―――――――――――――――――――
最上階


唯「ほいっ!」たっ

律「ここも誰もいな…」

ハヤト「!」

長老「ぐ……」

オウカ「ゲヘッゲヘッ
教えるんだな、あのポケモンのことを」

長老「わ…わしは知らん」

オウカ「……」じろっ

長老「……」

オウカ「…本当みたいなんだな
じゃあ用無しなんだな
ツボツボ、どくどく!」

ツボツボ「ツボツボ!」じゅわっ

長老「!?」

律「ランス!!」ぽん!

ランス(ニドリーノ)「ニドー!」だっ

ツボツボ「」じゅわっ

ランスには効果がないようだ…

長老「!」

オウカ「?」

ハヤト「お前か!トレーナー狩りをしてるのは!」

オウカ「ゲヘッゲヘッ
別に情報収集のためにトレーナーが邪魔だっただけなんだな、トレーナー狩りなんかやってな

いんだな」

ハヤト「情報収集…?」

唯「りっちゃん、りっちゃん…」ぼそっ

律「なんだよ?」ぼそっ

唯「あの人の胸のマーク…」

律「R……!」

オウカ「!
ゲヘッゲヘッ、お前達か…
『ヘアピンを付けた少女』と『カチューシャを付けた少女』、この二人は要注意とサキに言わ

れてるんだな」

唯「サキさん…!?」

律「ま、まさか…アイツはデオキシスに……」

オウカ「ゲヘッゲヘッ
サキがあれぐらいで死ぬわけないんだな」

律(じゃあ、さっきの光はスターミーの…!)

律「ということはお前もロケット団なんだな!」

オウカ「ゲヘッゲヘッ、正解なんだな
オデはロケット団三獣士の一人…オウカなんだな」

律「そうか…
オウカ、あんたらロケット団はまた何か企んでるのか?」

オウカ「ゲヘッゲヘッ
確かにそうだけど、何を企んでるのかは教えてやらないんだな
んじゃオデはもうここに用はないし、帰るんだな!」だっ

ハヤト「ま、待て!ピジョン、奴を追え!」

ピジョン「ピジョー!」

オウカ「ツボツボ、ストーンエッジ!」

ツボツボ「ツボツボ!」どどどどど!!

ピジョン「!?」

ハヤト「!」

オウカ「ばっはは~い!なんだな」しゅっ

ハヤト「く…逃げられたか!」

長老「うう…」

唯「大丈夫ですか?」

長老「すまない…
あんた達が来てくれたおかげで助かったわい………ぐっ」

唯「あわわ、無理しない方が…」

ハヤト「問題ない、俺が病院の手配をしておこう」

長老「なにからなにまですまんな…」

ハヤト「じゃあ俺達は行きます
救急車がくるまではジムトレーナーが診てくれますのでご安心を」

―――――――――――――――――――
マダツボミのとう裏口


オウカ「ゲヘゲヘ
サキに報告はしておいた方がよさそうなんだな」

ざっ

???「……」

オウカ「…?
なんなんだな、お前?」

???「ヒメグマ、きりさく!」

ヒメグマ「クマー!」ざしゅっ

オウカ「!?」

ばたっ

シルベル「ふん…悪党共が
俺はロケット団を滅ぼす
お前達の首領に言っておけ」

シルベル「……まあ、聞こえてないか」

ざっざっ

―2章完―



3章


キキョウジム


ハヤト「さて…と
聞きたいことは山ほどあるんだけど…今はやめておこう」

唯「へ?」

ハヤト「君達はジムに挑戦しにきたんだろう?
俺はジムリーダー、他のことは二の次だ!受けようじゃないか、ジム戦を!」

律「おお!」

ハヤト「それで、どっちが戦うんだい?」

唯「あ…」

律「そういや決めてなかったな」

唯「りっちゃんでいいと思うよ?」

律「そうだな…唯が良ければ」

唯「いいよ!りっちゃん戦いたそうだし!」

律「そうか、ありがとな!」

唯「うん!」

ハヤト「君が相手みたいだね
じゃあ始めようか」

律「おうよ!」

唯「頑張って、りっちゃん!」

律「ああ!」

マダツボミのとう裏口


オウカ「……」ぱちっ

オウカ「ん~…」

オウカ「もういないんだな?
よし、っと」しゅたっ

オウカ「まったく、誰なんだなさっきのは…
まあとにかくサキに報告するんだな」ぴぴぴ


―――――――――――――――――――
キキョウジム


ハヤト「形式は2対2の交替戦!
さあバトル開始だ!
ピジョン、頼むぞ!」ぽん!

ピジョン「ピジョー!」

律「!
ピジョンか…
行け、スカイ!」ぽん!

スカイ「ニョロー!」

律「相手は飛行タイプ!
なられいとうビームだ!」

スカイ「ニョロー!」びゅおおおお!

ハヤト「!
ピジョン、そらをとぶ!」

ピジョン「」ばさばさっ

律「かわされたか!」

ハヤト「そのまま、攻撃だ!」

ピジョン「ピジョー!」ばっ

どん!

スカイ「!
ニョロ…」

律「大丈夫か、スカイ?」

スカイ「ニョロー!」

ハヤト「……まったく、どんなトレーナーでもそうだ」

律「?」

ハヤト「俺が飛行タイプのエキスパートだから挑戦者の出してくるポケモンのタイプはいつも

電気や氷タイプ…またはそのタイプの技を使うポケモン」

ハヤト「確かにそれらは飛行タイプの弱点だ
でも俺は気に入らない」

ハヤト「飛行タイプは電気や氷でイチコロだって言われるのがね」

律「……」

ハヤト「でも甘い
鳥ポケモンの強さ、見せてあげるよ!ピジョン、でんこうせっか!」

ピジョン「ピジョー!」しゅっ

律「!
スカイ、かわせ!」

スカイ「ニョロ!」だっ

ピジョン「ピジョー!」しゅんっ

スカイ「!」

律「後ろに……!」

ハヤト「でんこうせっかはフェイントだ!
ピジョン、どろかけ!」

ピジョン「ピジョー!」ばばばばっ

スカイ「!?」

律「しまった…!」

ハヤト「つばさでうつ!」

ピジョン「ピジョー!」どがっ

スカイ「ニョロー!?」どさあっ

律「スカイ!
く…前が見えないのか……」

ハヤト「これでは相手の攻撃もかわせないし、攻撃も当てられない…
勝負ありだな」

ハヤト「ピジョン、つばさでうつ!」

ピジョン「ピジョー!」

律「スカイ、まもるだ!」

スカイ「ニョロ!」

ピジョン「!」

ハヤト「なるほど…
まもるなら例え目が見えなくても攻撃を受け止められるか」

ハヤト「でも、攻撃を当てなければ勝てないよ?」

律「いや…見えないのなら見えるようにするまでだ!」

ハヤト「?」

律「スカイ、自分にさいみんじゅつ!」

スカイ「ニョロ……」うぃぃぃん

ハヤト「なにをやって…?」

律「へへ…さいみんじゅつで相手が見えるって思い込ませるのさ
まあ、自己暗示ってやつだな」

スカイ「!」かっ

律「よし!スカイ、ピジョンが見えるな?
行け、れいとうビーム!!」

スカイ「」びゅおおおお!

ピジョン「!?」かきいっ

ぼとっ

ピジョンは倒れた

ハヤト「……!」

律「よくやったぜ、スカイ!」

スカイ「ニョロー!」

ハヤト「な…あの状況で当ててくるとは…
今までの挑戦者とは違う…!」

律「あったりまえだ!私は相性なんて考えねえ!ポケモンを信じる…根性で私は戦うまでだぜ

!」

唯「でももうちょっと相性は考えた方がいいよね」

律「唯に言われたくねえ!」

唯「え~?」

ハヤト「ふふ…わかった
君に小細工は通用しないというわけか
ならば全力で行かせてもらう!エアームド、出番だ!」ぽん!

エアームド「エアー!」

律「エアームドか!相手にとって不足はねえぜ!」

ハヤト「エアームド、エアカッター!」

エアームド「エアー!」しゅしゅっ

律「!」

スカイ「……」

しーん…

律「……?」

ざきざきいっ!!

スカイ「!?」ばたっ

律「なに…!?どこから攻撃が…」

ハヤト「エアームドの羽は透き通るほど透明でね」

律「…それで見えなかったのか」

ハヤト「しかし、それでいてとても鋭いんだ!ダメージは大きいものとなる!!
トドメだ!エアカッター!!」

エアームド「エアー!」

ざきいいいっ!

スカイ「」がくっ

スカイは倒れた

律「く…!」

ハヤト「これで互いに残り一体となったな」

律「……」ちら

律(イチかバチか…)

律「頼んだぜ、ルーキー!」ぽん!

ハネッコ「ハネー!」

ハヤト「!」

唯「は…ハネッコ!?」

ハヤト「ふ…飛行・鋼タイプ相手に草タイプとは……」

律「……」

ハヤト「…さっき君は言ったね
『相性なんて考えない、ポケモンを信じる…根性で戦うまで』と
じゃあ君達の根性、見せてみな!」

律「ああ、やってやるよ!
ハネッコ、つばめがえし!」

ハネッコ「ハネー!」しゅばっ

がきいいっ

エアームド「!」

エアームド「……」ぎろっ

ハネッコ「!」

ハヤト「…やはり効かないな
ハネッコ程度の攻撃じゃあエアームドの硬質なボディにダメージは与えられない!」

律「……くそっ」

ハヤト「さあ次はこちらからだ!
エアームド、エアカッター!」

エアームド「エアー!」しゅしゅっ

ハネッコ「」ふわっ

すかっ

ハヤト「!
かわされたか、やるな!」

律「……?」

律(私は指示してないぞ…
なら、なんで?)ちら

ハネッコ「ハネー」ふわふわ

律「!!」

律(そうか…!)

ハヤト「かわされたのなら、当たるまで攻撃するまでだ!
エアカッター!」

エアームド「エアー!」しゅしゅっ

ハネッコ「」ふわっ

すかっ

ハヤト「な…!またかわされた!?」

律「へへっ、ハネッコは風を利用して飛ぶ!風を感じやすいんだ!
だからエアカッターの風圧でハネッコが動いてかわせれるってわけだ!」

ハヤト「なんだと!」

律「さあ、行くぜ!
ハネッコ、かぜおこし!」

ハネッコ「ハネー!」びゅおおおお

ハヤト「…言ったはずだぞ!エアームドにそんな攻撃は…」

律「これは攻撃じゃない!
私も言ったはずだぜ!ハネッコは風を感じやすいんだってな!」

ハヤト「!」

びゅおおおお

ハネッコ「」しゅしゅしゅしゅ

ハヤト「な!馬鹿な…!
ハネッコのスピードが早過ぎて見えない!?」

ぴたっ

エアームド「!」

ハネッコ「ハネー!」

ハヤト「ぐ…振り落とせ、エアームド!」

律「させるか!
そのまま植え付けちまえ!やどりぎのタネ!!」

ハネッコ「ハネー!」しゅるる

エアームド「!?」くらっ

ぼとっ

エアームド「エア…エア…」じたばた

ハヤト「……これでは身動きがとれないまま体力が吸い取られていくだけだな
戻れ、エアームド」しゅうう

律「!」

ハヤト「俺の負けだ
さあ君の実力を認め、ジムバッジを授けよう」すっ

律「サンキュー!」

唯「やったね、りっちゃん!(私空気だったけど)」

律「おう!
ジョウトのジムバッジ、初ゲットだぜ!」

律「…っと、そうだ
お前のデビュー戦でもあったんだよな、ハネッコ」

ハネッコ「ハネー!」

律「いい戦いぶりだったぜ!
風を利用して…」

律「!
そうだ…」

ハネッコ「?」

律「お前のニックネームはウィングだ!
よろしく頼むぜ、ウィング!」

ウィング「ハネー!」ぴょんぴょん

唯「おおー!りっちゃんが自分からニックネームを!」

律「なんだよ、私がいつも人から言われてニックネームつけてるみたいじゃねえか」

唯「でもランスの時はそうだったよね?」

律「あぐ…」

ハヤト「お取り込み中のところ悪いが」

唯律「!」

ハヤト「マダツボミのとうでのことだが…」

律「あー、あれはだな」

ハヤト「いや、いいんだ」

唯「え?」

ハヤト「どうやら君達に関係することみたいだし
それに…君達に任せておけば大丈夫な気がするからな」

唯律「?」

ハヤト「…まあ俺に勝ったんだから次のジムも頑張ってくれよ」

律「おうよ!」

唯「次がんばるのは私だよ~りっちゃん!」

律「あ、すまん」

唯「も~」

ハヤト「ははっ
次のジムはヒワダタウンにある
ヒワダタウンへは、キキョウを南に進めばいいよ」

律「ああ、ありがとな!」

唯「目指せヒワダタウンだよ、りっちゃん!」

律「おうよ!」


4