10章


ぴぴっ

マーズ『あら、そう
ならさっさとやっちゃいなさい』

ギンガ団員2「はっ」ぽちっ

ギンガ団員2「っと、俺は離れなきゃな」

――――――――――――――――――
紬「梓ちゃん」

梓「はい?」

紬「梓ちゃんは手持ちはもう三体なのよね?」

梓「はい
ミミちゃんとさわちゃんとデルビルですね」

紬「私も三体にしたいわ!」

梓「は、はあ」

紬「ということでポケモンをゲットしましょう!」

梓「まあいいですけど
でも何か目的のポケモンとかはいるんですか?」

紬「いるわ」

梓「なんですか?」

紬「スモモちゃんと戦ってる時に思ったの
ルカリオって私とても好みだわ」

梓「じゃあルカリオを探します?」

紬「ええ!」

梓「でも、そう簡単に見つからないですよね」

ルカリオ「クルー」たっ

紬梓「」

紬「いたわー!」

梓「なんたる強運!
さあムギ先輩、ゲッt」

紬「行けー!」ぽいっ

梓「はやっ!
というか弱らせないで大丈夫なんですか!?」

紬「大丈夫よ♪
今投げたのはクイックボール!すぐに投げたら捕まりやすい性能を持つわ!」

ルカリオ「!」

ばしゃん!

ぽん! ころ ころ ころ ぴん!

紬「やったわ、ルカリオゲットよ!」

梓「おめでとうございます!」

紬「早速出しましょう」ぽん!

オクタン「オークタン」

紬梓「!?」

ルカリオ「クルー!」たたっ

紬梓「……」

オクタン「オークタン」

紬「……」

紬「なぜに?」

――――――――――――――――――
ノモセシティ


どがあああああああん!!!!

???「な、なんだあ!?」だだっ

???「大湿原が…!!
だ、誰がこんなことを!?」

――――――――――――――――――
紬「」orz

梓「……」

紬「」orz

梓「……あの、ムギ先輩?
いつまでもそんなことしてても…
間違って捕まえちゃったんだから仕方ないですし」

紬「うう…」

梓「ムギ先p…」

紬「そうよね、いつまでも引きずってちゃダメよね
この子にも失礼だし」

オクタン「?」

梓「ムギ先輩…」

紬「ニックネームを付けてあげなきゃね
なにがいいかしら…
ルカリオ……ルカで決まりね」

梓(引きずってる!!)

紬「まぁこんな風な形で捕まえちゃったけど…
よろしくね、ルカ♪」

ルカ「オークタン!」

梓「……」ふう

梓「三体目も捕まえたことですし、行きましょうか」

紬「そうね
あ…そうだ、梓ちゃんはデルビルのニックネーム決めたのかしら?」

梓「そうですね…決めなきゃいけませんね」ぽん!

デルビル「うぉーん」

紬「確か、さわ子先生はデビルって呼んでたわね」

梓「んー…全部変えるのはさわ子に申し訳ないですから、そこからとりましょうか」

梓「えと…デビルだから、デビちゃん!
デビちゃんだね」

デビちゃん「うぉーん!」

梓「ふふ♪よしよし」なでなで

デビちゃん「うぉーん」

―――――――――――――――――――
ノモセシティ


紬「ここね、ノモセシティ」

梓「ジムいきましょうか」

紬「!
梓ちゃん、あれ…何かしら?」

梓「へ?
って煙!?」

紬「火事かもしれないわ!いきましょう!」

梓「はい!」

―――――――――――――――――
ノモセの大湿原


紬梓「」たたっ

???「!
なんだ、君達は?」

梓「!
私は中野梓です」

紬「琴吹紬です」

???「!
琴吹紬…!君がか」

紬「え?」

マキシ「俺はノモセジムジムリーダー・マキシだ
君のことは聞いているよ」

紬「!
ジムリーダー…」

マキシ「だが、すまない
今はジム戦どころじゃないんだ」

梓「何かあったんですか?」

マキシ「ああ…」

――――――――――――――――――
紬梓「爆発…」

マキシ「そうだ、俺が音を聞いて来たんだが…」

梓「このタイミングは…
まさか…」

紬「ええ、多分ギンガ団…!」

紬梓「……」

梓「マキシさん、この件は私達に任せてもらえませんか?」

マキシ「…む?」

紬「犯人に心当たりがあるんです」

梓「まだ近くにいるかもしれません!」だだっ

マキシ「ま、待たんか!」

梓「あと、解決したらジム戦挑戦しにくるんで
では!」だっ

マキシ「……」

―――――――――――――――――――
梓「急ぎましょう!」

紬「ええ!」だだっ

びゅおっ

純「!」

純「梓、ムギ先輩…?」

――――――――――――――――――
ギンガ団員2「はっはっは
気持ちいいもんだ!あそこまで爆発が大きいとは」

ギンガ団員2「…でもまだ完全ではないな
今度はもっと完全なものを作るか」

紬梓「見つけた!!」ざっ

ギンガ団員2「!?
お、お前達はいつかの…!」

梓「また悪さをしたんですね!」

ギンガ団員2「いやいや違うんだよ!
ただギンガ爆弾の威力を試そうとしてだな…」

紬「やっぱりギンガ爆弾ね!」

ギンガ団員2「しまった!ギンガ爆弾のことは黙っておくように……って何で知ってんだよ

!?」

梓「ある人に教えてもらったんですよ」

ギンガ団員2「ある人ォ?」

梓「まあ教える気はないですけど」

ギンガ団員2「別に聞いてないよーだ!
んじゃ俺は帰るぜ、じゃあな!」だだっ

梓「あっ…」

紬「待ちなさい!」

純「梓!ムギ先輩!」

紬梓「!」

梓「純!」

紬「純ちゃん、どうしたの?」

純「いや、さっき先輩達を見かけたんで」

梓「もう、純はタイミング悪いね
逃げられちゃったじゃん」

純「む…、それはごめん
でもさっきの人って、ソノオタウンの?」

紬「そうよ」

純「一体何者?」

梓「あ、そっか
純は知らなかったっけ」

―――――――――――――――――――
純「ギンガ団ね~…」

梓「とにかく悪い人達なんだよ!」

純「でも四天王って人達がギンガ団をやっつけようとしてるんでしょ?
私達は梓達や私はなにもしなくてもいいんじゃない?」

梓「純は実際に被害に遭ってないからわかんないんだよ」

純「ええー、あまいミツ奪われたし」

梓「じゃあギンガ団をどうこうしようとは思わないの?」

純「んー…あの後すぐにミツは見つかったからねー
まあ四天王に任せればいいよ」

梓「なんて人任せ…」

純「んじゃ私は行くよ
ムギ先輩、ジム戦頑張ってください」

紬「ええ」

梓「純、ノモセジムには行ったの?」

純「ふふ~ん♪」さっ

紬「バッジだわ!
勝ったのね!」

純「当然ですよ」

梓「……」

純「梓?」

梓「信じられない…」

純「なんだとー!?」

梓「だってさわ子先生にはボロ負けだったじゃん」

純「あれはちょっとヘマしただけだよ!
本当は実力あるんだから!」

梓「えー…」

純「むー、なにその目?
よし、分かった!私の力見せてあげるよ!バトルだ、梓!」

梓「いいよ!
じゃあ3対3のバトルね!」

純「なんでもいいから始めるよ!」

梓「もう、せっかちなんだから…」

紬(やっぱり仲いいわね~♪)

―――――――――――――――――――


12