ざっざっ

ケン「?」

ぱああああん!!

ケン「ぐはっ!?」ずさあっ

律「これはニャースの分だ」

ケン「ぐ…」たら

律「私もお前を許さねえ!お前をここで物潰して、ヤドン達も解放させてやる!」

ケン「……ふん」

ケン「できるものならやってみなあ!!
ハリー!リョウ!」

ばっ

ハリー「ひゃっはあ!」

リョウ「ふん!」

律「まだ仲間が!?」

ハリー「マタドガス!」ぽん!

リョウ「スリーパー!」ぽん!

マタドガス「マタドガース!」スリーパー「スリーパー!」

律「!
ら、ランス!」ぽん!

ランス(ニドリーノ)「ニド!」

マタドガス「マタドガース!」

がきいいいっ!

スリーパー「スリーパー!」

律「ぐ…さすがに二体は…!」

澪「カゲぴょん!」ぽん!

カゲぴょん「ゴアー!」

がきいいい!

律「!
サンキュー澪!」

澪「ああ!」

ハリー「小癪な…!
マタドガス、ヘドロこうげき!」

マタドガス「マタドガース!」ぺっ

律「ランス、つのでつくで弾き飛ばせ!」

ランス「ニドー!」ぴっぴっ

ハリー「なに…!」

律「ランス、とっしん!」

ランス「」だっ

どがん!!

マタドガス「マタドガース!?」よろっ

ハリー「ぐっ…」

澪「カゲぴょん、かえんほうしゃ!」

カゲぴょん「ゴアー!!」ぼわあああああああ

スリーパー「!?」

リョウ「うわばばばば!!」

ケン「は、ハリー!リョウ!」

ざっ

律「今度はお前の番だぜ」

ケン「!?」

澪「降参しろ!今ならまだ…」

ケン「するかよ!ケンタロス!!」

ケンタロス「ブモー!!」

澪「…そうか、なら仕方ない」

律「行くぞ、澪!」

澪「ああ!」

ケン「ふん!小娘が!!なにができる!!」

律「ランス、ヘドロばくだん!」

ランス「ニドー!」どおおおお!

澪「カゲぴょん、だいもんじ!!」

カゲぴょん「ゴアー!」ぼわあああああああ

ケンタロス「ブモー!?」

ケン「ぎ…ぎえええええ!!」

どおおおん!!!

ケンタロス「」ばたっ

ケンタロスは倒れた

ケン「」ぶくぶく

ハリー・リョウ「ケンー!!」

ハリー「くっ、ここは逃げる!」

リョウ「覚えてろ!」だっ

ニャース「ニャ…」

律「…とりあえず今はヤドンを解放してやろう」

――――――――――――――――
ヤドン達「ヤドーン」

律「礼なんていいって!」

澪「寄り道せずちゃんと帰るんだぞ」

ヤドン「ヤドーン」すりすり

澪「!
…ふふっ、かわいいな」なでなで

律(そういや澪ってトレーナーズスクール通ってた時は全くポケモン触れなかったのに……こう

も人は変わるもんかね)

ヤドン達「ヤドーン」ぺこっ

律澪「元気でなー!」

律「…まったく、ジョウトでも人騒がせな連中だぜロケット団は」

ニャース「…まあ、にゃにはともあれ一件落着ニャ」

澪「そうだな」

律「……澪」

澪「?
どうした律」

――――――――――――――――――
ヒワダタウン


ヤドン「ヤドーン」

ガンテツ「おお!ヤドンが戻ってきよった!」

唯「りっちゃん達だよ!りっちゃん達がやったんだ!」

ガンテツ「…そや、ちょっとあの子達呼んでみ
お礼言いたいさかい」

唯「はい!行ってきます!」たたっ

――――――――――――――
ヤドンのいど外

唯「ふう…ここらへんにいるかな?」

唯「!
いたいた………ん?」

律「私とバトルしてくれ、澪!」

澪「ええ!?な、なんで急に…」

律「お前、バトル絶対強いだろ」

澪「そ、そんなこと…」

ニャース「愚問なのニャ!澪はカントージムをヒトカゲ一匹で制覇して、なおかつホウエンも

制覇&殿堂入りも果たしたトレーナーだからニャ!」

澪「よ、余計なことを言うなっ!」

律「す、すげえじゃねえか澪おおおお!!」ずいっ

澪「うわあっ!」

律「私、最強のトレーナーを目指してんだ!
だから強いトレーナーと戦って実力を高めたいんだ!頼む!!」

澪「そ、そうなのか…
まあ…そういうことなら……私なんかでいいなら」

律「よっしゃー!!」

澪「…ま、やるからには負けないからな?」

律「私だって本気でいくからな!」

唯「……」

唯(なんかすごいことになってるよ…!)わくわく

――――――――――――――――――
律「よーし、まずはコイツで…」かちゃ

澪「待て、律!」

律「…なんだよ?」

澪「まずはお互いの手持ちポケモンの数を確認しないと」

律「ああ、そうだな
私は4体だぜ」

澪「…私は6体だ」

ニャース「じゃあ3対3でいいんじゃにゃあかあ?4対4っていうのも区切りが悪いしニャ」

澪「…うん、それじゃ3対3で」

律「オッケー!」

ニャース「審判はニャーがやるニャ!」たっ

ニャース「では…始めニャ!」

澪「サボみん!」ぽん!

サボみん「サーボネ!」

律「サボネアか…
よし、ヒート頼むぜ!」ぽん!

ヒート(ポニータ)「ヒヒーン!」

律「一撃で決めてやれ!
ヒート、かえんぐるま!!」

ヒート「ヒヒーン!!」ぼわっ

だだだだっ

澪「サボみん!」

サボみん「サボッ」きっ

澪「ニードルアーム!!」

サボみん「サボサボサボサボ…サ~ボネ~!!」どがっ

ヒート「!」

ばああああああん!!

ヒート「ヒヒーン!?」ばさあっ!

律「ヒート!!」

ヒート「ヒヒ…」ばたっ

ニャース「ポニータ戦闘不能ニャ!」

律「戻れ、ヒート!」しゅうう

澪「私のサボみんを相性で負かそうとしても無駄だぞ」

律「へっ…本当に強いな、澪」

唯(こちら実況の平沢唯です!さて、盛り上がってまいりましたよ~!
ただいまの状況…りっちゃんのかませ馬のヒートが澪ちゃんのサボみんにやられた模様です!
よって澪ちゃんは無傷で3体、りっちゃんは残り2体です!
現状から、りっちゃんが不利ですが…
りっちゃん選手の2体目のポケモンが気になるところ!)

律「…スカイ!」ぽん!

スカイ(ニョロゾ)「ニョロー!」

澪「!」

唯(おっとー!?りっちゃん選手、草タイプのサボネア相手に水タイプのニョロゾを出したー!

?)

ニャース「今度は相性が逆転したのニャ」

澪「サボみん、ミサイルばり!」

サボみん「サ~ボネ~!!」しゅしゅしゅしゅ!

律「みずでっぽうで撃ち落とせ!」

スカイ「」ぶしゅうううう!

きんきん!

澪「…!」

律「今だ!れいとうビーム!!」

スカイ「ニョロー!」びゅおおおおお!!

サボみん「サボ!?」どおおおおん!!

サボみん「サボネ~」がくっ

ニャース「サボネア戦闘不能ニャ!」

澪「…!サボみん戻って」しゅうう

律「どうだ!私も不利な相手に勝ってみせたぜ!」

唯(燃えるね~!これで勝敗が分からなくなったよ~!)

澪「…ハブりん!」ぽん!

ハブりん「プッププ~!」

律「ハブネークか…!」

澪「手加減はしないぞ!
ハブりん、ポイズンテール!」

ハブりん「プッププ~!」ぶんっ

律「受け止めろ、スカイ!」

スカイ「ニョロー!」がしっ

ハブりん「ハブ…!」ぎりっ

スカイ「ニョロ…!」ぎぎ…

澪「そのままヘドロばくだんだ!」

律「させるか!バブルこうせん!!」

どおおおおん!!

ずざざっ

スカイ「ニョロー!」

ハブりん「プッププ~!」

澪「…パワーは互角ってところか」

律「いや、それはどうかな!?」

スカイ「ニョロー!」ぽんぽこぽんぽこ!

めきめき…

スカイ「ニョロー!!」どんっ

律「おうふくビンタ!」

スカイ「」たっ

ばしばしばしばし!

ばしいいん!!

ハブりん「!?」じり…

澪「格段にパワーが上がってる…!?」

律「」にや

澪「…はらだいこか!」

律「ザッツライト!
今のスカイは極限までパワーが上がってるぜ!」

律「終わらせるぞ!
もう一度おうふくビンタ!」

スカイ「」だっ

澪「そう上手くいくとは思うなよ!
ハブりん、まきつくだ!」

ハブりん「プッププ~!」しゅるる

がしっ!

スカイ「!?」

律「なに!」

澪「はらだいこはパワーを極限まで上げると同時に、体力も大幅に消費する
このまま体力を奪っていってやる!」

ハブりん「プッププ~!」ぎりぎり

スカイ「に、ニョロ…」

律「スカイ!」

澪「加えてどくどくだ!」

ハブりん「」ぷしゃっ

スカイ「ニョロ…」ふらっ

律「ぐ……!」

律「気張れ、スカイ!
ふぶき!!」

スカイ「ニョロ!」きっ

びゅおおおおお!!

ハブりん「ハブ…!?」

澪「どこからそんな力が…!」

律「根性だ!気持ちの問題だぜ!」

スカイ「ニョロー!」

ハブりん「ハブ…」

澪「……」

律「さあ、まきつくは解けた!行くぜ、スカイ!
れいとうパンチ!」

スカイ「ニョロー!」こあっ

澪「ハブりん、ポイズンテール!」

ハブりん「プッププ~!」

かきいいいいいっ!!!

ハブりん「ハブ!?」ばたっ

ニャース「ハブネーク戦闘不n…」

ばたっ!

ニャース「!」

スカイ「」がくっ

ニャース「ニョロゾも戦闘不能!
両者戦闘不能ニャ!」

律(やっぱりどくどくが効いてたか…スカイ、休んでてくれ)しゅうう

澪「ハブりんありがとう」しゅうう

律「…残るは互いに1匹だな」

澪「ああ」

唯(いよいよラストバトルだね!どっちが勝つのかな~??)わくわく

唯(あっ…!え、えと……いよいよラストバトルです!果たしてどちらが…………まあいいや!

どっちも頑張れ!)

律「最後だし、お互い手持ち最強のポケモンでいこうぜ!」

澪「そのつもりだよ」

ニャース「バトル再開ニャ!」

律「行け!ランス!!」ぽん!

ランス(ニドリーノ)「ニドー!」

澪「カゲぴょん、お願い!」ぽん!

カゲぴょん(リザードン)「ゴアー!」

律「ランス、とっしん!」

ランス「ニドニドニドニド…」だだだだ

ランス「ニドー!!」だっ

どがん!

カゲぴょん「……」ぎろっ

ランス「!」

律「全然効いてない!?」

ニャース(ニドリーノとリザードンじゃ体格が違いすぎるのニャ…)

澪「律、悪いけどニドリーノの攻撃はカゲぴょんには届かない!
カゲぴょん、アイアンテール!」

カゲぴょん「」ぶん!

じゃきいいん!

ランス「ニド!?」どたっ

律「ランス!」

ランス「ニド…」よろっ

律「攻撃が届かないのなら…
ランス、おだてるだ!」

ランス「ニド!ニドニド!ニドー!」ぱちぱちぱち

カゲぴょん「ゴアー!?
…ゴアー///」

カゲぴょんはこんらんした!

澪「!」

律「混乱している今がチャンス!
ランス、のしかかり!」

ランス「ニド!」だっ

どしん!!

カゲぴょん「ゴアー!?」

澪「カゲぴょん!
……いや、混乱が解けるまで耐えればまだ…」

律「どうかな?」

カゲぴょん「ゴア…」じゅわじゅわ

澪「!?」

律「どくだ!さっきのアイアンテールでランスのどくのトゲに触れてどくになったのさ!」

澪「……!」

律「行け、ランス!
つのでつく!」

ランス「ニドー!」だだだ

カゲぴょん「」きっ

ランス「!」

がしっ

律「混乱が解けたのか!?」

澪「いいぞ、カゲぴょん!」

律「でも、どくで衰弱しきったその体でどこまで…」

カゲぴょん「ゴアー!!」ぼわあああ!!

律「!?
急に元気に…」

澪「そっちが特性でくるなら、こっちも特性!
カゲぴょんの特性・もうか!体力が少なくなるほどパワーが上がる技だ!」

律「く…!だが体力でいえばこっちに分があるんだ!!
ランス、ヘドロばくだん!」

ランス「ニドー!」ぼん!!

澪「カゲぴょん、オーバーヒート!!」

カゲぴょん「ゴアー!!!」ぼがあああああん!!!

どおおおおん!!!


6