純「行け!ドルアゲス!」ぽん!

ドルアゲス「マネネ!」

梓「……」

純「どうしたの、梓?」

梓「いや、純にはキツイかなって」

純「なにが?」

梓「これだよ!」ぽん!

デビちゃん「うぉーん!」

純「そ、そいつは…!」

梓「うん、さわ子先生のデルビルだよ
もらったんだ」

純「な、なんだってのよー!そんなのズルい!罰金だー!」

梓「はいはい
なんでもいいから」

純「むー…じゃあ先手必勝!
マネネ、おうふk」

梓「デビちゃん、不意打ち!」

デビちゃん「」どがっ

マネネ「!?」どたっ

マネネ「」ばた

マネネは倒れた

純「ああ~!」

梓「よし!」

純「もう、なんだってのよー!?
でも、次はこうはいかないからね!
ノモセジムでも活躍したこのポケモン!
エヌターク!!」ぽん!

エヌターク(ストライク)「ストライー!」

梓「……」

純「…なによ?」

梓「相変わらずだなーって」

純「むー」

梓(というかまだタイプわかってないの?)

純「へへ」

梓「!」

純「今、相性が悪いとか思ってんじゃない?
でも相性なんて関係ないんだよね
こいつは強いから!
エヌターク、連続斬り!」

エヌターク「ストライー!」しゅばっ

梓「!
デビちゃん、かわしt」

デビちゃん「キャン!」ざきいっ

梓「しまった…!」

純「もう一度!!」

エヌターク「」ざきいっ

デビちゃん「キャイン!!」

デビちゃん「」ばたっ

デビちゃんは倒れた

純「やりー!!」

梓「まさか純に倒されるなんて…」

純「あんた私のこと下に見すぎでしょ…」

梓「じゃあ次は…ミミちゃん!」ぽん!

ミミちゃん「ミミー!」

純「む…
なら私は交替しよう
ラプンーソ!」しゅうう

ぽん!

ラプンーソ(ポッタイシ)「ポッタ!」

梓「ミミちゃん、とびはねる!」

ミミちゃん「」ぴょん

梓「雷パンチ!」

ミミちゃん「ミミー!」ばちばち

純「甘い甘い!
アクアジェット!」

ラプンーソ「」しゅばっ

どがん!

ミミちゃん「ミミ!?」

ミミちゃん「」たっ

ラプンーソ「」たっ

純「残念だったね、梓」

梓「そうかな?」

ラプンーソ「ポッタ…!」びりり

純「!!」

梓「水は電気をよく通すからね
攻撃してきた時にも雷パンチの電気が流れたんだよ」

純「ふふん、なかなか楽しませてくれるじゃん!」

梓「そっちもね!」

純「でも勝つのは私!
ラプンーソ、ハイドロカノン!」

ラプンーソ「」どわあああああああ!!!

ミミちゃん「!?」どがん!

梓「ミミちゃん!」

ミミちゃん「ミミ…」ばたっ

ミミちゃんは倒れた

梓「も、戻って…」しゅうう

純「ふふ~ん♪どう?今の技」

梓「すごい技…」

純「でも出したあとは暫く動けないのだ!」

梓「えっ」

純「えっ?」

梓「さわちゃん!
まわしげり!」ぽん!

さわちゃん「ダーイライ!
テイテイ!」しゅらっ

ラプンーソ「ポッタ!?」どだっ

ばたん!

ラプンーソは倒れた

純「ああ~!」

梓「これで1対1だよ!」

純「むー…動けない所を攻撃してくるとは」

梓「自分で言うからだよ」

純「ふふん、でもそっちは分が悪いんじゃない?」

梓「へ?」

純「エヌターク!」ぽん!

エヌターク「ストライー!」

純「虫対格闘じゃあそっちは不利じゃない?」

梓「あ、タイプ解ってたんだ」

純「なにそれー!?」

梓「あ、ごめん
声に出てた?」

純「むー、もう頭来た!
エヌターク、連続斬り!」

エヌターク「」ざきっ

さわちゃん「!?」ずざっ

梓「さわちゃん、とびげり!」

さわちゃん「テイ!」しゅばっ

エヌターク「!」どがっ

エヌターク「」きっ

さわちゃん「!」

エヌターク「ストライー!」ざきいっ

さわちゃん「!?」

さわちゃん「」よろっ

梓「さわちゃん!」

純「だから不利だって言ったのに」

梓「やっぱりあの技しかないか…
さわちゃん、とびひざげり!」

さわちゃん「」ぴょん

純「!
なんか決め技がきそうだね
よし、こっちも本気でいくよ!
エヌターク!」

エヌターク「ストライー!」しゃきん

しゅたっ

さわちゃん「テイテイテイテイテイテイ!」しゅぼっ

梓「ブレイズキック!!」

純「シザークロス!!」

がきいいいいいいん!!!!

さわちゃん「……」

エヌターク「……」

梓純「……」ごくっ

さわちゃん・エヌターク「」ばたばたっ

さわちゃん・エヌタークは倒れた

梓純「!」

梓「引き分け…?」

純「うあー!勝てるかと思ったけどなー!」

梓「純と引き分けるなんて…」

純「いい加減泣くよ!?」

梓「このままじゃダメだ……もっと頑張らないと!!」ぐっ

純「納得いかない決意表明!」

純「もう、なんだってのよー!」

紬「まあまあまあまあまあまあ
二人とも良いバトルだったわよ」

梓純「!」

純「いや~…//」

梓「えへへ…//」

紬「うふふふふふふ」

――――――――――――――――――
純「んじゃ私は行くから」

梓「あれ、一緒に行かないの?」

純「なに~?一緒に行ってほしかった~?」

梓「なわけないから」

純「はっきり言わないでよ…」

紬「次はどこに行くの?」

純「んーと、ミオシティですね」

紬「ミオ…シティ」

梓「コトブキ…シティ」

純「?
まあとにかく私はこれで
ばいばーい」たっ

梓「うん」

紬「またね~」

梓「じゃあ、ノモセシティに戻りましょうか」

紬「ええ」

―――――――――――――――――――
マサゴタウン


ナナカマド「さて、梓達はどこまで進んだかな?
ふむ…ミオシティに行ってから連絡をとるか」

―10章完―



13