6章  


モミ「ほ、本当ですか…?」

ナタネ「もっちろん!
それにここは私にとって庭みたいな…って、今日は挑戦者がくるんだった!!」

モミ「え…?」

ナタネ「ど、どうしよう…困ったわ」

ナタネ「!」

梓「ここを抜ければハクタイシティですね」

紬「頑張ろー!」おー

ざっ

ナタネ「あなたたち!
頼みたいことがあるの!」

梓「ってあなた誰ですか?」

ナタネ「私はナタネ!
あなたたち、この人を出口まで送ってあげて!
じゃあ!」だっ

梓「え!?ちょ、待っ」

梓紬「……」

梓「」ちら

モミ「」おろおろ

梓紬「……」

―――――――――――――――――
梓「それでモミさんは迷子になったと…」

モミ「お恥ずかしい…」

紬「私達も出口を目指してるからお安い御用よ!」

モミ「あ、ありがとうございます!」ぺこ

梓「じゃあ行きましょうか」

――――――――――――――――――
森の洋館


???「あなたたち、早く見つけなさい!!」

ギンガ団員1・2「はっ!ただちに!
ジュピター様!」

ジュピター「気安く呼ぶんじゃないわ!!」

ギンガ団員1・2「す、すみません!」

ジュピター「だから早く探しに行きなさいって!!」

ギンガ団員1・2「はっ!」たたっ

ジュピター「…さて、ロトムちゃんはどこにいるのかしら?」

――――――――――――――――――
梓「もう日が暮れてきましたね」

紬「そうね」

ざっ

梓「…なんでしょうか?この館」

紬「さあ…」

モミ「聞いたことがあります…
ここは森の洋館というところで…
夜には、ゆゆゆ幽霊が……」がくがくぶるぶる

梓「無理に言わなくていいですから」

――――――――――――――――
ギンガ団員1「ジュピター様、見つけましたよー!」

ジュピター「だから気安く……って見つけた!?」

ギンガ団員2「はい!」さっ

ロトム「ムー…!」ばたばた

ジュピター「よくやったわ
さあ、帰りましょう」

ばったり

紬梓「……」

ジュピター「……」

紬梓「ギンガ団!!」

ギンガ団員1・2「げっ!お前ら…」

ジュピター「……?
だれよ?」

ギンガ団員2「いやこいつらはですね…」

紬「また悪さをしてるのね!」

ギンガ団員1・2「ぎくっ!」

ジュピター「って、別に悪いことなんてしてないわよ」

梓「じゃあなにをしてるんですか?」

ジュピター「この子を捕まえてたのよ」すっ

ロトム「ムー…!」ばたばた

紬梓「!!」

ジュピター「このロトムってのは電力がプラズマ級だからねー
利用させてもらうのよ」

梓「ひどいことを…!」

ジュピター「ん~?なんてえ?
ひどい?なんでよ?」

梓「ポケモンを一方的に利用するなんていけないですよ!」

ジュピター「なにいってるの
ポケモンは道具でしょ?」

紬梓「!!」

梓「……」ぎり

梓「ポケモンと人間は対等な立場でいるべきです!ポケモンを利用するなんて以っての外で

す!間違ってますよ!!」

ジュピター「なら、私を止めてみれば?
スカタンク!!」ぽん!

スカタンク「グオー!」

梓「ミミちゃん!」ぽん!

ミミちゃん「ミミー!」

梓「…」ぎり

紬「!」

紬(そっか、梓ちゃんはポケモンを研究するものとして許せないのね…
……私もだけど)

紬「レン!」ぽん!

レン「バオバオ!」

梓「!」

紬「梓ちゃん、サポートするわ!」

梓「…お願いします!」

ジュピター「スカタンク、つじぎり!」

スカタンク「グオー!」だっ

梓「ミミちゃん!」

ミミちゃん「」しゅっ

スカタンク「!?」

ジュピター「速い!?」

梓「冷凍パンチ!」

ミミちゃん「」どがっ

スカタンク「グオッ!」ぱきぃ

梓「炎のパンチ!」

ミミちゃん「」どがっ

梓「雷パンチ!」

ミミちゃん「ミミー!」どがあん!

スカタンク「グオー…!!」ざざざざ

スカタンク「」ばたっ

スカタンクは倒れた

ジュピター「!?」

紬「!!」

梓「……早くロトムを置いて逃げてください
次は手加減しません…!」きっ

ジュピター「!!」

ジュピター「い、行くわよ!」だっ

ギンガ団員1・2「は、はい!」だだっ

梓「……」

紬「あ、梓ちゃん…」

梓「すみません、驚かせてしまって…」

紬「ううん」

梓「今のは、剛の奥義っていうものを使った戦い方なんです」

紬「剛の奥義…」

梓「ある人が教えてくれて…」

紬「梓ちゃんの師匠?」

梓「はい」

梓「その人に剛の奥義はあまり使っちゃいけないって言われたんですけど、ギンガ団が許せ

なくて……すみません」

紬「謝らなくてもいいわよ
かっこよかったわよ、梓ちゃん♪」

梓「!」

梓「えへへ…」

がちゃ

紬梓「!」

モミ「みなさん、どこに行って……
って、あ!」

紬「あ、モミさん」

梓「す、すみません!置いていっちゃっt」

がばっ

モミ「ふえ~ん!!」

梓「ふぇ!?」

モミ「恐かったですよ~!!」ぽろぽろ

梓「……」

紬「ふふ♪」

梓「ふふ」

モミ「…!
ふふふふ♪」

―――――――――――――――――
ハクタイの森出口


モミ「本当にありがとうございました!」

梓「いえ」

紬「気をつけてね♪」

モミ「はい!」たった

紬梓「」ひらひら

梓「じゃあ…ジム行きます?」

紬「そうね」


――――――――――――――――――
ギンガハクタイビル


キョウ「ファファファ、この街での聞き込みによるとここにギンガ団がよく出入りしている

らしい」

シバ「……」

キョウ「というより、何故貴様もいるのだ?」

シバ「ふん、観光地巡りをしただけで帰れるか」

キョウ「ファファファ、早速入ろうぞ」

シバ「……」

がちゃ

キョウ「」しゅばっ

キョウ「早く上がってこい
まず見つからないようにするには天井だからな」

シバ「忍者らしいな」たっ

しゅたっ

キョウ「では行くぞ、足を引っ張るなよ」

シバ「ふん」

―――――――――――――――――
ハクタイジム


紬「たのもー!」

梓「だからそれ止めてくださいって…」

像「ようこそハクタイジムへ」

梓「あ」

紬「クロガネジムでも会ったわ!」

像「む…君達か」

梓「あれ?同じ人ですか?」

像「ああ、シンオウ全てのジムに像があるが全て同一人物だよ
記憶も繋がっている」

紬梓「へえ~」

像「まあそんなことはどうでもいい
君達、ジム戦に来たんだろう?」

紬「はい、もちろんです!」

像「ならばここのルールを…」

紬「お願いします!」

像(…なんか調子狂うな)

像「こほん!
このハクタイジムは2対2の交替戦でバトルを行う
そして、ジムリーダーは草タイプの使い手・ナタネだ!」

梓(ん?ナタネ…?)

ぴかっ

紬梓「!」

ナタネ「どうも!私がハクタイジムジムリーダーの……って」

紬梓ナタネ「あああああああああ!!」

像「」びくっ

――――――――――――――――――
ナタネ「まさかこんなところで会うとはね
っていうかあなたが琴吹紬さんとは…」

紬「ふふ」

ナタネ「この前はごめんなさいね、勝手に押し付けちゃって」

梓「いいですよ
無事送りましたし」

ナタネ「そう?ありがとうね」

紬「それよりもバトルです!」

ナタネ「…そうね」

ナタネ「じゃあ、改めて名乗らせてもらうわ
私はハクタイジムジムリーダー・ナタネよ!
ロズレイド!」ぽん!

ロズレイド「ロー」

ナタネ「さあバトルスタートよ!」

―――――――――――――――――――
ゴヨウ書斎

ゴヨウ「和さん、例の書類ですが…」

和「はい、これでしたよね」すっ

ゴヨウ「そうです
ご苦労様です」

和「いえ」

ゴヨウ「そうだ、あなたになら分かるかもしれません」

和「なにがですか?」

ゴヨウ「ハクタイシティにある銅像がありましてね
それについているプレートが削れて字が所々読めなくなっているんですよ
それを解読してほしいんです」

和「……分かりました、できるか分かりませんがやってみます」

ゴヨウ「お願いしますね」

和「はい、じゃあ行ってきます」がちゃ

ゴヨウ「……」

ゴヨウ「さて、と…」がさっ

《重要書類:シンオウ神話について》

――――――――――――――――――
ギンガハクタイビル


ジュピター「はあ、この前は大変な目に遭ったわ~」こきこき

ギンガ団員1「ジュピター様!
ギンガ爆弾ですが、着々と製作が進んでおります!」

ジュピター「気安く呼ばないで……って、あらそう
それはいいわ
頑張ってね」

ギンガ団員1「はっ」たっ

ジュピター「やっと完成するわね、ギンガ爆弾」

キョウ「ギンガ爆弾…
それがなんなのか教えてもらおうか」しゅたっ

シバ「……」しゅたっ

ジュピター「!
あなたたち、どこから…!」

キョウ「ファファファ、ゴルバット!」ぽん!

ゴルバット「キシャー!」ばささっ

ジュピター「ちっ!
スカタンク!」

スカタンク「グオー!」

ジュピター「つじぎり!」

スカタンク「グオー!」ざき!

ゴルバット「」ばたり

ゴルバットは倒れた

キョウ「ぬ!?」

ジュピター「……あら、呆気ないわね」

キョウ「」

シバ「キョウお前は相変わらず、バトルの腕はからっきしだな
毎日鍛練を欠かさずにしている俺を見習え!
サワムラー!」ぽん!

サワムラー「ダーイライ!」

シバ「はあああああ…
はあ!!とびひざげり!!!」

サワムラー「」たっ

ジュピター「!」

サワムラー「」しゅおっ!

スカタンク「!?」

どがあん!!

サワムラー「」たっ

スカタンク「」ばたん!

スカタンクは倒れた

ジュピター「い、一発で!?」

シバ「さあ、ギンガ爆弾とは…」

ジュピター「ちっ、逃げるが勝ちよ!」だっ

シバ「あっ、待て!」

たたっ

シバ「……逃げられたか」

キョウ「ファファファ、結局奴らに話は聞けなかったな」

シバ「くそっ!」

キョウ「…それにしても、そのサワムラーずいぶん強いじゃないか」

シバ「ん?ああ、俺が鍛えてやったからな
だが俺のポケモンではないんだ」

キョウ「ぬ?」

シバ「弟子のを預かっているだけだ」

キョウ「ぬ、弟子か…
貴様が弟子を持つのも珍しいな
そうとう才能があると見た」

シバ「ああ、私の元で修行をさせていた頃は四天王に育てようとも思っていたぐらいだ」

キョウ「ほう」

シバ「剛の奥義もある程度教えた
だが、いきなりポケモン博士になりたいと言ってな…
修行をやめていったよ…
俺は反対だったが止めなかった
あいつ自身で決めることだ」

キョウ「…貴様にとっては唯一無二の弟子だろう
応援してやるがいい」

シバ「ふ、もちろんその気さ
だがこうしてあいつのサワムラーを鍛えてしまっている……未練がましいのかもな」

キョウ「ファファファ、まあお前の気持ちも分かるさ」

シバ「…それで、お前はこのあとどうするんだ?」

キョウ「ファファファ、まだギンガ団のことを調べきってはいないからな
奴らの後を追うさ」

シバ「そうか
まあ俺は遠慮しておく」

キョウ「ファファファ、それは残念だな
ではさらばだ」しゅっ

シバ「……」

シバ「さて、ここの観光地のポケモン像でも見ていくか」

―6章完―



7