アカギ「お前達が不完全である限り、例えチャンピオンであろうと」

シロナ「…」

アカギ「四天王であろうと」

イツキ・キョウ・シバ「…」

アカギ「多勢でかかってこようと」

オーバ・デンジ・ナツメ「…」

アカギ「完全なる私には勝てん」

紬「不完全、完全…?」

アカギ「さあ、私はもうテンガン山に行こう
追ってくるのならば、こい
どうせ止めることはできないがな
…せめてもの哀れみだ、そこのボタンを押せば、エムリット達は解放できる
さらばだ…!」しゅん!

ナナカマド「消えた…!」

純「いや、今はそれよりも…ユクシー達を!」ぽちっ

がー…うぃーん

ユクシー・アグノム・エムリット「きゅるる!」ばっ

しゅばっ

紬「よかった…解放、されたのね」

梓「とりあえずこれで後はテンガン山に行って、ギンガ団を止めるだけです!」

純「この人数でいけば大丈夫だよね!」

イツキ「…!
それはどうでしょう?」

紬「え…?」

たたたっ

???「はあはあ…」

オーバ「リョウ!?」

リョウ「」よろっ

オーバ「!」

がしっ

オーバ「大丈夫か!?
一体なにがあって…」

リョウ「大変…なんだ…
キクノさんが…キクコさんが…」

オーバ「キクノさんがなんだって!?」

デンジ「オーバ、落ち着いて」

オーバ「!
すまん…」

シバ(キクコ…?)

リョウ「それと…ヨスガジムリーダーのキャサリンさんが…」

紬「キャサリン…!
さわ子先生がどうかしたんですか!?」

リョウ「!
そうか…君達はさわ子さんの教え子達か…
さわ子さんはキクコさんとキクノさんにさらわれ、て…」かくっ

オーバ「!!
おい、リョウ!」

ゆさっ

リョウ「」

オーバ「駄目だ…気を失っちまった」

梓「…さわ子先生がさらわれた?」

紬「本当だったら大変だわ!」

純「…あのさ、キクコさんとキクノさんって誰なんだろ?」

オーバ「キクノさんは俺と同じシンオウ四天王さ」

シバ「キクコはカントー四天王だ」

梓「!?
そんな人達がなんで…?」

ナナカマド「!?」ばっ

シロナ「どうしたんですか?ナナカマド博士」

ナナカマド「みんな、あれを見ろ!」

ごおおおお……

オーバ「な…なんだ?
あっちの方…とても暗い…」

デンジ「暗いというより、どす黒い?
まるで悪夢を見ているような…」

リョウ「ダーク、ライ…」よろっ

皆「!!」

オーバ「リョウ、気づいたか!」

シバ「ダークライというのは?」

リョウ「人やポケモンに悪夢を見せるというシンオウの幻のポケモン…
キクコさんとキクノさんはダークライを使って世界征服をしようとしているんです…!」

皆「!?」

ナナカマド「世界征服…だと?」

ぐらぐらぐら…

皆「!?」

純「今度はなにー!?」

ぽん!

ナマズン「ナーマ」

イツキ「!
ナマズン、どうして勝手に…」

ナマズン「ナーマ!」くいくいっ

イツキ「…!
震源があちらの方向だ、と?」

紬「この先は…キッサキシティ?」

イツキ「そのようですね」

梓「キッサキシティでもなにか異変が!?」

イツキ「かもしれません
ナマズンを見てください」

ナマズン「」ぶるぶる

オーバ「どうしたんだ?」

イツキ「ナマズンの特性、きけんよち…危険を1番に察知する特性です
元々ナマズンは地震に敏感ですが…
それ以上に!先程の地震、そしてキッサキの方から危険を察知しているんです」

シロナ「それって…」

イツキ「ええ、梓さんの言ったとおりキッサキでなにか異変があるんでしょう
…止めなければならないなにかが」

オーバ「つうことはよ
テンガン山でギンガ団が、あっちの海の方でキクノさんとキクコさんが、キッサキシティで

なにかが…
3つの事を全て止めなければならないってことだよな?」

イツキ「ええ、そうなりますね」

純「も~!ギンガ団だけでいっぱいいっぱいなのに、他のことなんか面倒みきれないっ!」

梓「三手に別れるしかないですね…」

イツキ「はい
…ナツメさん」

ナツメ「ええ
紬、ユンゲラーを出して」

紬「え?あ、はい!
ユリ!」ぽん!

ユリ(ユンゲラー)「ユン!」

純「?
なにを…?」

梓「あ…そうか
運命のスプーンまげ…」

純「なるほど!」

ナツメ「そう、これで誰がどこへ行くか決めるわよ
さあ、紬」

紬「はい
ユリ、スプーンを配って」

ユリ「」ゆん!

ぱしっ

紬「スプーンまげ!」

ばきっ

―――――――――――――――
ナツメ「決まったわね
組み合わせはこうよ」


純・キョウ―キッサキシティ

紬・イツキ―ダークライ

梓・シバ・シロナ―テンガン山

オーバ「おいおい、俺とデンジとリョウとナナカマド博士とあんたのスプーンが曲がってな

いぞ!?」

ナツメ「それはここにいろ、とスプーンが命じてるのよ」

オーバ「待機ってことかよ!」

ナツメ「違うわ
このアジトにいるギンガ団を鎮めるのよ」

デンジ「…なるほどね」

ナツメ「じゃあ…みんな、運命の針は動き出したわ!
自分に与えられた使命!しっかり果たしてきて!」

―20章完―



21章


テンガン山


和(ゴヨウさん…見失ったけど、ここにいるのは間違いないわ
ゴヨウさん特有の…エスパー使い特有の気を感じる…)

和「キルリア!」ぽん!

キルリア「キュルー!」ぴかあああ

和「…」

和(キルリアの角が光ってる…
やっぱりゴヨウさんはこの先にいるのね)

和「行こう、キルリア」

キルリア「キュルー!」

和「」たっ

キルリア「キュルー」たっ

和(私が初めて手にしたポケモン、キルリアをくれたのもゴヨウさんだったっけ)

和「…」

和(私が初めてシンオウに来た時…)

―――――――――――――――――――――――――
二年前


シンオウ地方


バトルファクトリー


和「サクラビス、みずのはどうよ!」

サクラビス「ビース!」びゅおっ!

サイドン「」ばたっ

サイドンは倒れた

審判「挑戦者、和の勝ち!」

和「やった!」しゅうう

審判「ポケモンを回復いたします」

てんてんてこてん!

和「ありがとうございます」

審判「次はいよいよファクトリーヘッド・ネジキ様との戦いです
頑張ってください」

和「はい」

どろろん!

和「!」

???「ワーオ!君が挑戦者かい?
僕まで辿り着けたのはこれで2人目かな?」

和「…」

ネジキ「おっと…僕がファクトリーヘッドのネジキだよ!」

和「あなたが…
じゃあバトルを」

ネジキ「ちょっと待ってね」ぴぴぴぴ

ネジキ「…ふむ」ぴぴぴぴ

和「?」

ネジキ「ワーオ!
なるほど、君の選んだポケモンは…サクラビス・ガブリアス・バクーダだね!」

和「!」

ネジキ「…これじゃあ36パーセントってところかな?」

和「はい?」

ネジキ「まあまあ、じゃあバトルを始めようか!」

――――――――――――――
審判「カイリュー戦闘不能!サクラビスの勝ち!
よって勝者は挑戦者、和!」

ネジキ「そんな…僕が負けるなんて…!」

審判「これは勝者に与えられるシンボルです
どうぞ受けとってください」すっ

和「ありがとうございます」

ネジキ「…いやー、なかなかの知識を持ってるようだね
でも次に戦う時は負けないからね」

和「はい」

――――――――――――
うぃーん

和「…」とことこ

ぱちぱちぱち

和「!」

???「ふふ、いいバトルでしたよ
ネジキさんを倒すとはね」

和「…だれですか?」

ゴヨウ「これは失礼
私はゴヨウと言います」

和「真鍋和です」

ゴヨウ「和さんですか…
いやはや、大変豊富な知識をお持ちで」

和「そんなことは…」

ゴヨウ「いえいえ、謙遜なさらずに
しかし…このような公共の施設のバトルだけで終わらせるのもいかがなものかと思いますね


和「?」

ゴヨウ「どうです?
その才能…もっと違うことに活かしてみませんか?」

和「え…?」

ゴヨウ「実は私、このシンオウで四天王をやらせてもらってましてね」

ゴヨウ「…四天王はご存知ですよね?」

和「はい、各地方にいるその地方の選ばれた4人の実力者…ですよね?」

ゴヨウ「その通りです」

和「…でも私、シンオウに来たばかりなのでシンオウ四天王のことはあまり知りませんけど


ゴヨウ「…!」

ゴヨウ(シンオウに来たばかりなら、シンオウのポケモンも知らないはず…
それなのにファクトリーでしかもネジキさんに勝つとは…)

ゴヨウ「…四天王を目指す気はないですか?」

和「え…?」

ゴヨウ「私としても、いつか自分を継いでくれる弟子が欲しいものでね
和さんなら大歓迎なのですが」

和「で…でも、私…まだ10歳だし、自分のポケモンを持ってないですし」

ゴヨウ「なら問題ありません
10歳なら世間的にもう大人ですし、それに手持ちのポケモンも」ぽん!

ラルトス「ラール」

和「!」

ゴヨウ「ラルトスです
あなたに差し上げましょう」

和「でも…」

すっ

和「!」

ゴヨウ「さあ、私と一緒に行きましょう」

――――――――――――――――――――――――――――

和「…」たった

和(そして私は四天王を目指し、修行をした…
いや、今も修行中)

和(最初は四天王なんて乗り気じゃなかったけど…)

ざっ

和「!」

ゴヨウ「こんなところに何の用でしょうか?…和さん」

和「ゴヨウさん…」

――――――――――――――
トバリシティ


イツキ「ではみなさん、ここでまた一旦お別れですね」

オーバ「せっかく合流できたってのになー
俺は待機だしよ」

ナツメ「あなたの運命よ」

シバ「というより今はそんな場合じゃない
シンオウ…いや、世界の危機!
俺たちがなんとかしないといけない!」

デンジ「そうだよオーバ」

オーバ「ぐう…」

シロナ「とにかく、みんな頑張りましょう」

皆「おー!!!」

キョウ「行こうぞ、純」

純「はい!」

シバ「行くぞ、梓」

梓「はい!
シロナさんも!」

シロナ「ええ」

イツキ「さあ僕達も行きましょう、紬さん」

紬「…」

イツキ「…どうしました?」

紬「…私達、どこへ行けばいいんでしょうか?」

イツキ「……あ」


26