―――――――――――――――――――
やぶれたせかい


ミュウツー「くらえ!
サイコカッター!」しゅばっ

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」びゅおっ

ざきいっ!

ミュウツー「!?
ぬう…!ドラゴンクローか!」

アカギ「ギラティナの技はシャドーダイブだけではないぞ!」

ミュウツー「く…」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

ミュウツー「サイコキネシス!!」うぃん!

ギラティナ「」しゅっ

ミュウツー「!!」

梓「今度こそ来る…!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」びゅおっ

ミュウツー「今だ!
まもる!!」

梓「!
なるほど!」

和「まもるをすればどんな技でも封じれるわ
そのあと相手の隙をみて攻撃すれば…」

ゴヨウ「それはどうでしょう?」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

ミュウツー「!?」ぼおおおん!!

どさあっ!!

ミュウツー「がはっ…!」

梓和「!?」

和「まもるをしたのに…どうして!?」

ゴヨウ「シャドーダイブはガード不可能なんですよ」

和「!」

アカギ「いくらまもるだろうと、シャドーダイブは当たってしまうのだ」

梓「そんな…」

ミュウツー「ぐう…!
まもるも通用しないとは…」

アカギ「ふ、だから言っただろう
貴様ではギラティナに敵わないと…
さて、どうする?」

ミュウツー「…しょうがない
リミッターをはずすしかないようだな
梓、ここを去れ
お前にも危害を与えかねん」

梓「え…」

和「……行きましょう、梓ちゃん」

梓「でも…
わ、私は残りますよ」

ミュウツー「!」

梓「ミュウツーだけ残してなんていけません!」

ミュウツー「梓…」

和「じゃあ私も…」

梓「いえ、和先輩は行ってください!
先輩にまで迷惑は…
あっちの世界に戻ってムギ先輩や純に私は無事だと伝えてください!」

和「……分かったわ」たっ

アカギ「…ゴヨウ、お前も行っていろ」

ゴヨウ「だが、お前は大丈夫か?」

アカギ「ふん、心配されるほどヤワじゃないさ」

ゴヨウ「ふ、それもそうだな…
じゃあ、しっかりやってくれ」たっ

アカギ「……ふ」

梓「……」

ミュウツー「……」

アカギ「ここにくる前に言ったと思うが、ゴヨウは知らない」

梓「え?」

アカギ「…アルセウスのことだ」

梓「!
やっぱり…」

ミュウツー「なんのことだ?」

梓「世界を創造したと言われるポケモンだよ
アルセウスを使って、アカギは世界を壊そうとしてるの」

アカギ「そうとも
アルセウスはこの世界の秩序を乱せば現れる
もう直に現れるだろう」

ミュウツー「…だからギラティナを暴れさせているのか
だがアルセウスが現れることはないだろうな」

アカギ「…?」

ミュウツー「なぜなら…私がギラティナを倒すからだ」ばんっ

アカギ「……ふ、やってみろ!
ギラティナ!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

ミュウツー「はああああああ…」ぶおおおおおお

―――――――――――――――――――
やりのはしら


キクコ「フェフェフェ、ダークライ!ダークホール!」

ダークライ「」うぃん

リョウ「!」

ヘラクロス「Zzz…」

リョウ「く…やはり、強い!」

さわ子「マリア!」

マリア(ムウマージ)「マージ!」

ダークライ「…」しゅっ

マリア「!?」

さわ子「!」

キクコ「フェフェフェ、ダークライには勝てないよ」

イツキ「んっふ、それはどうでしょうか?」

キクコ「なに?」

紬「マイちゃん!」

マイ「」たっ

キクコ「…?」

マイ「どんなポケモンにも弱点は存在するのよ
闇の弱点は光!」ぽん!

クレセリア「クリュー!!」

キクノ「!」

キクコ「クレ…セリアか?」

マイ「そう、知っていたようね」

キクノ「…ダークライの天敵、みかづきポケモン・クレセリア!」

マイ「さあ、あなた達の野望もここまでよ!」

―――――――――――――――――――
キョウ「アリアドス、いとをはく!」

アリアドス「」しゅっ

ニョロボン「!」

プルート「ぬう…一旦戻して……」かちっ

ニョロボン「……」

プルート「!?
戻らないだと?」

キョウ「ファファファ、第一撃で放ったくものす…
相手を逃げられなくする技だ!
貴様のニョロボンは戻せんぞ!」

プルート「ぐっ……!」

キョウ「どくづき!」

アリアドス「アリアー!」しゅっ

どん!

ニョロボン「」ばたっ

ニョロボンは倒れた

プルート「……」

どおん!

プルート・キョウ「!」

レジスチル「」ぶおっ

ドルアゲス「マーネネ!?」

純「ドルアゲス!」

ジンダイ「はっはっは、そんなポケモンでは勝てないぜ!」

純「……へへ」

ジンダイ「?」

純「甘く見ないでよ!ドルアゲスだってナツメさんに鍛えてもらったんだから!
ね、ドルアゲス!修行の成果みせてあげて!!」

ドルアゲス「マーネネ!」

ジンダイ「…へっ、まだまだこれからだってか?
いいぜ、叩き潰すまでだ!
レジスチル、アイアンヘッド!」

レジスチル「」ぶおっ

純「来るよ!かわして!」

ドルアゲス「」さっ

ジンダイ「!」

レジスチル「」すかっ

どがん!

ジンダイ「大型ポケモンとのバトルに慣れてるのか!?」

純「当然!なんせ神獣とバトルして鍛えてたんだから!(神獣ってなんなのか知らないけど

さ)」

ジンダイ「ちぃっ…だが!
鋼タイプとエスパータイプ!相性が悪いのは歴然!勝てるはずがない!!」

純「そうかな?」

ジンダイ「なに?」

純「さっきのポケモン、ダークライって言ってたっけ?」

ジンダイ「それがどうした?」

純「へへ、ものまね!」

ドルアゲス「マーネネ!」うぃん!

ずう……

レジスチル「!
………Zzz」どおおおん

ジンダイ「!?
ね、眠った!?じゃあ今のは…ダークホール!!」

純「そう!さっきダークライがダークホールをした時にものまねをしといたんだ」

ジンダイ「いつの間に…」

純「いくよ!ゆめくい!!」

ドルアゲス「」ぎゅおおおおお…!!

レジスチル「Zzz……
………………」ばたっ

レジスチルは倒れた

ジンダイ「くそっ…!」

純「へへっ、どう?これでも勝てないって言える?」

ジンダイ「…調子に乗るなよ!
こっちにはコイツがいるんだ!
なあ、レジギガス!!」

レジギガス「ズッ…ズッ…」

純「!」

ばっ

シバ「エビワラー!」

エビワラー「シェイ!」

シロナ「ガブリアス!」

ガブリアス「グオー!」

ジンダイ「!」

純「へへ、こっちも私一人じゃないんだからね!」

ジンダイ「く…」

―――――――――――――――――――
やぶれたせかい出口


和「はあはあ…ここが出口ね」たっ


やりのはしら


和「…戻れたわね
元の世界に」

和「みんなに会わなくちゃ…でも
……ブーピッグ!かわらわり!」ぽん!

ブーピッグ「ブー!」だっ

どんっ!

ドータクン「!」

和「…出てきてください、ゴヨウさん」

ゴヨウ「…ふ、ばれていましたか
やはり、流石ですね」

和「……」

ゴヨウ「お仲間の元へ行かなくていいんですか?」

和「……行きたいです、でも…あなたを倒してから!」ぽん!

キルリア「キュルー!」

和「サイコキネシス!」

キルリア「」うぃん!

ドータクン「…!」

ゴヨウ「なるほど…
こちらしても好都合です
強い芽は早めに潰しておかないと、厄介ですからね!
ドータクン、ジャイロボール!」

ドータクン「ウオオオン」ぎゅん!

どん!

キルリア「!?」

ゴヨウ「ふふ…」

和「……」ぎゅっ

ゴヨウ「残念ですね、本来ならばあなたは味方だったというのに…」

和「勝手なこと言わないでください!私だって…」

ゴヨウ「……」

和「うっ…」さっ

ゴヨウ「それは…めざめいし……」

和「これは…使う気はありませんでした
でも使わないとゴヨウさんには…勝てない!」

ぴかああっ!

キルリア「!」どくん!

ぱああああっ

エルレイド「エルレイ!」

和「エルレイド、リーフブレード!」

エルレイド「」ざきいいいいん!!

ドータクン「!?」ゆらっ

ばたん!

ドータクンは倒れた

ゴヨウ「!!
ぐっ……」

和「…負けませんよ」

ゴヨウ「エーフィ!」ぽん!

エーフィ「フィー!」

ゴヨウ「返り討ちに…」

どおおおん……どおおおん……

和「!?」

ゴヨウ「…何事です?」

――――――――――――――――――――
やぶれたせかい


ミュウツー「ふんっ!」ばっ

ギラティナ「!!」

ミュウツー「はっ」ぶんっ

どがっ

ギラティナ「…!」くらっ

ミュウツー「はああっ!!」びゅっ

どん!!

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!?」

ミュウツー「ふんっ!
はっ!!」どすっ

ギラティナ「!?」びたあああん!!

ミュウツー「…」しゅっ

たっ

梓「つ、強い…!」

ミュウツー「ふ、どうだ?
これが私の本気だが」

アカギ「…強いな、圧倒的だ
リミッター解除しただけのことはある
……だがな、残念な知らせがある」

ミュウツー「…なに?」

アカギ「外の世界にはすでにディアルガとパルキア、それに他の伝説ポケモン達が集まって

暴れているみたいだ
そして、やぶれたせかいには凶暴なポケモンが二匹…」

ミュウツー「…簡潔に言え」

アカギ「アルセウスが現れた…!」

ミュウツー・梓「!!」

―――――――――――――――――――
やりのはしら


マーズ「…あー、なんなのよ
あいつ……突然本気だしてさ~
まったく…」

サターン・ジュピター「マーズ!」

マーズ「!
あら、サターンにジュピターじゃない」

サターン「空を見ろ!!」

マーズ「?
…!?
な、なによあれ…」

――――――――――――――――――
シバ「な…なんだ?」

純「空が…二つに割れて……」

どおおおん……

レジギガス「!!」ぶるぶる

プルート「!」

ジンダイ「レジギガスが震えてやがる!」

ダークライ「……」ぶるぶる

キクコ「!
ダークライも…」

クレセリア「クリュー…」ぶるぶる

紬「クレセリアも…」

シェイミ達「シェイミ~…」ぶるぶる

マイ「大丈夫よ…」ぎゅうっ

ディアルガ「グギュグバァッ!!!」

パルキア「ガギャギャァッ!!!」

シロナ「!
ディアルガとパルキアが……
まさか、あれは……」

???『誰だ?世界の秩序を乱している者は…』

シロナ「アルセウス…!!」

アルセウス『……』


32