エピローグ


ギンガトバリビル


ナツメ「モルフォン、サイコキネシス!」

モルフォン「」うおーん!

ギンガ団員「ぐえっ!?」

ハンサム「逮捕だ!」がちゃっ

ギンガ団員「ひいっ!」

ナツメ「…これで最後かしら?」

オーバ「だいぶ時間かかったぜ~
ギンガ団、どんだけいるんだよ」

デンジ「…やりのはしらの方は大丈夫かな?」

ナナカマド「先程まではあちらの空…暗かったが、今では明るいな」

オーバ「つうことは…!」

梓「みなさん!」

ナナカマド「梓!純!紬!」

純「ロリk…ナナカマド博士!」

紬「わあ~!みんないるう~!!」

ナツメ「…イツキ達は?」

純「もうすぐ来ますよ」

シバ「おーい!手伝ってくれー!」

ナツメ「!」

キョウ「ファファファ…下ろせと言っているだろう」

シバ「怪我人は黙っていろ」

キョウ「なにを?人を怪我人扱いする……いだだっ」

シバ「…だから言っただろう」

シロナ「ナナカマド博士、お久しぶりです」

ナナカマド「おお、シロナくん!」

イツキ「やあ、ナツメさん」

ナツメ「イツキ」

イツキ「おっと…」くらっ

さっ

ナツメ「…大丈夫?」

イツキ「んっふ、無理しすぎましたね」

紬「…そういえば、ダークライやレジギガスは…」

純「それに、プルート達は…?」

さわ子「残念だけど、すでにいなかったわ」

梓「さわ子先生!リョウさんも!」

ハンサム「むう…
悪人達は捕まえれなかったか…」

マイ「でも、ダークライやレジギガスはそれぞれ帰っていったわ」

紬「!
マイちゃん!」

マイ「クレセリアも帰っていったわ」

梓「…ディアルガとパルキアとギラティナはどうなったんですか?」

シロナ「三匹は姿形は違うけれど、アルセウスに生み出された兄弟だもの…きっと、仲良くしてるわ」

梓「きっと…」

シロナ「そう、きっと…!」

―――――――――――――――――――
やりのはしら


ディアルガ「……」

パルキア「……」

ぎゅおっ

ディアルガ・パルキア「!」

ギラティナ「……」

ディアルガ・パルキア「……」

ギラティナ(ディアルガ、パルキアヨ…
ワタシタチサンニンハ、アルセウスニウミダサレタ
セカイガウマレタチョクゴハ、ワタシタチハトモニクラシテイタ
ダガ、シダイニセカイガオオキクナッテイクニツレ、ワタシタチハベツベツニナッタ)

ギラティナ(ディアルガガジカンヲ、パルキアガクウカンヲ、ソシテワタシガヤブレタセカイヲマカサレタ…
ワタシハサビシカッタ
マタ、ムカシノヨウニサンニンデクラシタイ…)

ギラティナ(ワタシトマタ、トモニナッテクレルカ…?)

ディアルガ・パルキア「……」

ディアルガ「グギュグバァッ!!!」ばっ

パルキア「ガギャギャァッ!!!」ばっ

ギラティナ「!」

ディアルガ・パルキア(イコウ、トモニ…!)

ギラティナ「……!」

ギラティナ(アア…!)

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」ばっ

―――――――――――――――――――
トバリシティ


オーバ「まあなんでもいいんじゃね?
一件落着っつうことで」

デンジ「オーバは適当だね」

梓「でも、そうですよね」

純「終わりよければ全てよし!」

――――――――――――――――――
シロナ「じゃあ、私が代表して…
みんな、お疲れ様
とても大変な戦いだったわ、怪我人も当然いるし…
でも、無事にみんな帰ってきてくれて本当によかった…
またこういうことがあったら集まりましょう
…なんてね」

シロナ「みんな、それぞれの帰るべき場所へ帰ってください
じゃあ…解散!」

――――――――――――――――――
イツキ「それでは、僕とナツメさんは帰りますね」

紬「はい!修行、ありがとうございました!
もっともっと特訓して、私自身が超能力者になります!
はっ!まっが~れ!!」じりじり

紬「あ…曲がらない」

イツキ「…んっふ、頑張ってください
今度会えたら曲げられること…楽しみにしていますよ」

紬「はい!」

シバ「俺とキョウも帰るな」

キョウ「ファファファ
純よ、毎日自主練はしておけよ」

純「えー…毎日はちょっと」

キョウ「おい」

純「ていうか、もう忍者なんだから…」

キョウ「卵だ」

純「むぐ…」

キョウ「ファファファ」

純「もう…今度会う時、私がすごい忍者になっていた時は罰金100万円ですからね?」

キョウ「ファファファ、望むところ」

梓「シバ先生…」

シバ「…梓、トレーナー続けろよ」

梓「…はい」

シバ「今度会ったら、また戦おうな」

梓「…はい」

シバ「…いいポケモン博士になるんだぞ」

梓「…!
…はい…っ!」ぐすっ

ごしごしっ

梓「ありがとうございました!シバ先生!!」

シバ「…ああ、じゃあな」ざっざっ

キョウ「ファファファ、歩くペースが速くないか?」

シバ「…うるさい」

キョウ「ファファファ」

―――――――――――――――――――
紬「じゃあ…マイちゃんもありがとうね」

マイ「お礼なんていいわ
私はあなた達に興味があっただけ…
いい経験になったわ、私こそお礼を言うわ
ありがとう」

紬「…うん、ばいばい」

マイ「じゃあ」たったっ

紬「……」

オーバ「んじゃあ、俺達も帰るかな?」

デンジ「そうだね」

リョウ「僕も帰りましょうかね」

さわ子「あら、四天王全員帰っちゃう?なら私もリョウと帰るわ」

和「じゃあ私も一緒に行きます」

シロナ「私も帰るわね」

梓「みなさん、ありがとうございました!」

デンジ「あ…そうだ、これ」すっ

紬「!
あっ…バッジ……」

デンジ「これだけの出来事があったんだ、君の実力を認めないわけにはいかないだろう」

紬「ありがとうございます!」

梓「これで8個全部揃いましたね!」

シロナ「あら、全部揃ったの?」

オーバ「シンオウリーグに来るのか?」

紬「あ…いえ」

オーバ「来ないんかい」

デンジ「まあ自由だよ」

シロナ「というより、シンオウ四天王の席が二つ会いちゃったわね」

オーバ「一つはもう決まってるだろ」ちら

和「え…私、ですか?」

オーバ「なにを今更…
そのために修行してたんだし、ゴヨウさんの弟子なんだしな」

シロナ「いいわね
じゃあゴヨウさんの席を和ちゃんで」

和「え…あ、なんか決まっちゃった…」

紬「すごいじゃない!和ちゃん!」

梓「その歳だと…最年少四天王じゃないですか!?」

和「そ、そうね…」

和(まさか本当になれるなんて…しかもこんなにあっさり
でも…これでゴヨウさんの後を継げるのね)

シロナ「じゃあ、行きましょうか」

オーバ「うぃ」

デンジ「…じゃあ」

リョウ「さよなら!」

さわ子「またね♪」

和「ばいばい」

梓紬「さようならあ!!」

純「元気でー!!」

ハンサム「」さっ

ハンサム(国際警察は別れの際は姿を消すのだ…!)しゅっ だだっ ばっ しゅばっ だだっ しゅっ

梓(ばれてます…)

紬「ハンサムさん、ありがとうございました~!」

ハンサム「ばれてる!?」

ナナカマド「では、私達も帰るか」

梓「そうですね」

純「あ!私はまだ帰らないよ!」

梓「…なんで?」

純「まだヨスガとナギサのジムバッジをゲットしてないから!んじゃばいばーい!」たたっ

梓「あっ…」

ナナカマド「まったく、いつまでも純だな」

紬「うふふ♪」

―――――――――――――――――――
コトブキシティ


紬「あ…私はここで」

ナナカマド「む、そうか
元気でな」

紬「はい!」

梓「あ…ムギ先輩、私もついていきますよ」

紬「そう?」

梓「いいですよね、ナナカマド博士!」

ナナカマド「ああ、別に構わんが…早く帰ってこいよ」

梓「はい!」

――――――――――――――――――
コトブキカンパニー本社


うぃーん

紬「ただいま…」

使用人「大変です!お嬢様!!」どだだだ!

紬梓「?」

使用人「あ、申し訳ございません!お帰りなさいませ!!」ぺこっ

紬「なにがあったの?」

使用人「それが…旦那様が!!」

紬「!?
お父様になにかあったの!?」

使用人「じ、実はカントーのシルフカンパニーの方で…」

――――――――――――――――――
紬「そんなことが…
お父様は大丈夫なの?」

使用人「はい…
先程、意識も戻りました」

紬「よかった…」

使用人「そして…その犯人のロケット団なんですが、ジョウト地方に拠点を変えたようなんです…」

紬「!
ありがとう、分かったわ」がちゃっ

使用人「お、お嬢様!?」

梓「ムギ先輩?
まさか…」

紬「ええ、ジョウト地方に行くわ!
ロケット団に会いに!」

梓「!」

―――――――――――――――――――
紬「」がちゃっがちゃっ

梓「本当に行くんですか!?
そんな急に…」

紬「誰が何と言おうと行くわ」

梓「じゃ、じゃあ私も行きます!」

紬「!」

梓「ムギ先輩ひとりにだけなんて行かせませんから!」

紬「梓ちゃん…
ありがとう…」

梓「いえ、あ…
ナナカマド博士に許可とってきますね!」たっ

――――――――――――――――――
使用人「……」

使用人「…フンフフフ」ぴっ


???『…サキか、何の用だ?』

サキ「はい、サカキ様
ミュウツーに関わりのある人物を見つけました」

サカキ『ほう』

サキ「そいつも直、ジョウト地方へ向かいます
ミュウツーも現れるでしょう」

サカキ『…よくやったぞ、サキ』

サキ「いえいえ、とんでもない…
…それでは」ぴっ

サキ「…フンフフフ」


おわり