―――――――――――――
キクコ「さあて…
ゲンガー!」

ゲンガー「ゲーンガー」

さわ子「…」

キクコ「まずはさわ子で試してみるかい
ダークライ!」ぽん!

ダークライ「…」

キクコ「あくむ!」

ダークライ「…」

さわ子「…!?」

さわ子「~~~っ!」がたがた

キクノ「随分うなされてるね」

キクコ「ナイトメアも加わってとても苦しいだろうねえ」

キクノ「このパワーなら世界征服…やはり夢じゃないね」

キクコ「ああ
フェフェフェ、あとは世界をダークホールで包んじまえば目的遂行だね」

キクコ「それをするには膨大な力が必要…
そのためにあくむとナイトメアで力を吸い取っちまいなあ!」

ダークライ「…」きっ

さわ子「!!」がたがた

リョウ「やめろおー!!」ばっ

キクコ・キクノ「!!」

リョウ「うおおお!!」ぶんっ

キクコ「!」ぱしっ

さっ

リョウ「!?」どさあっ

キクコ「リョウか…
いきなり殴り掛かってくるとはね
トレーナーはトレーナーらしく、ポケモンでかかってきなあ!!」

リョウ「ぐ……
ヘラクロス、かわらわりぃ!!」ぽん!

ヘラクロス「ヘラクロー!」ぶんっ

ダークライ「…」ゆらっ

ヘラクロス「!?」どさあっ

リョウ「!」

キクコ「同じ手でかわされるとは…
リョウ、あんた昔からちっとも変わってないね
感情に身を委ねると負けるよ?」

リョウ「うるさい!」

紬「リョウさん!」たたっ

リョウ「!」

キクコ・キクノ「!」

紬「大丈夫ですか?」

イツキ「どうやら彼女達が敵のようですね」

リョウ「さわ子さんをさらったのもあいつらですよ」

紬「…!
さわ子先生!?」

さわ子「」

ゲンガー「キシシシ!」

紬「さわ子先生に何があったんですか!?」

リョウ「ゲンガーの催眠術で眠らされているんだ」

イツキ「…ダークライもゲットされてしまったようですね」

リョウ「…みたいですね」

イツキ「とりあえず、さわ子さんを解放させるのが優先でしょう
そのためにはゲンガーを倒さなければなりません」

キクコ「フェフェフェ、丸聞こえだよ
さわ子は解放させないさ」

キクノ「…」

ダークライ「…」

イツキ「3対3…
頭数では合っていますが」

紬「でもそれじゃあさわ子先生を解放できないわ!」

イツキ「…」

イツキ「まあやってみるしかありませんね
この間にもさわ子さんの容態が悪くなるかもしれません」

リョウ「じゃあ僕はダークライを引き付けましょう!その間に…」キクコ「つべこべ言って

んじゃないよ!いけえ、ヤミラミ!」ぽん!

ヤミラミ「ヤミー!」だっ

紬「!」

イツキ「ネイティオ!」ぽん!

ネイティオ「トゥートゥー!」ばっ

ヤミラミ「!」

イツキ「あなたはさわ子さんを!」

紬「はい!」

キクコ「ちい!行かせないよ!
ダークライ!!」

ダークライ「…」ゆらり

紬「!」

リョウ「メガホーン!」

どがああん!!

ダークライ「!?」

ヘラクロス「ヘラクロー!」

リョウ「お前の相手は僕だ!」

ダークライ「…」

紬「」たっ

キクノ「私を忘れてないかい!
行かせないよ!!」ぽん!

ドサイドン「ガオー!」

イツキ「ふんもっふ!!」

どおおおおおん!!

ドサイドン・キクノ「!?」

フーディン「フー!」ばんっ

イツキ「僕のフーディンは指示がなくても戦えるよう指示してあります!」

リョウ「全員抑えました!早くさわ子さんを!」

紬「ありがとうございます!」たっ

キクコ「させるかあ!!」

ヤミラミ「ヤミー!!」だっ

イツキ「つばめがえし!」

ネイティオ「トゥートゥー!」どすっ

ヤミラミ「ヤミー!?」どさあっ

キクコ「ぐう…!!」

紬「」たたっ

ゲンガー「ゲッ!!」

紬「レン!」ぽん!

レン(ドンファン)「バオー!」

キクコ「ゲンガー!させるなあ!!」

紬「レン、転がる!」

レン「」ごろごろ…

キクコ「かわせ、ゲンガー!」

ゲンガー「キシシシ!」しゅっ

キクコ「よしっ!」

イツキ「…んっふ」

キクコ「!
なにが可笑しい!?」

イツキ「いえ何も…
ただ、紬さんのドンファンの転がるを舐めてはいけませんよ」

キクコ「…?」

紬「ユリ!」ぽん!

ユリ(ユンゲラー)「ユン!」

紬「サイコキネシス!」

ユリ「ユン!」うぃん!

レン「」ふわっ

ユリ「」くいっ

キクコ「!」

紬「まっがーれ!!」

レン「バオー!!」どがああん!!

ゲンガー「!?」

――――――――――――――――――
テンガン山頂上


やりのはしら


梓・シバ・シロナ「」たんっ

梓「着いた…!!」

和「…ここがやりのはしら!!」

シロナ「…妙ね」

シバ「ああ…随分と静かだな」

シロナ「…」すっ

ひゅんっ!

シロナ「!
ガブリアス!」ぽん!

ガブリアス「グオー!」

ひゅっ!

ガブリアス「!?」ざざっ

シロナ「…!
さっさと姿を現しなさい!
ガブリアス、だいもんじ!」

ガブリアス「~~っ!」ぶるぶる

シロナ「!
怯んでる!?」

???「今のはこの子のねこだましよ」

ブニャット「ニャー!」

シロナ「ブニャット!」

???「はあ~い、また会ったわね
金髪の女と黒髪ツインテールの女」

梓「!!
マーズ…!」

マーズ「あら覚えててくれたんだ~光栄ね~」

梓「あなたたちの首領はどこですか!」

マーズ「ふっ…いきなりアカギ様に会わせるわけないでしょ~」

マーズ「まあこの奥にいるんだけどさ~
でも…私が行かせないからねえ!!」

ブニャット「ニャー!」だだっ

梓「さわちゃ…」シロナ「トリトドン!」ぽん!

トリトドン「ぽわ~!」ぐちょぐちょ

梓「!」

シロナ「ここは私に任せて!
一人一人相手にしてたらキリがないわ!
先に行ってて!」

梓・和「はい!」たっ

シバ「すまんな」だっ

マーズ「あ~らら、逃げられちゃった~」

シロナ「…また戦えるわね
あの時は勝負がつかなかったから」

マーズ「エムリットを捕らえることが目的だったからね~
別にあんたとのバトルに興味なかったし~」

シロナ「そう…
トリトドン、だいちのちから!」

トリトドン「ぽわ~!」どどどど…!!

どおん!!

ブニャット「ニャー!?」

シロナ「じゃあ今度は、私とのバトルに興味を持たせてあげる…!!」

マーズ「…ふ~ん」

――――――――――――――――――
シバ「梓!和!
お前たちは首領を追え!」

梓「え!?シバ先生は…」

サターン「ドクロッグ!」

ジュピター「スカタンク!」

ドクロッグ「グエー!」

スカタンク「グオー!」

梓和「!!」

どがあああああん!!

梓「し、シバ先生!」

ぱらぱら…

カイリキー「リキー!」がしいっ

ドクロッグ・スカタンク「!」

シバ「あてみなげ!!」

カイリキー「」ばちいいいん!!

ドクロッグ・スカタンク「!?」

サターン・ジュピター「…!!」

シバ「大丈夫だ!早くいけ!!」

梓「…はい!!」だっ

―――――――――――――――――――
キッサキ神殿


ジンダイ「レジアイス、もう一回かましてやれ!
ふぶき!!」

レジアイス「じゃきー!!」

ぶおおおおお!!

純「!」

キョウ「ぬ…!
だが…」

プルート「ノズパス、とおせんぼう!」ぽん!

ノズパス「ノーズ!」

ばちいい!

キョウ「!!
く…しまった!」

ジンダイ「逃げられねえぜ!
レジアイス、もっと強くふぶきだ!!」

レジアイス「じゃきー!!」

ぶおおおおおおおおお!!!!

純「うっ…」

キョウ「ぬう…!」

ジンダイ「はっはっは!
勝負ありだ!レジロック!」ぽん!

レジロック「じじ ぜじ ぞ」

ジンダイ「ストーンエッジ!」

レジロック「」どどどどどど!!

ばああああん!!

純キョウ「!?」

エヌターク「ストライッ!?」

効果は抜群だ!

純「!
エヌターク!」

エヌターク「ストライ…」

ジンダイ「はっはっは!
見たか!これが古代の力だ!!」

純「…くっ」

キョウ「純!」しゅたっ

純「!」

キョウ「混乱するな
相手は伝説ポケモン…
だが、修行の通りやれば絶対に勝てる
純、お前ならやれる!」

純「…はい!」

ジンダイ「なにやっても無駄だぜ?」

純「エヌターク戻って!」しゅうう

純「ラプンーソ!」ぽん!

ラプンーソ(エンペルト)「エーン!」

純「修行の末、ついに最終進化!
新たな姿のラプンーソの力、見せてあげる!」

ジンダイ「へっ、レジロック!軽くいなしてやれ!」

レジロック「じじ ぜじ ぞ」

純「アクアジェット!」

ラプンーソ「」しゅばっ!

ジンダイ「へっ!アクアジェット程度受け止めてやれ!」

純「アクアジェット程度?
ただのアクアジェットだと思わないことだね!」

ジンダイ「?」

ラプンーソ「エーン!」しゅっ

どがっ!

レジロック「!」

かきいいいっ!

レジロック「」かちっ

ジンダイ「なに!?
凍っただと!?」

ラプンーソ「エーン!」たっ

純「へへっ、やったね!上手くできた!」

ジンダイ「なにをやったあ!」

純「ふふん、今のは合成技!」

ジンダイ「合成技?」

純「アクアジェットとれいとうビームを合わせた合体技なのだ!」

ジンダイ「合体技だと?」

プルート「なるほど…
なかなか考えられておるの」

純「レジロックは凍ってしまって動けない!
今がチャンス!ラプンーソ、ハイドロポンプ!」

ラプンーソ「」ぶしゅううううう!!

レジロック「」ばしゃあああん!!

効果は抜群だ!

レジロック「」ばたっ

レジロックは倒れた

ジンダイ「!!」

純「ふふん、どんなもんだい!」

キョウ「いいぞ、純!その調子だ!」

純「はい!」

プルート「…ふ、なるほど
伊達にわし達を邪魔しにきたのではないな」

プルート「ジンダイ、舐めてかかるとお前でも敵わんぞ」

ジンダイ「わーってるよ
レジアイス!」

レジアイス「じゃきー!」

純「次はレジアイスか!
負けないよ!」

プルート「…」

しゅたっ

プルート「!」

キョウ「ファファファ、私達も戦おうぞ」

プルート「…ふん」


29