14章


シロナ「ガブリアス!」ぽん!

ガブリアス「ギャオー!」

マーズ「ふーん、ずいぶん強いポケモンを持ってんのね
まあそれが勝利に結び付くとは限らないけどね
エレキブル!」ぽん!

エレキブル「エレキブー!」

シロナ「……」

マーズ「ふふ、地面タイプに電気タイプ?って思ってる~?
でも甘いわよ
エレキブル、冷凍パンチ!」

エレキブル「エレキブー!」こあっ

どんっ!

ガブリアス「!?」かきいっ

効果は抜群だ!

シロナ「!」

ガブリアス「ガ…」かきいっ

マーズ「どんな強いポケモンにも弱点はある
氷の一撃を喰らっちゃ仕方ないわよね~
さあ、ポケモンを替えたら?」

シロナ「…そうね、凍って動けないようだし…
戻って、ガブリアス!」しゅうう

シロナ「ロズレイド!」ぽん!

ロズレイド「ローズ!」

マーズ「ふふ、草対策もしてるのよ♪
炎のパンチ!」

エレキブル「エレキブー!」ごあっ

シロナ「ロズレイド!」

ロズレイド「ローズ…」しゅしゅしゅ

マーズ「なにをしても無駄よ!
エレキブル、そのまま…」

エレキブル「ブル…」くらっ

ばたっ

マーズ「え、エレキブル!?
どうし…」

エレキブル「ZZz…」

マーズ「眠ってる…
ちっ!ねむりごなか!」

シロナ「ロズレイド、リーフストーム!!」

ロズレイド「ローズ!!」ぶあああああ!!

エレキブル「ZZz…」どんっ!

エレキブルは倒れた

マーズ「…ふーん、強いじゃない」しゅうう

マーズ「でも本番はここからよ!
ブニャット!」ぽん!

ブニャット「ニャー!」

どん!

ギンガ団員1「お、お前!これ以上こっちには…」

シロナ「!」

マーズ「どーしたの?」

ギンガ団員2「マーズ様!この前の奴が!」

梓「デビちゃん、かえんほうしゃ!」

デビちゃん「」ごあああああ!

ギンガ団員1「うわあ!」

ギンガ団員2「ひええ!」

梓「どいてください!
あなたたちギンガ団の思い通りにはさせません!」

マーズ「あんたは…」

シロナ「梓ちゃん!来てくれたのね!」

梓「はい!
遅くなってすみません!
それでエムリットは…」

シロナ「この先に…」

マーズ「いるけど、サターンがいるから行っても無駄よー」

梓「!」

マーズ「まあその前に私が行かせないけどね!
ブニャット!」

ブニャット「ニャー!」だっ

ぽん!

シロナ「トゲキッス、はどうだん!」

トゲキッス「」どぎゅん!

ブニャット「ニャ!?」どがっ

マーズ「ん…」

シロナ「あなたの相手は私よ!」

マーズ「ふーん…」

シロナ「梓ちゃん!エムリットは頼んだわ!」

梓「はい!」たっ

ギンガ団員2「行かせねえぜ!」

ギンガ団員1「スカンプー!」ぽん!

スカンプー「プー!」しゅっ

梓「!」

???「貴様らァ!!!」どんっ!

ギンガ団員1・2「!?
な、なんだぁ?」

ナナカマド「また悪さをしおって…」

梓「ロリk…ナナカマド博士!」

ギンガ団員2「げっ!
あん時の恐いじーさん!!」

ナナカマド「貴様達みたいな奴らは私が許さん!
ムクバード!」ぽん!

ムクバード「ムックバー!」

梓「な、ナナカマド博士…戦えるんですか!?」

ナナカマド「少しな…
つばめがえし!」

ムクバード「ムックバー!」しゅばっ

ギンガ団員2「ひええ!」

ナナカマド「さあ、ここは私に任せなさい!」

梓「ありがとうございます!」たっ

―――――――――――――――――――
シンジ湖最奥部


???「…エムリットよ」

エムリット「きゅう…」

???「アカギ様のためにお前が必要なのだ…
さあ…」

???「…!
だれだ…?」

梓「!」

梓「あなた…サターンという人でしょう?」

サターン「いかにも
私はサターン
貴様は?」

梓「…中野梓です」

サターン「ここへなにをしにきた?」

梓「エムリットを助けにきました」

サターン「…そうか
さて、エムリット捕獲に邪魔が入った…
今から私はなにをすると思う?」

梓「邪魔者の排除…」

サターン「そうだ、その通り」ぽん!

ドクロッグ「グエー!」

梓「…ミミちゃん!」ぽん!

ミミちゃん「ミミー!」

サターン「ドクロッグ、かわらわり!」

ドクロッグ「グエー!」だっ

梓「ミミちゃん、ピヨピヨパンチ!」

ミミちゃん「ミミ!」ぶんっ

どがん!

ドクロッグ「」ぎろっ

ミミちゃん「!」

どがっ

ミミちゃん「ミミ!?」どさあ!

梓「ミミちゃ…」

サターン「ドクロッグ、ダストシュート!」

梓「!
デビちゃん、交替して!」ぽん!

デビちゃん「ガルル…」

ドクロッグ「」ぼん!

梓「かえんほうしゃ!」

デビちゃん「」ごあああああ!

ドクロッグ「グエッ…!」

サターン「…む」

ドクロッグ「グエー…」どさっ

梓「いいよ、デビちゃん!」

デビちゃん「うぉーん!」

サターン「私のドクロッグの特性はかんそうはだ…ここは分が悪い
戻れ!」しゅうう

サターン「いけ、ヨノワール!」ぽん!

ヨノワール「ヨノワー」

梓「相性が逆転しましたね」

サターン「相性など関係はない
バトルでは強いか弱いか…その二択だ!
ヨノワール、あやしいひかり!」

ヨノワール「」みょーん

デビちゃん「グルッ…」くらっ

梓「デビちゃん!」

サターン「シャドーボール!」

ヨノワール「ヨノワー!」どん!

デビちゃん「キャン!?」

ばたっ

デビちゃんは倒れた

梓「うっ…
デビちゃん戻って!」しゅうう

梓「さわちゃん、お願い!」ぽん!

さわちゃん「ダーイライ!」

梓「一気にキメるよ!
ブレイズキック!」

さわちゃん「テイ!」ごあっ

サターン「鬼火だ!」

ヨノワール「」ぼわあっ

さわちゃん「!!」

ごあああっ

梓「!?
ブレイズキックの炎よりも大きっ…」

さわちゃん「ダーイライ!?」じゅわっ

さわちゃんはやけどを負った!

梓「大丈夫!?さわちゃん!」

さわちゃん「ダーイライ…」じゅわわ

サターン「かげうち!」

ヨノワール「」しゅっ

さわちゃん「!」

ヨノワール「」ばっ

ヨノワール「ヨノワー!」どがん!

さわちゃん「ダーイ、ライ…」ばたっ

さわちゃんは倒れた

梓「ああっ…!」

サターン「ギンガ団を邪魔しにきたというからどれだけのものかと思えば…
この程度か、呆れるな
貴様じゃ我ら…いや、アカギ様率いるギンガ団には敵うまい」

梓「アカ…ギ…?」

サターン「我らの首領(ボス)だ
…まあ貴様に教えたところで意味はないがな」ばっ

がしいっ!

エムリット「きゅう!?」

梓「!」

サターン「さらばだ…」しゅん!

梓「……くっ」

―――――――――――――――――――
リッシ湖


紬「アグノムが…」

イツキ「……んっふ、そう気を落とすことはありませんよ
それよりも今は…他のユクシーやエムリットに気をかけた方が賢明でしょう」

紬「……」

紬「…そうだ
純ちゃん…!梓ちゃんはシロナさんがいるけど純ちゃんは一人…
やっぱり心配だわ
エイチ湖に行かないと…」

イツキ「僕はあなたがどなかは存じません
…ですが、あなたの目的は僕の目的と一致している
それだけ分かれば充分ですよ
行くのでしょう?では、また会うと思いますので
その時はまたよろしくお願いしますね」

紬「はい!ありがとう!
知らない人!」

紬(純ちゃん…!)たたっ

イツキ「……んっふ、面白い人だ」

和「……」

イツキ「…さて」

イツキ「和さん、僕達も…」

和「すみません、私…ちょっと行く所があるんです
ここで失礼します」たっ

イツキ「!」

イツキ「……」

イツキ「まあ僕に止める権利はない」

イツキ「…やれやれ、困ったものです」

―――――――――――――――――――
シンジ湖


ナナカマド「梓!」たたっ

シロナ「梓ちゃん!」たたっ

梓「!
ナナカマド博士、シロナさん…」

ナナカマド「大丈夫か?」

梓「負けちゃいました…
エムリットも…」ぐす

シロナ「梓ちゃん…」

ナナカマド「泣いている暇などないぞ、梓!」

梓「……」ぐす

ナナカマド「紬から連絡があった
紬も、アグノムは捕られてしまったようだ」

梓「……」

ナナカマド「こうなると、心配なのは純だ
…私が送り出したのでなんだが、おそらく純も…
梓、行ってやってくれ
このままではまずい」

梓「……はい!」たっ

梓(純…!)

ナナカマド「梓、頼んだぞ…」

シロナ「ナナカマド博士」

シロナ「心配ですけど…私達も彼女達の手助けをできるかぎりやりましょう」

ナナカマド「もちろんだ」

シロナ「とりあえず、トバリシティへ」

―――――――――――――――――――
エイチ湖


ジュピター「ふふ…」

スカタンク「グアー!」

エヌターク(ストライク)「ストライ……」

純「うぐ…」

―14章完―



18