――
ヒワダタウン

とある民家

澪「リラ師匠、行ってきましたよ」

リラ「ああ、ご苦労様
どうだった?」

ニャース「とりあえず、ヤドンは解放させれたのニャ」

リラ「…相手は幹部だったのか?」

澪「いえ、なんか中隊長?だとか」

リラ「ふむ…
ならただ純粋に資金集めのためにしていたのか…」

澪「…ロケット団って、どうやって世界を征服しようとしてるんですか?
たとえばアクア団やマグマ団は伝説のポケモンを使って海や陸を増やすことだった…
ロケット団はそういう…なにかを使って悪事を働いたりとかは?」

リラ「実のところ、ロケット団も“伝説のポケモンを使い”世界を征服しようとしている」

リラ「何年間か前も…ポケモンを人工的に作り……そうだな、ニャース?」

ニャース「……そうだニャ
ロケット団はミュウツーというポケモンを作り出したのニャ」

リラ「ああ、そして最近ではデオキシスというポケモンも作った」

澪「じゃあその2匹を使って?」

リラ「いや…今回は違うはずだ
既にミュウツーもデオキシスもロケット団の元にはいない」

ニャース「じゃあ、ロケット団はにゃにを使おうとしてるのニャ?」

リラ「…このヒワダタウンのはずれにあるウバメの森の言い伝えを知っているか?」

澪ニャース「?」

リラ「なんでも、時を渡れる幻のポケモンがいるそうだ」

澪「時を渡る…?」

リラ「僕の予想だと、ロケット団はそのポケモンを狙っている」

澪ニャース「!!」


――――――――――――――――――
ウバメのもり

ざっざっ

サキ「こちらです」

???「……ふっ、ここがウバメの森か」

サキ「この奥に祠がありますよ
あのポケモンがよく訪れるという…」

???「……」

サカキ「ときわたりポケモン、セレビィ…!」

―5章完―



6章


ヒワダタウン

唯「ふい~!」

律「唯、次の町まで行くにはこの先にあるウバメのもりっていうところを抜けなくちゃならん

らしい」

唯「ふんふん」

律「まあ、とりあえず行ってみるか」

―――――――――――――――――
ウバメのもり前

律「ここかー、いかにも迷いそうだ」

唯「りっちゃんりっちゃん」

律「なんだ?」

唯「あれ…シルベル君じゃない?」

シルベル「……」

律「あ、ホントだ
お~い、シルベル~!!」

シルベル「……」

律「気づいてないのか?
よし…」たっ

がしっ

律「おい!」

シルベル「!
む…お前は」

律「よっ!久しぶりだな、シルベル!」

シルベル「シルb…なんだって?」

唯「シルベル君、おひさ~♪」

シルベル「…言っておくが、俺はシルベルじゃない」

唯律「えっ」

シルバー「俺の名前はシルバーだ」

律「マジでか」

唯「で…でもこのハンカチに」さっ

シルバー「!
か、返せ!」ばっ

唯「あ…」

唯「……大事なものなんだね?」

シルバー「……別に
ただ探していただけだ」

シルバー「…というより、見たところあんた達…俺より年上だよな?なのに英語も読めないの

かよ」

律「あぐ…」

唯「読んだのはこのりっちゃn」

ぼかっ

唯「いだい!」

律「つうか、ならお前…それが年上に対する態度かよ!教育が行き届いとらんな、まったくう

!」

シルバー「…ろくに英語読めない奴には言われたくないな」

律「なんだとー!?上等だあ!ポケモンバトルでケリをつけてやる!!」かちゃ

シルバー「ふ…ロケット団中隊長どもを破った腕前を見せてもらおうか」

律「な、なんでそれを知って…」

唯(なに、私また空気…!?)

シルバー「見てたのさ、井戸での戦い」

律「つうかお前、ロケット団を知ってるのか?」

シルバー「知ってるもなにも、俺はロケット団を滅ぼそうとしているんだ」

唯律「!!」

唯「それってどういう…」

シルバー「悪を滅ぼす理由なんていらないだろう?」

唯「…まあそうだね」

律「ちげーよ、なんでお前がロケット団を滅ぼそうとしているんだって聞いてるんだ」

シルバー「……お前達に言っても意味はない」くるっ

律「お、おい!どこに行くんだよ!」

シルバー「このウバメのもりに、今!ロケット団の首領、サカキが来ている!!」

唯律「!?」

律「さ、サカキがなんで…」

シルバー「セレビィを狙っているのさ」

唯「セレビィ?」

シルバー「…話している暇はない、じゃあな」

律「ま、待てよ!」

シルバー「…なんだ?」

律「そういうことなら私達も行く!」

唯「ロケット団が関わっているならね!」

シルバー「……」

シルバー「勝手にしろ」ざっざっ

唯律「……」

律「へっ…」

唯「うふふ」


――――――――――――――――――
ウバメのもり

シルバー「……」ざっざっ

唯「ち、ちょっと待って~!歩くの速いよ~」ぜえぜえ

シルバー「勝手についてきているだけだろ、あんたらのペースに合わせる義理はない」

律「感じ悪い奴だな~」

シルバー「ふん、なんとでも言え」

ばさばさっ!

シルバー「む…!」

カモネギ「カモー!」

シルバー「…カモネギか」

ぴっ

ポケモン図鑑『カモネギ、かるがもポケモン
非常食の茎を食べると一目散に駆け出して他の茎を探しに行く』

唯「…野生ポケモンかな?」

カモネギ「カモー!」

かちゃ

シルバー「いいだろう、俺が相手をしよう
ニューラ!」ぽん!

ニューラ「ニュー!」

唯「む」ぴっ

ポケモン図鑑『ニューラ、かぎづめポケモン
鋭い爪を指の中に隠している
いきなり伸ばして襲ってきた相手を怯ませる』

律「お前、ヒメグマ以外にもポケモン持ってたのか」

シルバー「ああ、コイツは俺が一番信頼しているポケモンさ」

シルバー「ニューラ、ねこだまし!」

ニューラ「ニュー!」

ばちいいん!

カモネギ「カモ!?」

シルバー「れいとうパンチ!」

ニューラ「ニュー!」ぱきいいん!

カモネギ「カモー!?」どたっ

シルバー「……随分と弱いな」

唯「凄いね、シルベル君!」

シルバー「…シルバーだ
まあこのくらいはできなければロケット団を滅ぼすのは夢のまた夢だからな」

律「やっぱ、またお前とバトルしたいな!」

シルバー「ふん、結果は分かってるのにか?そんなバトル無価値だな」

律「なにい!?」

シルバー「それに今はそんな暇はないと言ったはずだ
さあ、先に…」

ばさばさっ

カモネギ「カモー!」

シルバー「!
またカモネギか!?」

唯「今度は違うカモネギみたいだよ!」

シルバー「ちっ!返り討ちにしてやる!
ニューラ、つじぎり!」

ニューラ「ニュー!!」ざきいいいっ!

カモネギ「カモ…」ばたっ

シルバー「ふん」

「あ~、すみませ~~ん!!」たたたっ

唯律シルバー「?」

「そのカモネギ、僕の…いや師匠の手持ち……って今はどうでもいいや
探してたところだったんです~」

律「そうなんですか?」

カモネギ達「カモ~…」

「あら~…すみません!なんか迷惑かけちゃったみたいで!」

シルバー「ふん、自分のポケモンも管理できないのか?」

「いや師匠の…いえ、すみません…」

律「おいシルバー、その言い方はないだろ
傷つけたこっちも…」

唯「そうだよ、シルベル君!」

シルバー「シルバーだ!
…こんな森の中で野生とトレーナーのポケモンと区別がつくと思うか?俺は野生だと思って倒

したまでだ」ざっざっ

律「あ、待てよ!」たっ

唯「あ…」

「あ…あの、本当にすみません……」

唯「あ、いえいえ…
それじゃあ!」たっ

唯「待って、りっちゃん!シルベル君~!」

(遠くから)
シルバー「シルバーだ!」

唯「おおう…」


8