―――――――――――――――――
トバリシティ


四天王専用ホテル


シバ「……」

イツキ「それで、話とは?」

シバ「ゴヨウさんについてだ」

イツキ「ふむ」

シバ「連絡をとれなかった、というのは嘘だろう」

イツキ「……」

シバ「どうなんだ?」

イツキ「…んっふ、ええ、そうですとも」

シバ「なぜあんな嘘を?」

イツキ「僕の勘ですよ」

シバ「む…?」

イツキ「…まあ、これについてはまた後ほど話しましょう」

シバ「……」

キョウ「ファファファ、イツキよ
リッシ湖・エイチ湖・シンジ湖に住んでいると云われる伝説のポケモンを知っているか?」

イツキ「ええ、知っていますよ」

シバ「なんだそれは?」

キョウ「ギンガ団がディアルガ・パルキアを出現させるために狙っている伝説ポケモン、ア

グノム・ユクシー・エムリット」

シバ「ディアルガとパルキアを出現させるために?」

イツキ「湖の伝説ポケモンを使って、赤い鎖というものを創って、それでディアルガ・パル

キアを出現させるみたいですよ」

シバ「…では、湖のポケモンを助けなくては」

イツキ「もちろん、そのつもりですよ」

キョウ「だが、ギンガ団が動きを見せないかぎりはな」

イツキ・シバ「……」

イツキ「…まあ、今は動けない
考えても無駄でしょう
ギンガ団に何らかの動きがあれば、また集まりましょう」

シバ「ああ」

キョウ「承知」

――――――――――――――――――
ミオシティ


紬「コトブキシティに久しぶりに戻って、やっと着いたわね~」

梓「だいぶ時間くっちゃいましたね」

紬「まあ気を取り直して、ジム戦頑張りましょう!」

梓「頑張ってください!」

純「梓ー!ムギ先輩ー!」

梓「あ、純」

紬「久しぶり、純ちゃん」

純「お久しぶりです!
梓、久しぶりー!」

梓「うん
どうしたの?」

純「ちょっと用事があるからさー
ジム戦終わったら図書館にきて!
んじゃ!」たたっ

梓「あっ」

紬「嵐のように去っていったわね」

梓「まったく…」

紬「とりあえず、ジムに行こう?」

梓「はい」

――――――――――――――――――
ギンガトバリビル


???「マーズ、ジュピター、サターン
準備はできたか?」

マーズジュピターサターン「はっ」

???「マーズ、ギンガ爆弾の方は?」

マーズ「ばっちりです
湖なんて軽く吹っ飛びますよ」

???「そうか
ならば使ってくれ」

???「では、これより
湖の伝説ポケモン捕獲作戦を施行する
行ってこい!」

マーズジュピターサターン「かしこまりました、アカギ様」

アカギ「頼んだぞ」

――――――――――――――――――
ミオジム


梓紬「えー!いないー!?」

像「ああ、すまない
この時間帯は鋼鉄島に行っているんだ」

紬「鋼鉄島?」

像「ああ、ちょっと離れた孤島でね
外の船で行けるよ」

梓「じゃあ、行きます?」

紬「そうね
その方が手っ取り早いわ」

像「すれ違いにならなければいいがな」

梓「不安になること言わないでくださいよ」

――――――――――――――――――
鋼鉄島


???「カバルドン!」ぽん!

カバルドン「ガバー!」

すなあらしになった

???「あとでキクコとはロストタワーで集合だったね」

カバルドン「ガバー!!」ぶおおおお

???「…いよいよだね」

―11章完―



12章


鋼鉄島


紬「ここが鋼鉄島ね!」

梓「……」

紬「どうしたの?梓ちゃん」

梓「いや、船酔いで…」

紬「大丈夫?」

梓「大丈夫です…」

???「君、船酔いかい?ならこれを使うといい」

梓「へ?」

???「ほら、飲みなさい
これはキズぐすりを元に調合した薬だ
なんにでも効くよ」

梓「は、はい」ごく

ぱあああ

梓「あっ」

紬「どう?」

梓「だいぶよくなりました」

紬「よかった~♪」

???「まだあるから持っておくといい」

梓「あ、ありがとうございます
あの…あなたは?」

ゲン「私の名はゲン
そして…」ぽん!

ルカリオ「コアー!」

ゲン「コイツは相棒のルカr」

紬「ルカリオ!!」

ゲン「!?」びくっ

――――――――――――――――――
ゲン「そうか、そんなことが…
それは災難だったね」

紬「はい…
でもいいんです
ルカ……オクタンも可愛いげがあって」

ゲン「まあ…気を落とさないで」

梓(なにこの空気)

梓「あの、とりあえず先程はありがとうございました
私、中野梓といいます」

紬「あ、私は琴吹紬です」

ゲン「やあ、よろしく」

紬「こちらこそ~♪」

梓「よろしくお願いします!」

ゲン「それで君達はこの鋼鉄島に修行をしにきたのかい?」

梓紬「修行?」

ゲン「ん…違うのかい?
この鋼鉄島は修行の場として有名なんだが」

梓「私達はある人を探してまして」

ゲン「誰だい?」

紬「ミオジムジムリーダーのトウガンさんです!」

ゲン「トウガンさん?
トウガンさんならさっき洞窟の中にいたけど」

梓「本当ですか!?」

紬「じゃあ早速いきましょう!」

梓「はい!」たっ

たたたっ

ゲン「……」

ゲン「…面白い子達だ」

――――――――――――――――――
???「カバルドン!
地震!」

カバルドン「ガバー!」どどどど…

???「貴様ぁ!なにをやっている!」だだっ

???「!
…あんたは」

トウガン「俺はミオジムリーダーのトウガン!
鋼鉄島を汚すやつは許さん!」

???「汚すって…
ただ特訓をしてるだけじゃないか」

トウガン「なにを!
地震なんぞして、洞窟が崩れたらどうしてくれる!?
それぐらい心得てるだろう!」

???「ふん、別にこんな洞窟崩れてもいいさ」

トウガン「なにをー!?」

???「どうせ世界全てが崩れるんだし…」

トウガン「?
なんの話だ?」

???「なんでもないさ
とにかく、あんた目障りだよ!消えなあ!!
カバルドン、ストーンエッジ!」

カバルドン「ガバー!」

がががっ

トウガン「む!?」

どがん!

紬「危ないっ!
レン!」

レン(ゴマゾウ)「バオバオ!」たっ

がしっ

トウガン「!」

どだだだだ!

トウガン「ふー…助かった
誰かは知らんが助かったぞ」

紬「いえ、大丈夫ですか?」

トウガン「ああ」

???「……」

紬「なにか、ピンチみたいですけど」

トウガン「…頼みがある
一緒にあいつを倒してくれ」

紬「…はい!」

――――――――――――――――――
鋼鉄島


洞窟内、別の場所


梓「はあはあ」ぜえぜえ

梓「ムギ先輩速い…」

――――――――――――――――――
???「ん~?なんか私が悪者にされちゃってるね」

トウガン「当たり前だ!
自然を破壊することがどれだけ大罪か!」

???「ふん、正義感が強いねえ
…じゃあ私を止めてみせな!
カバルドン!」

カバルドン「ガバー!」だっ

トウガン「!
トリデプス!」ぽん!

トリデプス「グアー!」

がきいい

カバルドン「……」

トリデプス「……」じり…

カバルドン「ガバー!」どがっ

トリデプス「!?」

どがん!

トウガン「!?
トリデプスう!」

紬「ルカ、頼むわ!」ぽん!

ルカ「オークタン!」

紬「オクタン砲!」

ルカ「」ぼんっ!

カバルドン「!?」どがっ

???「!」

トウガン「いいぞ!
トリデプス、ラスターカノン!」

トリデプス「」ききききいん!!

カバルドン「ガバー!?」

???「…ちっ
一度に二人相手はきついね…」すっ

トウガン「!」

???「私はキクノ!
覚えておきな!」ぽいっ

もわあああああ…

トウガン「!?」

紬「げほげほっ
な…なに?」

トウガン「けむりだまか…!
くそっ、エアームド!煙を吹き飛ばせ!」ぽん!

エアームド「エアー!」ばさばさばさばさ

ぼわああああああ

紬「げほげほっ、あれ…いない?」

トウガン「まあ…逃げただろうな」

梓「あ!いた、ムギ先輩!」

紬「梓ちゃん!」

梓「もう!速いですよー!」ぷくーっ

紬「ご、ごめんね…」

トウガン「君、名前をなんという?」

紬「あ、琴吹紬です」

トウガン「琴吹…!
そうか、君がか!
ふ、なかなかいい戦いだったぞ!」

紬「へ…?」

トウガン「俺はミオジムジムリーダー・トウガン!
ジムに挑戦しにきたのだろう?聞いているぞ!
では、待っているぞ!」たたっ

紬「あっ…」

梓「…?」

紬「ジムリーダー…だったのね」

梓「あの…全然話が読めないんですけど」

紬「とりあえず、ジムに行けばいいのよ!」

梓「は、はあ」

紬「いきましょう!」たっ

梓「あっ、また…
置いてかないでくださいー!」


15