唯「…憂、体拭いてあげようか?」

憂「ええ!?」

唯「あっでも憂が嫌ならいいけど…なんかベタベタして気持ち悪そうだし…」

憂「あ、あはは…」

唯「あはは…じ、自分でやりたいよね!ちょっと待ってて、お湯とタオル持ってくるから!」ガチャ

憂「お姉ちゃん待って」

唯「ん?」

憂「えへへ…じゃあ体拭くの頼んじゃおっかな」

唯「へっ…あ、うん!」


……

唯「じゃあ憂、その…パジャマ脱いで?」

憂「うん…」プチ…プチ…

唯「(憂の肌白くて綺麗だな…おっぱいも私より大きいし…)」ジー

憂「お、お姉ちゃん…そんなジロジロ見ないで///」

唯「あっごめん!憂の肌きれいだなーって…」

憂「お姉ちゃんも一緒だよー」

唯「そうかなー?全然違うと思うけど」

憂「ふふ、じゃあお姉ちゃんお願いね?」

唯「う、うん。」ピチャ

憂「ひゃあ!///」

唯「だ、大丈夫?」

憂「うん。あったかくてビックリしただけ」

唯「じゃあ拭くね」ゴシッゴシッ

憂「ん…」

唯「(背中きれいだなあ)」ゴシッゴシッ

憂「ふふ、お姉ちゃんくすぐったいよぉ」

唯「むう、力加減わからない…」ゴシッゴシッ

憂「ひゃああ///前は自分でやるよぉお姉ちゃん」

唯「そ、そうだよね!ごめんごめん(ちぇ…)」


……

唯「じゃあ電気けすよー?」

憂「うん…今日はいろいろありがとうお姉ちゃん」

唯「もーお姉ちゃんなんだから妹のためならこのぐらい当たり前だよお」

憂「私ね、お姉ちゃんが私のお姉ちゃんで本当によかった」ニコッ

唯「(うっ…)…私も憂が妹でよかったよ」

憂「えへへ…おやすみ、お姉ちゃん」

唯「おやすみー憂」カチッ

唯「(お姉ちゃんでよかった…か。喜ぶべきなんだよね…)」


──翌日

律「へー、あのしっかり者の憂ちゃんが風邪かー」

唯「うん。でも今朝はだいぶ熱下がってたし明日には学校にも行けると思うよー」

紬「それはよかったわ。憂ちゃんが寝たきりで唯ちゃんは家事とか大丈夫だったの?」

唯「むっ失礼な!憂のためにおかゆだって作ったしお風呂も洗ったよ!」

律「ほー、だから今日は雨なのか」

唯「関係ないよー!」プンスカ

律「ははは、冗談だよ冗談。唯はしっかりしたお姉ちゃんだな」

唯「えへへへ」


──放課後

律「やっと地獄から開放されたー!」

唯「部活だー。ムギちゃん今日のお菓子は何ー?」

紬「今日のお菓子はね」

律「ストップだムギ!それはティータイムまでの楽しみだろ?」

紬「そうね、わかったわりっちゃん♪」

唯「ちぇー、律ちゃんのけちんぼー」

律「はは、じゃあ私とムギは掃除当番だから唯は先に部室いっててくれ」

唯「わかったー。じゃあ早くきてねー」

律「おーう。また後でなー」


──音楽室

唯「おいーっす」ガチャ

梓「あっ…」

唯「あ、あずにゃんだけかあー。」

梓「唯先輩こんにちはです」

唯「う、うん…」

唯「(気まずいけど…告白の返事、言うなら今しかないよね)」

唯「あのね、あずにゃん。告白の返事なんだけど」

梓「だめなんですよね。」

唯「…へ?」

梓「わかってたです。唯先輩は私より憂を選ぶってこと」

梓「でも…それでも諦めきれなくて…あの告白は最後の悪あがきだったです」

唯「あずにゃん…」

梓「でもこれでスッキリしたです!あーはやく練習したいですね!」

唯「…あずにゃん、おいで」

梓「な、何いってるですか!別に抱きつきたくないです!」

唯「いいから、ほらおいで」

梓「…もう唯先輩とは抱きつかないってきめたです」

唯「先輩命令だよあずにゃん」

梓「こんな時に限って先輩面しないでくださいです…」

唯「無理しちゃだめだよあずにゃん」テクテク…ギュッ

梓「うっ…抱きつがないでくだざい…ひぅ…」ポロポロ

唯「ごめんねあずにゃん。私バカだからあずにゃんの気持ちに気づけなかったよ…」ナデナデ

梓「バカでず…唯先輩はバカでず…ひぐっ…」

唯「よしよし…ごめんねあずにゃん」

梓「うぐ……うわあぁぁぁぁん!ごめんなざい唯先輩!わだじっあんなヒドイごど言っでごめ゛んなざい!」

唯「おあいこだよあずにゃん。だからもういいんだよ」

梓「うあぁぁぁぁぁん!!」

唯「よしよし…」


……

唯「もう落ち着いた?」

梓「はい、ありがとうございました」

唯「本当にごめんねあずにゃん」

梓「もういいですよ」

唯「これからも仲良く部活してくれるよね?」

梓「もちろんです」

唯「わーい、あずにゃん大好きー!」ガバッ

梓「わあああだから抱きつかないでください!」

律「おーす」ガチャ

澪「またお前らはじゃれあってるのか」

紬「うふふ、いいことじゃない」ニコニコ

唯「みんなおーす!ムギちゃん今日のお菓子は何ー?」

紬「今日はエクレアよ♪」

唯「わーいエックレッアエックレッアー♪」


……

律「じゃあ今日はもう解散とするか」

梓「解散て…お菓子食べただけですよ…」

律「今日はもう疲れたんだー」

澪「ったくお前ってやつは…」

律「帰りにみんなでアイス屋でも寄るか!」

唯「あっごめーん。私先に帰るねー」

澪「ん?唯がアイスを断るとは珍しいな」

律「食いすぎで腹でも壊したか?」

唯「ちがうよー、ちょっと用事があるんだ」

律「そか。じゃあまた明日なー」フリフリ

唯「うん、ばいばーい」ガチャ


……

唯「(あずにゃんが勇気を持って私に告白してくれたんだもん、次は私が勇気を出す番だよね)」タッタッタ

唯「(憂に嫌われるのが怖くて、このままの関係でいいかなって思ってたけど…)」

唯「(やっぱりそんなんじゃ駄目なんだ…この気持ち、憂に伝えよう)」

唯「うーいー、ただいまー!」ガチャ

憂「あ、おかえりお姉ちゃん」

唯「あれ?もう起きても平気なの?」

憂「うん、熱も平熱だったよ。お姉ちゃんの看病のおかげだね!」

唯「いやーそれほどでも」テレテレ

憂「もう少しでご飯できるから着替えて待っててねー」

唯「う、うん」


唯「いただきまーす!」

憂「どうぞ召し上がれ」

唯「今日も憂の料理は絶好調だね」モグモグ

憂「えへへ、ありがとう」

唯「…ねえ憂?」

憂「なあに?」モグモグ

唯「私ね、憂のことが好きなの」

憂「ありがとーお姉ちゃん」モグモグ

唯「…ちがうの」

憂「えー意味わからないよー?」モグモグ

唯「憂のことが女の子として好きなの。憂の恋人になりたいの!」

憂「!げほげほっ」

唯「憂大丈夫!?」

憂「う、うん。でも変な冗談やめてよー」

唯「冗談だと思われても仕方ないよね…でもね憂、私本気なんだよ?」

憂「え…」

唯「おかしいよね…女の子同士、それも姉妹なのに…ごめんねこんなお姉ちゃんで…」

憂「お姉ちゃん…」

唯「でもこのままじゃずっともやもやした気持ちで憂と暮らしていくことになるから…」

唯「そんなの…耐えられないから…」

憂「う、うん…」ドキドキ

唯「だから憂!わたしの恋人になってください!」

憂「…私もお姉ちゃんが大好きだよ。でもその中にそういう気持ちがあるのかはわからない…」

憂「だから、ほんの少し時間ちょうだい?」

唯「うん…わかった…」

憂「じゃあご飯たべよう?冷めちゃうよお姉ちゃん」

唯「うん…。」モグモグ

憂「…」


唯「じゃあ私寝るね、憂」

憂「うん、おやすみ」


唯「どうしよう…憂に嫌われちゃったかな…」

唯「告白なんてしなきゃよかった…私のバカ…バカバカバカバカ…うぇぇぇん」ポロポロ

唯「ぐす…もういいや寝ちゃお…」ゴロン

唯「ういぃ…」


憂「どうしよう…お姉ちゃんが私のこと女の子として好きだったなんて」

憂「さっきからドキドキが止まらないよ…」

憂「お姉ちゃん…」


───翌朝

憂「お姉ちゃん起きてー、遅刻しちゃうよお」

唯「うーん…あと五分…」ゴロン

憂「もうそれ三回目だよ、お姉ちゃん」

唯「眠いんだよぉ…」

憂「もーいつもそればっかり」

唯「うー…じゃあ憂がチューしてくれたら起きる。(…ってしまった!いつもの調子で…)」

憂「お姉ちゃんったら…しょうがないなあ…」


チュッ


唯「ん…ふえ…?今…え?///」

憂「私の答え、決まったよお姉ちゃん」ニコッ





──おわり