―――――――――――――――――
新月島


キクコ「現れたね!ダークライ!!」

ダークライ「…」ばっ

キクノ「ヌオー!」ぽん!

ヌオー「ヌオー!」

キクノ「ヌオー、みずでっぽう!」

ヌオー「」ぷしゅうう!

ばしゃっ

ダークライ「」ぶるるっ

キクノ「どうだい!」

ダークライ「…」うぃん

キクノ「……?」

ヌオー「Zzz…」

キクノ「!!
ダークホールか!」

ダークライ「…」ばっ

ヌオー「!?」ぐぐぐ…

キクノ「!?どうした、ヌオー!」

ダークライ「…」にや

ヌオーはあくむにうなされている!

キクノ「!
ナイトメアにあくむ…!」

ヌオー「」ぐたっ

ヌオーは倒れた

キクコ「…さがっていな、キクノ」

キクノ「!」

キクコ「私が相手だよ!ダークライ!!」

ダークライ「…」

キクコ「カゲボウズ!」ぽん!

カゲボウズ「カゲボー!」

ダークライ「…」うぃん

キクノ「!
またダークホール!?」

カゲボウズ「カゲボー!」きっ

ダークライ「…!?」

キクコ「フェフェフェ
私のカゲボウズは進化前でレベルは低いが、それ相応の特性を持っていてね」

キクコ「ふみん…それが私のカゲボウズの特性!
文字通り、眠らないのさ!
お得意のダークホールは無駄なんだよ!」

ダークライ「…!」

キクコ「カゲボウズ、シャドーボール!」

カゲボウズ「カゲボー!」どぎゅん!

ダークライ「…!?」ゆらっ

キクコ「今だ!」ぽいっ!

ダークライ「」かちっ

ころ ころ ころ ぴん!

キクコ「フェフェフェ…」にや

キクコ「ダークライゲットだよ…!!」

―――――――――――――――――
トバリシティ


イツキ「…」

紬「ど、どうしよう!?」

イツキ「落ち着いてください」

紬「!」

イツキ「僕達だけサボれるじゃないですか
ハッハ、シバさん・キョウさんざまあみろ」

紬「ええ!?」

「それなら大丈夫です」

紬イツキ「!」

リョウ「場所は僕がわかります」

イツキ「リョウさん!」

紬「場所が分かるって、本当ですか!?」

リョウ「うん…」

リョウ(思い出した…
ずいぶん昔にキクコさんとキクノさんが言ってた気がする…
『ダークライってポケモンがいて、そいつは新月島ってところに現れる』って…)

イツキ「その場所とは?」

リョウ「新月島です!」

紬「しんげつじま?」

イツキ「…ハクタイシティ沖の遠方に存在する島、ですか」

リョウ「はい」

紬「早速行きましょう!」

イツキ「はい」

リョウ「あ…」

紬「?」

リョウ「その…僕も一緒に…」

ナツメ「駄目よ!」

リョウ「!!
ナツメさん!
な、なんでですか!?」

ナツメ「あなたの運命とは違うからよ」

リョウ「そんな…」

ナツメ「あきらめなさい」

リョウ「う…運命なんてくそくらえだ!」

ナツメ「!」

リョウ「新月島には…僕の友達がさらわれているんです
大切な人達にも異変があって…」

リョウ「運命より友達の方が優先だ!
友達の為になら運命にだって、逆らってやる!!」

ナツメ「…」

ナツメ「…ふ、逆らわずに済んだわね」

リョウ「…?」

ナツメ「自分のスプーンをみてみなさい」

リョウ「」さっ

ばきっ

リョウ「あっ…」

ナツメ「あなたの強い意思が運命を変えたのね
スプーンが命じてるわ
行きなさい、新月島へ」

リョウ「…はい!!」

イツキ「…んっふ」

紬「行きましょう!リョウさん!」

リョウ「うん!!」

たたたっ

ナツメ「…」

オーバ「かーっ、いいのかよ?行かせて」

ナツメ「…スプーンが決めたことよ」

オーバ「へっ、そんなこと言ってあんたはエスパー、スプーン曲げくらい楽勝だろ?」

ナツメ「…」

オーバ「…んまあ、とりあえず俺達はここのギンガ団の奴らをとっちめようぜ
運命とやらに従ってな」

ナツメ「…ふん」

――――――――――――――――――
キッサキシティ


キッサキ神殿


ぐらぐらぐら…

レジギガス「ズッ…ズッ…」

プルート「むう…収まったか…?
無事か、ジンダイ!」

ジンダイ「ああ!」たっ

ジンダイ「…それにしても、目覚めてすぐにじしんとはやってくれるぜ」

プルート「ああ、油断できない
慎重にいけよ、ジンダイ」

ジンダイ「わかってるっつの
レジアイス、頼むぞ!」ぽん!

レジアイス「じゃきー!!」

ジンダイ「れいとうビーム!」

レジアイス「」びびー!

ごあっ

レジギガス「ズッ…」

ジンダイ「ちいっ!全然効いてねえぜ!」

レジギガス「ズッ…」びゅおっ

ジンダイ「!?」

プルート「気をつけろ!レジギガスのにぎりつぶすだ!」

どおおお!!

レジアイス「」ばたっ

レジアイスは倒れた

ジンダイ「…!!
ちっ…レジアイス、戻れ」しゅうう

ジンダイ「おいおい、冗談じゃねえぜ
にぎりつぶすっつうよりふきとばすじゃねえかよ…」

プルート「怖じけづいたか?」

ジンダイ「へっ!まさか!
レジロック!!」ぽん!

レジロック「ざざ ざり ざ」

ジンダイ「ストーンエッジ!」

レジロック「」ごごごごごごごご!!

どがん!

ジンダイ「どうだ!これは効いただろ!」

レジギガス「ズッ…ズッ」

ジンダイ「!
ぐっ…これも効かないとはな」

レジギガス「」だだっ

プルート「まずいぞ!またにぎりつぶすだ!」

ジンダイ「へっ、やられる前にやる!
レジロック、だいばくはつ!!」

レジロック「」かっ!!

レジギガス「!」

どがああああああああああああああん!!!!!

レジロック「」がくっ

レジギガス「…」よろっ

ジンダイ「へっ、さすがにこれは…」

レジギガス「ズッ…」

ジンダイ「!?
かろうじて瀕死じゃない!?馬鹿な…!」

ジンダイ「レジギガス…なんて強いポケモンだ!
レジロックのだいばくはつをもってしても倒れないとは…!!
俺の負けだ…!!
………なーんてな」にや

レジロック「」びゅっ

レジギガス「!」

ジンダイ「ストーンエッジ!!」

どおおおん!!

レジギガス「!?」

どさっ!

レジギガス「」ばたっ

レジギガスは倒れた

ジンダイ「いけえ!」ぽいっ

レジギガス「」かちっ

ころ ころ ころ ぴん!

ジンダイ「ふ…」がしっ

プルート「ニョロボン、戻れ」しゅうう

プルート「…いい演技だったぞ」

ジンダイ「プルートこそな」

プルート「お前のレジロックがだいばくはつすると同時にわしがニョロボンをだし、ニョロ

ボンの特性しめりけでだいばくはつができなかった…
レジギガスは何が起こったのか分からない」

ジンダイ「その隙を狙い、ストーンエッジと…
まあ即席にしてはいい作戦だったぜ」

プルート「ふん」

ジンダイ「とりあえず、これでレジギガスをゲットだ」

プルート「くくく…」

プルート「ついに…ついにこの時がきた!!
ジンダイよ!わし達が世界を手に入れる時がきたのだ!!!」

ジンダイ「ふっ、ずる賢いなプルートは
まさかギンガ団と同時に動き出して他の注意を反らすなんてな
…だが一つだけ聞きたい」

プルート「なんじゃ?」

ジンダイ「注意を反らす…って誰の注意をだ?
俺達を邪魔する奴らがいるのかよ?」

プルート「…」

プルート「ギンガ団の幹部や下っ端たちが言ってたことでな…
“ギンガ団の計画を邪魔する奴らがいる”とな」

ジンダイ「…ほう」

プルート「しかし、先程の地震で奴らが感づいたかもしれんな
わし達の計画に」

ジンダイ「だが奴らはギンガ団を止めようとしてるんだろ?
じゃあ俺達には…」

がちゃあああん…

ジンダイ「!」

プルート「…やはり来たようじゃな」

――――――――――――――――――
キッサキ神殿入口


純「ここだね!」ばん!

がちゃあああん…

キョウ「馬鹿者、もう少し静かに開けんか
敵に気付かれるだろう」

純「えー?やっぱり、ばああーん!っていった方がカッコイイじゃないですかあ」

キョウ「…またお前はそんなことばかり気にして」

純「いいじゃないですかあ
ヒーローは颯爽とかっこよくがいいんですよ!」

キョウ「さっきのお前のどこが颯爽としていたんだ」

純「んー、でもカッコイイって点では忍者もいいですよねー
しゅばっ!しゅっしゅ!って感じが」

キョウ「意味がわからん」

純「やっぱり忍者になれて良かったですよ!」

キョウ「だから卵だと言っておろう」

純「卵でもいいですよ!
忍者は忍者です!」

キョウ「…とりあえず喋っていないで早く行くぞ」

―――――――――――――――――――
ハクタイシティ


イツキ「この先の海ですが…」

紬「行けそうにないですね」

リョウ「見事にギンガ団のビルが邪魔していますね」

イツキ「…ふむ、どうしたものでしょう」

紬「…あっ」

イツキ「?」

紬「ミオシティの船はどうでしょう?」

リョウ「その手があったね」

イツキ「んっふ、それでは早速行きましょうか
ネイティオ!」ぽん!

ネイティオ「トゥートゥー」

リョウ「バタフリー!」ぽん!

バタフリー「フリーフリー!」

紬「…」

イツキ「おっと、紬さんは空を飛べるポケモンがいませんでしたね」

紬「あ、はい」

イツキ「では僕のポケモンを貸しましょう
ネイティオ!」ぽん!

ネイティオ2「トゥートゥー」

紬「ありがとうございます♪」

イツキ「では、急ぎましょう」

ばささっ

――――――――――――――――――
テンガン山


たった

梓「ふう」

シバ「大丈夫か?梓」

梓「あ、はい
すみません」

シロナ「…少し休みましょうか
ずっと走りっぱなしだったし」

シバ「そうだな」

梓「…」すたっ

シロナ「…実は大事な話があるの
ちょっと話す暇がなかったから他のみんなには言ってないんだけど…」

シバ「む…?」

梓「?」

シロナ「ナナカマド博士とシンオウのことを調べてたんだけど、それでいくつかギンガ団に

関係していそうなことが分かったの」

シロナ「…この世界とは違う世界があるって知ってるかしら?」

梓「なんですか、それ?」

シロナ「反転世界…というのかしら?この世界とは反対側の世界のことよ
その反転世界を支配しているギラティナというポケモンがいるの」

シバ「…ギラティナか」

シロナ「そのギラティナは反転世界にたった一匹で住んでるわ
ギラティナはね、反転世界をずっと守ってるの
多分、ギンガ団がディアルガとパルキアを使い、この世界を壊すというなら反転世界にも当

然影響が出てくる…
反転世界を荒らされたギラティナはどうすると思う?」

シバ「…当然、怒り狂うだろうな」

シロナ「そう、そして暴れ回った結果世界を崩壊させちゃうわ」

梓「…どちらにしろギンガ団の思う壷ですね」

シロナ「そう、それは阻止しなければならない
…でもね、もっと重要視するべきことがあるの」

梓「なんですか?」

シロナ「ディアルガ・パルキア・ギラティナがぶつかり、世界の秩序が乱れたその時、現れ

るポケモンがいるの」

シロナ「…世界を創造した、世界の秩序を守るポケモン……アルセウス」

シバ「世界を創造したポケモンだと…?」

梓「で、でも世界の秩序を守るポケモンなら世界を守ってくれるんじゃ…」

シロナ「確かにそうね
でもね、アルセウスはポケモン…もしボールに納められたら従うしかないわ」

シバ「…」

シロナ「そして、ギンガ団がアルセウスのことを知っていて、アルセウスを捕まえたのなら

…大変なことになるわ」

シバ「世界の創造神が破壊神となるわけか…」

シロナ「…私が調べたことは全て話したわ
休憩も終わりね
そろそろ行かないと」

シバ「ああ」たっ

梓「はい」たっ


27