――――――――――――――――――
ミオジム


うぃーん

紬「たのもー!」

梓「もう、二回目でしょう?」

像「待っていたぞ!
トウガンはもう用意は整っている!」

紬「あ、像さん」

像「今回はどっちだ?」

紬「私です!」

像「では、ルールを説明する!
3対3の交替戦!それだけだ!
では…」

ぱっ

トウガン「……」

紬「!」

像「バトル開始ぃ!!」

トウガン「エアームドお!」ぽん!

エアームド「エアー!」

紬「!」

トウガン「いきなりですまんな
だが俺も君と戦いたくてうずうずしている!
さあ、君もポケモンを!」

紬「…リン!」ぽん!

リン(ルクシオ)「ルーク!」

梓「頑張ってください!」

紬「ええ!」

トウガン「エアームド、エアスラッシュ!」

エアームド「エア!」しゅきっ

リン「…」かきん!

効果はいまひとつのようだ…

トウガン「む…!効かぬか!」

紬「鋼タイプも飛行タイプも電気タイプのリンには効かないわ!
でも…」

紬「リン、10まんボルト!」

リン「」びりりりり!

エアームド「!?」

紬「そっちは電気技、効果抜群よ!」

効果は抜群だ!

エアームド「」ばた

エアームドは倒れた

トウガン「!」

紬「おっし!」

梓「いいですよ!ムギ先輩!」

紬「ふふ♪リンのおかげよ」

トウガン「やはりやるな!
だがコイツはどうだ!
ボスゴドラ!」ぽん!

ボスゴドラ「ギシャー!」

紬「!
ボスゴドラね…
リン、戻って!」しゅうう

紬「レン、いって!」ぽん!

レン「バオバオ!」

トウガン「ほう…ゴマゾウか」

梓(ゴマゾウは地面タイプ…対してボスゴドラは岩鋼タイプ!またムギ先輩が有利だ!)

紬「レン、ころがる!」

レン「バオバオ!」ごろごろ

トウガン「れいとうビーム!!」

ボスゴドラ「」びゅおおお!!

レン「!?」どたっ

紬「!
れいとうビームを使えるなんて…」

トウガン「驚いたか?
本来ボスゴドラは物理向けだが、俺は特殊技を重視して育てた!
こういうのもアリってことだ!」

紬「でも、相性では勝ってるわ!
レン、とっしん!」

レン「バオー!」だだだっ

トウガン「こちらもとっしんだ!」

ボスゴドラ「ギシャー!」だだだっ

どん!

レン「バオ…」よろっ

紬「レン!」

トウガン「ふ…俺のボスゴドラの特性はいしあたま!
ぶつかり合いなら分があるのさ!」

ボスゴドラ「ギシャー!」

紬「うぐ…」

トウガン「さあ、トドメだ!
メタルバースト!!」

ボスゴドラ「」かっ

どぎゅううん!!

レン「バオ!?」

ばああん!!

レン「」ばた

レンは倒れた

紬「!!
ごめんね…戻って、レン」しゅうう

トウガン「ふ、これで2対2!
次に先に1体倒した方が有利となる
次のポケモンは慎重に選ぶことだな!」

紬「……」

梓(ムギ先輩の残りの2体はリン…ルクシオとルカ…オクタン
相性的にはオクタンだけど、あのボスゴドラは特殊型…
ここは…)

紬「リン、また頼むわ!」ぽん!

リン「ルーク!」

トウガン「ほう…そうきたか」

紬「リン、10まんボルト!」

リン「」ばりばり

ばちいい!

トウガン「かわせ、ボスゴドラ!」

ボスゴドラ「」さっ

ばちいい!

トウガン「ふ、地面に当たったところでなにも影響しない!
ボスゴドラ、だいもんじ!」

ボスゴドラ「」ぼわああああああ!

リン「!?」どんっ

ばた

リンは倒れた

紬「リン!」

トウガン「ふ、さっき言った通り…2対1になった瞬間、君の負けは決定するんだ!
まだまだだったな!」

紬「まだよ!
ルカ、頑張って!」ぽん!

ルカ(オクタン)「オークタン!」

トウガン「…水タイプか!
だが、水タイプ対策ならすでにしてある!
ボスゴドラ、10まんボルト!」

ボスゴドラ「」びりりりり

ばちいい!!

トウガン「やったか!?」

ルカ「オークタン!」しゃきん

トウガン「…ん!」

紬「オクタン砲!」

ルカ「」ぼんっ

ボスゴドラ「ギシャー!?」

ばたん!

ボスゴドラは倒れた

トウガン「な…
一発だと!?しかも、電気技の一撃を食らってピンピンしてるとは…!」

紬「それはこれです」さっ

トウガン「ん!
…ソクノのみか!なるほど、それでダメージが半減したのか…」

紬「はい♪」

トウガン「大した戦術だ
だが、ソクノのみは使い捨て!
次の攻撃は防げまい!
さあ、トリデプス出番だ!」ぽん!

トリデプス「グアー!」

トウガン「10まんボルト!」

トリデプス「」びりりりり

ばちいい!

紬「!
ルカ、よけて!」

ルカ「」さっ

ばちいい!

トウガン「む!
かわされたか!」

紬「トリデプスも10まんボルトを…!」

トウガン「がっはっは!
コイツも水対策はバッチリだ!
次はかわせるかな?
トリデプス、10まんボルト!」

トリデプス「」ばりばり

紬「まずいわ…
次当たったら……」

ルカ「オークタン…」おどおど

紬「落ち着いて、ルカ」

紬(私がしっかりしなきゃ…
でも、どうしたら…)

紬「!」

紬(トリデプスやボスゴドラは本来得意じゃないスタイルで戦って…
ならこっちも…)

紬「そっか…
ちょっと皮肉だけど、やるしかないわね」

トウガン「?」

紬「ルカ!
全力でダッシュよ!」

ルカ「オークタン!」だだだっ

トウガン「む?」

紬「しんそく!」びしっ

トウガン梓「!?」

ルカ「」しゅばっ

トリデプス「!」ずざざっ

梓(なんだ、しんそくじゃなくてただのすてみタックル…
ってこれは…?)

トウガン「怯むな、トリデプス!
ラスターカノン!」

トリデプス「グアー!」きききき

紬「ルカ、かげぶんしん!」

ルカ「」しゅしゅしゅしゅ

すかっ

トリデプス「!?」

トウガン「どれだ!?」

ルカ「オークタン!」ばっ

トリデプス「!」

紬「ちきゅうなげ!」

ルカ「」ばっ

どがああん!

トリデプス「グアー!」どさっ

トウガン「む…物理型だと!?」

紬「次の一撃で決めるわ!
ロックオン!」

ルカ「」かちゃっ

トウガン「なんの!
トリデプス、鉄壁だ!」

トリデプス「」がちーん

トウガン「がっはっは!
どうだ、物理型ならこれで止められ…」

紬「はどうだん(オクタン砲)!」

ルカ「オークタン!!」ぼんっ

トリデプス「!?」ばしゅっ

よろ…

トリデプス「」ばたーん!

トリデプスは倒れた

トウガン「二刀流…だと…?」

紬「やったあ!かてたわあ!」

梓「おめでとうございます!」

トウガン「だが、オクタンが物理型…いや二刀流とはな」

梓「というかムギ先輩、しんそくやはどうだんって…」

紬「ええ、皮肉だけどルカリオの戦いのスタイルを取り入れたの~♪」

梓「やっぱりですか」

紬「咄嗟だったからルカも焦ってたけどね」

ルカ「オークタン!」

トウガン「しかし、咄嗟にそんな思い付きがよく出たな?」

紬「トウガンさんのボスゴドラやトリデプスの戦い方からヒントを得たんです♪」

トウガン「なんだ?」

紬「普段とは違った戦い方ってことで、マネさせてもらったんです♪」

梓「なるほど」

トウガン「ふ、がっはっは!!
俺のトリデプス達の戦法をな!
これはしてやられた!
だがこれもポケモンバトルの醍醐味!
いい戦いだったぞ!!
さて、君の実力を認め、ジムバッジを授けよう!
マインバッジだ!」すっ

紬「ありがとうございます♪」

梓「これで6個目ですね!」

紬「ええ、あと2個!
がんばりましょう!」

梓「はい!」

紬「……」

梓「どうしました?」

紬「なにか…忘れてない?」

梓「え?……あ」

梓「……純」

―――――――――――――――――
ゴヨウ書斎

和「失礼します」がちゃ

和「!
…あら?」

和「ゴヨウさん、どこへ行ったのかしら?」

こんこん

和「!」

―――――――――――――――――――
ギンガトバリビル


アカギ「……」

アカギ「来ているんだろう?ゴヨウ」

ゴヨウ「ふ、気づいていたか」

アカギ「それにしても、四天王がこんなことをしていいのか?」

ゴヨウ「何を今更
二人で世界を手に入れる……そう誓っただろ?」

アカギ「ふ…
そのためにも、お前にも働いてもらおう」

アカギ「先程ジュピターはエイチ湖に、マーズとサターンはシンジ湖に向かった
ゴヨウ、お前にはリッシ湖にいるアグノムを捕まえてもらう」

ゴヨウ「お安い御用だ」

アカギ「頼んだぞ」

ゴヨウ「それじゃあ今すぐ…」

アカギ「ともに世界を手に入れよう」

ゴヨウ「…ああ」

――――――――――――――――――
ミオ図書館


純「おっそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!」

梓「うるさっ…」

純「もう!なにやってたのー!?ずっとここで待ってたんだよ!?遅すぎでしょ!罰金、罰

金、罰金だー!!」

梓「まあ、待たせたのはゴメンゴメン
すっかり忘れちゃっててね」

純「ひどい!」

紬「ごめんなさいね…」

純「いやいや、ムギ先輩はいいんですよ!
問題は梓です!」

梓「なんで!?」

紬「まあまあまあまあまあまあ」

純「とにかく、ロリk…ナナカマド博士が待ってるんだから!
さっさと行くよ!」たたっ

梓「あっ、待ってよ!」たっ

紬(やっぱり仲良しね~♪)たっ

梓「ていうか、ここ図書館でしょ!静かにしないと…
それにそんなに走ったら…」

どん!!

純「あふっ!」どてっ

???「きゃっ!」どたっ

梓「ほらっ!」

紬「大丈夫ですか?」

???「あぁ…うん
大丈夫よ」

紬「すみませんでした」

梓「すみません…
ほら、純も!」

純「すみませんでしたー!」

???「いえ、本当にいいのよ
ん?…もしかしてあなたたちが?」

紬梓純「へ?」

ナナカマド「おお、シロナ君!来てくれたか!」

梓「あ」

シロナ「あら、ロリk…ナナカマド博士
お久しぶりです」

ナナカマド「ああ
梓達も久方ぶりだな」

梓「はい!」

紬「お久しぶりです~♪」

純「そんなことよりこの人だれなんですかー?」

ナナカマド「まったく…純、お前は相変わらずだな
まあいい
彼女はシロナというんだ
このシンオウのリーグチャンピオンだぞ」

紬梓純「リーグチャンピオン!?」

シロナ「そう、私がシンオウリーグチャンピオンのシロナ
よろしくね」

梓「あ、はい!
私は中野梓です!」

紬「琴吹紬です♪」

梓「そしてこっちが佐々木純です」

純「鈴木だっつの!
てかなんで梓が私の紹介してるのさ!?」

梓「別にいいじゃん
誇れる名前でもないし」

純「親に謝れ!」

シロナ「ふふ、梓ちゃんに紬ちゃん、佐々木純ちゃんね」

純「鈴木です!」

梓「そんなことより」

純「そんなこと!?」

梓「どうしてチャンピオンがこんなところに?」

ナナカマド「私が呼んだんだ」

梓「?」

ナナカマド「お前達が言っていたギンガ団…
それについてシロナ君は調べていてな」

梓紬「ギンガ団…!」

純「」ぽけー

シロナ「四天王は知っているわよね?」

梓「え、あ…はい」

シロナ「四天王と私が今、ギンガ団を調べてるの
あなた達はギンガ団と実際に戦ったと聞いたわ
それを詳しく教えてくれないかしら」

梓「…はい、わかりました」

―――――――――――――――――――
シロナ「ギンガ爆弾?」

梓「はい、ノモセの大湿原を爆破して…」

ナナカマド「まったく、けしからん奴らだ!」

シロナ「……」

紬「どうしたんですか?」

シロナ「…ギンガ団、彼等はね
湖の伝説ポケモンを捕まえようとしているの」

紬純「湖の伝説ポケモン?」

梓「…聞いたことがあります
シンオウの3つの湖、リッシ湖・エイチ湖・シンジ湖…
そこに棲んでいる伝説ポケモン…」

ナナカマド「アグノム・ユクシー・エムリット」

シロナ「そう…
彼等はそのポケモン達を使って、赤いk」かっ

どがあああああん!!!!!

皆「!?」

―12章完―



16