13章


ロストタワー


さわ子「ええと…キクコさんとはここで待ち合わせのはずだけど…まだかしら?」

たっ

キクコ「私ならここだよ」

さわ子「!
…相変わらず神出鬼没ね、キクコさん」

キクコ「フェフェフェ、褒め言葉として受け取っておくよ」

さわ子「それで、なんの用なの?」

キクコ「まあ急かすな
直にキクノとリョウも来るからね」

さわ子「キックーノとリョウも?」

キクコ「ああ」

さわ子「4人揃うなんて久しぶりね」

キクコ「久しぶり…って一体何年前の話をしてるんだい」

さわ子「私がまだポケモンを持ちはじめた時だから…ええと」

キクコ「お互い歳をとったもんだ」

さわ子「それを言わないでよ」

キクコ「フェフェフェ」

さわ子「でもキクコさんの方が歳じゃない」

キクコ「減らず口は変わらずだね」

さわ子「ふふ、どういたしまして♪」

キクコ「ふん」

???「また二人で言い合ってるのかい?」

さわ子「!」

キクコ「キクノ、遅かったじゃないか」

キクノ「ちょっと邪魔が入ってね」

さわ子「久しぶりね、キックーノ」

キクノ「ああ、久しぶり
あとコイツも」ひょい

???「お久しぶりです、皆さん!」

さわ子「リョウ!」

リョウ「やあ、さわ子さん!」

さわ子「いやー、懐かしいわねー
全員揃うと」

リョウ「なんかおばさんっぽいですよ」

さわ子「うるさいわね…!」きっ

リョウ「ひいっ!!」

キクコ「フェフェフェ、そっちの顔も相変わらずかい」

キクノ「それの時はキャサリンって呼んだほうがいいかい?」

さわ子「もう、恥ずかしいからやめて…」

リョウ「そういえば、さわ子さんはヨスガのジムリーダーをやってるんでしたっけ?」

さわ子「そうよ
そういうリョウは四天王…ってことは私以外全員四天王じゃな~い!
……私だけ落ちこぼれみたいだわ」

リョウ「いやいや、ジムリーダーで落ちこぼれって充分すぎますから」

キクコ「それに四天王っていっても、ただの強豪達が集まっただけで
ジムリーダーみたいなちゃんとした職じゃないからね」

キクノ「職より名誉だね、称号なら自慢できるさね」

さわ子「それにしてもリョウが四天王になるなんてね…意外だったわ」

リョウ「えー、なんでですかー?」

キクノ「まあ、あの時はまだぺーぺーだったからね」

キクコ「虫ポケモンなんて私達と全然違うタイプを育てだすしね」

リョウ「虫ポケモンはいいじゃないですかー!
それにキックーノだって地面タイプだし!」

キクノ「まあ私は昔から地面タイプだったししょうがないのさ」

さわ子「そういうこと」

リョウ「ええー!」

キクコ「…じゃあ再会を喜ぶのもここらで終わりにしといて、今日全員を集めたわけを話そ

うかね」

―――――――――――――――――――
ギンガ団倉庫


???「……」がっちゃがっちゃ

???「よっ、プルート!」

プルート「んん?
来たか、ジンダイ」

ジンダイ「ああ」

プルート「あの3体はあちらの部屋に保管してあるぞ」

ジンダイ「おお、サンキュー」たたっ

がちゃ

ばたん

プルート「……」

がちゃ

ばたん

ジンダイ「へっへっへ、3体とも元気そうだな」

プルート「わしが改良した回復システムだからな、当然だ」

ジンダイ「へっ、プルートも腕は鈍ってないようで何よりだぜ」

プルート「ふん、まあバトルの腕はからっきしだがな」

ジンダイ「へっへっへ、俺がいなきゃコイツらも捕まえれなかったんじゃねえか?」

プルート「ああ、かもしれん
感謝しておる」

ジンダイ「へっ、まあ俺でも手こずったがな」

プルート「フロンティアブレーンでも手こずるとは、流石はホウエンに伝わる伝説のポケモ

ン…」

プルート「レジアイス・レジロック・レジスチル」

ぽん!

レジアイス「じゃきー!!」

レジロック「ざざ ざり ざ……」

レジスチル「じ・じ・ぜ・じ・ぞ」

―――――――――――――――――――
ミオ図書館


どがあああああん!!

ナナカマド「な、なにごとだ!?」

ぐらぐらぐら…

シロナ「いけない!
みんな、とりあえず机の下に隠れて!」

梓紬純「は、はい!」さっ

ぐらぐら…

シロナ「……」

ぐら…

シロナ「もう…大丈夫のようね」

梓「いったいなにが…」

ナナカマド「ポケギアだ!
ラジオを聞いてみよう!」ぴっ

がが…

『こちら…リッシ湖です
先程、大きな爆発が起…ました
近辺に…るトレーナーはすぐに避難して…ださい
リッシ湖では今も煙が…』び…がが

ナナカマド「ダメだ!電波が…」

紬「今リッシ湖って…」

シロナ「そう
さっき言ってた湖の伝説ポケモンが棲んでいる湖のひとつよ」

梓「じゃあ…これはギンガ団が!」

シロナ「おそらく、そうね」

純「許せない!湖を爆破するなんて!罰金だあ!
今すぐ私が行って…」

ナナカマド「待て!純!!」

純「!」

ナナカマド「…確かに今はまずい状況だ
だが早まってはいかん
準備が必要だ」

純「……」

ナナカマド「役割分担だ
先程言った通り、湖は3つある
リッシ湖が爆破されたんだ、他の湖にもギンガ団はいるだろう」

ナナカマド「シンジ湖には梓、シロナ君が行ってくれ」

梓シロナ「…はい!」

ナナカマド「続いてリッシ湖には紬に行ってもらおう」

紬「わかりました」

ナナカマド「そして…エイチ湖には純、お前が行ってくれ」

純「わ、私はリッシ湖に…」

ナナカマド「エイチ湖はテンガン山を越えなければならない、1番過酷な道だ
だから実力のあるお前に行ってもらうんだ」

純「!
わ、わかってるじゃん!博士!
よし、そうなったら目指せ!エイチ湖!」だだっ

紬「あっ…」

梓「大丈夫かな…?」

ナナカマド「ふ…大丈夫だ
アイツならな
それにこういう状況で実力が発揮できるタイプだ」

ナナカマド「…まあ、とにかく
みんな、急いでくれ!
こうしている間にもギンガ団が湖の伝説ポケモンに手を出しているかもしれん!
頼んだぞ!」

梓紬シロナ「はい!」

――――――――――――――――――――
がちゃっ

梓紬シロナ「」たっ

シロナ「梓ちゃん、ごめんね
私は先に行っているわ!」

梓「わ、わかりました!」

シロナ「」たたっ

紬「梓ちゃん、頑張りましょう!
私も頑張るわ!」

梓「…はい!」

――――――――――――――――――
ゴヨウ書斎


がちゃ

和「!
イツキさん」

イツキ「和さん、いきなりですみませんが…大変なことが起きました」

和「え…?」

―――――――――――――――――――
リッシ湖


ゴヨウ「ふふふ、なんといい景色だ
湖の面影もないほどに見事に爆発したな」

ゴヨウ「…これで湖を渡る手間も省けた
あとはアグノムを捕まえに…」

和「ゴヨウさん!」

ゴヨウ「!
和さん…それにイツキさんも」

和「なにを…しているんですか?」

ゴヨウ「……」

イツキ「……んっふ、答えられませんか」

ゴヨウ「……」

イツキ「では僕が代わりに…」

イツキ「あなたはギンガ団に協力している」

和「……」

イツキ「ギンガ団が湖の伝説ポケモンを捕まえようとしているのは分かっています
あなたがアグノムを捕まえにきたことも」

ゴヨウ「……クク」

イツキ「なにがおかしいんですか?」

ゴヨウ「あなたのいうとおり、私はギンガ団に協力……いえ、むしろ幹部として働いていま

す」

和「…どうしてですか」

ゴヨウ「はい?」

和「あなたはいい人だったのに!
私を…シンオウに来て間もない私の面倒を見てくれて…バトルの修行も…」

イツキ「……」

ゴヨウ「別にギンガ団に入れさせることを前提に鍛えさせただけですが
面倒をみたのも…ね」

和「…!!」

イツキ「和さん…」

イツキ「ゴヨウさん、あなたは許せないです
人の気持ちをなんとも思ってないあなたは!」ぽん!

ネイティオ「トゥートゥー」

イツキ「ネイティオ、つばめがえし!」

ネイティオ「」しゅばっ

ゴヨウ「ドータクン!」ぽん!

ドータクン「クオー」

ネイティオ「!?」がきっ

効果はいまひとつのようだ…

イツキ「くっ…」

ゴヨウ「別に許さなくても勝手ですが…あなたでは私に勝てませんよ」

ゴヨウ「…さて、それではアグノムを」

紬「待ちなさい!」

ゴヨウ「!?」

紬「リン、炎の牙!」

リン(ルクシオ)「ルーク!」ぼわっ

がきいっ!

ドータクン「!?」

効果は抜群だ!

ゴヨウ「何者です!」

和「ってムギ!?」

紬「!
和ちゃん!?」

和「どうしてムギがここに…」

紬「それは…」

イツキ「いえ、この際そんなことはいいですよ
目的は同じようですし」

イツキ「…さて、ゴヨウさん
3対3ですが…どうします?」

和「バネブー!」ぽん!

バネブー「ブー!」

リン「ルーク!」

ネイティオ「トゥートゥー」

ゴヨウ「……ふ、ずいぶん強気ですが
先程の攻撃で弱点をついたとでも?
残念ですね…ドータクンの特性、耐熱
炎技は思ったほど効きませんよ」

紬「……」

ゴヨウ「仕上げに…トリックルーム」ぴっ

イツキ「!?
うごけな…」

和「いえ、私達が遅くなってるんです!
トリックルームは速さを逆転する技!」

ゴヨウ「ふふ…
ではアグノムも捕まえて…」がしっ

アグノム「きゅー!?」

紬「あっ!」

ゴヨウ「目的も果たしましたし
では、みなさんごきげんよう
ジャイロボール!!」

ドータクン「クオー!」ぎゅばばばばん!!

紬「!」

イツキ「くっ…!」

和「……!」

しゅうう…

イツキ「ぐ…」くらっ

イツキ「逃げられて…しまいましたか…」

―――――――――――――――――――
エイチ湖


ジュピター「さあて、ユクシーちゃんはどこかしら?」

ユクシー「きゅう~」ぶるぶる

ジュピター「い・た・わ♪」

ジュピター「スカタンク!」ぽん!

スカタンク「グアー!」

ユクシー「き、きゅう…」ぶるぶる

ジュピター「つじぎり!」

スカタンク「グアー!」ざっ

純「エヌターク!」

エヌターク(ストライク)「ストライー!」ばっ

ジュピター「!」

がきいいい!

スカタンク「グルル…」ぎろっ

エヌターク「ストライー!」きっ

ばっ

スカタンク「」だんっ

エヌターク「」すたっ

純「恐がってるじゃん!やめなよ!」

ジュピター「あなた、だれ?」

純「自分が先に名乗りなよ!」

ジュピター「生意気ね…
私はジュピターよ」

純「案外素直じゃん!
私は鈴木純!」

ジュピター「佐々木純ね」

純「鈴木!!
まったくどいつもこいつもフランスもー!」

ジュピター「あら?私、なにか気に障ること言っちゃった?」

純「言った!
でも、もっと気に食わないことは…お前達ギンガ団だよ!
エヌターク、シザークロス!」

エヌターク「ストライー!」ごあっ

ジュピター「受け止めなさい、スカタンク!」

スカタンク「グア!」

がきいいい!

エヌターク「!」

スカタンク「」にや

純「む…」

ジュピター「ふふ♪」

―――――――――――――――――――
シンジ湖


サターン「マーズ、下っ端ども
邪魔する奴は始末しておけ」

ギンガ団員1・2「はっ!」

マーズ「はーいはい
あんたもちゃんとやりなさいよー」

サターン「ふん」かつかつ

マーズ「はあ…
だっるいわねー」

ばささっ

マーズ「ん?」

たっ

シロナ「あなた達がギンガ団ね」

マーズ「だーれ?」

シロナ「私はシロナ
あなた達を止めにきました」

マーズ「ふーん…面白いじゃない」

―13章完―



17