―――――――――――――――――――
やりのはしら


シバ「なんだ!?今のがシロナさんが言っていたギラティナか!?」

サターン「そうだ
ついに世界も終焉に近付くのさ」

ジュピター「アカギ様はやぶれたせかいからギラティナで世界を破壊させてる…
なら私達の仕事は…」すっ

スカタンク「グオー!!」ばっ

シバ「!」

―――――――――――――――――
マーズ「…アカギ様のため、少しでも多くこの世界を破壊するのことよ!
ブニャット、きりさく!」

ブニャット「ニャー!」ざきいっ!

トリトドン「!?」ずざあっ

シロナ「!」

マーズ「その前にあんたを倒さないとね!」ぽん!

エレキブル「エレキブール!」

シロナ「そうはいかないわ!
梓ちゃん達が頑張ってるんですもの…私が負けてなんていられないわ!
トリトドン、だくりゅう!」

トリトドン「ぽわ~!」

ぶわあああ!!

エレキブル・ブニャット「!?」

――――――――――――――――――
シバ「エビワラー!」ぽん!

エビワラー「シェイ!」

ジュピター「どくづき!」

スカタンク「」どすっ

エビワラー「…っ!」ぎりっ

シバ「カウンター!!」

エビワラー「シェイ!!」しゅっ

ジュピター「!」

エビワラー「」どおおおん!!

スカタンク「グオー…!?」

シバ「どうだ!相手の攻撃をあえて受けてダメージを二倍に返す技、カウンター!」

サターン「ドクロッグ、かわらわり!」

ドクロッグ「グエー!」ばっ

シバ「!
カイリキー!」

カイリキー「リキー!!」

シバ「ばくれつパンチ!」

カイリキー「リキー!!」どがん!!

ドクロッグ「!?」

サターン「なっ…」

シバ「今度はそのまま力でいかせてもらったぞ!」

サターン「く…流石だな
四天王なだけある
だが…直にこの世界は崩壊する
こんなバトルの勝敗など無意味に等しい」

シバ「……」

ずうん…ずうん…

シバ「!」

サターン「…なんだ?」

ジュピター「!?」

レジギガス「ズッ…ズッ…」

サターン「あれは…?」

シバ「?
お前達の仕業ではないのか?」

ジュピター「まさか、あんなポケモン知らないわよ」

シバ「じゃあ…」

キョウ「シバ!」

純「シバさん!」

シバ「!
キョウ!純!」

サターン「!」

シバ「どうしたんだ?
それにあのポケモンは…?」

キョウ「あれは俺達が相手をしていたキッサキ神殿での敵だ
なにかは知らないが、ここに用があるみたいで追ってきたんだ」

シバ「そうだったのか」

純「それにしても…あの黒い穴は…?」

シバ「それが梓と和がやぶれたせかいに…」

純キョウ「やぶれたせかい?」

シバ「やぶれたせかいとは…」

ジンダイ「レジギガス、にぎりつぶす!!」

レジギガス「ズッ…」ぶおっ

ぎゅううう!!

パルキア「ガギャギャァッ!?」どたあああん!!

純キョウ・シバ「!?」

シバ「…説明は今はしている暇はない
とりあえず、奴らを止めよう!」

キョウ「ああ!」

純「はい!」

だっ

ジュピター「待ちなさ…」サターン「やめろ、ジュピター!」

ジュピター「!
なによ、サターン?」

サターン「奴らを止める必要はない」

サターン「パルキア達が倒されたら元も子もないからな
奴らはその手助けをしてくれるようなものだ」

ジュピター「……あのポケモンの近くにいる奴…
プルートじゃない?」

サターン「………
とりあえず、マーズと合流するぞ」

―――――――――――――――――――
新月島


???「……また、会えたわね」

イツキ「…?」

紬「…マイちゃん?」

マイ「そう、私はマイ」

イツキ「お知り合いですか?」

紬「はい、前に会ったことが…
でも、こんな所でどうしたの?」

マイ「……
ダークライは普通に戦っても勝てないわ」

紬「?」

イツキ「それはどういうことですか?」

マイ「ダークライを光と闇…どちらかで例えるなら闇
闇を消すには光が必要なの」

紬「その光って?」

マイ「ダークライと対をなす伝説のポケモン、クレセリア…」

紬イツキ「クレセリア?」

マイ「そう
ダークライが悪夢を見せるのならクレセリアは楽しい夢を見せるの」

イツキ「…クレセリアがいないとダークライは倒せない
ではクレセリアを探さないといけませんね
クレセリアはどこに?」

マイ「満月島という場所にいたわ…」

紬「いた…?」

マイ「今は…」ぽん!

クレセリア「クリュー!」

マイ「私の手持ちよ」

紬イツキ「!」

マイ「行きましょう、ダークライの元へ
クレセリアとともに」

紬「ええ!」

イツキ「…ですが、今からで間に合いますかね?
船も帰ってしまいましたし」

マイ「それなら大丈夫…
シェイミ達が送ってくれるから」

シェイミ(スカイフォルム)達「シェイミー!!」ばさっばさっ

―――――――――――――――――――
やぶれたせかい


ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」どおおおん!

梓「うっ…!」ばっ

ぐおっ

和「岩が…っ!
梓ちゃん、危ないわ!
ブーピッグ、かわらわり!」ぽん!

ブーピッグ「」ばごおおん!

梓「!」

和「大丈夫?梓ちゃん」

梓「あ、ありがとうございます!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」びゅおっ

梓和「!!」

びゅおおお!!

梓「くっ…!」ばっ

和「あ、危なかった…」

アカギ「くくく…
お前達ではギラティナは止められん
ましてや、こんな不安定な世界で戦うこともできないだろう」

アカギ「ギラティナも怒っているのだ
世界を荒らしたからな」

梓「荒らしたのはあなた達じゃないですか!」

ゴヨウ「どうでもいいんですよ
ギラティナが暴れるのなら」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」ぎゅおっ

梓和「!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

梓「!
ぶつか…」

しゃきいいいん!!

ギラティナ「!?」どおおおん!!

梓和「…!?」

???「北の方がなにやら騒がしいと思い来てみたら…こういうことか」かつかつ

アカギ「何者だ!?」

ざっ

???「ふ、何者……か
かつてはその問いに答えることができなかっただろうな
だが、今は胸を張って言える…」

梓「!!
み、ミュウツー!?」

ミュウツー「いかにも!
ミュウツー、我はここに在り!!」

―最終章《前編》完―



後編


アカギ「ミュウツー…?」

ミュウツー「…」すたっ

ミュウツー「また会ったな、梓」

梓「み、ミュウツー!どうしてこんなところに!?」

ミュウツー「特別、理由はないが…
知らぬ間にここに来ていた、天に導かれるかのごとくな」

梓「そうなの…?」

和「梓ちゃん、このポケモンは?」

梓「あ、ミュウツーっていうんです!
今から…旅をする前だから……ちょうど、一年前に知り合ったんです
それからは会ってなかったんですけど…」

ミュウツー「まさかこんな場所で再会するとはな
南のナナシマで会い、再び会ったのが北のシンオウとは…運命なのかもしれん」

梓「運命…」

ミュウツー「それで…これはどういう状況なのだ?」

アカギ「なにをごちゃごちゃと…!」

梓「!」

アカギ「貴様が何者かは知らないが…ギラティナに不意打ちを喰わせるとは中々実力のある

ポケモンだろうな」

ミュウツー「……」

アカギ「だが!このやぶれたせかいで、ギラティナに敵うと思うなよ
ギラティナァ!!」

ギラティナ「」むくっ

和「!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」びゅおっ

ミュウツー「むう…!」

がきいいん!

ギラティナ「ゴー…!!」ぎろっ

ミュウツー「……ふんっ!」しゅばっ

ギラティナ「!?」

ミュウツー「……」たっ

梓「ミュウツー!」

ミュウツー「なるほどな…
大体分かったぞ、ギラティナのやらの心…読ませてもらった
どうやら……世界に危機が迫っているようだな」

梓「うん、そうなの
世界の時間と空間がおかしくなって、世界が乱れてギラティナが怒って…」

ミュウツー「……
これを止めなければ世界平和など、夢のまた夢…」

梓「え?」

ミュウツー「いや、なんでもない」

梓「?」

ミュウツー「ただ、このミュウツーが奴らの野望を潰えてみせよう!」

梓「本当に!?」

ミュウツー「ああ、そのためにも…」たっ

ギラティナ「!」

ミュウツー「まずはお前を倒す!!」ばっ

ミュウツー「サイコウェーブ!!」びゅおおお!!

ギラティナ「…!」

びゅわん!!

ミュウツー「どうだ!」

しゅうう……

ミュウツー「む…!ギラティナがいない!!
それにこの黒い霧はなんだ!?」

しゅっ!

梓「!?
ミュウツー!後ろ!!」

ミュウツー「!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」ばっ

ミュウツー「なにっ…!」

どぎゅううううん!!

ばんっ!!

ミュウツー「ぬうお…!!」どたっ

梓「ミュウツー!」

ミュウツー「な…なんだ……?
何が起きた…?」

アカギ「ギラティナの技、シャドーダイブ」

和「シャドーダイブ?」

ゴヨウ「シャドーダイブ…
一瞬にして霧の中に姿を消し、相手の隙を付き奇襲する技です」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

梓「そんな技が…」

アカギ「さあ、この技をどうやって攻略する?」

ミュウツー「……」

梓「ミュウツー…」

ミュウツー「…大丈夫だ、攻略方法は大体分かった」たっ

ミュウツー「さあ、来い!ギラティナ!!」

ギラティナ「ギゴガゴーゴーッ!!」

―――――――――――――――――――
やりのはしら


ジンダイ「レジギガス、炎のパンチ!」

レジギガス「ズッ…!」ぼわっ

どおおおん!!

ディアルガ「グギュグバァッ!?」

プルート「いいぞ、レジギガス!
ディアルガとパルキアをも圧倒する力!!」

ジンダイ「へっへ、こりゃ楽勝だな!」

ジンダイ「もう一丁!
冷凍パンチ!!」

レジギガス「ズッ…!」こあっ

「エビワラー、炎のパンチ!」

エビワラー「シェイ!」ぼわっ

ジンダイ・プルート「!」

レジギガス「ズッ…!」ぶんっ

エビワラー「シェイ!」ぶんっ

ぼわっ!

レジギガス「!」

エビワラー「シェイ!!」ぶおっ

どおおおん!!

レジギガス「!?」くらっ

ジンダイ「ちいっ!!」

シバ「これ以上、被害は出させんぞ!」ばんっ

プルート「目障りな…!
ニョロボン!」ぽん!

ジンダイ「レジスチル!」ぽん!

ニョロボン「ニョロ!」だっ

レジスチル「じ・じ・ぜ・じ・ぞ」

シバ「……ふ」

「アリアドス、くものす!」

「ドルアゲス、サイコキネシス!」

アリアドス「」しゅわっ!

ニョロボン「!?」ぶわっ

ドルアゲス(マネネ)「マーネネ!」うぃん!

レジスチル「…!!」

ジンダイ・プルート「!!」

プルート「…また貴様らかぁ……!!」

キョウ「ファファファ」

純「ふふん、ついてこいって言ったのはあんた達でしょ?」

ジンダイ「ぐ…!」

純「とにかく、私達が今ここで…
……ん?」

ひゅうう……

純「なにあれ…?こっちに向かってくる…」

すたっ

キクコ「おやおや、まだこんなにも邪魔者がいたんだね」

キクノ「…」たっ

ダークライ「…」

プルート「なぜダークライが…?」

キクコ「おや、知っているんだね」

プルート「……」

ジンダイ「ダークライって?」

プルート「悪夢を見せる幻ポケモンじゃ」

ジンダイ「悪夢?
なんだってそんなポケモンを…」

プルート「…奴らもわし達と同じだろう
世界を手に入れるためにさ」

キクコ「そうさ
このダークライで私達は世界を手に入れる!ねえ、キクノ?」

キクノ「ああ」

リョウ「させないぞ!」

キクノ「!」

キクコ「リョウとさわ子か…」

さわ子「私達が止めてみせるわ!」

純「!
さわ子先生!」

さわ子「純ちゃん!」

純「無事だったんですね!」

さわ子「当たり前じゃない!このとおりピンピンしてるわ!」

純「ムギ先輩は?」

さわ子「もうすぐ来ると思うわ」

ばさっばさっ

純「!」

さわ子「!
…来たみたいね」

紬「」たっ

紬「純ちゃん!」

純「ムギ先輩、ご無事で!」

紬「…梓ちゃんは?」

イツキ「」たっ

紬純「!」

イツキ「おそらく…」

「あの中でしょうね」

イツキ「!」

紬「シロナさん!」

シロナ「みんな、揃ったみたいね
オーバくん達はいないけど…」

シバ「…」

キョウ「ファファファ」

さわ子「ふふっ」

リョウ「…」

純「へへ…」

イツキ「んっふ」

紬「…はい!」

シロナ「さあ、みんな力を合わせてシンオウを…世界を救いましょう!!」


31