唯「うん!ごめんね、どっちも大好きなんて・・・」

梓「でも、和先輩のことは、友達として、ですよね?」

唯「もちろん!」

梓「じゃあ・・・愛してるって・・・言ってください///」

唯「え///」

梓「和先輩のことは、愛しては、いないですよね?」

唯「う、うん!そういう意味で好きなのはあずにゃんだけだよ!」

梓「じゃあ・・・目を見て、ちゃんと言ってください」パッ

唯「・・・愛してるよ、あずにゃん」

梓「////////」カアアアアア

唯「あずにゃんったら、顔真っ赤だよ?」アハハハ

梓「う、うぅぅ///」

唯「ねえあずにゃん」

梓「は、はい?///」

唯「あずにゃんも、言って?」

梓「!?」

梓「え、えっと///」

唯「あれ?あずにゃんは、私のこと愛してないの?」ウルウル

梓「そそ、そんなことないです!」

唯「本当?じゃあ、言って?」ニコッ

梓「(なんか、上手く遊ばれてる気が・・・)ううぅぅ///」

梓「(ま、いっか・・・///)唯先輩、その、愛してます」

唯「えへへ///もう一回言って?」

梓「えっ///・・・愛してます」

唯「へへー///ねえ、もう一回いtt」


梓「もう、言いません!///」

唯「ちぇー」

梓「もうっ」クスクス

梓「先輩、もう帰っちゃいますか?」

唯「え?」

梓「よかったら、ちょっと上がっていきませんか?」

唯「・・・そういえば、玄関でこんな話しちゃって、ごめんね」

梓「いいんですよ、さ。上がってください」

唯「うん、お邪魔しま~す♪」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

和「あのね、私、唯に言ったのよ」

憂「言ったって・・・?」

和「私は唯のことは親友だと思ってるわって」

憂「」

憂「はい?」

和「ほら、唯ったら勘違いしてたじゃない?『私は唯のことが好き』って」

憂「え!?」

和「ビックリよね?私も昨日、澪に聞いて驚いたわ」

憂「いえ、そっちじゃなくて!」

和「へ?」

憂「和さんは、お姉ちゃんのことが好きなんじゃなかったんですか!?」

和「え?違うわよ」

憂「」

和「あ、そうだったわね。みんなそう思ってるんだったわね」

憂「えっと・・・」

和「まあとにかく。それを伝えたら、唯ったら走って梓ちゃんの家に向かったのよ」

憂「なるほど・・・」

和「あの二人は、きっと、もう放っておいても大丈夫だわ」

憂「そう、ですね・・・」

和「だから、憂ちゃんは・・・自分のこと、考えて」

憂「へ?///」

和「前に言ってたじゃない?『事情があって、その人とは結ばれてはいけない』って」

憂「はい・・・」

和「あれって、どういうこと?」

憂「・・・私、お姉ちゃんの大切なもの、奪っちゃうかもしれないんです・・・」

和「?」

憂「私・・・和さんが好き、なんです」

和「」

和「」

和「」

和「え?」

憂「ごめんなさい、こんな形で言うべきじゃないのはわかっているんですけど・・・」

和「いえいえ、それは全然構わないわ。それより、憂ちゃん、私のことが好きなの?」

憂「はい///」

和「あのね」

憂「はい」

和「私も、憂ちゃんのことが・・・」

憂「・・・え?」

和「好き、なのよ」

憂「うそ・・・こんなことって・・・!」

和「憂ちゃん、憂ちゃんは私が唯の親友だから、だから、私とは付き合えないの?」

憂「・・・そう、考えてました。それに和さんはお姉ちゃんのことが好きだと思ってたし・・・」

和「・・・なんでみんなそんな勘違いしてたのかしら」

憂「だって、お姉ちゃんと和さん、仲いいじゃないですかっ」

和「私がよく唯の家に来るのは、あなたに会いたかったからっていうのもあるのよ?」

憂「!///・・・知らなかったです///」

和「ねえ、あなたもそろそろ自分のことを、自分の幸せを考えてもいいんじゃないかしら?」

憂「・・・」

和「もちろん、待って欲しいならいつまでだって待つわ」

和「でもね、もう・・・いいと思うの」

憂「和さん・・・」

和「憂ちゃん、もう一回言うわね」

憂「はい」

和「好きよ」

憂「///」

憂「私も、好きです///」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「あーずーにゃん!」スリスリ

梓「先輩・・・///」

唯「ねえ、こっちむいて?」

梓「?」クルッ

チュッ

唯「えへへ、しちゃった♪」

梓「/////////」

梓「せ、先輩、何///」

唯「あずにゃん、私ね、あずにゃんともっとこういうこと、したいよ」

梓「へ?///」

唯「イヤ?」

梓「大歓迎です」キリッ

唯「えへへ~♪やったぁ♪」プチプチ

梓「え、え、え?」

唯「どうしたの?」

梓「なんで脱がせるんですか///」

唯「もっとしたいって言ったら、いいよって言ってくれたよね?」シュン

梓「確かに言いましたけど・・・今ですか!?」

唯「うん、駄目?」

梓「駄目、じゃないですけど・・・」

唯「あ、そっか、ごめんね。私汗臭いよね?」クンクン

梓「(いや、そういう問題じゃ・・・)臭くないですよ、先輩の匂いがします・・・///」

唯「なんか、恥ずかしいね///」

梓「先輩、やっぱりこういうことは、また今度にしませんか?」

唯「あずにゃん?」

梓「なんていうか、今はこの余韻に浸っていたいって言うか・・・」

唯「うん、わかったよ。あずにゃんがしたくなったら、いつでも言ってね?」

梓「はい・・・先輩、もう帰っちゃいますか?」

唯「うーん、もうちょっといようかな?」

梓「いいんですか?」

唯「うん、和ちゃんと憂にも、時間が必要だと思うし」

梓「えーと、どういう状況なんですか?」

唯「私の口から言って良いのかなぁ・・・?」

梓「・・・気になります」ムー


唯「えっと・・・和ちゃんは憂が好きなんだ」

梓「」

梓「」

梓「はい?」

唯「びっくりでしょ?私、てっきり、和ちゃんは私のことが好きなんだと思ってて・・・」

梓「私もそうだと思ってました・・・」

梓「でも・・・上手く行きそうですね」

唯「あずにゃんもそう思う?」

梓「はい。だって、憂も和さんのこと、好きじゃないですか。両想いなら話は早いですよ」

唯「え!?憂って、そうだったの?」

梓「・・・一緒に暮らしてて気付かなかったんですか・・・」

唯「知らなかった・・・」

梓「和さんの話をするときの憂は・・・そりゃあもう可愛いですよ?」

唯「浮気だっ」プンスカ

梓「そんなんじゃないですってw」

唯「でも・・・そっかぁ。あずにゃん?」

梓「はい?」

唯「やっぱり、今日、泊まってっていい?」

梓「全然いいですよ♪」

唯「やった♪じゃあ憂にメールしよーっと♪」

ピッピッピ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

憂「・・・///」

和「・・・///」

憂「和さん、その・・・」

和「えっと・・・なに?」

憂「本当に、私なんかでいいんですか?」

和「憂でいいんじゃないの、憂ちゃんがいいの。憂ちゃんじゃないと嫌よ」

憂「///」

和「そろそろ、帰ったほうがいいかしら」

憂「・・・嫌です」

和「え?」

憂「せめて、お姉ちゃんが帰ってくるまで、一緒にいてください」

和「もう、しょうがない子ね」クスクス

トゥルストゥーン♪

憂「お姉ちゃんからメールだ」

和「え?なんて?」

おかげさまであずにゃんと付き合うことになりました!
今日はあずにゃんの家に泊まるから、和ちゃんにはゆっくり
してもらってね!

憂「」

和「よかったわ。全く、一時はどうなることかと思ったけど・・・」

憂「よかった・・・本当に、よかった・・・」ポロポロ

和「憂ちゃん、こっちおいで?」

憂「はい・・・」スリスリ

和「本当に、よかったわね」ギュッ

憂「はい・・・!」

和「で、『唯が帰ってくるまで一緒にいる』って話だったと思うけど・・・」

憂「・・・///」

和「私は、泊まってもいいのかしら?」

憂「お姉ちゃんが帰ってこないなら、そういうことになりますね」ニコッ

和「(まずい、憂ちゃん可愛すぎるわ)///」

憂「あの、変なこと言っていいですか?」

和「なに?」

憂「名前・・・呼び捨てにしてもらえますか?」

和「・・・うーん、条件があるわ」

憂「なんですか?」

和「敬語、やめてくれたら、いいわよ」

憂「わ、わかったよ」

和「きごきないわねー?」

憂「そんな急には無理です、じゃなくて無理だよ」

和「あはは」クスクス

憂「ねえ・・・名前、呼んでよ」

和「憂」

憂「///なんか、恥ずかしいね・・・///」

和「その内慣れるわよ」

憂「私ね、和さんに」

和「ちょっと待って、私も呼び捨てにして欲しいな?」

憂「うう///わかったよ///私ね、ずっと和にこうやって呼んで欲しかったんだ」

和「呼び捨てで?」

憂「うん///」

和「そう・・・私も、和さんじゃなくてもっと親しげに呼んでほしかったわよ?」

憂「そっか・・・。なんか、『ちゃん』とか『さん』とか、敬語とか・・・距離を感じるよね」

和「そうそう。唯達はどうするのかしら・・・?」

憂「あの二人は・・・変わらないと思うな。なんとなくだけど」

和「確かに、私もそんな気がするわ」

憂「あ、お姉ちゃんにメールの返信しないと・・・!」

和「あ、すっかり忘れてたわね・・・」

憂「うう、ごめんね、お姉ちゃん」

和「そのメールの返信が終わったら一緒にお風呂・・・」

憂「その前に、まずお夕飯食べよう?///」

和「あ、そうね///そういえば、まだ食べてないんだっけ?」

憂「うん。腕によりをかけるからね!」

和「楽しみにしてるわ」クスクス


10