11章


ノモセジム


うぃーん

紬「たのもー!」

梓「た…たのもー」

像「ようこそ、ノモセジムへ
…っと、君達ということは分かっていたぞ」

紬「エスパー!?」

像「…まあ、あんな第一声は君達しかいないからな」

梓「あー…」

像「こほん!
今回はどちらが挑戦するんだ?」

梓「えと…」

紬「前回は私だったから梓ちゃんね」

梓「じゃあ、私で…」

像「分かった
それではルールを説明しよう
ここは3対3の交替戦でバトルするぞ!
そして、彼がマキシだ!」

ぱっ

マキシ「……」

紬「あっ」

梓「さっきはどーも」

像「?」

マキシ「…それでどうだった?」

梓「すみません…
犯人には逃げられてしまいました…」

マキシ「そうか…
というより、犯人とは一体?」

紬「ギンガ団っていう悪い人達です!」

マキシ「ギンガ団?」

梓「あの、マキシさん
思うんですけど、ジム戦をやっている場合じゃないんじゃ…」

マキシ「……」

マキシ「…いや、これは俺の都合だ
ジム戦には関係ないさ
なんせ俺はジムリーダー!ジム戦が優先だ!
さあ、バトルを始めようじゃないか!!」

梓「…はい!」

像「バトル、スタートぉお!!」

マキシ「俺から行くぞ!
出でよ、ハリーセン!」ぽん!

ハリーセン「ハリー!」

梓「さわちゃん、お願い!」ぽん!

さわちゃん「ダーイライ!」

梓「ブレイズキック!」

さわちゃん「テイ!」ぶおっ

ハリーセン「!?」どがっ

マキシ「むっ!?」

ハリーセン「」ざざっ

マキシ「すごいキレのあるキックだ…
だが効果はいまいち!
ハリーセン、雨乞いだ!!」

ハリーセン「」ざああああああ

ハリーセン「」ごくごく

梓「!」

梓(確かハリーセンは大量の水を含むと…)

梓「さわちゃん気をつけて!どくばりがくるよ!」

マキシ「!
よく分かったなあ!
だが…」

ハリーセン「」ぼんっ!

マキシ「分かっていても、この無数のどくばりを避けきれるかな!?
いけえ!どくばりぃ!!」

ハリーセン「」どぎゅぎゅぎゅぎゅ

梓「さわちゃん、頑張って!」

さわちゃん「テイ!」しゅっしゅっ

梓「いいよ、さわちゃん!」

マキシ「ほう……」

どぎゅ!

さわちゃん「!?」ちくっ!

さわちゃん「」どたっ

梓「!?
さわちゃん!」

さわちゃん「ダーイ…ライ」よろっ

梓「大丈夫!?毒が…」

マキシ「はっはっは!その体力ではまともに戦えまい!」

梓「……それはそちらも同じですよ」

マキシ「?
……!!」

ハリーセン「ハリー……」よろよろ

マキシ「ど、どうしたあ!?なにがあったあ!!」

梓「最初のブレイズキックが効いてきたみたいですね」

マキシ「!!
…やけどかあ!」

梓「効果は今ひとつの技でも、こういう使い方もあるんです」

マキシ「ぐ……
なんのこれしきっ!!
ハリーセン、リベンジだあっ!!」

ハリーセン「!
ハリー!」だっ

梓「!」

どがあん!

さわちゃん「」ばたっ

さわちゃんは倒れた

梓「あっ…!」

マキシ「まずは一体…
まあ、こちらもだが」

ハリーセン「」ばたっ

ハリーセンは倒れた

紬「引き分けね…
頑張って、梓ちゃん!
気持ち切り替えて!」

梓「…はい!」

マキシ「仕切りなおしかあっ!
では次はコイツだ!ギャラドス!!」ぽん!

ギャラドス「ギャラー!!」

梓「…!!
ぎゃ、ギャラドス…!」

マキシ「どうしたあ!?次を出さんかあ!」

梓「うぐ……」

紬「梓ちゃん、怯んじゃダメよ!」

梓「は、はい!
ミミちゃん!!」ぽん!

ミミちゃん「ミミー!」

ギャラドス「」ぎろっ

ミミちゃん「み、ミミ~!」ぶるぶる

梓「み、ミミちゃん…」

マキシ「はっはっは!
小型ばかりのメンバーだな
それに比べ、こちらは大型…しかも凶暴なギャラドスだ
勝ち目はあるのかな?」

梓「く……」

ミミちゃん「」ぶるぶる

梓(ミミちゃんは怯えて戦えない…)

梓「…ミミちゃん、戻って!」しゅうう

マキシ「!」

梓「デビちゃん!」ぽん!

デビちゃん「うぉーん!」

マキシ「む…!」

マキシ「はっはっは!
あえて炎タイプでくるのか!面白い…
かかってこおーい!!」

――――――――――――――――――
トバリシティ


四天王専用ホテル


イツキ「…ふう」

シバ「……」ざっざっ

イツキ「おや?シバさん…それにキョウさんまで」

キョウ「ファファファ」

イツキ「どうしたんですか?こんな所で」

シバ「…話がある」

イツキ「んっふ、なんでしょう?」

―――――――――――――――――――
ノモセジム


ざああああああ

マキシ「ギャラドス、かみつく!」

ギャラドス「ギャラー!」どがっ

デビちゃん「」たっ

マキシ「ほう、素早いな…」

梓「デビちゃん、かえんほうしゃ!」

デビちゃん「」ぼわああああああ

マキシ「……」

ギャラドス「……」

ざああああああ

しゅうっ

梓「ああっ!」

マキシ「先程のハリーセンの雨乞いはまだ持続している!
炎技は通らんぞ!」

梓「なら、あくのはどう!」

デビちゃん「ガウー!」どぴゅん!

ギャラドス「!」どん!

梓「どうだ!」

ギャラドス「」ぎろっ

梓「!?」

マキシ「効かぬわあ!
アクアテール!!」

ギャラドス「」ぶおっ

デビちゃん「!」

ばしゃああん!!

デビちゃん「キャン!」どだっ

梓「デビちゃん!」

マキシ「ふふ…」

梓(やっぱり強い…!)

マキシ「小型ポケモンにはギャラドスには勝てないぞお!!」

梓(…確かに、あんな凶暴な……
ん?凶暴…?
………そうか!)

梓「ムギ先輩!」

紬「へっ?」

梓「マイク貸してください!」

紬「えっ、あ…うん!」さっ

梓「ありがとうございます!」ぱしっ

紬(ってなんで私、持ち合わせてるんだろ…)

梓「……」すぅーはー

マキシ(なにをする気だ…?)

梓(デビちゃんはさわ子先生のポケモンだった……なら)

梓「甘い言葉にご用心wow
あんま そんなの慣れてない」

デビちゃん「」ぴくっ

マキシ「…?」

梓「出来るつもりで無理してwow
ああ 強がって
計算してgetの予定
振り回されfail!」

デビちゃん「グルル…」

マキシ「む…!」

紬「こ、これは…!」

梓「でも
恋に落ちちゃ負けって嘘さ
ホントは負けじゃない
もう小悪魔より 誘惑より
マジでマジで天使になりたいよ
愛の味はどんなって言うけど
もうすぐ解りそう」

梓「シンプルすぎるほど
自分に正直な欲望
愛の未来をCYO-DIE!!!!」

デビちゃん「うぉーーーーん!!」ごごごごご…

マキシ「な…なんだあ!?
デルビルのパワーが先程とは比べものにならないほどに膨れ上がって…!!」

しゅばっ!

マキシ「!?」

デビちゃん「」がきいいい!!

ギャラドス「ギャラ…」くらっ

ばたーん!!

ギャラドスは倒れた

マキシ「な…なにが起こったあ!?」

紬「す、すごいわ!梓ちゃん、デビちゃん!」

梓「ま、まさか私もこんなことになるとは…
勢いでやっただけなのに…」

デビちゃん「うぉん!」

梓「!
次も頑張って、デビちゃ」

どたん!

梓「へ?」

デビちゃん「」ぴくぴく

デビちゃんは倒れた

梓「で、デビちゃん!?
な、なんで…」

紬「…どうやら、あれをした時は大幅に体力を奪われるみたいね」

梓「そんな…
ううん、デビちゃんは頑張ってくれた
戻って休んでて、デビちゃん」しゅうう

マキシ「はっはっは!!」

梓「!」

マキシ「はっはっは!
とてもユニークな戦い方だな!
そして何より強い!気に入ったぞ!
…だがそれと勝負は別
最後まで本気で行くぞー!!
ラストバトルだあ!!
フローゼルぅ!!」ぽん!

フローゼル「ブルルー!」

梓「ミミちゃん!」ぽん!

ミミちゃん「ミミー!」

マキシ「冷凍パンチぃ!」

フローゼル「」しゃきん

梓「受け止めて!」

がきん!

ミミちゃん「ミミー…!」ざざっ

フローゼル「ブルルー!」どがん!

ミミちゃん「ミミ!?」ばん!

梓「くっ…!」

梓(しょうがない…)きっ

梓「ミミちゃん、行くよ!
剛の奥義!!」

ミミちゃん「ミミ!」

梓「はああああああ……
はあ!!!
雷パンチ!!」

ミミちゃん「ミミー!」ばちばち

びゅん!

マキシ「!」

梓「いけええ!!」

ばちいいいい!!

フローゼル「ブルルー!」がちっ

ミミちゃん「!?」

梓「なっ…止められた!?」

マキシ「パンチがなっとらんな
これではフローゼルに攻撃は届かんぞ!」

梓(やっぱり、シバ先生のマネじゃダメか……
だったら…我流で!)

梓「ミミちゃん、とびはねる!」

ミミちゃん「」ぴょん!

マキシ「こんな室内ではとびはねることなど…」

梓「天井からとびはねる!」

ミミちゃん「」びゅおっ

マキシ「なにい!?」

どがっ

フローゼル「ブルル…」

梓「そのまま四方八方からとびはねるだよ!」

ミミちゃん「ミミー!」びゅびゅびゅびゅ…

フローゼル「ブルル!?」きょろきょろ

マキシ「ぐ…
室内だからこそできる戦法か!」

ミミちゃん「」びゅびゅびゅびゅびゅびゅびゅびゅ

どがっ どがっ どがん!

フローゼル「ブル……」よろっ

梓「今だよ、雷パンチ!」

ミミちゃん「ミーミ、ロール!!」

ばちいいいい!!

フローゼル「ブル…」ばたん!

フローゼルは倒れた

梓「や…やった!」

マキシ「はーっはっは!
こりゃたまげた!小型ポケモンばかりなのにこの強さ!
実力を認めよう!
ほら、フェンバッジだ!持ってけい!」すっ

梓「ありがとうございます!」

紬「おめでとう♪梓ちゃん」

梓「はい!
今度はムギ先輩ですよ」

紬「よし!
…ミオシティだったっけ?」

梓「はい、そうです
目指せ、ミオシティ!」

紬「おー!」


14