――――――――――――――――――――
どん!どん!!どん!!!

エビワラー「シェイ……」ばたっ

梓「!」

ネイティオ「トゥートゥー……」ばたっ

紬「!」

マリア「マージ…」ばたっ

純「!」

シバ「く…!」

イツキ「やはり受けきれませんか…」

さわ子「大丈夫?みんな」

梓「みなさん!」

シバ「とりあえずキョウ達は避難させておいたぞ
まあ、事態は楽観視できるものではないが…」

イツキ「相手は創造神…油断できませんよ」

アカギ「そうとも!」

皆「!!」

アカギ「不完全な貴様らが力を合わせたところで、アルセウスには勝てん!
アルセウス!」

アルセウス『……』

イツキ「させませんよ!
フーディン!」

フーディン「フー!」だっ

スカタンク「グオー!」ばっ

フーディン「!?」

どがっ

フーディン「フー!?」ずさあっ

イツキ「!」

ジュピター「アカギ様の邪魔はさせないわよ」

サターン「……」

マーズ「…ふふ」

純「あんたたち…!」

アカギ「くく…
さあ、こちらはこれだけの勢力…
だがそちらはトレーナーがたったの6人…
どちらが優勢かな?」

アカギ「…もちろん、こちらが優勢だ!!」ばっ

ゴヨウ「そうとも限らないぞ!!エーフィ、サイコキネシス!!」

アカギ「む!」

アルセウス『……』ひゅおっ

効果がないようだ…

ゴヨウ「!?
効かない…?」

アカギ「ゴヨウか…」

ゴヨウ「よくも私を騙したな!そんなポケモン、私は聞いてないぞ!」

アカギ「今更もう遅い!!」

アルセウス『……』ざっ

ゴヨウ「!」

たたっ

和「ゴヨウさ…」

ゴヨウ「!?
来てはいけな…」アルセウス『』かっ!

和ゴヨウ「!?」

どおおおん!!!

和「……!!」

ゴヨウ「かはっ…!!」

どだああああん!!

梓「和先輩っ!?」

梓「ど、どうしよう…純!和先輩が…」

純「梓…」

梓「ムギ先輩!」

紬「梓ちゃん、落ち着いて…和ちゃんなら大丈夫よ」

梓「でも…!」

ふわっ

梓「!」

紬「大丈夫よ…」ぎゅう

梓「……あ…」

紬「…落ち着いた?」

梓「あ、はい…」

シバ「…梓」

梓「!」

シバ「いいか、よく聞け
純と紬もだ
お前達が一週間なにをしてきたか…
なんのために修行をしたか…
奴らに見せ付けてやれ!そして、世界を救え!!」

梓「……」ちら

純「…へへっ」

紬「……」こくっ

梓「……」

梓純紬「はい!」

シバ「……よし!」

イツキ「…んっふ、やはり僕の勘は外れていませんでしたね」

さわ子「邪魔する奴らは私達に任せなさい!」

シバ「カポエラー!」ぽん!

カポエラー「カポー!」ばっ

シバ「トリプルキック!」

カポエラー「」どだだだ!

スカタンク「!?」

ジュピター「…!」

さわ子「」ざっ

サターン「……」

イツキ「んっふ」ざっ

マーズ「……」

純「行こう、梓!」

紬「行きましょう、梓ちゃん!」

梓「はい!」

ざっ

梓純紬「…」

アカギ「ふ…ラストバトルだ!」

アルセウス『……』

梓「デビちゃん!」ぽん!

デビちゃん(デルビル)「うおーん!」

梓「あくのはどう!」

デビちゃん「」しゅっ

アカギ「!
速い……!」

梓「ヒードランに鍛えてもらったスピード!
どんなポケモンも追いつけないですよ!」

デビちゃん「」しゅっ

アルセウス『!』

デビちゃん「うおーん!」どぴゅん!

どおおおん!

アカギ「…なかなかやるようだな、だが……」

アルセウス『……』

梓「微動だにしない!?」

紬「梓ちゃん!アルセウスは特性でタイプを自由自在に変えられるの!」

梓「!
じゃあ、攻撃が通用しないんですか!?」

純「…でも、三人力を合わせれば!」

紬「ええ!」

梓「…うん!」

アカギ「ふ…」

アルセウス『……』

純「ドルアゲス!」ぽん!

ドルアゲス「マーネネ!」

紬「リン!」ぽん!

リン(レントラー)「リン!」

梓「ミミちゃん!」ぽん!

ミミちゃん(ミミロル)「ミミー!」

純「いくよ!!
おうふくビンタ!」

ドルアゲス「」だっ

紬「雷の牙!」

リン「」ばりばりっ

梓「ミミちゃ…」ぴかっ

ミミちゃん(ミミロップ)「ミミロー!」

梓「……!
おんがえし!!」

ミミちゃん「ミミロー!」だっ

ドルアゲス「マネー!!」

リン「リーン!!」

アルセウス『!』

がきいいいいいいん!!!!

アルセウス『……!』くらっ

梓「よしっ!」

アカギ「甘い!このくらいでやられるアルセウスではない!!」

アルセウス『……』きっ

紬「!」

アカギ「はははー!!
どれだけ力を合わせようと、所詮不完ぜ…」ぱきいいいっ!

アカギ「!?
な、なに…?ま、マスターボールが壊れ……」

純「」にっ

アカギ「!」

エヌターク「ストライッ!」

アカギ「ストライク…!
き、貴様あああああああ!!!」

純「さすが私!忍者の私!できる子!」

紬「ぐっじょぶ!純ちゃん!」

梓「これでアルセウスは…」

アルセウス『……』かっ

ぎろっ

アカギ「!」

アルセウス『貴様だったか…!!
世界の秩序を乱したのは!!!』ごごごごご…

アカギ「な、なにを…!
わ、私はお前の主人だぞ!?このアカギに…」

アルセウス『黙れえええええええ!!
下衆な悪人がああああああああ!!』

アカギ「このアカギに逆ららららららららら…………!!!!」

サターン・マーズ・ジュピター「アカギ様!!」だっ

アルセウス『』かっ

どおおおおおおおおん!!!!!

アルセウス『…すまなかったな
我としたことがとんだ勘違いをしていたようだ』

梓「いえ…」

アルセウス『破壊されたものや、乱された秩序は我が直しておこう』

ぴかああっ!!

紬「!」

純「す、すごい…!!」

アルセウス『では、さらばだ!
これからも世界を大切に…』しゅうっ

―――――――――――――――――――
やぶれたせかい


ギラティナ「ゴー……」

ミュウツー「……
どうやら、無事に終わったようだが
……まだ続けるか?」

ギラティナ「……」ふるふる

ギラティナ(ワタシノマケダ…)

ミュウツー「…!」

ギラティナ(ダガ、オドロイタナ
マサカアノアルセウスヲタオストハ…
カノジョタチハイッタイナニモノナノダ?)

ミュウツー「…何者でもないさ
そこら辺にいるただの人間だ…
不完全ながらもこの世界で楽しく暮らしている
だが、なにが違うかというと…」

ミュウツー「友の存在だろうな」

ギラティナ(トモ…?)

ミュウツー「互いに信頼でき、一緒にいることで楽しくなったり、互いに支え合うことのできる友…」

ミュウツー「楽しいものだぞ、友のいる人生は」

ギラティナ(…オマエニモトモガイルノカ?)

ミュウツー「……」

ミュウツー(ニャース……フジ博士……カツラ……
梓……)

ミュウツー「ああ、いるとも
そして…」すっ

ギラティナ(?)

ミュウツー「全力で戦いあった…私達も今から友だ!」

ギラティナ(…!)

ギラティナ「」こくっ

がしっ

ミュウツー「…ふっ」すたっ

ミュウツー「じゃあな」

ギラティナ(アア…)

ミュウツー「」たっ

ギラティナ「……」

ギラティナ(トモ…カ)

―――――――――――――――――――
やりのはしら


和「大丈夫ですか?」

ゴヨウ「……はい、かろうじて」

和「…終わったみたいですね」

ゴヨウ「……はい」

和「ゴヨウさ…」

ゴヨウ「」くるっ

和「!」

ゴヨウ「私は少し、頭を冷やしてきます
このままでは世間に顔向けできませんからね」

和「……」

ゴヨウ「でもその前にこれだけは伝えておきましょう
私は世界が不完全だと言った…でも違いましたね
この世界の人々は一緒にいることで完全になる…
それにあなたは完全でした、和さん」

和「ゴヨウさん…」

ゴヨウ「またお会いしましょう
では、お元気で」すっ

和「……ふふ」

―――――――――――――――――――
梓「終わったんですね…」

紬「…ええ」

純「ふえ~っ」へたっ

純「急に力抜けた~っ!」

紬「ふふっ♪」

梓「もう…
……ふふっ」

純「へへっ」

シバ「梓!純!紬!よくやったぞ!!」

梓「シバ先生!」

イツキ「お見事です」

さわ子「なんか泣けてきちゃったわ~」

たたっ

和「みんな!」

皆「!」

梓「和先輩!」

紬「無事だったのね!」ずいっ

純「えっ」

紬「あっ…うふふ」

和「?」

梓(ミュウツーは…)

たっ

梓「!」

ミュウツー「……」しゅっ

梓(…ありがとう、ミュウツー)

梓「ふふっ」

紬「?
どうしたの、梓ちゃん」

梓「あ、いえ…」

純「なに?」

梓「と、とにかく!
トバリシティに帰りましょう!
みなさんの所へ!」


―最終章完―



34