――――――――――――――――――
ミオシティ


リョウ「なんでダメなんですか!?」

船乗り「うーん…そう言われましても…」

リョウ「…」

イツキ「…困りましたね」

紬「どうしよう…」

船乗り「すみませんが、お引き取りくだs」

???「おい、どうしたんだ?」

船乗り「あっ、トウガンさん!」

紬「え?」

トウガン「む?」

紬トウガン「あっ」

―――――――――――――――――――
トウガン「ほう、新月島か!」

紬「そうなんです、一刻も早く行かないといけなくて」

トウガン「いいだろう!
鋼鉄島の礼もまだしてなかったからな!
おい、今から新月島に行くぞ!」

船乗り「えー!?」

トウガン「さっさとせんか!」

船乗り「は、はい!」

紬「あの…いいんですか?」

トウガン「かまわん!
むしろこちらから頼みたいぐらいだ!はっはっは!」

紬「ふふ…ありがとうございます♪」

トウガン「なんの!
では、乗ってくれ!」

紬「はい!」

イツキ「んっふ、運が良かったですね」

リョウ「助かったあ」

紬「ふふ♪」

イツキ「…」

イツキ(やはり…僕の勘に間違いはないようですね)

――――――――――――――――――
テンガン山


ゴヨウ「久方ぶりですね」

和「…」

ゴヨウ「ふ…
なにもないようでしたら、私は行きますね
急いでいるもので」

和「…ですか?」

ゴヨウ「はい?」

和「私を…最初からギンガ団に入れるために鍛えたっていうのは本当ですか?」

ゴヨウ「…ふ、さて?」ざっ

和「!
キルリア!」ぽん!

キルリア「キュルー!」

ゴヨウ「!
…なんのつもりでしょう?」

和「行かせません
あなたが悪いことをしようとしているのなら…!」

ゴヨウ「…ふっ、いいでしょう」

ゴヨウ「エーフィ!」ぽん!

エーフィ「フィー!」

和「キルリア、マジカルリーフ!」

キルリア「キュルー!」しゅしゅしゅ

ゴヨウ「エナジーボール!」

エーフィ「フィー!」どぴゅん!

どがああああん!!

和「バネブー!
サイケこうせん!」ぽん!

バネブー「ブー!」びゅびゅびゅ!

ゴヨウ「!
ドータクン、ひかりのかべ!」ぽん!

ドータクン「ゴオオオ」うぃん

きいん!

バネブー「!?」

和「!」

ゴヨウ「ふ、随分好戦的ですね
なかなかの勢いですよ
ですが、ひかりのかべであなたのポケモンの攻撃は私のポケモンに届きませんよ」

和「バネブー、とびはねる!」

バネブー「」ぴょん!

しゅっ

バネブー「ブー!」どがっ

エーフィ「フィ!?」

ゴヨウ「!
やはり物理攻撃できましたか…」

ゴヨウ「ですがそれも対策済み!
ドータクン、リフレクター!!」

ドータクン「ゴオオオ」うぃん

和「…!」

ゴヨウ「これで物理攻撃も封じましたよ」

和「く…」

ぴかっ!

和「!?」

バネブー「ブー…!?」めきめき…

ゴヨウ「!」

ぴかああああ!

ブーピッグ「ブー!」

和「進化…!!」

ブーピッグ「ブー!」くいっ

和「!
そうか…!
ブーピッグ、お願い!」

ブーピッグ「」だっ

ゴヨウ「無駄ですよ!
ドータクン、あやしいひかり!」

ドータクン「」ひゅううん!

ブーピッグ「ブー!」ぷいっ

和「ブーピッグの特性、マイペース!
混乱はしませんよ!
ブーピッグ今よ!かわらわり!!」

ブーピッグ「ブー!」ぱああああん!!

ゴヨウ「!!
リフレクターとひかりのかべが…!」

和「かわらわりはリフレクターとひかりのかべを壊し、相手に攻撃ができる!
いけえ!!」

ブーピッグ「ブー!」ばああああん!!

ドータクン「!?」くらっ

ばたっ

ドータクンは倒れた

ゴヨウ「くっ…!」

和「よし!」

和(ゴヨウさんの手持ちで1番強いドータクンを倒せた!あとは…)

ゴヨウ「ふ…ドータクン程度を倒せただけで勝ち誇ってませんか?」

和「え…」

ゴヨウ「いいでしょう
見せてあげましょう、私の切り札を!」ぽん!

???「クルース!」

和「!?
なに…?あのポケモン…」

ゴヨウ「サイコキネシス!!」

???「」ういいいいん!!

ブーピッグ・キルリア「!?」

和「…!!」

どがあああああん!!

ゴヨウ「戻りなさい!」しゅうう

ゴヨウ「ふ…」ざっざっ

――――――――――――――――――
やりのはしら

ざっざっ

アカギ「……」

サターン「!
アカギ様!」

アカギ「赤い鎖は?」

ジュピター「今準備しています」

アカギ「そうか」

サターン「もうすぐでこの世界ともお別れですね」

マーズ「そしていよいよ始まりますね!私達の世界が!時代が!!」

アカギ「ふ、そうだな」

ざっ

アカギ「!
やっと来たか、ゴヨウ」

ゴヨウ「ああ、少し邪魔が入ってな」

アカギ「…これで全員揃ったな」

アカギ「さあ…不完全な世界とはおさらばだ
完全なる世界の始まりだ…!!」

―21章完―



22章


アカギ「…」

サターン「?」

アカギ「邪魔者は…奴らはまた我々を邪魔しにくるだろう」

アカギ「サターン、マーズ、ジュピター
奴らが来たら…わかってるな?」

サターン・マーズ・ジュピター「はっ」

―――――――――――――――――――
テンガン山


たった

梓「!」ぴたっ

シロナ「どうしたの?」

梓「?
誰かいる…?」

シバ「?」

シロナ「トゲキッス、フラッシュ!」ぽん!

トゲキッス「」ぴかっ!

和「!」

梓「和先輩!?」

和「梓ちゃん…」

シバ「!」

梓「どうしたんですか!?こんなところで…」ちらっ

ブーピッグ・キルリア「」ぐたっ

梓「ポケモン達もこんなに傷ついて…」

和「…」

シバ「…ゴヨウさんか?」

和「!」

シバ「ゴヨウさんがギンガ団に協力していることは聞いた
お前はゴヨウさんを追っていたらしいし
ゴヨウさんと戦ったのか?」

和「そうです…」

和「ゴヨウさんを追いかけても意味ないって分かってた…
なのに追いかけて…ポケモン達も傷つけて…
なにをやってるんですかね、私…」

シバ「……」

梓「和先輩…」

和「…でも私、どんなに傷ついてもゴヨウさんの気持ちを確かめたいんです
そして、ゴヨウさんがなにを思っていようと、改心させてみせます」

シバ「ふ、いい目だ
…和、ゴヨウさんがどうあろうと今止めるべきはギンガ団
ギンガ団を止めればゴヨウさんも変わるかもしれん」

梓「一緒にギンガ団を止めましょう!」

和「…ええ!」

梓「はい、掴まってください!」すっ

ぐいっ

しゅたっ

和「ありがとう」

梓「いえ…」

梓「さあ、目指すはテンガン山頂上…やりのはしらです!」

―――――――――――――――――――
キッサキ神殿


純「むー…」

キョウ「……」

純「本当にここでいいんですか?
人っ子ひとりいませんよ」

キョウ「…ぬ
しかしこの街の住人に聞いたことが確かなら、ここで合ってるはずだがな」

純「むー…」

きらっ

キョウ「!」

キョウ「危ないっ!」だっ

純「えっ?」

ぶおおおおお!!

純「きゃっ!?」

キョウ「ぬう!!
これは…ふぶき!?」

どがああん!!

レジアイス「じゃきー!!」

キョウ「ぬう…!?あのポケモンは…レジアイス!」

ジンダイ「へっ、本当に邪魔しに来やがったな!」

プルート「まったく、簡単にはいかないな何事も」

キョウ「!
何奴っ!?」

ジンダイ「俺はジンダイ!」

プルート「わしはプルート」

ジンダイ「お前達は俺達を邪魔しに来たんだろ?」

キョウ「お前達、何が狙いだ!」

ジンダイ「ふ…
一言で言うと、そうだな……世界征服!!」

レジアイス「じゃきー!!」

キョウ「!?」

ぶおおおおお!!

純「う…なんて強い風なの…!?」

ジンダイ「はっはっは!
どうだ、伝説のポケモンの力は!!」

純「ぐ…」

キョウ「甘いわ!!」

ジンダイ「あん?」

キョウ「アリアドス、いとをはく!」

アリアドス「」ぷしゅうう!

レジアイス「!?」

ぶおおおおお……

純「ふぶきが収まった!」

キョウ「いけえ、純!!」

純「はい!
エヌターク、かまいたち!!」ぽん!

エヌターク(ストライク)「ストライー!」

ぶああああ!!

きいいいん!!!

レジアイス「じゃきー!?」ぐらっ

ジンダイ「!?
…ちぃっ!!」

たっ

キョウ「いい攻撃だったぞ、純!」

純「はい!」

ジンダイ「くそっ、いつの間にふぶきを逃れたんだ…」

キョウ「ふ、知りたいか?
あれだ!」

こと…

ジンダイ「…?
なんだあれ、木…?」

キョウ「変わり身の術!
それでかわしたのさ!」

ジンダイ「変わり身の術だと?」

プルート「…なるほど
おぬし、忍者の末裔か」

キョウ「その通り」

ジンダイ「忍者~?
そんなの今の時代にいるのかよ」

プルート「目の前にいるだろう
今の変わり身の術…本物じゃないか」

ジンダイ「…よくわかんねえけど、まあとりあえず…
こいつらを除けば、俺達の夢は叶うんだから叩き潰しゃあいいな!?」

プルート「ああ」

キョウ「ふん、やれるものならやってみろ」

純「私達もそれなりだから簡単にはいかないよ!」

―――――――――――――――――――
新月島


紬「ありがとうございました♪」

トウガン「ああ、困った時はいつでも呼んでくれ」

イツキ「では急ぎましょう」

紬「はい!」


28