20章


ギンガ団員1・2「マーズ様!」たっ

マーズ「だから気安く呼ばないでって言って…」

ギンガ団員1「侵入者です!」

マーズ「……!」

―――――――――――――――――――
純「広いなあ…」たった

ナツメ「でも私の超能力にかかれば、迷うことは決してないわ」

きいいいん…

ナツメ「…こっちよ!」

純「」ばんっ!

ジュピター「!
あら、久しぶりね
エイチ湖の弱いお嬢ちゃん?」

純「ジュピター…!」

ジュピター「あの時私に惨めに負けたくせに、よくこんな所これたわね?」

純「私は強くなった!
今ならお前に負けない!」

ジュピター「ふふっ、いいでしょう
スカタンク!」ぽん!

スカタンク「グオー!」

純「エヌターク!」ぽん!

エヌターク(ストライク)「ストライー!」

ナツメ「純、あなたなら勝てるわ
頑張って」

純「…はい!」

ジュピター「また惨めに負けなさい!
スカタンク、つじぎり!」

スカタンク「グオー!」だっ

純「エヌターク、こうそくいどう!」

エヌターク「」しゅっ!

スカタンク「!」

純「れんぞくぎり!!」

エヌターク「」ざきいいいい!!

スカタンク「!?」

スカタンク「」ばたっ

スカタンクは倒れた

ジュピター「!?
な……!」

純「へへ…だから言ったでしょう?私は強くなったって!」

ジュピター「く……!
でもまだ終わってないわ!」かちゃ

サターン「ジュピター!」

ジュピター「!
…サターンじゃない、どうしたのよ?」

純「!」

サターン「もう赤い鎖は完成した
早く来い!」

ジュピター「完成した?
…ふふ、お嬢ちゃん、そういうことだから…それじゃあね」

純「ま、待て!」

ナツメ「やめなさい!」

純「!」

ナツメ「今はそれよりも……来たみたいよ」

たたっ

梓「純!」

紬「純ちゃん!」

純「梓!ムギ先輩!
それにみなさん!」

梓「まったく、純は…
心配したんだからね!」

紬「一人で先に行っちゃダメよ?」

純「すみません…
なんかいてもたっても居られなくて」

梓「まあ別に…いつものことだし」

純「おや?梓ちゃんは心配してくれたみたい?」

梓「し、してない!」

純「へへ…変わってないね、梓も」

梓「純…
えへへ…純もね」

紬「うふふ♪」

イツキ「ナツメさん、お久しぶりです
それで、赤い鎖の方は?」

ナツメ「もう完成したそうよ」

イツキ「!!」

シロナ「じゃあ、早く行かなくちゃ!」

イツキ「行きましょう!」

――――――――――――――――――――
集会所


梓紬純達「」たったっ

???「待ちなさい!」

梓紬純達「!!」

紬「ハンサムさん!」

ハンサム「ここから先にはギンガ団員が数え切れないほどいるぞ!
それに、集会を開いているそうだ」

梓「集会?」

――――――――――――
アカギ「」ざっ

アカギ「ギンガ団の諸君!
改めて名乗ろう、私がアカギである」

わあああああああ!!アカギ様ああああ!!!

アカギ「さて、我々はこの不完全な世界で苦しみながら生きてきた」

アカギ「この世界に生きる人もポケモンも不完全であるがために醜く争い傷つけ合う…」

アカギ「私はそれを憎む!
不完全であることを全力で憎む!!
世界は完全であるべきだ!!!」

アカギ「世界は変わらなければならない…」

アカギ「では変えるのはだれか?
それは私、アカギであり君たち、ギンガ団である」

アカギ「我がギンガ団は神話を調べ、伝説のポケモンを捕らえた
そして我がギンガ団は世界を変えるエネルギーを!
夢の力を手に入れたのだ!!」

アカギ「そうとも諸君!
私が夢に描いてきた世界が現実のものとなる
テンガン山に行くもの、ここアジトに残るもの、それぞれ為すべきことは違えどもその心は

ひとつである」

アカギ「我々、ギンガ団に栄光あれ!」

わあああああああ!!!!!!!!

――――――――――――
ハンサム「なんと凄い…
27歳という若さで、ギンガ団の首領となっている男…アカギ!」

梓「あの人がギンガ団の…」

紬「…?
梓ちゃん、あの人…どこかで会ったことなかった?」

梓「え…?
あ!言われてみれば…旅の初めやテンガン山で見ました!」

紬「…あの人だったなんて」

ハンサム「!
連中はもういなくなったぞ!」

イツキ「では、急ぎましょう」たたっ

梓「!」

梓「ハンサムさんは行かれないんですか?」

ハンサム「ああ、私はこのアジトをもっと調べるつもりだ
それに…四天王やジムリーダー、チャンピオンまでいるとなると私の出番はないだろう」

梓「そうですか…」

紬「じゃあまた会いましょう!」

ハンサム「ああ!」しゅっ

ばっ しゅしゅっ しゅばっ だだだっ ききっ しゅっ

梓「やっぱり怪しい…」

紬「ふふ♪
さあ行きましょう、梓ちゃん」

梓「はい!」

―――――――――――――――――――
アカギ「…」

アカギ「知識の神、ユクシー」

ユクシー「」ごぽぽ…

アカギ「意思の神、アグノム」

アグノム「」ごぽぽ…

アカギ「そして…感情の神、エムリット」

エムリット「」ごぽぽ…

アカギ「3体すべてを揃え、できる赤い鎖…
あとはこれを“やりのはしら”に持って行くだけだ」

アカギ「サターン、ジュピター、マーズ」

サターン・ジュピター・マーズ「はっ」

アカギ「先に行っていろ」

サターン「?」

アカギ「私は…」

ばん!

純「見つけた!」

サターン・ジュピター・マーズ「!!」

アカギ「…私は、邪魔者を排除しよう」

サターン「…」

サターン・ジュピター・マーズ「はっ」たっ

梓「!」

イツキ「行かせませんよ!」ぽん!

ネイティオ「トゥートゥー!」

アカギ「クロバット、エアスラッシュ!」

クロバット「」しゅばっ

どんっ!

ネイティオ「!?」

イツキ「!」

アカギ「邪魔されるわけにはいかない
早く行け!」

サターン・ジュピター・マーズ「はっ」たっ

イツキ「くっ…」

アカギ「クロバット、どくどくのキバ!」

クロバット「」ぐおっ

ネイティオ「!」

イツキ「!
しまっ…」

シロナ「ガブリアス!」ぽん!

ガブリアス「グオー!」

シロナ「ストーンエッジ!」

ガブリアス「」ごごごごごごごご…

どがん!

クロバット「!!」だんっ

クロバットは倒れた

アカギ「!」

シロナ「よくやったわ、ガブリアス」

ガブリアス「グオー!」

アカギ「…ふ、リーグチャンピオンか
なかなかのポケモンさばき…だが」ぽん!

マンムー「マンムー!」だっ

シロナ「!」

アカギ「相性の壁は越えられるか!?」

シロナ「…大丈夫よ
大文字!!」

ガブリアス「」こあっ

アカギ「ふっ、まだまだ甘い!
マンムー、こおりのつぶて!」

マンムー「マンムー!」どっ

きいいいん!

ガブリアス「!?」

効果は抜群だ!

シロナ「…速い!!
ガブリアス!」

ガブリアス「」ばた

ガブリアスは倒れた

シロナ「…!」

アカギ「ふ…
さあ、次は誰が相手だ?」

ざっ

シバ「俺が相手をしよう」

シロナ「!
シバさん…」

アカギ「いいだろう!」ぽん!

シバ「ウー、ハー!」ぽん!

ボスゴドラ「ガオー!」

エビワラー「シェイ!」

シバ「かみなりパンチ!」

エビワラー「」ぼすっ!

ボスゴドラ「!?」びりりっ

シバ「ほのおのパンチ!」

エビワラー「」ぼあっ!

ボスゴドラ「!!」ぶああ

アカギ「…!!」

シバ「どうだ!エビワラーの強力なパンチ!
そして…極めつけは、このフットワーク!」

エビワラー「」しゅっしゅっ

シバ「れんぞくパンチ!」

エビワラー「」どどどどどどどど!!

ボスゴドラ「ガオー…!」ぐら…

シバ「ふ、もう戦う力残ってないんじゃないか?」

アカギ「…それで勝ったつもりか?」

シバ「なに…?」

アカギ「自分のポケモンをよく見てみろ」

シバ「…?」ちら

エビワラー「シェイ…」じゅわあ…

シバ「!?
体力の消耗が激しい!これは…毒!?」

アカギ「そうとも
だが、毒ではない…猛毒だ」

シバ「どくどくをあのラッシュの中で打っていたとは…気づかなかった…クソッ!」

エビワラー「」ばたっ

エビワラーは倒れた

アカギ「…四天王と言ってもこの程度か?
相手にならないな」

ざっ

キョウ「ファファファ、図に乗るな
貴様程度のトレーナーなど四天王の敵ではないわ!
ゴルバット!」ぽん!

ゴルバット「キシャー!」

アカギ「ジバコイル、かみなり!」ぽん!

ジバコイル「ジーバー!」かっ

ぴしゃあああああん!!

ゴルバット「」ばたっ

ゴルバットは倒れた

キョウ「ぬう…!!」

アカギ「…ふん」

オーバ「ブーバーン!」ぽん!

ナツメ「ルージュラ!」ぽん!

デンジ「エレキブル!」ぽん!

ブーバーン「ブーバーン!」

ルージュラ「ジュラジュラー!」

エレキブル「ブルー!」

オーバ「遠慮はしねえ!」

デンジ「一気に3体で…」

ナツメ「勝負をつけるわ!」

アカギ「…ゴローニャ!」ぽん!

オーバ「いけえ!!」

ブーバーン・ルージュラ・エレキブル「」だっ

アカギ「だいばくはつ!!」

ゴローニャ「」かっ!

オーバ「!」

どがああああああああああん!!!!

ナツメ「!?」

デンジ「ぐ…」

ブーバーン・ルージュラ・エレキブル「」

ブーバーンとルージュラとエレキブルは倒れた

梓「そんな…みなさんがこうも簡単に…」


25